永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

皆さんは永代供養ができる霊園をご存知ですか。寺院で行う場合とどこが違うのか、気になりますよね。実は費用面も一般墓に比べて安価に抑えられる場合があります。終活を考えていらっしゃる方は、生前墓の申し込みもできる?永代供養の霊園の例についても解説致します!

目次

  1. 霊園で行う永代供養について
  2. 霊園で行う永代供養の特徴
  3. 霊園で行う永代供養の費用相場
  4. 全国の永代供養が行える霊園
  5. 寺院と霊園で行う永代供養の違い
  6. 霊園で行う永代供養まとめ

霊園で行う永代供養について

お墓

皆さんは霊園で行う永代供養について、どのように考えておられますか。
永代供養というと、主に寺院や仏閣でお墓を持っている場合を頭に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
実は霊園にも永代供養が行える場所が徐々に増えつつあります。

また、永代供養ときいて永遠に供養してくれると思っている方もいるのではないでしょうか。
実は永代供養の期間は「永遠」ではないということをご存知ですか。

このように永代供養ときいてもどこでできるのか、どのようなものなのかしっかり理解している方は少ないかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは

  • 霊園での永代供養とはどのようなものなのか
  • 霊園での永代供養における費用の相場とは
  • 寺院で行われる永代供養との違いとは

以上のことを中心に解説してまいります。

現在終活をなさっている方もそうでない方も、もしもの時があった時に備え、お墓選びの際の参考にしてみてください。

霊園で行う永代供養の特徴

お墓

では早速、霊園で行う永代供養の特徴とはどのようなものなのかみていきましょう。

永代供養の利点

そもそも永代供養とはどのようななのものでしょうか?
通常のお墓(一般墓)と比べた際の永代供養の利点は以下のようになります。

供養や管理を任せられる

永代供養は、自分専用、または家族専用で入る通常のお墓(一般墓)とは違い、一度お骨を施設側に預けるとご遺族の代わりに供養・管理を任せることが可能になります。
このため永代供養では、お墓と遠く離れた場所に暮らしていて、中々お墓参りに行けないという方でも大切な方を代わりに供養したり、お墓の管理をしてくれるので安心です。

宗教・宗派を問わない

基本的に永代供養のお墓は、自身の所属する宗教・宗派を問わない場合が多いです。
昔から一般的なお墓とは違い、比較的新しく生まれたお墓の形態でもあることから、宗教や宗派については取り決めのない場合がほとんどです。

ですが、なかには、宗派は問わないけれど宗教は仏教でなければいけないという条件を掲げている場合もあるのでよく注意しましょう。

費用を安くすることができる

永代供養を選択すると、一般墓などと比べて比較的に費用を安くすることができます。
特に寺院墓地ではなく、霊園で行う永代供養の場合の方が費用を抑えられる傾向にあるようです。
ではなぜ、安く済ませることができるのでしょうか。

一般墓との違い

通常の一般墓には、お墓を購入する際にかかる費用として、故人(あるいは終活をなさっている方はご自身)のお墓の墓石代と、その墓石を設置するための土地の永代使用料、さらに墓石の加工やオプション(装飾)にかかる費用、そしてそれらをきちんと形にするための業者さんへ支払う際の施工費用がかかってしまいます。

しかしながら、永代供養墓を利用する場合は、自身で墓石を購入することも、墓石を設置する使用料を支払うことも、石材店さんなどの業者の方へ支払う施工費用も必要ありません。
つまり、永代供養では墓石にかかる費用を払わないで済むのです。
これによって費用が相当に抑えられる場合が多いです。

永代供養の注意点

永代供養のメリットを解説してまいりましたがもちろんメリットばかりではありません。
必ず知っておかなければいけない永代供養の注意点も解説してまいります。

永久に供養してくれる訳ではない

「永代供養」と聞くと、永久に供養してもらえるすごい制度を兼ね備えたお墓なのかと想像してしまいがちです。
しかし、残念なことにそうではありません。
冒頭で言ったように、永代供養といっても永久に供養してくれる訳ではないのです。

永代供養が語られる際に用いられる、この「永代」という意味は、永久という意味も辞書などではありますが、ごく一部の施設が行っているに過ぎず、基本的には一定期間を設けて供養するという意味を持っています。

その後はご遺骨の管理をしてくれることはあっても、一定期間後は供養してもらえない場合もあるため、事前に各施設にきちんと確認を取る必要があります。

合祀したご遺骨は取り出せない

基本的に永代供養を選択した場合、結果的に血縁などの関係のない他の方と一緒に埋葬されることがほとんどです。
このような埋葬方法を「合祀」と言います。

この合祀ですが、方法としてご遺骨を骨壺から取り出し、他の方と同じ場所に埋葬される形をとるのが一般的とされています。
そのため、埋葬時に他の方のご遺骨と混ざってしまいます。
つまり、後からお墓を移したくなっても合祀したご遺骨は取り出せないということです。

ですから、亡くなられた方のご家族の方、あるいは現在終活を行っている方も、合祀を選択した場合はもうそのお墓の場所から動かすことができなくなるという覚悟を持つ必要があります。

霊園で行う永代供養の費用相場

お金

みなさん気になっているであろう霊園で行う永代供養の費用について解説してまいります。

一般墓では、全ての費用を合算すると、安い場合でも100万円弱、高額になると400万円を超える場合も出てきます。

その一方、永代供養墓の場合は安価な場合で概ね、10万円から3~40万円程度に費用が抑えられます。
内訳としては、納骨する際に支払う納骨費用、永代供養料、そして墓地の土地代に相当する永代使用料が主に挙げられます。
一般墓とは違い、墓石代を支払う必要がないため、費用が抑えられるのです。

ただし、少々費用が上乗せされる場合もあります。
永代供養の中には、一定期間ご遺骨を骨壺に入れた状態で納骨され、期限が過ぎたらご遺骨を骨壺から取り出し他の方と一緒に合祀されるというケースがあります。
この場合、少々費用を上乗せして計上する必要がある場合もあります。

実際の費用については、各施設ごとに異なるため、事前に気になった施設に問い合わせしてみるのがよいでしょう。

全国の永代供養が行える霊園

お墓

では、実際に全国の永代供養が行える霊園について紹介していきたいと思います。
それぞれの特徴も解説していきますのでぜひご参考にしてください。

大阪:大阪メモリアルパーク

大阪の永代供養で有名な霊園を紹介します。

大阪メモリアルパーク
大阪メモリアルパーク

所在地日本大阪府大東市龍間271−8

大阪メモリアルパークは大阪メモリアルパーク販売株式会社が運営する民間の霊園です。
こちらの霊園の特徴は永代供養墓について、特別承継特約制度というものがあり、自身が亡くなったあとに承継する身内の方がいない場合でも、年に3回合同供養を行う制度を設けています。

滋賀:びわ湖霊園

びわ湖霊園
びわ湖霊園

所在地滋賀県大津市南滋賀町1059

びわ湖霊園は、公益財団法人びわ湖霊園が運営しているいわゆる公営の霊園です。

こちらの施設の永代供養墓は、永代供養堂「やすらぎ」が用意されています。
この霊園の特徴は、納骨前の契約の際に3つのコースがあり、安置される場所や予算によって選択することができるという点です。

また、納骨の際は合祀ではなく、個別に納骨をしてもらえるため、費用は安く抑えたいけれど、見ず知らずの人のご遺骨と一緒にされるのは抵抗があるといった方におすすめです。
また、生前契約しても年間管理費用がかからないので、現在終活をなさっている方にも向いているのではないでしょうか。

京都府:京都霊園

所在地京都市西京区大枝沓掛町26

京都霊園は、宗教法人仏舎利苑 京都霊園が運営している霊園です。
宗教法人のため、寺院墓地と考えられますが、こちらにも永代供養墓が存在します。
こちらの施設の特徴は合祀供養塔が存在することです。

こちらの合祀供養塔では寺院墓地ではありますが、宗教・宗派問わず申し込むことができます。
費用も1ご遺体当たり20万円ほどで済み、年に3回お坊さんが読経をして合同供養をしてくれます。

ただし、こちらの合祀供養塔に直接申し込むと、そのまま他の方と一緒に合祀されてしまうので、もし個別埋葬を一定期間望まれる場合、同施設内にある樹木葬型の墓地に埋葬して頂いてから、最終的に合祀供養塔へ移ることも選択肢としてあります。

兵庫:神戸山田霊園

所在地 兵庫県神戸市北区山田町西下狼谷3−1

神戸山田霊苑は宗教法人金剛寺が運営している寺院墓地です。
寺院墓地ではありますが、こちらも宗教・宗派は問われません。
こちらの施設の特徴は、永代供養の際のシステムが他よりも手厚いということです。

まず、通常の一般墓にて一定期間年間管理費用を納めなかったり、承継者がいないなどの場合、永代供養がスタートします。
すぐに合祀墓に移されるのではなく、既存の一般墓の前で3年間供養をしてくれます。

その後10年間、本堂にご遺骨が移され、年4回合同回向が行われます。
そして最後に永代供養墓へと合祀される流れになります。
ご住職さんが手厚く供養してくださるのはありがたいことですね。

寺院と霊園で行う永代供養の違い

困った人々

ここまで、霊園で行う永代供養とはどんなものなのか紹介していきました。
最後に寺院と霊園で行う永代供養の違いについて解説します。

寺院墓地と霊園の違い

まず寺院墓地とはどのようなものでしょうか。
寺院墓地と霊園の違いからみていきましょう。

寺院墓地とは、宗教法人などの宗教団体が運営する墓地のことを指します。
そして民間・公営の霊園と大きく異なることは、場合によってはお布施を毎月(または毎年)支払う必要が出てくるということです。
ただし、永代供養墓を初めから申し込む場合は、必要ないケースがほとんどです。

そして寺院では、お寺の住職さんやお坊さんが法要の時などに限らず、分からないことがあれば気軽に相談できたりもしますし、施設として設立されてから数百年単位で運営されている場合もあるため、経営ノウハウも豊富であると考えられます。

その点、霊園は民間団体が運営するため、経営破綻のリスクが寺院に比べて上昇はしますが、独自の新しいサービスを行っていることもあります。
また、公営の霊園の場合は費用が安く抑えられ、経営も安定しています。
しかしその一方で、人気が高いため場所によっては定期的に開催される抽選に当選しないとお墓を持てないなどのデメリットもあります。

寺院墓地で行う永代供養の特徴

寺院墓地で行う永代供養の特徴として、宗教法人であるがために、寺院墓地の多くに宗派などが存在するということがあります。
そのため、お墓を持つ際は新たに信者になることや、檀家にならなければならない場合があります。
ただし、永代供養の場合は、これは必要ない所もありますので、事前に申し込む際に確認をしておく必要があります。

ですが、家のご近所の寺院墓地を希望している場合、地域の知っている人物(住職さんなど)に供養してもらえるというメリットもあります。
これは他の民間・公営の霊園にはあまりない例と言えるでしょう。

霊園で行う永代供養まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、霊園で行う永代供養について解説していきましたがいかがでしたでしょうか。

この記事では

  • 永代供養の場合は自身でお墓参りに行かなくても施設の方に代わりに供養してもらえる
  • 永代供養の費用面では一般墓に比べてはるかに安価に納骨することが可能で、いきなり合祀される前に個別埋葬を一定期間行ってもらえる場所もある
  • 民間・公営の霊園の場合と、寺院で行う永代供養にはさほど大きな差はなく、住職さんがいるという安心感と、事前にきちんと供養の流れを施設ごとに確認することが重要

以上のことが分かりました。

各施設によって永代供養の取り組みがそれぞれ異なることが分かりましたね。

永代供養であれば、遠方に住んでいたり承継者の不安があっても、ある程度安心して身近な方や自身の死後をおまかせできそうですね。
また、近年の少子化の実態がこのまま続けばますます永代供養墓の必要性が高まっていくのではないでしょうか。

皆さんも一度、永代供養のことについて身近な方と話してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・霊園」に関連する記事

「永代供養・霊園」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養は無宗教でも出来るの?わかりやすく解説します!のサムネイル画像

    永代供養は無宗教でも出来るの?わかりやすく解説します!

    少子高齢化や核家族化が進行する中で先祖代々のお墓の跡継ぎがいないという事情で永代供養を選択する家庭が増えています。この永代供養を利用するうえでの疑問の1つに無宗教でも大丈夫かどうかというものもあります。今回は永代供養は無宗教でもやっていけるか見てみましょう。

  • 永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

    近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

  • 永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

    永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

    最近では、納骨度や樹木葬など様々な供養一つにしても様々な手段が選べるようになりましたね。 みなさんはその中でも「永代供養」をすることで費用を安く抑えられることをご存知ですか? 今回は、永代供養が安くなる理由や永代供養をする際の注意点を中心に詳しく紹介していきます。

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

    永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

    「永代」には、長い年月・永久という意味があります。ですが、永代供養の永代とは、いつまでのことを指すのでしょうか?いつまで供養してもらえるのでしょうか?永代供養についての基礎情報もまとめましたので、ご覧ください。

  • 永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

    永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

    ご遺骨の管理について考えたことはありますか?亡くなった後、遺骨の管理ができな方の為に永代供養という方法があります。永代供養についての知識を身につけておきませんか?「臨済宗なんだけど…」と宗教に不安を感じている方へ、永代供養を行っている臨済宗の寺院も紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・霊園」についてさらに知りたい方へ

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養は無宗教でも出来るの?わかりやすく解説します!のサムネイル画像

永代供養は無宗教でも出来るの?わかりやすく解説します!

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと