永代供養のタイミングっていつ?契約時に役立つ情報を紹介します!

永代供養は、近年の終活の取り組みやお墓の跡継ぎに関する対応策などの一環で利用する方が増えてきている供養方法の1つです。ただ、永代供養を利用するにしてもどのタイミングで契約すればよいのでしょうか?今回は、永代供養のタイミングについて考えてみましょう。

目次

  1. 永代供養のタイミングについて
  2. 永代供養とは?
  3. 永代供養はどのタイミングですればいいの?
  4. 永代供養のタイミングで多い生前申込とは?
  5. 墓じまいで永代供養に変更する
  6. 永代供養のタイミングについてまとめ

永代供養のタイミングについて

困った人々

近年は終活ブームの広がりもあって、ご自身の残された時間の過ごし方やご自身が亡くなった後のことについて何ができるのか、どう過ごしたいのかなどを考えるという方が以前に比べて随分と増えてきました。

その一方で、お墓に関しては近年の少子高齢化や核家族化、さらに2010年ごろから本格化した国内人口の本格的な減少という社会変化の影響を受けて、将来的に先祖代々のお墓を引き継いでくれる方がいないという悩みを持つケースも増えてきています。

そのような悩みの解決策としておすすめできるものの1つに、永代供養と呼ばれる費用が安く、また無縁仏になる心配のない供養のあり方があります。
しかし、永代供養について聞いたことはあるが、どのタイミングで申し込めばよいか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、永代供養を申し込むタイミングについて取り上げていきます。
より詳しい内容は、

  • 永代供養とはどのような供養の方法なのか?
  • 永代供養はどのタイミングで申し込めばよいのか?
  • 永代供養によく見られる生前申込とはどのようなものなのか?
  • 墓じまいのタイミングで行う永代供養への変更とは?

の各ポイントに沿って進めていきます。

また実際に永代供養墓をお探しの方は、ぜひ終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の永代供養を様々な条件から検索することが可能です。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

永代供養とは?

お墓

永代供養のタイミングについて触れる前に、まずは永代供養とはどのようなものであるのかについて簡潔に見ていきましょう。

永代供養の意味

まず、「永代供養」というものの意味について見ていきましょう。
永代供養とは、納骨後のご遺骨の管理や供養を墓地や霊園の管理者がすべて引き受ける供養方法を意味します。

永躰供養であれば埋葬された故人のお墓参りができるという方がいなくても、供養については一切心配する必要はありませんし、多くの場合お墓の跡継ぎの方がいなくても利用できます。

永代供養のタイプ

永代供養と一言でいっても、実はさまざまなタイプがあります。
以下に代表的なタイプを列挙したうえで、その内容について簡潔に紹介していきます。

納骨堂

納骨堂とは、もともとは故人のご遺骨を納めておくためだけの建物を意味しました。
けれども、最近ではご遺骨の入った骨壷をある程度の期間の間保管、もしくは供養できるようにしておくためのスペースを意味するようになりました。

特に、都市部のアクセスの良いところを中心にさまざまなタイプの納骨堂がみられます。
管理目的に特化したロッカー型のものもあれば、管理のほか供養も可能な仏壇式や全自動式といったタイプのものも見られます。

個別墓

個別墓とは、個人や家族利用のための永代供養つきのお墓のことをいいます。
一般のお墓に永代供養のサービスがついたものと言い換えることもでき、お墓参りに行くことができなくても管理者側でご遺骨の管理や供養を引き受けてもらえます。
そのうえ、個別墓は個人もしくはご家族専用のスペースとして活用することができます。

ただし、一定期間(故人の三十三回忌までなど)を過ぎるとご遺骨を取り出して、そのまま合祀墓に他の方のご遺骨と一緒に埋葬するという形がほとんどですので、永久に利用できるというわけではないという点に注意が必要です。

合祀墓(共同墓)

合祀墓とは、個別墓とは違って血筋や家に関係なく複数の方を埋葬しておくためのお墓のことです。

一度、ご遺骨が納骨されてしまうとその後の取り出しはできませんが、費用が安く設定されていることや納骨後の年間管理料がかからないこと、管理や供養を半永久的に引き受けてもらえることなどのメリットがあります。

永代供養はどのタイミングですればいいの?

人々

永代供養の意味やタイプを見てきたところで、ここからは永代供養のタイミングについて見ていきましょう。

永代供養は生前申込もできる

実は永代供養ができるタイミングは、納骨される方が亡くなった時や、あるいは亡くなってからだいぶ経った後とは限りません。
むしろ、生前のうちからでも永代供養を申し込むことが可能です。

詳しいことは後で触れますが、近年ではお墓の跡継ぎがいないという事情を考慮したりします。
また、ご自身が亡くなった後にご家族が抱える費用面や管理面での負担を軽くしたりするといった目的で、永代供養を生前に申込するといった終活の仕方をする方が増えてきています。

今あるお墓を永代供養に変更する場合

もちろん、生前申込に限らず、今あるお墓を永代供養に変更するという方法を取る方も少なくありません。

こちらについても、将来的にお墓を継いでくれる方がいなくなる可能性があったり、またなるべくお墓に関して将来的にご家族の方が背負うであろう負担を軽くしたい場合があります。
さらに、宗教や宗派に関係なく供養してもらいたいと考えていたりする場合にとられる方法でもあります。

ただし、現在のお墓が寺院墓地にある場合で永代供養に変更するということであれば、管理している寺院に、永代供養に変更するという結論に至った事情・理由をきちんと説明しておきましょう。
寺院側からすれば檀家の方が減るというのはあまり良い話ではなく、誠意ある説明をしなかったためにトラブルになったというケースも少なくないからです。

永代供養のタイミングで多い生前申込とは?

困った人々

先ほど少しふれた永代供養の生前申込ですが、いったいどのようなメリットがあり、どのような点に注意した方がよいのでしょうか?

費用など契約時に気をつけること

ご自身が亡くなった後に誰もお墓の面倒を見てくれる方がいなかったり、また亡くなった後に残されていくご家族の負担をなるべく軽くしたいと考えていたりする方を中心に、元気なうちから永代供養の生前申込をする方が増えています。

たしかに、永代供養は特に合祀墓の場合であれば、普通にお墓を建てる場合に比べてもずいぶんと費用が安く抑えることもできます。
また、いわゆるおひとりさまとして身寄りのないような方でも、生前申込によって将来のお墓のことで心配することもなくなります。

ただし、永代供養の生前申込をするには、いくつか気をつけるべきことがあります。

生前の場合、年会費が発生する

まずは、生前に申し込むことで、亡くなった後に申し込む場合と比べて余分に管理費用(年会費)を納めることになるという点が挙げられます。

なぜなら、永代供養は申し込んだその時点から契約期間が始まるため、毎年のように年会費(年あたり数千円程度が相場)を負担することとなるからです。
そして、いつ亡くなるかがわからないからこそ、将来的に負担する年会費が最終的にどの程度になるのかも予想がつきません。

ただし、年会費は申し込んだ方が納骨された後は発生しません。
そして、年間管理料も納骨後は基本的に請求されることがない場合が多いです。

申し込んだタイプによっては合祀される

また、永代供養にもいくつかタイプがあることは先ほども触れたとおりですが、申し込んだタイプが合祀墓である場合は納骨した後はご遺骨の取り出しができないという点について、事前に理解しておきましょう。

これは合祀墓が複数の方のご遺骨を一緒に納骨するタイプのお墓であるためです。
しかも、骨壷からご遺骨を取り出して納めるため、納骨後は誰のお骨であるかを特定することが不可能となります。

そのため、もしご遺骨が取り出されなくなることを避けたいのであれば、この点は特に注意が必要といえます。

書類よりもご自身で確認することが大事

当然のことですが、永代供養の申し込みも最終的には契約という形で行われます。
ただ、できればご自身で契約前に申し込んだ内容について、ご自身の目で確認しに行く機会を持ちましょう。

具体的には、亡くなった際にご自身がどのようなタイプのお墓に入ることになるのか、その墓地・霊園のアクセスの良さはどの程度のものか、周辺環境がどうなっているのか、といった点について、後に残されるご家族のことも考慮してきちんと確認しておきましょう。

もちろん、わからないことがあれば墓地や霊園の係員の方に遠慮なく聞いて、疑問を解消しておくことも大切です。

心のよりどころと感じられないことも

こちらも合祀墓の場合に見られますが、合祀墓には亡くなったご自身のご遺骨以外にも、縁もゆかりもない方のご遺骨が複数体分納骨されます。

そのため、ご家族によってはご自身が納骨された合祀墓を、心のよりどころであると感じることができない場合もあり得ます。
その場合に備えて、永代供養の生前申込をするのであれば、ご自身で勝手に話を進めるのではなく、ご家族やご親族と前もってよく相談しておくことが大切であるといえます。

家族を安心させることができる

永代供養の生前申込は、残されるご家族を安心させることもできます。

ご自身が亡くなった後に残されるご家族が背負う負担は、費用面や管理面の負担だけにとどまらず、身体的・精神的な負担なども挙げられます。
ただ、永代供養をあらかじめ生前申込することで、これらの負担を事前に軽くしておくことができます。

費用面の負担に関していえば、永代供養の場合の方が一般的なお墓に比べると安くなる傾向にあります。
また管理面についても、たとえお墓参りにあまり出向くことができなくても、管理者側ですべてやってくれますので、罪悪感にとらわれることもありません。

そして、ご自身が亡くなるタイミングを予想できる方はだれもいない以上、生前申込をしておくことでご自身にいつ何が起こってもご家族が戸惑う心配を防ぐこともできます。

以上の点から、将来のご家族の負担を大幅に軽くすることができるため、ご家族の心配を取り除くこともできます。

墓じまいで永代供養に変更する

お墓

永代供養を行うタイミングとして、これまで引き継いできたお墓を閉じるという選択肢をとる方も少なくありません。

ここでは、墓じまいのタイミングについて見ていきましょう。

墓じまいにかかる費用

墓じまいとは、これまでのお墓の機能を終わらせて、中に納めてあるご遺骨を取り出して、お墓そのものを撤去することですが、ある程度のまとまったお金が必要です。

具体的には、改葬許可証を発行するための費用や閉眼供養のお布施、お墓の撤去費用、ご遺骨を取り出すための費用、さらに寺院墓地の場合には離壇料も必要となります。

これらの費用をすべてまとめますと、状況などにもよりますが20万円から50万円ほど必要となります。

墓じまいで避けるべき時期は?

墓じまいの時期は特に決まってはいませんが、避けるべき時期はあります。
それは墓地や霊園、そして寺院が最もにぎわって多忙になる時期、具体的にいえば年末年始やお盆、お彼岸の時期です。

これらの時期は多くのお墓参り客が訪れるため、墓地や霊園もそれに合わせて業務が増えるうえ、僧侶の方も法要などで非常に忙しくなるため、この時期に閉眼供養などを依頼されても応じることができないためです。

墓じまいについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいとは一体何のこと?墓じまいの流れや必要な費用について紹介

将来お墓を守ってくれるという方がいなくて困っていませんか?そこでおすすめなのが墓じまいや改葬という選択肢です。ただ、墓じまいや改葬とはどのようなものかがわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、墓じまいや改葬とはどのようなものかを徹底解説していきます。

永代供養のタイミングについてまとめ

お墓

永代供養の申し込みのタイミングについていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 永代供養とは、納骨したご遺骨の管理や供養をすべて墓地・霊園の管理者が引き受ける供養の方法である。そのタイプには納骨堂や個別墓、合祀墓(共同墓)が挙げられる。
  • 永代供養のタイミングとしては生前に申し込むこともできるし、現在のお墓を閉じる段階でも可能である。もちろん、亡くなった段階での申し込みも可能である。
  • 永代供養のタイミングとしてよく見られる生前申込は、早い段階でご家族を安心させることができるが、申し込みの時点で年会費が発生することやご自身で実際に確認する必要もあること、申し込んだタイプによっては合祀されることなど注意すべき点もある。
  • 墓じまいのタイミングで永代供養に変更する場合、墓じまいそのもので20万円から50万円ほどの費用が必要となる。そして、墓じまいは特に墓地や霊園、寺院が多忙になりやすい年末年始やお盆、お彼岸といった時期は避けるべきといえる。

永代供養は近年、さまざまな事情から利用する方が増えてきていますが、同時に申し込むタイミングについてもよく理解しておいた方が永代供養を検討する際に大いに参考になるといえます。

その際には、後に残されるご家族のことを考え、そして何よりもご自身がどのようなお墓に眠りたいかということも明確にしておくことが大切です。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・タイミング」に関連する記事

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

    永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

    終活の項目のなかで永代供養が注目を集めています。永代供養はお墓の継承者がいらない新しい供養方法です。ご希望の寺院・霊園に永代供養を申し込む場合、どのような時期が最適でしょうか?永代供養をお願いする時期について詳しく解説いたします。

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!のサムネイル画像

    永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

    最近よく耳にする「永代供養」とは何でしょう?終活を考える上で避けて通れないのはお墓のことです。けれども、お墓を購入するのも維持するのにもお金がかかるし、大変ですよね。そこで行き着くのが永代供養です。今回は永代供養とはどんなものなのかを説明します。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・タイミング」についてさらに知りたい方へ

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!のサムネイル画像

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・タイミング」についてさらに知りたい方へ

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと