終活で考える医療について、するべきことや注意点を解説します!

終活について考えるうえで、医療について決めることはとても重要です。 では、そもそも終活とは具体的にどのような活動のことを指すのでしょうか? 今回は、終活の意味や、終活における医療とはどんなことなのかということを解説します。是非最後までご覧ください。

目次

  1. 終活における医療について
  2. 終活とは?
  3. 終活で考えるべき医療とは?
  4. 医療についてやっておきたい終活の内容
  5. 終活における医療の注意点
  6. 終活における医療まとめ

終活における医療について

医療

過去に流行語大賞にもノミネートされ、注目を集めている終活について考えたことはありますか?
終活のなかでは、相続や遺言など考えなければならない大切なことがたくさんあります。
そのなかでも病気やその治療などに関する医療は、自分の人生の最後に関わることになる可能性が高く、また、自分らしい人生の終わりを迎えるためにもとても重要な事項です。

では、終活における医療とはどのようなことを想定すればよいのでしょうか。
また、終活のなかでどのようなことを準備しておくべきなのでしょうか。

今回終活ねっとでは、

  • 終活とはどんな活動のことをいうの?
  • 終活において医療とはどんなことを決めればいいの?
  • 臓器提供したくないときも意思表示って必要なの?
  • 献体はどうすれば登録できるの?
  • どんなことに注意して決めていけばいい?

といった疑問について解説していきます。
詳しく解説していきますので、最後まで是非ご覧ください。

終活とは?

人々

そもそも終活がどういった活動なのかわからない方もまだまだ多いのではないでしょうか。
終活と聞くと自分の死について考えるため、暗い印象を持たれる方も多いと思います。
しかし、終活は死に対してマイナスなイメージではなくより明るいイメージを持って行うものです。

つまり終活は、「死について考えることで、自分の人生を見つめなおし、最後まで自分らしい人生を送れるように考え準備する活動」のことをいいます。

具体的には、

  • 生きている間に自分で持ち物の整理整頓をすること
  • 遺言の準備
  • 財産分与について親族に知らせておくこと
  • 自身の葬式について決めておくこと

などの活動を終活といいます。
死について準備し、考えることで、今生きている一瞬一瞬が大切な時間だと改めて感じることができるのが終活です。

終活で考えるべき医療とは?

医者

それでは、終活のなかで医療についてどのようなことを決めるべきでしょうか?
まずは、終活で考えるべき医療について、病気の告知にはどんな選択肢があるか、延命治療はどういった場合に必要となるか、また、臓器提供の意思表示方法や献体とはなにかということについて説明していきます。

病気の告知について

お医者さんに突然、「病気の告知についてどうしますか?ご家族を呼ばれますか?」など聞かれても、不安で頭がいっぱいになってなにも考えられないということもあると思います。

そんな時のために病気の告知についてどうするか、事前に考えておくことも大切です。
自分自身の病気を知っておくことは大切ですが、余命を知りたくないという方もいると思います。
そういった場合には、余命を自分に知らせないようにしてほしいということをご家族などの周りのひとに伝えておくことができます。

また、自分ではどうしたらよいか分からないという場合には、家族に告知をするか決めてもらうという選択肢もあります。

あとから「ああしておけばよかった」と後悔することのないように、難しいことではありますが、自分の病気についてどこまで告知をしてほしいのか、考えておきましょう。

治療方法について

病気の治療方法についても終活のなかで自分の意思を決めておくことができます。
治療方法の中でも、特に決める必要があるのは延命治療についてです。
自身が延命治療を必要とする時に、決めることができる状態にないことが考えられるため、そうなる前に決めておく必要があります。

延命治療を必要とするのは、

  • 脳死判定がされた場合
  • 生きるために必要な臓器が機能不全で移植などの方法が使えない場合
  • 治療法がなく数日以内に亡くなると決まっている場合
  • 末期のがんの場合

などの状況の時です。

延命治療について選ぶことのできる選択肢は、

  • 延命治療をしてほしい
  • 延命治療をしてほしくない
  • 苦痛をとる治療のみ行い、延命措置はしない
  • 家族に決めてもらう

という4通りの方法です。

突然の事故・病気などはいつ自分の身に降りかかるかわかりません。
延命治療の場合、自分でその場で判断し決めることができるとは限りません

最後まで自分らしくあるためには、延命治療をどうしたいか考えておくことも重要です。

臓器提供について

終活で考えておくべき医療の中には臓器提供についても含まれます。

もしも病気や事故の結果、脳死になり臓器提供ができる状況になった場合自分はどうしたいか考えたことはありますか?
自分の身体の一部を提供することによって命を救うことができるかもしれないと考え、臓器提供をしたいと考えている方も多いかもしれません。
また、自分の臓器が他人の身体の一部になることに抵抗を感じる方もいるかもしれません。

臓器提供を希望するかしないか、以下の方法で自分の意思を表示することができます。

  • 臓器提供カード
  • 健康保険証・運転免許証・マイナンバーカードなどの記載欄
  • インターネットによる登録(日本臓器移植ネットワークのサイトから)

また、臓器提供の可否だけでなく、どの臓器を提供しどの臓器を提供しないかといったことも意思表示することができます。

臓器提供を希望するかしないか自分で意思表示をしていない場合、ご家族に選択を迫られてしまいます。
ご家族に重い負担を残してしまわないためにも、終活のなかで決めておくとよいでしょう。

献体について

終活のなかで献体について考える、と聞いても献体とはなんだろうと疑問に思う方がほとんどだと思います。
献体とは、死後に自身の遺体を医学部・歯学部の学生に解剖学の勉強に役立ててもらうために提供することをいいます。

献体をすることのメリットとしては、

  • 医学の発展に自分の遺体を役立ててもらえること
  • 火葬費・移送費などを提供した団体が負担してくれること
  • 遺骨を納骨堂に合祀してくれる場合がある

ということがあります。

社会貢献をしたい、若いお医者さんやこれからの医学を発展させることの役に立ちたいなどの意力のあるかたは、登録を考えてみてはいかがでしょうか。

医療についてやっておきたい終活の内容

ノートブック

終活における医療について考えておきたいことを確認していきましたが、実際にどのようなことを行えばいいでしょうか?
今回は、これまでお話したことを終活のなかでどのように具体的に行っていけばよいのか、医療についてやっておきたい終活の内容について解説していきたいと思います。

エンディングノートを書く

病気の告知をどうしたいか、延命治療を行ってほしいのかなどを言葉として残しておくために、エンディングノートを書くという方法があります。

エンディングノートとは、自分が死んだときや意思疎通ができなくなった時にどうしてほしいかということを書き留めておくノートのことです。
医療のことで特に記入しておくべきこととして、いままでにお話ししてきたことに加えて、アレルギー・かかりつけ医・持病・常備薬・病歴などがあります。

エンディングノートは書店で購入する他に、ネットでダウンロードできたり、イベントなどで配布されていたりと、無料で手に入れることもできます。

これから終活をしようと思っている方には、気軽に始めることができるエンディングノートを書いて自分自身のことを整理することから始めるのもおすすめです。

臓器提供意志表示カードを利用する

臓器提供を希望するかどうか意思表示するのに使えるのが、臓器提供意志表示カードです。
先ほども説明したように、臓器提供をしたい場合だけではなく、したくない場合も意思表示をしておいたほうがよいでしょう。

また、病気などの事情から自身で記載ができない方のために、代筆対応点字付臓器提供意思表示カードというものもあります。

この臓器提供意思表示カードは、役場窓口・一部の病院・一部のイオン店舗で手に入れることができます。
また、わざわざ出向くのが難しいという場合には、日本臓器移植ネットワークのHP上から請求することもできます。

献体登録をする

社会貢献や医学の発展のために自分の遺体を提供したいと希望された場合は、自分で事前に団体(献体の会、医科・歯科の大学)に献体登録の申し込みが必要です。

申し込みの際には家族の同意が必要となります。
また、遺骨が家族のもとに戻るまで1年から3年かかる場合もあるため、よく調べて考えなければなりません。

終活における医療の注意点

人々

終活で医療について決める際にはいくつかの注意点があります。
この注意点に気をつけて終活を行っていかないとあとあとに揉め事になってしまったり、ご家族に負担をかけてしまうことになるかもしれません。
それでは、終活の中で医療のことについて決める際には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
今回は、終活における医療の注意点について解説します。

家族と話し合う必要がある

自分の終わりについて決めておくのが終活ですが、自分だけが納得できればいいということではありません。
自分の人生といえど、必ず家族と話し合う必要があります。

例えば、自分では延命治療をしてほしくないと希望していても、家族はできるだけ長く生きてほしいと望んでいることも考えられます。

自分ひとりで決めてしまうのではなく、自分がどうしたいか決めたら、家族にも希望を聞いて意思統一することで、もしもの時に困らないようにすることが大切です。

詳しく調べる必要がある

どのような選択肢があるのか、また「こうしよう」と決めても思ったような選択とは違う可能性もあるので詳しく調べる必要があります。

例えば、献体したいと決め身近な団体に登録したあとに、納骨堂がなかったといったことがわかるということも考えられます。
臓器提供に関しても、臓器が誰に臓器提供されるということが遺族に知らされないということを知らずに登録しトラブルになることもあります。

詳しく調べることで、「思っていたことと違う」ということをなくすことによって、トラブルを減らすことができます。

費用を考えなければならない

病気などの治療について、自分が「どうしたいか」ということをきめたら、そのことに費用がどれくらいかかるか見積もる必要があります。

治療方法によっては、思っていたよりも費用がかかってしまう、なんてこともありえます。
例えば延命治療の場合は、延命治療を希望する場合莫大な治療費がかかる場合もあります。

そういった際に、自分の貯蓄から捻出するのか、家族が支払うのか、費用をどこから出すのかということについても決める必要があります。

終活における医療まとめ

医療

今回は、終活における医療について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

その結果、

  • 終活とは「死について考えることで、自分の人生を見つめなおし、最後まで自分らしい人生を送れるように考え準備する活動」のこと
  • 終活における医療で決めることは、病気の告知・延命治療・臓器提供・献体
  • 臓器提供をしたくない時も意思表示は必要
  • 献体は自分で事前に団体(献体の会、医科・歯科の大学)に申し込みが必要
  • 終活における医療について考えるときは、家族と話し合い、よく調べ、費用も考える必要がある

ということが分かりました。

最後まで自分らしい人生を送るために、終活において医療のことを考えることはとても大切なことだと思います。
ご家族とよく話し合うことで、大切な家族との絆をより深めることができるとよいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「終活・医療」に関連する記事

「終活・医療」についてさらに知りたい方へ

  • 終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!のサムネイル画像

    終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!

    終活を始めたほうがいいと思うけど、終活にはどんな種類があるのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方へ、終活の種類を知ってそのイメージを具体的な形にかえていきませんか?そろそろ終活を始めたいと考えている方のために、終活の種類やその方法を解説します。

  • 終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

    終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

    最近はテレビでも終活が話題になっています。ある程度の年齢になると終活について考えますが、実際に終活を始めようとしても、手順がわからない人が多くいます。終活は人生のまとめとしてとても大切な活動です。今回は終活の手順やメリットについて紹介します。

  • 終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

    終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

    最近では終活を行いたいと思う方が増えてきています。しかし終活の必要性は本当にあるのでしょうか?終活を行うと暗い気持ちになるのでは?と不安に思っている方もいることでしょう。そこで終活の具体的な内容とともに終活の必要性について解説します。

  • 無治療の選択について終活準備で考えておくことは?意志を伝える方法のサムネイル画像

    無治療の選択について終活準備で考えておくことは?意志を伝える方法

    終活とは人生の最期に向けての準備活動です。もし自分が延命治療が必要になった時は、無治療を希望するなど自分の意志を明確にしておくことも終活では重要なことです。そこで、終活準備で考えておきたい無治療の選択について詳しく解説します。

  • 終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

    終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

    終活をやってみたいと思う人は意外と多くいます。しかし、どんな方法があるのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、終活を行う際の具体的な方法やメリットについて解説していきたいと思います。終活に興味のある方は是非最後までお読み下さい。

  • 医療のためのエンディングノートとは?書き方を詳しく解説します!のサムネイル画像

    医療のためのエンディングノートとは?書き方を詳しく解説します!

    医療のためのエンディングノートについてご存知ですか?エンディングノートには、資産や葬儀のことだけではなく、命に関わる判断を迫られたときのために医療についての記入欄があります。終末期を迎えた時に、ご自分の希望や意思が伝わるノートの書き方を詳しく解説します!

  • 終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!のサムネイル画像

    終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

    終活のためのアプリと聞いてどのようなものを思い浮かべますか?日常生活で使用しているスマートフォンのアプリで終活ができると手軽で便利ですよね。この記事では終活でアプリを使用する方法やメリット、さらにはおすすめのアプリも紹介していますので参考にしてください!

  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 終活を行う目的ってなに?気になる方法や適齢期などもご紹介!のサムネイル画像

    終活を行う目的ってなに?気になる方法や適齢期などもご紹介!

    目的に向かって歩んだ人生でもいつか人生の終りと向き合う時が来ます。相続や遺言書など人生のエンディングを考え始めると不安や疑問を感じてしまいますよね。そこで今回の記事で紹介するのが終活についてです。今回終活ねっとでは終活の目的や方法などをご説明いたします。

  • 今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

    今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

    終活という言葉が定着した現在、終活を新たに始める方は急速に増えています。では終活に取り組むメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?今回の記事では、終活のメリットとその注意点についてわかりやすく解説します。皆様の終活に役立ちます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・医療」についてさらに知りたい方へ

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!のサムネイル画像

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

無治療の選択について終活準備で考えておくことは?意志を伝える方法のサムネイル画像

無治療の選択について終活準備で考えておくことは?意志を伝える方法

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

医療のためのエンディングノートとは?書き方を詳しく解説します!のサムネイル画像

医療のためのエンディングノートとは?書き方を詳しく解説します!

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!のサムネイル画像

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

終活を行う目的ってなに?気になる方法や適齢期などもご紹介!のサムネイル画像

終活を行う目的ってなに?気になる方法や適齢期などもご紹介!

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・医療」についてさらに知りたい方へ

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!のサムネイル画像

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

無治療の選択について終活準備で考えておくことは?意志を伝える方法のサムネイル画像

無治療の選択について終活準備で考えておくことは?意志を伝える方法

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと