web版のエンディングノートを作ろう!利用法や注意点について解説

終末期に備えてエンディングノートを作って居る方が増えていますが、新しく内容を書き直しをしたり、保管場所が決まらない!そんな悩みを解決できるweb版エンディングノートですが、どのような違いがあるのでしょうか?特徴や作り方保管の仕方など詳しく解説していきます。

目次

  1. web版エンディングノートについて
  2. エンディングノートとは
  3. web版のエンディングノートの特徴
  4. web版のエンディングノートを作るには?
  5. web版エンディングノートまとめ

web版エンディングノートについて

勉強

自身の終末期に向け行なう終活の一つです。

終活とは、終末期について考え、最期まで幸せな人生を送れるようにすることです。
ですが、まだ終活を始めている方は少なくあまり知られていないのが現状です。
自分には終活はまだ早いと思われている方も多いのではないでしょうか?

ですが、自身の最期を有意義に過ごすために、家族に負担をかけない最後を迎えるためにも終活を行うことはとっても大切なことなんです。

そこで今回終活ねっとでは

  • エンディングノートはどうして書いておいたほうがいいのか。
  • どんなことを書いたらいいのか。
  • 紙とweb版の違いとは?
  • どんなことを注意したらいいのか。
  • 実際に作るには何を使ったらいいの?

以上のことを中心に、web版エンディングノートについて解説します。

実際にエンディングノートとはどのように使いどんなことを書いたらいいのか、実際に使用する際のダウンロード方法など参考にしてみてください。

エンディングノートとは

家族

エンディングノートとは、自分自身の終末期に備え、事故にあったときや病気になったときの医療的処置や要望を書き記したり、自伝書や遺影写真や葬儀の規模など細かい希望を記載し万が一の場合に家族の負担を減らし自身の希望も最大限聞いてもらえるように残しておくノートです。

ですが、遺言書とは異なり法的な効力はないため注意が必要です。

ここでは、そのエンディングノートを書く目的や書く内容について紹介していきます。

エンディングノートを書く目的

まずは、エンディングノートを書く目的について見ていきましょう。

自分自身が病気や事故などで意思の疎通が難しい状態になったり、正常に判断できないような状況に陥ってしまったときや、人生の終末期に迎える死に備えてどのようなことをしてほしいか希望を書き留めておくのも終活の一つです。

また、自身のこれまでの人生を見つめ直しどんな人に出会いどんな人生を歩んできたのか今までの人生を振り返ると共に、自身の最期の時まで何のためにどのように過ごすのか、そして残された家族の方が困ることがないように、今自分が何が出来るのかこれからに向けて考えていくいい機会にもなります。

そのように考えて行く中で、生命の大切さやこれから待ち受ける生死に対してどのように向き合っていくのか、今後どのように家族や大切な人たちと関わっていくのかを考え、家族との絆を深めるきっかけとしても大切なものです。

エンディングノートに書く内容

続いて、エンディングノートに書く内容について見ていきましょう。

エンディングノートに書く内容は特に決まりはなく、自身の希望していることを自由に記せるものです。
一般的にエンディングノートは主に「延命処置の有無」や「介護が必要になったときの要望」、「葬儀や相続に対する希望や考え」を書き残すためのノートです。

また、このノートは自身が最期の時迎えたあと家族にとっては大切な家族から残してもらった大切な最後のメッセージとなります。
その為自分自身がどのように生きてきたのか、どんなことを考えていたのかや家族に対しての愛情をメッセージとして残しておける最後の財産となります。

まずは、してほしいことの要望や内容を好きに書いてみることが大切です。
何度も見直しをしていく中で内容を整理し、家族のことを考えて我儘に困らせないように作ることも意識しましょう。

web版のエンディングノートの特徴

パソコン

ここまでエンディングノートについて見てきましたが、ここでweb版のエンディングノートの特徴について見ていきましょう。

一般的なエンディングノートは紙のノートですが、web版では何が異なるのか、またweb版のエンディングノートを書く際の注意点についても見ていきましょう。

紙のエンディングノートと比べて何が良い?

現在エンディングノートを使っている方の多くは紙のノートを使用していますがweb版とは何が違うのでしょうか?
web版エンディングノートを使用することでどのように内容が変わるのでしょうか。

ここでは、紙のエンディングノートと比べて良い点を見ていきましょう。

字を書かなくて良い

紙のエンディングノートと比べて良い点の1つ目に、字を書かなくて良いということが挙げられます。

携帯やタブレット、パソコンなどから直接打ち込むためペンを持つ必要がありません。
その為、文字は書けないけど字は打てる方や、悪筆のため家族に伝えたいことがちゃんと伝わるか不安な方でも、映像や画像を使い内容を具体的にわかりやすく記すことが出来ます。

また、自身が亡くなった際に家族に対してのメッセージを動画や音声として残すことも出来るのがweb版エンディングノートの強みです。

書き直せる

紙のエンディングノートと比べて良い点の2つ目に、なんども内容を書き直せるということが挙げられます。

紙のエンディングノートでは万年筆やボールペンなどで一度記載したものを消して新しく書き直すことが出来ません。
せっかく綺麗にまとめて書いても考えが変わるごとに打ち消し線や修正液を使って書き直すのは嫌ですよね。

一方でweb版では、いつでも好きなように書き直しができ、書き直した痕跡を残すこともありません

また、葬儀の際に参列者に配布する冊子として発行することも可能です。

保管場所に困らない

また、エンディングノートの保管場所に困らないという利点もあります。

自身が終活をしていることはできるだけ家族には知られたく無い方が多いと思います。
紙のエンディングノートでは保管場所によって家族にノートを見られてしまう可能性がありますが、web版のエンディングノートは携帯やタブレット、パソコンなどにデータとして残しておくことが出来るため保管場所に悩む必要がありません。

web版エンディングノートの注意点

ここで、web版エンディングノートの注意点について紹介していきます。

エンディングノートを書く目的としても触れましたが、法的効力はなく家族の負担を減らすためのものです。
その為遺産や相続に関することの記述にはエンディングノートには法的効力がないため、十分注意が必要です。

webにデータとして保管するため保管場所には困りませんが、自身に万が一のことが合った場合にちゃんと家族に見てもらえるよう、エンディングノートをアプリで作っていることを伝えておくことが大切です。

また、紙版とは違いログインにパスワードやIDが必要な場合は家族にきちんと伝えておくことも重要です。

万が一伝えていなかった場合は、せっかくのエンディングノートを家族にみてもらうことも、大切な家族からの最期のメッセージを家族が受け取ることもできなくなってしまうため十分注意が必要です。

web版のエンディングノートを作るには?

矢印

最後に、web版のエンディングノートの作り方について見ていきましょう。
実際にエンディングノートやweb版のエンディングノートを書くことを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

webサイトからダウンロードする

web版のエンディングノートの作り方として、まずはwebサイトからダウンロードしましょう。

パソコンを使ってダウンロードしなければいけないものにはまず先に入れて置かなければならないアプリケーションやツールなどがあるかを十分に確認する必要があります。

そのアプリケーションの中には有料のものや継続して毎月支払いが必要になるものもあるため、どのwebエンディングノートを使用するのか家族と十分に相談しておきましょう。

以下でwebサイトからダウンロードできるエンディングノートを紹介していきます。

Officeのテンプレート

1つ目に紹介するのが、Officeのテンプレートです。

microsoft officeのwordで作成できるエンディングノートで無料でダウンロードすることが可能です。
パソコンからダウンロードすることが出来ますが、macのパソコンを使用している方はpagsというアプリケーションが入っている場合はそのまま簡単にダウンロードが可能ですがパソコンが古いものの場合やWindowsのパソコンを使用している場合は有料のmicrosoft officeを別途インストールする必要があります。

microsoft officeのホームページにて動画での説明や5ステップに分けた解説が簡単に記載されています。
使いこなしたい方向けの本格的な説明を確認することも出来ますので、はじめての方でも簡単に使用することが出来ます

また、「今の自分」について記載する箇所もあり今自身が好きな映画や音楽・趣味などを見る人にもわかりやすく画像と一緒に残す事ができます。
その他にも、大切な人へのメッセージを残すこともでき、テンプレートにある項目以外にも必要な項目を増やすことも可能です。

テンプレートデザインもホワイトでシックな雰囲気のもので男女問わず使用することが可能です。

百人百想・エンディングノート

2つ目が、百人百想・エンディングノートです。

建築設計やインテリア・店舗・家具のデザインなどを手がける株式会社スペース・メニュー・ラボという企業が運営している百人百想から配信している「百人百想・エンディングノート」です。

こちらもダウンロードは無料ですがword版とpdf版があるためword版でのダウンロードを考えている方はmicrosoft office・pagsがインストールされているかの確認が必須です。

pdf版でもpdfの編集ができるアプリケーションのインストールが必要となるのでご注意ください。

このエンディングノートは加筆や上書きすることが可能で、内容は「私の自分史」や「私の記録」があります。

「私の自分史」では葬儀で参列者に配布する冊子として作成使用することが可能です。

「私の記録」では医療や介護・葬儀で使用する遺影や遺言や財産に関することなど、家族へのメッセージを記し残すことが可能です。

表紙デザインには理念とする「百人百想」の文字と自然を感じさせる淡いグリーンで木々の写真が使用されているのが印象的です。

webサービスを利用する

ここでは、webサービスを利用することによるweb版のエンディングノートの作り方を紹介します。

webエンディングノートにはパソコンにダウンロードしなければいけないものだけではなく、インターネット上で保管しておいてくれるサービスもあります。

入会金や月額がかかるものや、入会コースにより金額が変わるものなど複雑になっているものあるのでよく確認して家族と相談してから決めていきましょう。

エルノート

エルノートはweb上で受けられるサービスのためダウンロードの必要がなく、会員登録をしてログインをするタイプのwebエンディングノートです。
オリジナル性が高いためパソコンだけではなく、スマートフォンなどの携帯から書き直しなどが行なえます。

このサービスは会員登録が有料で4つの基本サービスを受けることが出来ます。
「webでの保管・入力・書き起こし」・「エルノートのお届け」「基本連絡サービス」「定期的な情報発信と生存確認」などがあり初回入会金が¥10,800円税込と月々利用料¥1,500円が必要です。

毎月の利用料の支払いが必要となりますが、その分直接的なサポートが多く一人ではエンディングノートの作成が難しい方や、一度完成したエンディングノートの更新を何年も出来ていない方には特にオススメのサービスです。

また、他のサービスと異なるのは「万が一の場合の対応をプライベート秘書に託すことが出来る」という点です。
リードしてくれるプライベート秘書がいるため、家族への負担が減り自身の要望もより正確に伝えることが出来ます。

web版エンディングノートまとめ

家族

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、web版エンディングノートについてまとめました。

  • 自身に何か合ったときのために今元気なうちに大切な家族へ残す最期のメッセージ!
  • 紙版とは違い写真や映像、音声で残せるサービス。
  • 簡単に行なえる変更上書きでいつでも最新も要望・希望が伝えられる!

現在エンディングノートの作成を考えている方や、今から終活を始めようとしている方はぜひweb版のエンディングノートを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また、今まで紙のエンディングノートを使っていた方はこれからweb版に内容を整理しまとめるのもいいかもしれませんね。

最期までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「エンディングノート・web」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「エンディングノート・web」についてさらに知りたい方へ

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法

若いうちからエンディングノートを書く理由をわかりやすく解説しますのサムネイル画像

若いうちからエンディングノートを書く理由をわかりやすく解説します

デジタルエンディングノートについてアプリや無料のものを紹介!のサムネイル画像

デジタルエンディングノートについてアプリや無料のものを紹介!

エンディングノートを手作りにするメリットは?書くべき内容を解説!のサムネイル画像

エンディングノートを手作りにするメリットは?書くべき内容を解説!

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

かわいいエンディングノートとは?おすすめの商品を紹介します!のサムネイル画像

かわいいエンディングノートとは?おすすめの商品を紹介します!

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!

エンディングノートに書くべき内容の例とは?利用法や注意点も解説!のサムネイル画像

エンディングノートに書くべき内容の例とは?利用法や注意点も解説!

エンディングノートにはどんな種類がある?選び方やオススメを解説!のサムネイル画像

エンディングノートにはどんな種類がある?選び方やオススメを解説!

エンディングノートの見本を公開!書き方や内容、注意事項も解説!のサムネイル画像

エンディングノートの見本を公開!書き方や内容、注意事項も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法

1
20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀のサムネイル画像

20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀

2
終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!

3
終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点のサムネイル画像

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「エンディングノート・web」についてさらに知りたい方へ

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法

若いうちからエンディングノートを書く理由をわかりやすく解説しますのサムネイル画像

若いうちからエンディングノートを書く理由をわかりやすく解説します

デジタルエンディングノートについてアプリや無料のものを紹介!のサムネイル画像

デジタルエンディングノートについてアプリや無料のものを紹介!

エンディングノートを手作りにするメリットは?書くべき内容を解説!のサムネイル画像

エンディングノートを手作りにするメリットは?書くべき内容を解説!

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと