終活ノートについて書き方や内容についてわかりやすく解説します!

終活ノートやエンディングノート。皆さん、一度は耳にされたことがあるかと思います。漠然とはわかっていても、書き方や書く項目などがわからず、なかなか手をつけられない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、終活ノートの書き方や内容について詳しく解説いたします。

目次

  1. 終活ノートの書き方について
  2. 終活ノートの書き方
  3. 終活ノートに書く内容・項目
  4. 終活ノートを無料でかけるサイトやアプリ
  5. 終活ノートはいつから書き始めればいい?
  6. 終活ノートと遺言書の違いは?
  7. 終活ノートの書き方まとめ

終活ノートの書き方について

null

みなさんは終活ノートをご存知ですか。
エンディングノートと言えば聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

終活ノートとは自身の死後、または病気などで意思の疎通が難しくなった際に、家族や大切な人に、預金や保険などの資産状況や、自身の考え、想いを伝えるために書き留めておくものです。

必要な情報や自身の考え・想いを実際に文字として遺すことで、いざというときに家族を困らせることがなくなります。
さらには、遺された家族や大切な人への想いがつづられた終活ノートは、亡き後、残された方が生きていくよりどころともなりえます。 
そして、つづる本人も自分自身の考えを整理しやすくなるというメリットもあるのです。

では、終活ノートはどのように書いたらいいのでしょうか。

今回終活ねっとでは、終活ノートの書き方について、以下のポイントにそってお話ししたいと思います。

  • 終活ノートには決まった書き方があるの?
  • 終活ノートに書く項目や内容
  • 終活ノートを書ける無料のサイトやアプリ
  • 終活ノートを書き始める時期
  • 終活ノートと遺言書の違い

終活ノートの書き方について丁寧に解説していきます。
是非最後までお読みください。

終活ノートの書き方

ノート ペン

結論から申し上げますと、終活ノートの書き方に正式な書式はありません。
真っ白なノートに一から記入しても構いませんし、終活ノートとして販売されているものを購入しても構いません。
さらにはパソコンなどを使ってキーボードで入力、それを印刷してファイリングしても構いませんし、アプリなどを使用してデータとして残すこともできます。

そして、終活ノートはそこに書き込む内容も自由です。
自分自身に関することから、資産の状況、家族や大切な人へのメッセージまで幅広く書き込むことができます。

また、終活ノートは書き終わったら終わりではありません。
自身が身を置く状況が変われば、自身の考えも変わるでしょうし、定期的に書き直したり書き足したりしていくものです。

いずれの書き方をとるにせよ、人生の終わりを考えることで、より良い「今」を生きるという終活の目的にかわりはありません。
納得のいく自分らしい終活ノートが書けると良いですね。

終活ノートに書く内容・項目

ノート ペン

終活ノートの書き方は何から何まで自由だといわれると、余計に進まない方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、一般的に終活ノートに書かれる内容や項目をご紹介いたしますので、書き方の参考になさって下さい。

自分や家族の個人情報について

まずは誰の終活ノートなのかがわからなくてはなりません。
そこで書いておく必要があるのが自分や家族の個人情報です。

個人情報として、自分自身の名前・生年月日・血液型・住所・電話番号・緊急連絡先・本籍地などを記入しましょう。
また、既往歴、持病やアレルギーの有無、かかりつけ医、現在服用中の薬、健康保険証の記号・番号や保管場所、マイナンバーなども記入すると良いでしょう。

さらに、家族がいる場はその家族についても、名前や住所、電話番号、続柄などを記入することによって、いざという時に家族との連絡が取りやすくなります。

親戚・友人・知人について

親戚や友人・知人の名前や住所、電話番号、自身との関係も書いておくと、万が一の時のご家族の苦労を減らすことに繋がります。

自身との関係については、どのような関係なのか、「友人」「知人」だけではなく、なるべく詳しく記入したほうが良いでしょう。

そして万が一の時に「出来れば生前に会っておきたい。」「葬儀に来てほしい。」「一切が済んだ後にお知らせしてほしい。」
など、どの段階で知らせて欲しいのか、ということも併せて書いておけば、遺された家族があれこれと思い悩むことも少なて済みます。

仕事の情報について

現役でお仕事されている方は自身の勤務先や所属部署や役職名、勤務先住所、電話番号などの仕事の情報も記入しましょう。

また、万が一の時に誰に連絡を取ればよいのか、その方の名前、所属部署や役職、連絡先も記入しておくと良いでしょう。

すでに退職された方も、これまでの仕事関係において、ご挨拶する必要があると考える場合は、その方々の名前や連絡先などとともに、どのようなお付き合いがあったのか、どの段階で知らせてほしいのかなども記入しておきましょう。

資産について

所有している資産の状況についても記入しましょう。

預貯金、土地や不動産、保険、有価証券、株式などに加えて、借金やローンなど負の資産についても、きちんと記入しておく必要があります。
また、公共料金や各種自動引き落としの情報も残しておけば、のちの手続きがスムーズに進みます。

預貯金に関して書く際には、終活ノートを紛失した時のために、金融機関名を記入するにとどめて暗証番号などは記入しないほうが無難です。

資産の相続について

資産についてに加えて、所有している資産の相続についても記入しましょう。

後に詳しく触れますが、終活ノートに相続に関して記入する場合は「自身の意向として」という意味合いが強くなります。

また、遺言書を作成した場合はそのことに触れ、どうしてそのような内容にしたのかなどを記入することで、家族や親族間の余計なトラブルを回避する働きもしてくれるでしょう。

介護・医療について

介護が必要になった場合や終末期の治療はどうするかなど、介護や医療についても書いておくと良いでしょう。

病気や認知症などで介護が必要となった場合、どのような介護を受けたいか、または逆に避けたい介護など、事前に介護の施設や種類などについて具体的に調べているものがあれば、それもあわせて記入します。

そして、残りの人生が限られたものだと判明した場合、告知を希望するのか、さらには終末期を迎えた際の延命治療、蘇生の措置や臓器提供の意思、献体登録の有無など、望む治療と望まない治療てについて記入しておきましょう。
本人の意思が加わることで、終末期の医療についての家族の苦悩もある程度は和らぐのではないでしょうか。

葬儀の方法やお墓について

希望する葬儀の方法やお墓についてというのも、終活ノートに書かれる

最近では、家族の負担とならないよう、生前に葬儀の契約をすることも珍しくありません。
まずは生前契約の有無を記入します。
生前の契約がなければ、希望する葬儀の形式についての希望について書きます。

現在一般的に広く行われている一般葬にするのか、または家族のみで送ってほしいのか、さらには最近では直葬と呼ばれる火葬のみを行う葬儀の形式もあります。
どういった葬儀を望んでいるのか自分の希望を書いておく他にも、内容、喪主、遺影として使ってほしい写真など記入しておきます。

そしてお墓についても、葬儀同様まずは生前契約の有無を明らかにしておく必要があります。
そして、契約がない場合は、先祖代々のお墓に入るのか、それとも新たにお墓を建てるのか、散骨を希望するのかなどを記入しましょう。

新たにお墓を建てる場合は、墓地の場所やデザイン、お墓を建てる費用の調達先などの記入もしておくと良いでしょう。

ただし、葬儀やお墓については、あまりに細部まで指定してしまうと、逆に家族の負担となる可能性もあります。
あくまでも希望であるという一言も添えておきましょう。

遺品の処分について

デジタルなものを含む遺品の処分や形見分けしたいものについて記入しましょう。

形見分けしたいものについては、品名や保管場所、誰に渡すのか、その理由などを記入しておきます。
また廃棄処分にしてほしいもの、リサイクルや寄付してほしいもの、家族の判断に任せるものなど、処分の方法をリストとして残しておくと、家族の負担も減らすことができます。

デジタル遺品の処分も家族にとっては悩ましいところです。
そもそも、どこにそのようなデジタル遺品があるのか、把握するのに一苦労ですし、パソコンやスマートフォンその物から、それらで利用できるネットバンキング、ネット証券、SNS、ブログなどのサービスまで、アカウント名やID、パスワードを求められる機会は多々あります。

家族にとって最も困るのが、このパスワードなどがわからないということです。
よってこれらデジタル遺品のパスワードなどもしっかり記入しておく必要がありますが、重要な個人情報になりますので、記入の仕方については注意が必要です。

家族や大切な人へのメッセージ

家族や大切な人へのメッセージを記入しましょう。

感謝の気持ちや、時には謝罪の気持ちもあるかもしれません。
お料理のレシピを記入したり、幼い子供のために毎年のバースデーメッセージを記入される方もいらっしゃると聞きます。

それらは、遺された人々の心を癒すと同時に、これから先の人生において大きな支えとなってくれるはずです。

終活ノートを無料でかけるサイトやアプリ

ノート

手書きが負担と感じる方や、パソコンやスマートフォンなどに抵抗がない方は、アプリを使用したり、インターネット上のサイトから、終活ノートをダウンロードする書き方もあります。

アプリの中には動画や音声で残すことができるものもあり、手書きに比べて修正が簡単にできるというメリットもあります。
無料でダウンロードできるサイトやアプリもありますので、気負わず気楽に書き始めることができるでしょう。

ここでは、終活ノートを無料でかけるサイトやアプリについていくつかご紹介いたします。
ファイル形式とアプリに分けてご紹介していくので、自分にあったものを選ぶのにぜひご参考にしてください。

ファイル形式

ファイル形式の終活ノートは以下の3つになります。

  • エンディングノート|Office スタイル カタログ
  • 自分史かんたん作成・更新可能エンディングノート|百人百想
  • エンディングノート無料ダウンロード版|日刊葬儀新聞社

アプリ

アプリの終活ノートは以下の4つになります。

  • エターナルメッセージ(android、iPhone対応)
  • 100年ノート(android、iPhone対応)
  • エンディングノート~絆~Free(android対応)
  • ウケツグ(iPhone対応)

終活ノートはいつから書き始めればいい?

困った人々

では、終活ノートはいつから書き始めるのがよいのでしょうか。
書き方と同じく、タイミングがなかなかわからないという方もいるかと思います。

実際のところ、終活ノートを書き始めるのに、決められた時期はありません。
「○○歳になったら」「次のお正月から」「結婚したら」「定年を迎えたら」
など、自身でタイミングを決めるのも一つの手です。

ですが、人生何が起こるかわかりません。
何歳であっても明日が保障されているわけではないのです。
思い立ったが吉日とはよく言ったもので、何歳であっても早すぎるということはありませんので、思い立ったその時に書き始めるのが最良ではないでしょうか。

繰り返しになりますが、終活ノートは一度書き終わったら終わりではなく、定期的に書き直したり、書き足したりするものです。
その時その時の自身の状況によって、臨機応変に自分史を作り上げていきましょう。

終活ノートと遺言書の違いは?

人々

自分の意思を伝える手段として、遺言書を思い浮かべる方もいるでしょう。
では、終活ノートと遺言書の違いとはどういったところなのでしょうか。

確かに、将来自身の死後に遺志を伝えるために用意しておくものという点では共通していますが、両者には決定的な違いがあります。
それは遺言書は法的な効力を持つのに対し、終活ノートは法的な効力をもたないという点です。

遺言書には法で決められた書き方があります。
逆に言うと、それらを満たしていないと遺言書は無効となるのです。
一方、自由に記載することのできる終活ノートは法的な効力を持ちません
つまり、実行されるかどうかは遺された家族次第ということになります。

また、遺言書には限られたことしか記載することができません。
よって遺言書に書くことができないこと、またはどうしてそのような遺言書を遺したのかなど、遺言書を補うものとして、自由に記入できる終活ノートは大変有効なものです。

終活ノートと遺言書、それぞれの意味合いを活かして上手に両者を組み合わせれば、死後、誤解や混乱をまねくことなく、遺された家族や大切な人に自身の想いを伝えることができるでしょう。

終活ノートの書き方まとめ

人々

今回終活ねっとでは、終活ノートの書き方について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 終活ノートには決まった書き方はない。書式や内容・項目も自由に書き込むことができ、一度の記入で終わりにするのではなく、定期的に書き直したり書き足したりしていくものである。
  • 終活ノートに書く項目としては、自分や家族、親戚、友人・知人の情報や、資産や相続に関すること、介護や医療に関すること、葬儀やお墓に関すること、遺品に関すること、家族や大切な人へのメッセージなどがある。
  • 終活ノートはパソコンやスマートフォンで無料でダウンロードできるものがある。手書きの場合に比べ修正がしやすく、気楽に始めやすい。
  • 終活ノートを書き始める時期は決まっていない。自身でタイミングを決めてしまうのも一つの手ではあるが、思い立ったその時に書き始めるのが最良である。
  • 終活ノートと遺言書の違いは法的効力の有無である。遺言書を補完するものとして終活ノートを活用し、両者を上手に組み合わせれば、遺された家族に自身の遺志を明確に伝えることができる。

自分の最期について考えるなどということは、決して気が進むものではありません。
しかし終活とは、人生の最期と向き合うことによって、より良い「今」を生きるための活動です。
終活ノートをつづることにより、自身の想いや現在の状況を的確に把握することができるはずです。

皆さんも是非、終活の第一歩として、終活ノートでご自身の想いを形にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ノート・書き方」に関連する記事

「終活ノート・書き方」についてさらに知りたい方へ

  • 終活と自治体の関係性について!自治体の行う終活支援とは?のサムネイル画像

    終活と自治体の関係性について!自治体の行う終活支援とは?

    自治体は私たちの暮らしに最も密着する行政です。高齢化でさまざまな終活がクローズアップされるなか、私たちの終活を奨励する自治体は全国的に増えてきています。補助金や終活ノートの配布など自治体の終活支援はさまざまです。今回は自治体の行なう終活支援について解説します。

  • 終活の流れって一体どんな感じ?終活する目的などもあわせて紹介!のサムネイル画像

    終活の流れって一体どんな感じ?終活する目的などもあわせて紹介!

    「終活」はさまざまなメディアで取り上げられています。言葉は知っていても、自分には関係のないものだと感じていたり、そもそもどんな流れで進めるものなのか知らなかったりする方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな終活の目的や流れについて解説していきます。

  • 終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!

    最近は終活を行いたいと思われている方が増えてきています。しかし終活の具体的な内容はよくわからないという方もいらっしゃいますよね?そこで終活の具体的な内容について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

    終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

    終活をやってみたいと思う人は意外と多くいます。しかし、どんな方法があるのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、終活を行う際の具体的な方法やメリットについて解説していきたいと思います。終活に興味のある方は是非最後までお読み下さい。

  • 30代から終活を始める人がいる?30代からの終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    30代から終活を始める人がいる?30代からの終活の意義・内容とは

    30代とはまだ若く、働き盛りの世代です。まだまだこれからの30代と終活は、結びつかないかもしれません。けれども最近、若い世代でも終活を始める方がいらっしゃいます。なぜ若い世代も終活するのでしょうか?今回は、30代からの終活の意義と内容について解説します。

  • 終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

    終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

    最近はテレビでも終活が話題になっています。ある程度の年齢になると終活について考えますが、実際に終活を始めようとしても、手順がわからない人が多くいます。終活は人生のまとめとしてとても大切な活動です。今回は終活の手順やメリットについて紹介します。

  • 若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!のサムネイル画像

    若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!

    終活といえば、高齢の人がするものというイメージがありますが、最近では若い人にも終活が注目されているといいます。特に終活のひとつであるエンディングノートに関心が集まっているようです。そんな若い人向けの終活の内容やメリットを解説します。

  • 終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!のサムネイル画像

    終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!

    「終活」という言葉を耳にしたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。でも、終活って、一体何をするのか知らないという方も多いのではないでしょうか。終活の意味、何をするのか、始めるタイミングなど知っておいていただきたいことがたくさんあります!

  • 元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

    元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

    終活は元気なうちにやっておきたいものです。でも、どんなことをしたら良いのでしょう?終活でやっておきたいことを全般的にまとめてみました。終活の主たるところを全般的にまとめてありますので、これから終活を始める方も参考にしていただければと思います!

  • 終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

    終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

    最近では終活を行いたいと思う方が増えてきています。しかし終活の必要性は本当にあるのでしょうか?終活を行うと暗い気持ちになるのでは?と不安に思っている方もいることでしょう。そこで終活の具体的な内容とともに終活の必要性について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活ノート・書き方」についてさらに知りたい方へ

終活と自治体の関係性について!自治体の行う終活支援とは?のサムネイル画像

終活と自治体の関係性について!自治体の行う終活支援とは?

終活の流れって一体どんな感じ?終活する目的などもあわせて紹介!のサムネイル画像

終活の流れって一体どんな感じ?終活する目的などもあわせて紹介!

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

30代から終活を始める人がいる?30代からの終活の意義・内容とはのサムネイル画像

30代から終活を始める人がいる?30代からの終活の意義・内容とは

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!のサムネイル画像

若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!のサムネイル画像

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと