お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

お墓を建てた後は年に何度か定期的にお墓参りしなければいけないと考えている方は非常に多いでしょう。しかし、中にはお墓参りが不要な場合もあります。それでは、お墓参りが不要である場合とは具体的にどういうことなのでしょうか。

目次

  1. お墓参りって不要なの?
  2. お墓参りは不要?
  3. お墓が不要なゼロ死が流行
  4. お墓が不要な際のメリット・デメリット
  5. お墓が不要な人の供養方法
  6. 仏壇があればお墓は不要?
  7. お墓参りは不要かどうかまとめ

お墓参りって不要なの?

お墓

身内の方で亡くなった方がいた場合、その方のために葬儀をあげ、その後しかるべき時期にお墓を建てて納骨します。
そして、納骨した後は亡くなった方の死後から数えて節目となる時期や、またお盆やお彼岸といった時期にお墓参りに行くというのが当たり前であると考える方は非常に多いでしょう。

ところが、近年では葬儀やお墓、そして故人に対する供養の方法や考え方が非常に多様化し、なおかつ大きく変わってきています。
そのため、お墓そのものを持たない方も増えてきているうえ、お墓参り自体が不要である場合も出てきています。

それでは、具体的にお墓参りが不要な場合というのはいったいどういうことを意味するのでしょうか?

そこで今回は、お墓参りが不要であることがはたして大丈夫なのかどうかや、お墓参り以外の供養の方法についていろいろと見ていきます。

この記事では

  • お墓参りはそもそも不要なのか?
  • 最近流行しているお墓が不要なゼロ死とはどのようなものか?
  • お墓が不要であることのメリットとデメリットとは?
  • お墓が不要な人に対する供養の方法とは?
  • 仏壇があればお墓は不要なのか?

という各ポイントに沿って話を進めていきます。

今後、終活に取り組む中でご自身のお墓や供養の在り方などについて考えるうえで、ぜひともご参考にしてくだされば幸いです。

お墓参りは不要?

お墓

お墓参りやお墓が不要な場合の供養の方法などについて触れる前に、まずはお墓参りそのものが不要であるかどうかについて見ていきましょう。

一昔前であれば、先祖代々のお墓がすでにあり、それを守っていくことが家の長男の務めであるとさえいわれてきました。
その時代の常識からすると、家が続く限りはお墓を守り、お参りも続けるべきものとみなされていました。

しかし、現代においてはその常識が揺らいできています。
少子高齢化や核家族化といったの社会的な変化の影響で、お墓を守っていく人がいないという家が増えてきているという事情です。

そのためか、結果として無縁墓も増えてきていますし、それと並行して後で詳しく述べるような一般的なお墓以外の供養の方法も多く現れてきています。

これらの供養の方法の多くはお墓参りが必要のないものも出てきています。
言い換えれば、現代的な考え方からして、お墓参りが必要とも言い切れなくなってきているのです。

お墓が不要なゼロ死が流行

葬儀

お墓や供養に関する考え方や方法、価値観が多様化してきている現代において流行し始めているのがゼロ死とよばれる考え方および方法です。

「ゼロ死」とは、誰かが亡くなった際に葬儀をあげなかったり、お墓を建てなかったりするといったことを指し、結果として亡くなった後はお墓を含めて何も残さないことを指します。
ちなみに、「ゼロ死」を提唱したのは、宗教学者として著名な島田裕巳氏です。

「ゼロ死」が広がっている背景には、「残される家族に負担をかけたくない」という終末期を迎えた方たちが増えてきていることが挙げられます。

「ゼロ死」の方法ですが、葬儀は行わず火葬だけ(直葬)を行い、その後ご遺骨についても散骨や火葬場で引き取ってもらうといった方法でお墓すら残さないというものです。

ただ、「ゼロ死」というやり方は比較的最近行われるようになったためか、まだまだ一般に浸透しているとは言い切れません。
そのためか、人によっては否定的な考え方を持つ方も少なくなく、最悪の場合だとご家族やご親族の間に亀裂が生じることもあります。

そのため、ご自身の見送り方として「ゼロ死」を検討するのであれば、ご家族やご親族とよく話し合って同意を取り付けたり、お願いをしたりすることが何よりも大切です。

お墓が不要な際のメリット・デメリット

お墓

お墓が不要な場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
ここでは、それらについて見ていきましょう。

メリット

お墓が不要である場合のメリットとして、主に負担に関係することが考えられます。
それでは、具体的にどのような点で負担が軽減されたりなくなったりするのでしょうか?

費用がかからない

まず考えられるメリットとして、お墓を建てる必要がないために、金銭面の負担がかからないという点です。

お墓を建てるには、敷地にかかる永代使用料(土地使用料)と墓石代、そして工事費用がかかり、これらを全部合計しますと、100万円から300万円が費用の相場です(場合によってさらに費用がかさむ場合もあります)。

また、お墓を建てた後も毎年墓地や霊園の管理者に支払う管理費が発生したり、節目ごとに法要を行った際のお布施代など長期的にお墓の管理のための経費がいろいろと発生します。

しかし、お墓を建てないということは、これらの経費がすべて必要なくなることを意味します。

ご遺族の方に負担がかからない

お墓を建てないという選択肢を選ぶことは、お墓に関する費用が発生しないということのほかの面でもご遺族の方の負担がかからない効果をもたらします。

多くの場合、お墓は亡くなった身内の方の葬儀の後で建てられることとなりますが、実際のところはご遺族の方も身内の方が亡くなったという現実に直面して辛い思いをしていることに加えて、葬儀や遺品整理のことなどで落ち着く暇もありません

それに加えてお墓のことまで考えなければいけないとなると、身体的・精神的な負担も非常に大きいものとなります。
そこから考えると、お墓を建てないという選択肢をあらかじめとっておくだけでも、ご遺族の方の負担を大きく軽減することができます。

デメリット

お墓を建てないという選択肢を取るメリットをここまで見てきましたが、もちろんデメリットも存在します。

ここでは、最も考えられるデメリットを2点ご紹介いたします。

他の方のご遺骨と合祀される

お墓を建てないという選択肢を取った場合、ご遺骨をどのようにするかについてはさまざまな方法が考えられますが、最も一般的な方法が合祀というものです。

この方法を取った場合は、そのまま永代供養墓といった合祀墓に納骨されることとなりますが、一度納骨されますとそのご遺骨だけを取り出すことが永久にできないというデメリットがあります。

このため、お墓を建てずに合祀という選択肢を取る場合は、ご遺骨を手放すくらいの心の準備が必要です。

ご遺族の方が心の踏ん張りができない

墓を建てないという選択肢そのものは非常に最近のもので広まりを見せているとはいえ、社会全体の傾向ではいまだにお墓を建てるという選択肢を取る場合が主流です。

そのため、ご家族やご親族の中には「お墓を建てないなんてとんでもない」ということで反発するなどトラブルのもとになりかねません。
そのことを恐れてご遺族の方が心の踏ん張りができないということも十分にあり得ます。

もし、お墓を建てないという選択肢を取るのであれば、その理由や事情も含めてご家族やご親族とよく相談しておくことが大切です。

お墓が不要な人の供養方法

永代供養

お墓が不要という選択肢を取った場合、ご遺骨の供養をするうえでどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、お墓が不要な人の供養方法についてそれぞれ簡潔に見ていきましょう。

永代供養を行う

永代供養とは、故人のご遺骨の管理や供養を墓地や霊園の管理者に一括して任せるという方法です。
永代供養つきの個人墓や家族墓というものもありますが、ここでは永代供養墓といった合祀墓に納骨する場合についてご説明します。

永代供養墓はいわば合祀用のお墓で、複数の故人のご遺骨が一緒に納骨されます。
合祀墓に納骨した後は、管理者側が供養や管理を行ってくれるため、普通にお墓を建てた場合に発生する管理費も一切負担する必要はありません。

しかし、先ほども触れたように、一度合祀されたご遺骨は再び取り出すことができないので、永代供養を選択する場合はご遺骨と永遠にお別れするくらいの心の準備が必要です。

散骨を行う

散骨とは海や山といった自然の中にご遺骨をまく供養の方法です。
大自然の中で眠りたいという方やご遺族に負担をかけたくないという方を中心にこの方法を利用するケースが増えてきています。

特にメジャーなのが、海域に散骨する海洋散骨で、業者に委託した場合は5万円前後と比較的安い費用で利用できます。
考え方によっては、海に面しているところならどこでもお墓を考えることができるため、お参り(花束や故人が好きだったもののお供え)の際に場所を選ぶ必要がほとんどありません。

デメリットとしては、ご遺骨をあらかじめ粉骨しておく必要がある点や散骨するための場所にはその自然の区域の利用者に迷惑がかからないところを選ばなければいけないという点が挙げられます。

樹木葬を行う

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標として植え、その根元にご遺骨をsのまま、もしくは自然にやさしい素材でできた骨壷に入れた状態で埋葬する方法です。
もともと、欧米で自然保護も目的も兼ねて行われていましたが、日本でも1999年から行われてきています。

自然をこよなく愛する方やご家族に負担をかけたくないという方を中心に利用されています。
なお、都市部郊外の公園墓地の専用スペースで行われる公園型と、地方の山間部の専用スペースに里山形成の目的も兼ねて植えた樹木に埋葬する里山型とがあります。

自然の中で眠れることや比較的安い費用で利用できるというメリットがある半面、里山型の場合はアクセスに苦労する場合があることや、こちらの比較的新しい供養の方法であるため利用することに抵抗を覚える方がいる場合もあるというデメリットもあります。

手元供養をする

手元供養とは、ご遺骨の入った骨壷を自宅で保管したり、ご遺骨の一部をペンダントに納めたりするといった供養の方法です。

亡くなった方を身近に感じながら生活できたり、また亡くなった方のことを忘れなかったり、費用がほとんどかからないというメリットがあります。

他方、こちらもご家族やご親族の中には抵抗感を感じることがあるという点や、定期的にご遺骨や骨壷のメンテナンスが必要であるという点がデメリットとして挙げられます。

仏壇があればお墓は不要?

仏壇

ここまでお墓やお墓参りは不要かどうか見てきましたが、最後に仏壇があればお墓は不要かどうかについて見ていきましょう。

「うちには仏壇があるから、お墓まで建てる必要はないし、だからこそお墓参りも必要ない」という方もいるのではないでしょうか?

たしかに、仏壇で供養することも、お墓を建てて、お墓参りのたびに供養するということと同じように故人を敬う気持ちを示すことに変わりはないということから考えても、こういう考え方は一理あるといえます。

そのうえ、お墓参りは1年に数度行くものであるのに対し、仏壇へのお参りは毎日できるうえ、その気になれば1日に何度でも手を合わせることができます。

ただ、本来ならば仏壇には故人のご遺骨がない分、故人は存在しないという考え方が一般的です。
どうしても、故人がいるところで供養をしたいのならばお墓参りすべきという考え方なのですが、そこまでこだわりがないのであれば仏壇だけでも大丈夫といえるでしょう。

いわば、故人を供養する方の気持ち次第ということです。

お墓参りは不要かどうかまとめ

お墓

お墓参りが不要かどうかや、不要な場合の供養の方法について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 一昔前であればお墓を建てることやお墓参りをすることは当たり前とされてきたが、現代ではお墓や供養に関する価値観や方法などが多様化してきているうえ、お墓参りが必要とされない供養の方法も現れてきている。このため、必ずしもお墓参りが必要とは言い切れない。
  • お墓やお墓参りが必ずしも必要ないとされてきている中で流行しているのが「ゼロ死」と呼ばれる方法である。これは火葬のみを行い、ご遺骨も永代供養墓や散骨といったお墓を建てる必要のない方法で供養するやり方である。ご家族に負担をかけたくないということで行う方が増えてきているが、この方法を行うにはご家族やご親族とあらかじめよく話し合っておく必要がある。
  • お墓が必要ないという選択肢を取った場合のメリットとして、ご遺族の心身面の負担を軽減できるうえ、金銭的な負担が発生しないというものが挙げられる。一方で、デメリットとしてご遺族が気持ちの上で踏ん張りがきかないことや、ご遺骨が合祀された場合は取り出すことができないという点が挙げられる。
  • お墓が不要な方の供養の方法として、永代供養や散骨、樹木葬、手元供養が挙げられる。
  • 仏壇さえあればお墓が不要かどうかについては、実際に故人を供養する方の気持ち次第となる。どうしても故人のご遺骨があるところで供養したいのであればお墓やお墓参りは必要だが、そこまでこだわりがなければ不要でも大丈夫である。ただ、仏壇で手を合わせても、お墓参りしても故人を敬う気持ちを示すことに変わりはない。

お墓参りが不要なのではないかという考え方は、現代におけるお墓や供養の考え方や方法の多様化という状況を反映したものであるといえますし、そういう選択肢を選ぶことができるようになってきた社会であることの表れでもあります。

終活に取り組むみなさんも、お墓参りが不要なのではないかという考え方も参考にして、ご自身のお墓や供養のあり方について考えてみるというのもありなのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・不要」に関連する記事

  • お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

    最近では、お墓そのものを不要と考える方が急激に増えてきています。はたしてお墓を持たないというのはいったいどのようなものなのでしょうか?今回はお墓を不要と考えることがどういうことであるかについてや、お墓無しでの供養の方法について見ていきましょう。

  • お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

    お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

    今までお墓を建てることは当たり前でしたが、現在ではあえてお墓を建てない人も増えてきました。その場合、今までと違って、どんな方法が必要となってくるのでしょうか。この記事では、お墓を建てない場合の供養方法などについて解説しています。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

    墓石なしのお墓の供養方法について解説します

    先祖代々が眠るお墓ですが、最近墓石を持たない「墓石なし」の供養方法が注目を集めています。 墓石なしのお墓とはどのようなものなのでしょうか?墓石を持たない代わりに、どのような供養をするのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

  • もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

    もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

    先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

    お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

    お墓の継承者がいない、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、お墓を持たない選択をする人が増えています。お墓を持たないことは可能でしょうか。今回はお墓を持たない選択に至る背景と、お墓を持たない場合の供養方法について詳しく解説していきます。

  • 現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

    現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

    終活を始めた時に、まず考えるのはお墓のことでしょう。しかし、昔と違い現代は様々な選択肢があるので悩みが尽きません。そこで今回は、現代のお墓事情の変化について、その問題点・原因・解決策を説明します。お墓の悩みを解決する道筋が開けますので、是非お読みください。

  • 永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

    永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

    独身でいることでお墓のことに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。 お墓がある人でも承継者がいない、お墓がない人は自分でお墓を建てるのかと不安を感じている人に最適なのが永代供養です。 ここでは、独身の方でも安心な永代供養について解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓参り・不要」についてさらに知りたい方へ

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓参り・不要」についてさらに知りたい方へ

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと