終活としての財産整理はどうすればいい?やるべき事をお教えします!

終活を行う時に一番気になるのが自分の財産をどのように整理すればいいのかということではないでしょうか?自分の死後もご家族様が変わらず仲良く過ごせるようにするために財産の整理をすることは重要です。そこで終活として行う財産整理の方法を解説します。

目次

  1. 終活としての財産整理について
  2. 終活における財産整理の必要性とは
  3. 終活としての財産整理でやるべきことは?
  4. いざという時に財産をどうするか伝える
  5. 終活としての財産整理についてのまとめ

終活としての財産整理について

人々

終活とは人生の終わりに向けての活動ということですが、自分の人生の後始末をして死を待つだけという訳ではありません。

今までの人生を振り返り、残されるご家族様に自分の思いを伝えて心残りがないようにし最期の時まで幸せに過ごせるようにする活動が終活です。

終活には荷物の整理や葬式の仕方やお墓についての自分の思いを家族に伝えるというのもあります。
中でも一番重要なのが自分の財産の整理をすることです。

そこで今回終活ねっとでは終活としての財産整理について解説します。

  • 終活における財産整理の必要性
  • 終活における財産整理の仕方
  • 財産整理をした後に家族に伝える方法

この記事では以上のことを中心に話していきます。
お葬式が終了した後で残されたご家族様が一番困るのが財産分与の件です。
家族間での争いに発展することもありますので終活として自分の財産をはっきりさせておくことはとても大事です。

ぜひこの記事を参考に財産整理を行ってください。
最後までお読みいただければ嬉しいです。

終活における財産整理の必要性とは

お金

自分には財産がないからと財産整理は必要ないと思われている方もおられるかもしれませんが、実は財産が少ないほど骨肉の争いに発展する可能性が高いこともあるようです。

自分がいなくなった後もご家族様が仲良く暮らしていけるように、終活として財産整理はとても重要な事柄です。

ここでは、終活における財産整理の必要性について見ていきましょう。

自分の資産を見直す事ができる

財産整理をするために今ある資産を見直してみましょう。
忘れていた資産を思い出すかもしれません。
価値のある宝石や骨とう品がどのくらいあるかも改めて確認でき、自分の資産を見直す事ができます。

今ある資産は自分が今まで頑張ってきたものですので、しっかりと把握してご家族の方に残せるようにしましょう。

相続に役立つ

自分の死後は財産は配偶者やお子様たちが相続することになります。
きっちりと分けることができる現金なら良いのですが、分けることが難しい土地・建物・宝石・骨とう品などは誰に相続して欲しいかを明確にしておいても良いでしょう。

相続人同士の争いを避けるために自分の資産を把握し、どのように相続してもらうかを考えておくのも終活の大事な点です。

ご遺族の方々が管理しやすくなる

離れたところにある土地を持っている場合、ご家族様でもその存在を知らなかったということもあるかもしれません。
また、税金を支払わなければいけないものもありますので、終活で財産の整理を行うことでご遺族の方々が管理しやすくなります。

終活としての財産整理でやるべきことは?

困った人々

終活として財産整理を行う時にやるべきことはどのようなことでしょう?
この章では、終活としての財産整理でやるべきことについて具体的にご紹介します。

保有資産をすべて書き出す

とにかく保有資産をすべて書き出してみましょう。
エンディングノートを活用しても良いですし、パソコンやスマホを利用するという方法もあります。

書き出すべき財産項目

保有資産は人によっていろいろありますが、マイナス資産でもわずかしかないというものでも書き出しておきましょう。
自分がいなくなった後でもご家族様がわかるようにしておくことが大事です。
以下で、書き出すべき財産項目について紹介します。

預貯金

預貯金の通帳や印鑑、取引先の金融機関名やキャッシュカード、暗証番号なども書き出しておきましょう。
また、以上の項目をどこに保管してあるかということも書き残すようにしましょう。
へそくりのように内緒にしている現金があるのなら、隠し場所も書き記したほうが良いかもしれません。

保険(生命保険・損害保険など)

保険もどんな保険に入っているか、保険証はどこにあるかも書き出しておきましょう。

生命保険などは入院時や死亡時にお金が下りることもありますので、自分はどんな保険に入っていて受取人は誰になっているかも改めて確認するようにしましょう。

有価証券(株式・債券など)

有価証券も自分の死後、手続きなどが必要になりますのでご家族様がわかるように書き出しておく必要があります。
また、証書がどこにあるかも書いておきましょう。

不動産

土地や建物などの不動産の名義が誰になっているかも明確にしておきましょう。
田舎に土地を持っている場合はご家族様でもわからないということも考えられます。

自分名義の不動産がどのくらいあるかもはっきりさせておくのも終活を行う時の大事な事柄です。

ローン・クレジット

まだ終わっていないローンやクレジットがあるなら、どのような内容かと言うことも書いておきましょう。
書く時は〇〇年〇月現在として置けば、後でご家族様が見てもわかりやすくなります。

ネット銀行・ネット証券

ネット銀行やネット証券を利用されている方は、どこにどのような資産があるかも書いておきましょう。

ネット上では書類や通帳などがないことが多いので、ご家族様が存在自体を全く知らないということもあり得ます。
パスワードも大文字・小文字がはっきりわかるように正確に書き残すことをおすすめします。

定期的に書き直す

上記のような資産は書いたからとすぐにご家族様に知らせる必要はありません。
残りの人生の中で状況はどんどん変わりますので、定期的に書き直すようにしましょう。
書いた時点での日付を入れるようにし、更新していくことが大切です。

使わない口座やカードの整理

終活における財産整理では、使わない口座やカードの整理も重要となってきます。
保有資産を調べていくうちに古く使っていない口座や期限の切れたカードなどが出てくることもあるでしょう。
使えないカードははさみで切って捨てるようにしましょう。
使わない口座は解約してしまうことをおすすめします。

重要書類を揃えておく

不動産の権利書や保険証書などの重要書類を揃えておくようにしましょう。
重要書類が見つからなくて困ったというご遺族様もおられます。

家族に終活をしていることを伝える

家族に終活をしていることを伝えることも忘れてはいけません。
保有資産をすべて書いてあるエンディングノートの存在を伝えておきましょう。

場合によってはご家族様と一緒に終活を行っても良いでしょう。

いざという時に財産をどうするか伝える

お金

いざという時に自分の財産をどうして欲しいか、ご家族の方にきちんと伝えておかなければご自身の思うようにならないかもしれません。
それを回避するために、いざという時に財産をどうするか伝える方法をご紹介します。

遺言書を準備する

一番わかりやすくよく行われる方法は、遺言書を準備することです。
遺言書にはメリットと注意点があります。

メリット

まずは遺言書のメリットから見ていきましょう。

遺言書は法的効力がありますので自分の希望通りになる可能性が高いのがメリットです。
どうしても受け継いでほしい財産がある場合は遺言書を作成することをおすすめします。

注意点

続いて、遺言書の注意点について見ていきましょう。

遺言書はある一定の条件を満たしていないと正式な遺言書として認められない場合があります。
正しい遺言書の作り方を学んで作成するようにしましょう。

また、遺言書を作成しても存在がわからなければ実行されない場合があります。
ご家族の方に遺言書を作成してあることを伝えておきましょう。

エンディングノートを活用する

エンディングノートには書き残しておきたい項目が載っていますので終活しやすくなります。
エンディングノートを大いに活用しましょう。
そしてここでは、エンディングノートのメリットと注意点について解説します。

メリット

まずはエンディングノートのメリットについて見ていきましょう。

エンディングノートは保有資産の整理にも使えますが、その資産について自分の思いなども一緒に書き込むことができます。
思い入れのあるもののエピソードも一緒に書いておけばご家族様も気持ちを理解してくれることでしょう。

注意点

次に、エンディングノートの注意点です。

エンディングノートには法的効力がないことを理解しておきましょう。
また、エンディングノートの存在をご家族様に知らせておくことと、いざという時まで保管は厳重にしておきましょう。

終活としての財産整理についてのまとめ

お金

いかがでしたでしょうか?
終活としての財産整理について解説しましたがお役に立ったでしょうか?

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • 終活における財産整理は残されたご家族様にとっても重要なことである
  • 保有財産を書き出して詳細や重要書類を集めておこう
  • 財産整理を行ったらいざという時のためにエンディングノートなどを活用してご家族様に伝えることが大切である

終活において財産整理はとても重要なことです。
ご家族様や自分自身のためにも財産整理を行うようにしましょう。

この記事が終活の一環で財産整理を行っている方に参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「終活・財産」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「終活・財産」についてさらに知りたい方へ

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点のサムネイル画像

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点

終活の時に知っておきたい!残された家族が抱える問題とは?のサムネイル画像

終活の時に知っておきたい!残された家族が抱える問題とは?

終活って具体的に何をするの?終活のやり方やメリットを解説します!のサムネイル画像

終活って具体的に何をするの?終活のやり方やメリットを解説します!

終活での生前整理に関して|違い・意義・段取り・注意点のサムネイル画像

終活での生前整理に関して|違い・意義・段取り・注意点

終活を行うメリットって何?やるべきことや注意点、デメリットも解説のサムネイル画像

終活を行うメリットって何?やるべきことや注意点、デメリットも解説

若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!のサムネイル画像

若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!

終活を行う方法とは?具体的な項目や行うメリット、タイミングも紹介のサムネイル画像

終活を行う方法とは?具体的な項目や行うメリット、タイミングも紹介

終活で身の回りを整理しよう!必要性やすべきこと、タイミングを解説のサムネイル画像

終活で身の回りを整理しよう!必要性やすべきこと、タイミングを解説

若者も終活を始めるべき?するべきことや始めるメリットについて解説のサムネイル画像

若者も終活を始めるべき?するべきことや始めるメリットについて解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法

1
20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀のサムネイル画像

20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀

2
終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!

3
終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点のサムネイル画像

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・財産」についてさらに知りたい方へ

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点のサムネイル画像

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点

終活の時に知っておきたい!残された家族が抱える問題とは?のサムネイル画像

終活の時に知っておきたい!残された家族が抱える問題とは?

終活って具体的に何をするの?終活のやり方やメリットを解説します!のサムネイル画像

終活って具体的に何をするの?終活のやり方やメリットを解説します!

終活での生前整理に関して|違い・意義・段取り・注意点のサムネイル画像

終活での生前整理に関して|違い・意義・段取り・注意点

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと