より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!

お墓を建てる際にはまず場所探しから始まります。先祖代々続くものが多いですから、より良いものを選びたいですよね。今回はそんなお墓探しのポイントを分かりやすくご紹介していきます。これからお墓を探そうと思っている人必見!

目次

  1. お墓探しについて
  2. お墓を建てる墓地を探す
  3. どんなお墓を建てたいかを明確にする
  4. お墓・永代使用料を含めた値段を比較する
  5. お墓探しの注意点
  6. 先祖のお墓探しについて
  7. お墓探しのまとめ

お墓探しについて

お墓

お墓は一生に一度の大きな買い物と言っても過言ではありません。

失敗したと思っても、後から買い直すこともできません。
選ぶ際はよく考え、失敗しないお墓選びをしたいものですよね。

最近では終活の一環として、生前に自分のお墓を探し、購入しておく人もいらっしゃいます。

お墓を建てるには、まず土地が必要です。
さらにお墓の形状、墓石の種類、どこの石材店に依頼するかなど、考えることはたくさんあるのです。

今回は失敗しないお墓探しについて、

  • お墓を建てる墓地を探す
  • どんなお墓を建てたいかを明確にする
  • お墓・永代使用料を含めた価格を比較する
  • お墓探しの注意点
  • 先祖のお墓探しについて

に注目して見ていきたいと思います。

やり直しのきかないお墓選び。
この記事を最後まで読んで、ぜひ慎重に行いたいものですね。

お墓を建てる墓地を探す

お墓

ところで、墓地にはいくつか種類があることをご存知でしょうか?

墓地は誰が管理しているかによって、寺院墓地公営墓地民営墓地の3種類に分けることができるのです。

では、1つ1つの特徴を詳しく見ていきましょう。

寺院墓地

寺院墓地は全国にたくさんあります。

管理・運営を行っているのは主にお寺となります。

多くの場合、お寺の境内に墓地がありますが、中には他の場所に墓地のみを作っているお寺もあります。

寺院墓地にお墓を建てるには、そのお寺の檀家になる必要があります

檀家とは、お布施によってその寺の運営を助ける家のことです。
檀家の制度は鎌倉時代から存在するようで、お寺はこのお布施によって運営が可能となっています。

檀家になれば法要などもすべて行ってもらえ、もしお墓を継ぐ人がいなくなった場合にも永代供養などの対応をしてもらえるので安心です。

しかし、宗教的な縛りがあることもあります。
寺院によっては檀家になった後で、契約時にはなかった要求をされることもあるようです。

民営・公営墓地と違い、寺院墓地の場合は住職さんとの付き合い方が大切です。
土地の購入を決める前に、よくお話をしておくとよいと思います。

事前の話し合いや契約確認が、後のトラブルを防ぐことにも繋がっていくのです。

公営墓地(霊園)

公営墓地の管理・運営は市区町村などの地方自治体が行っています。

個人ではなく自治体が管理・運営しているので、安定した経営ができている所が多いです。

また、寺院墓地のように宗教や宗派に縛りがありません。
どのような宗教の人もお墓を建てることができるので人気があります。

だいたいの場合、石材店も好きなように自分で選ぶことができます。

料金も他の墓地に比べて安いことが多く、こちらも人気の理由となっています。

中には土地の購入に抽選が行われるほど人気が高い場所も存在します。
募集も毎年あるわけではなく、現在入手はかなり困難と言えるかもしれません。

公営墓地の購入は他にも制限があります。
まず、その墓地を管理している自治体の管轄内に住んでいることが条件です。
どんなによい墓地を見つけても、その自治体の管轄内に現住所がなければ購入は不可能です。

また、手元にご遺骨がない状態では購入できないなど、墓地によって様々な制約があります。
公営墓地を考えている場合は、きちんと下調べをしておくことをお勧めします。

民営墓地(霊園)

民営墓地は寺院墓地や公営墓地よりも後に登場した墓地です。

管理・運営は公益法人や宗教法人が行っています。

民営墓地は3種類の中で一番制限が緩いと言ってもよいかもしれません。

墓石の形なども比較的自分の好きなように選択することが可能です。
また、終活として生前に購入しておくこともできます。

民営墓地は景観も自由な所が多く、公園のように美しく整備されている所もあります。

購入する人が自分の好みに合わせて好きな墓地を選ぶことができるのが、民営墓地のよいところと言えます。

しかし、民営墓地の場合は石材店を自分で選択できないことが多いです。

と言うのも、民営墓地はいくつかの石材店が集まって運営していることがあるからです。
なのでその墓地に土地を購入すると、自動的に石材店の選択肢も決まってくるわけです。

どの墓地を選ぶにしても、あとからトラブルに巻き込まれないためにもあらかじめ下調べをしておくことが大切です。

お墓を建てる場所探しは、直接墓地に出向いて自分の目で見ておくこともお勧めします。
分からないことや不安なことがあれば、管理者に直接問い合わせてみましょう。

どんなお墓を建てたいかを明確にする

お墓

お墓をどこに建てるかが決まったら、次はどのようなお墓にするかを明確にしましょう。
形や石の種類など、選択肢は様々です。

お墓の形は?

お墓の形には大きく分けて3種類が存在します。

様々な場所で見かける墓石ですが、お墓の装飾1つ1つにはそれぞれ意味があるのです。

まずはお墓の形について3種類を見てみましょう。
お気に入りの形を見つけることも、良いお墓探しのポイントです。

和型

和型の墓石は一番よく見かけるタイプです。

このタイプのものは江戸時代から存在するようです。

お釈迦様の遺骨を納めた仏舎利を簡素化した形であると言われています。
芝台と呼ばれる石の上に3つほどの石を重ねて作られます。

墓地でよく見かけるのは黒っぽいものや白っぽいものだと思います。
しかし最近では灰色や緑色に近い色など、様々な色が登場しています。

墓地によっては景観を保つため、色や形、高さに制限をかけているところもあります。
地域によっては形が違う所もあります。

洋型

洋型の墓石は近年墓地でよく見かけるようになりました。
洋型墓石の特徴は和型に比べて横長で、背が低くなっています。

洋型が増えてきた理由としては、西洋のようにお墓を芝生の上に建てる墓地が増えてきたことです。
また、洋型墓石は背が低いのでとても安定感があり、耐震性にも優れています。

お墓に彫刻する文字も、これまでのように「○○家」や「南無阿弥陀仏」ではなく自分の好きな文字を彫刻したものが増えています。
漢字一文字や亡くなった人を表すような言葉、メッセージなどを彫刻することもあります。

自由度が高いことから、最近とても人気の形となっています。

しかし、特に寺院墓地ではこのような洋型を規制している所もありますので、注意が必要です。
洋型を検討している場合は、先に墓地に確認を取るとよいでしょう。

デザイン型

デザイン型は最も自由度の高い墓石と言えます。

四角形にこだわることなく、自由な形にデザインが可能です。

例えば、亡くなった人が生前好きだったものの形などです。
サッカーボールやピアノ型などさまざまなものが見られます。

ほとんどの場合オーダーメイドとなりますので、事前にしっかりとした計画が必要です。
こちらも墓地によっては建てることを制限されることもあります。

墓石の種類は?

次に墓石の種類です。

墓石は主に日本産、中国産、インド産があります。
それぞれの特徴を見てみましょう。

日本国産の墓石

日本では200種類以上の石材が採れると言われています。

日本国産の墓石の中でも有名なのは、福島県産の吾妻みかげ、同じく福島県産の芝山石、香川県産の庵治石(あじいし)などです。
これらの日本国産の石材から作られた墓石は、高級品として人気を集めています。

中国産やインド産に比べると価格は高騰する傾向にありますが、やはり国産にこだわる人は多いようです。

しかし、海外の石材にも高級なものはありますから、まずは自分の目で見て手で触れてお気に入りを見つけるのがよいと思います。

墓地でも墓石でも、お墓探しの際には自分の目で見てみることが大切です

中国産の墓石

中国産の墓石は約40年位前から日本に入ってくるようになりました。

昔は品質に問題があるものもありましたが、現在は安価でよい品質の石材が多くあります
そのようなこともあり、近年急速に需要が増えています。

石材店でも取り扱っている所が多く、価格は安いが品質がよく高級感があることが人気です。
白、黒、グレー、ピンク系など様々な色もあります。

インド産の墓石

インド産の墓石艶があり、硬さもあるのが特徴です。

また、吸水性がよく何年建っても変形しにくくなっています。
値段が手ごろなものも多く存在します。

実はインドの石材が日本で使用されていた歴史は、中国よりずっと古いのです。
赤っぽいものや緑っぽいものなど様々な色があり、デザイン型墓石を立てる際に特に人気となっています。

お墓・永代使用料を含めた値段を比較する

お金

お墓探しの際に見ておきたい墓地、お墓の形、石の種類について特徴をご紹介してきました。

ここで気になるのが、やはり値段ですよね。
価格を見積もる際には純粋にお墓の値段だけではいけないのです。

永代使用料

まずは永代使用料という費用が必要になります。
永代使用料とは、お墓を建てる場所代のことです。

「墓地を買う」と言いますが、実際は料金を支払って借りるという感覚に近いのです。

墓石代

そして墓石代もかかります。

墓石代には石材の価格だけでなく彫刻代、付属品代などが含まれます。
消費税も必要になります。

管理料

さらに管理料もかかります。

この管理料は墓地によって異なりますが、基本的に年間1回の支払いです。
管理料の支払いを滞納したり怠ったりすると、最悪の場合お墓が撤去されることもあります。


お墓探しの際には、このような費用を全て含めて料金を見積もる必要があります。
だいたいの相場は160万円程度になっています。

お墓探しの注意点

お墓

次に、お墓探しの注意点について解説します。

失敗すると後にトラブルになる可能性もあるので、十分な注意が必要です。

宗教・宗派に気をつける

前述したように、墓地には主に3種類が存在します。

寺院墓地では他の2つの墓地に比べて宗教・宗派による規制が厳しい傾向にあります。
ほとんどの場合が仏教です。

寺院墓地にお墓を建てたいけれど宗教が違う、という場合には改宗が必要となります。
中には宗教を問わない寺院もありますが、檀家にならなければお墓を建てられないところもあります。

公営墓地や民営墓地の場合は宗教を問わずにお墓を建てることができる場所が多いです。

お墓を探す際にはこのような宗教・宗派に気をつけることが大切です。

石材店が指定されている場合も

墓地によっては、あらかじめ石材店が指定されていることもあります。
自分の知り合いなどに安価でお墓を建ててもらおうと考えている人などは、特に注意が必要です。

石材店を指定しておくことは、経営者側のメリットになります。
また、同じような墓石に限定しておくことで景観を保つ効果もあります。

公営の墓地では石材店が指定されていませんが、安価だという理由だけから石材店を選んでしまうのも危険です。
耐久性に欠けていたり、後のメンテナンスをしてもらえなかったりということがあるからです。

公営墓地は抽選の可能性がある

前項でも少し触れましたが、公営墓地は購入するのに抽選に当たらなければならない可能性があります。

募集も毎年必ずあるわけではなく、土地が空いた時のみの募集ということになります。

しかも公営墓地は長い間利用している人が多く、なかなか空くことがないです。
工事をして区画を増やしたり、たまたま空きが出た時に募集することになるので、常に気をつけて見ていなければなりません。

墓地の入手が困難なことから、最近では墓石を必要としない樹木葬や合祀墓なども注目を集めています。
樹木葬や合祀墓は、生前に申し込むことができる場合もあります。

先祖のお墓探しについて

お墓

ところで、みなさんはご先祖様のお墓がどこにあるか全て知っていますか?

中には先祖のお墓参りをしたいけれど、場所が分からないという人もいるでしょう。
そんな時どうやってご先祖様のお墓を探せばよいか、その方法について考えてみましょう。

一番簡単で早い方法は、親戚(年配の方が有効)に尋ねてみることです。
聞いてみても分からない場合は戸籍調査を行い、先祖が住んでいた場所を調べます。

場所が分かったらその住所周辺に現在住んでいる人が本家であることがあります。
同じ苗字の家も可能性は高いと思います。

もしそれでも見つけられなければ、最終的には専門家に依頼するのもよいと思います。
個人で行うにはかなり時間と手間のかかる作業なので、専門家であれば迅速に行ってくれるはずです。

お墓探しのまとめ

お墓

今回はより良いお墓探しのポイントについて見てきました。

お墓を探す際にはどんなポイントを見ていけばよいのか分かっていただけたでしょうか?
ここで記事をまとめてみると、

  • 墓地の種類は寺院墓地、公営墓地、民営墓地の3種類があり、それぞれ管理・運営しているところが違う。
  • お墓の形は和型、洋型、デザイン型が存在し、好みに合わせて選ぶことができる。
  • 墓地によっては景観を重視し、形を限定している所もある。
  • 石材は日本産、中国産、インド産が主に使用されていて、色も様々なものがある。
  • 料金を見積もる際は、管理料や永代使用料を含めて考えておく必要がある。
  • お墓探しの際は、宗教や宗派に気をつけること、石材店の指定があるかないかを調べること、公営墓地を希望の場合は抽選がある場合があることを視野に入れておく。
  • 先祖のお墓の場所が分からない場合はまず親戚に尋ね、それでも分からなければ戸籍調査を行う。
  • もし自分の力で調べることができなければ、専門家を頼る。

という内容でした。

お墓は大きな買い物ですから、購入するのもほとんどの人が初めてという場合が多いでしょう。
後から後悔しないためにもしっかりと下調べを行い、選択肢を広げておくとよいですね

困ったことや分からないことがあったら、親戚や専門家に相談しましょう

先祖代々守っていくお墓。
よいお墓探しができることを願っています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・探し」に関連する記事

「お墓・探し」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

    【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

    都立霊園へはどのように申し込みをすれば良いのでしょうか?申し込みまでの流れ、今年度の募集要項、費用相場、都立霊園一覧、注意点、都立霊園のお墓の区分、特徴、手続きについても解説しています。資料請求や見学予約を無料で行うことも可能です。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・探し」についてさらに知りたい方へ

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

お墓を作る際にかかる費用や手順・注意点について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓を作る際にかかる費用や手順・注意点について詳しく解説します!

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓選びのポイントって何?より良い墓地や墓石の選び方を紹介!のサムネイル画像

お墓選びのポイントって何?より良い墓地や墓石の選び方を紹介!

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!のサムネイル画像

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!のサムネイル画像

【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと