編み物の基本的な編み方を解説!誰でも編めるようになる!

編み物ってコツコツ何日も編み続けて難しそう…というイメージを持つ方もいらっしゃいます。でも、基本的な編み方ひとつで小物なら1日数時間でも充分編めるのです。編み物の基本だけ覚えてこっそり挑戦してみませんか?やっぱり無理、と諦めるのはその後でも大丈夫です。

目次

  1. 編み物のイメージを変えてみよう
  2. 基本的な編み方でできる小物
  3. 編み物の基本をさらっと知っておこう
  4. 基本を学ぶ編み物レッスン
  5. 編み物の基本のまとめ

編み物のイメージを変えてみよう

編み物

編み物は道具があればどこでもできる!

糸と編み針さえあれば、テレビを観ながらでも、ラジオを聞きながらでも、はたまた待ち合わせのちょっと空いた時間でも、簡単に進められますし、中断も簡単です。
バッグの中にヒョイと編み針と糸を入れて持ち歩きできるので、それほど荷物の邪魔にもなりません。
筆者も、バッグには編み物セットが入ったポーチを常にいれてあります。
いつでもどこでも編めるのは、編み物のメリットですね。

編み物初心者だって将来はオリジナルも!

初めて編み物に取り組む方の手つきはなかなかはかどらなくてイライラするかもしれません。
ですが、誰だって最初はそうなのです。
はじめから上手にできる方なんてそういないのです。
編み物のもうひとつのメリットは、失敗したと思ったら、糸をほどいてまた最初からやり直せることです。

メンタルケアにも有効な「編み物」

編み物はとても地味な作業の繰り返しと思われていますが、これが「うつ」の症状を改善するのに有効なようです。
うつ病患者向けに編み物イベントを催したりしてメンタルケアにも一役買っているようです。
もしもまわりにうつの症状がみられるような友人・知人がいれば、一緒に始めてみるのも良いかもしれません。

基本的な編み方でできる小物

小物

簡単にできる編み物の作品を集めてみました。

ちょうちょのブローチ

ブローチ

家庭で役立つアクリルたわし

アクリルたわし

毛糸のシュシュ(髪飾り)

シュシュ

基本的な編み方で作った毛糸のシュシュ(髪飾り)です。シンプルな髪用ゴムを編み物に使った作品です。さまざまな色の毛糸を使えばオリジナルのシュシュがたくさんできます。

丸モチーフのコースター

コースター

小さな丸を9つ作ってつなげただけのコースター。これももちろん基本的な編み方だけです。小さいのに色違いでとってもおしゃれ感のあるコースターになりますね。

編み物の基本をさらっと知っておこう

編み物

編み物の種類

「編み物」と一言でいっても、かぎ針編み、棒針編み、レース編み、機械編み、そして指編みやうで編みなども最近人気が出てきました。
しかしながら、一般的に「編み物」と呼ばれる場合はかぎ針編みと棒針編みを指していると考えてよいようです。

かぎ針編みと棒針編み

かぎ針編みは、鉛筆サイズ程度の長い針の先に「かぎ爪」のようなものがついており、そのかぎ爪に毛糸をひっかけて編んでいきます。
棒針編みは、かぎ爪はない長い棒2本を使って編んでいきます。輪にして編む際には3本~4本を使って編むことができます。
この2種類の特徴は、かぎ針では伸縮性があまりないのできっちりと編む小物などに向いており、棒針は伸縮性に富んでいるのでセーターなどの大きなものを編むのに向いています。

編み物に必要なもの

単純に言えば、かぎ針(棒針)と毛糸さえあれば十分です。
あとは毛糸を切るはさみ(糸切ばさみなど)と糸始末用の針ですが、どの家庭にもありますね。
棒針で編む場合にはほかにも使う道具も出てくるでしょう。

初めての編み物ならかぎ針編みを

初めて編み物をするという方には、かぎ針編みから始めることをお勧めします。
というのは、左手で毛糸をガイドし、右手で針を動かす所作になれるためです。
棒針になると、左手で毛糸をガイドするのは同じですが両手でそれぞれ編み針を持つため、3つの所作を同時にこなすのは、慣れるまでかなり時間がかかるのです。
ガイドする毛糸がゆるんだり、きつくなったりするので、自然にできるようになるまではかぎ針編みで練習していくのが良いとされています。

編み方の基本

かぎ針編みでは、大きく分けて3つの段階で作っていきます。
1. 作り目(くさり編み)
編み始めるための土台ともいうべきもので、必要な長さ分のくさり編みをします。
2. 各種編み方
こま編み、長編み、長々編みなど、さまざまな編み方を繰り返していきます。
3. 糸の始末(あれば毛糸用の針を使う)
最後まで編めたところで、はさみで糸を切って最初と最後の糸の始末をします。

作り目や各種編み方、糸の始末の仕方など、下記のサイトで確認してみてください。

基本を学ぶ編み物レッスン

サイトで見る編み物レッスン

有名な編み物メーカーのサイトでは、初心者向けに基本から丁寧に解説しています。
実際に作りながら、説明や図解、動画で学ぶことができます。

アクリルたわし

編み物に必要なものとしては、100円ショップで売られているアクリル100%の毛糸並太か極太(色はお好きなもので)、かぎ針は7/0号~8/0号のものを用意するとよいでしょう。

動画で見る編み物レッスン

動画サイトでは、たくさんの人に編み物を楽しんでもらえるよう、簡単なかぎ針の小物を最初から最後までの制作を動画にして紹介しています。
見ているだけでも楽しめます。

通信講座で学ぶ編み物レッスン

通信講座で基本から学べるものもあります。
毎月1セットずつ送られてきて、9か月間楽しむことができる編み物レッスンです。

編み物の基本のまとめ

筆者は、小学生の頃に母親から編み物を教わったのですが、最初の頃はマフラーを編み続けているうちにだんだんと幅が違ってきたり、丸にしようとしているのに歪んできたり、たくさんの失敗も経験してきました。

当時は編み物を学ぶとしても本を買うか教えてもらう以外ありませんでした。
インターネットが普及した現代、ネットの中でわからなかったことや知りたかったことがどんどん調べられるようになり、しかも動画で説明されているのは大変親切でありがたいです。

大人になって、基本に立ち戻り、改めて編み物を楽しめるようになりました。

ちょっとでもわからない箇所が出てきたら、すぐ調べられる環境になった昨今、基本をしっかりじっくり学べば、きっと楽しく編み物ができることでしょう。

「編み物・基本」に関連する記事

「編み物・基本」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「編み物・基本」についてさらに知りたい方へ

かぎ針を使った編み物の編み方は?初心者でもできる!のサムネイル画像

かぎ針を使った編み物の編み方は?初心者でもできる!

レース編みの世界へようこそ ~レース編みの種類~のサムネイル画像

レース編みの世界へようこそ ~レース編みの種類~

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介しますのサムネイル画像

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介します

刺繍初心者なら短時間でできるワンポイントで練習&実用!のサムネイル画像

刺繍初心者なら短時間でできるワンポイントで練習&実用!

クロスステッチやバックステッチなど刺繍の縫い方を説明のサムネイル画像

クロスステッチやバックステッチなど刺繍の縫い方を説明

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと