お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!

お寺の永代供養とはどんなものでしょうか。永代供養はお寺に限らず納骨堂や霊園など、様々な宗教施設に依頼することが可能です。今回はお寺での永代供養がどんなものか確認しながら、必要な費用について解説します。

目次

  1. お寺の永代供養について
  2. 永代供養とは?
  3. お寺の永代供養ってどんなもの?
  4. お寺の永代供養のメリット・デメリット
  5. 永代供養と一般的なお墓の違いは?
  6. お寺の永代供養についてまとめ

お寺の永代供養について

お墓

みなさんは家族親族が万一の際どんな供養方法をとろうか考えたことはありますか?
また、自分自身亡くなった後にどのような供養をしてもらいたいか迷っている方もいるのではないでしょうか。

昔ながら代々引き継がれてきたお墓で供養する人も多いですが、昨今様々な供養方法があります。
そんな多くの供養方法の中から近年、お寺での永代供養を選択する方が増えてきています。

なかには、家族の墓で行う供養からお寺での永代供養に切り替えるという方も少なくありません。
特に実家などの地域に根付いた、または昔から付き合いがあるお寺で永代供養してもらうというケースが多々あります。

終活の一環で、将来的にはお寺での永代供養をお願いするという選択肢を現在検討されている方もいらっしゃると思います。

そこで今回はお寺の永代供養について、

  • 永代供養とは何か
  • お寺での永代供養の特徴
  • お寺で永代供養をするメリットとデメリット
  • 永代供養と一般的なお墓との違いとは何か

以上4点を中心に、解説していきます。

併せて費用相場についても紹介していきますので、どうぞ最後までご覧下さい。

永代供養とは?

お墓

永代供養とはどんな供養方法か、ご存知でしょうか。

通常お墓はもちろん、故人となった家族や親族の供養や管理はご遺族や故人の親族が行いますが、永代供養は、その供養や管理をお寺や霊園などに任せることを言います。

永代供養では、その名の通りお寺や霊園に永代(半永久的)に渡って供養を任せます。

内容としては、周回忌に読経したり、お彼岸やお盆には合同または個別に供養をしてくれます。
永代供養の墓や安置場所の維持管理、つまり清掃なども管理者側がしてくれます。

ただしこの「永代」は期間が決まっている場合があり、お寺では33回忌か50回忌までとされている所が多々あります。

なおこの一定期間を過ぎると合祀(合同墓に埋葬)されるのも永代供養の特徴の一つです。

お寺の永代供養ってどんなもの?

困った人々

永代供養はお寺や霊園、永代供養専用の施設など様々な場所で行うことができます。

その中でもお寺の永代供養の特徴とはどのようなものでしょうか。

ここでは、

  • 永代供養における様々な納骨方法
  • 納骨後のご供養の方法
  • 永代供養にかかるお布施などの費用

これらを具体例を挙げながら解説していきます。

永代供養での納骨の仕方は?

永代供養での納骨方法には様々な種類があります。

ここではお寺での代表的な方法を、5種類にわけて解説していきます。

合祀型

まずは「合祀型」と呼ばれる、ご遺骨が複数の方のご遺骨と合同で祀られる方法です。

合祀型では、大き目のお墓、石塔や仏像などの目立つモニュメントの納骨場所(多くは地下やモニュメントの下部)にご遺骨が納められます。

合祀型では、骨壷からご遺骨を取り出して納骨をするため、他の方のご遺骨と混ざってしまい故人のご遺骨を再度取り出せないため、改葬できなくなってしまいます。

その反面、比較的安価であるため、なるべく費用を抑えたい方にはオススメの方法です。

集合型

合祀型の大きなモニュメント(大型のお墓)などの周辺に、小さな墓石や戒名などが刻まれたプレートが並んで置かれているタイプを「集合型」と言います。

この場合、墓石やプレートはシンプルで小さく目立たないですが、ご遺骨は個別に埋葬されています。

ですが、お寺によって異なりますが、永久に個別に埋葬されたままとは限りません。
33回忌や50回忌、あるいはお寺との契約期間までは個別に埋葬し、その後合祀に切り替えられる場合も多くあります。

位牌型

お寺の中に永代供養がなされている故人の位牌が並べられた、その名の通り「位牌型」と呼ぶタイプもあります。

位牌型では、ご位牌を置いておけるスペースが設けられており、通常のお墓と同じような感覚で供養に訪れることが出来ます。

なお位牌型でも、位牌が個別に分けて置かれている場合と、他の方と分け隔てなく置かれ祀られている場合の二つのケースがあります。

仏壇型

位牌型と似ていますが、お寺内に仏壇が並べられている方法を「仏壇型」と呼びます。

各ご家庭内で置かれるような仏壇をそのまま寺院内の専用スペースに設置して供養する方法です。

位牌型に比べると広めにスペースをとりますが、仏壇ですので、遺影や位牌を置くことが可能です。

仏壇型は、仏壇が自宅にないというだけなので、故人やご遺族の希望通りに仏壇道具を揃えることが出来るのが特徴です。

墓石安置型

各ご家庭のお墓はそのままに、供養の方法が永代供養とする方法を「墓石安置型」と呼びます。

言い換えると墓石安置型は、永代供養付きのお墓を買って、後は維持管理してもらうということです。

先祖代々継いできたお墓の維持管理が出来なくなったが、お墓はそのまま残しておきたい方や、個別のお墓を持ちたいけれど、高齢などを理由に供養だけはお寺に任せたい方などにオススメなのがこの墓石安置型です。

納骨した後のご供養の仕方は?

永代供養では、納骨した後お寺ではどんな供養をしてくれるのでしょうか。

お寺や契約によって違いはあるものの、納骨後の供養方法はおよそ以下の通りになります。

  • 納骨時にお経をあげる。
  • 周回忌に個別で、または周回忌の月などに合同でお経をあげる。
  • 春と秋のお彼岸の2回とお盆に合同でお経があげる。(お寺によっては大掛かりに読経してくれることも)
  • 供養されている場所の定期的な清掃。

また、ご遺族がお線香をあげに来た際など、依頼があればいつでも読経してくれるところもあります。

供養方法や個別の法要の有無などはお寺によって異なることが多いので、それぞれ調べておくと良いでしょう。

お布施などの費用はどのくらいかかる?

お墓を検討する際に必ず気になるのが費用ですよね。
永代供養ではお布施などの費用がかかります。

その内訳は、永代供養料+納骨時の読経に対するお布施+刻字料(墓碑などへ戒名を入れる費用)が主となります。

お寺により差はありますが、納骨時のお布施は相場として3~5万円程度、刻字料が3万円程度となります。

大きく異なるのが永代供養料で、合祀型が10万円程度、集合型・位牌型・仏壇型が30~50万円程度で、特に後者はスペースが広くなればなるほど高価になる傾向にあります。
墓石安置型の永代供養料は特別値段が上がり、100万円程度あるいはそれ以上かかる場合があります。

これら費用は初回にまとめて納めますが、毎年維持管理費や通信費として数千円かかる場合もあります。

また、ご遺族が供養に訪れた場合は、お布施(1~5万円)をお渡しすることもあるようです。
このお布施については気持ちですので、お寺や親族内で相談することをお勧めします。

総じて、永代供養では数十万円~100万円超かかりますが、お墓を持つよりは費用がかからないというのが特徴です。

お寺の永代供養のメリット・デメリット

困った人々

冒頭でも少し触れましたが、永代供養はお寺だけでなく霊園や永代供養専門の施設で行うことが出来ます。

ここでは、お寺での永代供養のメリットとデメリットを解説します。

終活の一環で永代供養を考えている方の中でも、どの場所を選ぶかを決めかねている方の参考になるかもしれませんのでご確認下さい。

メリット

お寺での永代供養にはどのような良い点があるのでしょうか。
まずはメリットから見ていきましょう。

  • 新たにお寺にお墓を建てる場合には、檀家になるために入壇料を支払う必要がありますが、お寺に永代供養をお願いする場合にはその費用はかかりません(例外あり)。
  • お付き合いがある身近なお寺なら、特に安心感を持って任せることが出来ます。
  • お寺に永代供養を任せる場合、ご自宅またはご実家の近くであることが多いようです。お墓の管理はお寺に任せますが、参拝に行かれる際は立地条件やアクセスがよくなります。
  • お寺によって確認が必要ですが、永代供養の場合は宗派や宗旨は問わず、無宗教の方でも受け入れてくれます。

このようにお寺という地域に馴染みのあるものだからこそ得られるメリットもあります。

デメリット

大事なお墓を決める際には良い点だけではなく欠点も必ずチェックしなければなりません。
お寺の永代供養のデメリットは以下のようになっています。

  • 今あるお寺のお墓をやめ、違うお寺に永代供養を申し込む場合は改葬となり、檀家制度に基づき、元のお寺に離壇料を支払わなければならない場合があります。
  • お寺では埋葬から一定期間過ぎると、必ずと言っていいほど合祀されることが多いため、遺骨の取出しが出来ません。よって、お墓の引越しをするなど改葬が出来ません。
  • 永代供養料は基本的に初回一括払いですが、年会費がかかる所があります。かつ、周回忌などの度に気持ちとしてお布施を渡す場合があり、余計な出費がかかる場合があります。

お寺の永代供養のメリット・デメリットをそれぞれお分かりいただけたでしょうか?

お寺の永代供養の良い点と悪い点の双方を考慮し、一番譲れないものは何か考えて、慎重に検討していくと良いでしょう。

永代供養と一般的なお墓の違いは?

お墓

ところで、永代供養と一般的なお墓ではどのように違うかご存知ですか。

お寺での場合ですが、永代供養と一般的なお墓の違いは大きく分けて2点あります。

場所によって異なる場合がありますが、一つ目は、大きさやサイズの違いです。

合祀された永代供養墓(合祀墓)の場合は、一般的なお墓に比べ大型で比較的高さがある、目立つものになっています。
個別の永代供養墓の場合には、石製で四角形のプレートのようなものをお墓とする場合があり、一般的なお墓のサイズより極端に小さくなります。

二つ目は、見た目(墓石の表面と戒名)です。

合祀墓の墓石の表面には、個別の戒名は刻まれず「永代供養墓」などと彫刻されているので一般的なお墓と区別しやすくなっています。
なお戒名は、墓石の横に刻まれたり、別途墓碑に刻印されたり、墓誌に記されたりとお寺によって異なります。

お寺の永代供養についてまとめ

お墓

お寺の永代供養に着目して解説してきましたがいかがでしたか?

  • 永代供養は維持管理や供養を永代に渡りお寺に一任することであり、納骨方法は、合祀型、集合型、位牌型、仏壇型、墓石安置型などいくつか種類があること。
  • 永代供養費は一般的なお墓を建てて維持管理するよりは安価で済み、相場としては納骨時のお布施も含み初期費用が20~100万円程度で済むこと。
  • お寺での永代供養は、費用面や安心感、立地条件などでメリットがありますが、離壇料や年会費など別途費用がかかる場合もあり、一定期間過ぎると合祀されるため改葬が不可能となること。
  • 永代供養墓は一般的な墓とは違うデザインや大きさであることが多く、個別の戒名は目立たないように記されていること。

以上の点について理解して頂けたのではないでしょうか。

自分のものであれ家族のものであれ大事なお墓ですので、慎重に検討して満足のいくものを決められると良いですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お寺・永代供養」に関連する記事

「お寺・永代供養」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

    終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

    終活や永代供養と言う言葉を聞くようになって、ご自身の終活について考えるようになった人も多いのではないでしょうか。ご自身のお墓について、誰にも迷惑をかけたくないと考えている方には、永代供養について詳しく知ることが大切でしょう。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

    近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

  • 違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

    違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

    最近話題になることの多い永代供養ですが、永代供養がなにか分からない人もいると思います。宗派による違いはあるのでしょうか?また宗派が違えば永代供養してもらえなかったりするのでしょうか?ここでは気になる永代供養について詳しくまとめてみました。

  • 永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

    永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

    ご遺骨の管理について考えたことはありますか?亡くなった後、遺骨の管理ができな方の為に永代供養という方法があります。永代供養についての知識を身につけておきませんか?「臨済宗なんだけど…」と宗教に不安を感じている方へ、永代供養を行っている臨済宗の寺院も紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お寺・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと