永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

皆さんは永代供養墓や納骨堂が流行っていることをご存知でしょうか。 永代供養墓と納骨堂が流行ってどういうこと?と思った方も多いのではないでしょうか。 この記事では永代供養墓と納骨堂がなぜ流行っているのか、供養形態にどのような違いがあるのかを解説いたします。

目次

  1. 永代供養墓・納骨堂について紹介
  2. 永代供養墓と納骨堂の違いについて
  3. 永代供養墓と納骨堂どっちを選ぶべきか
  4. 永代供養の納骨堂もある?
  5. 永代供養墓・納骨堂のまとめ

永代供養墓・納骨堂について紹介

お墓

永代供養墓や納骨堂に注目が集まっています。

しかし、注目が集まっているといわれてもピンときませんよね。
永代供養墓や納骨堂について様々な疑問があるかと思います。

そこで今回は、永代供養墓と納骨堂について以下のポイントに沿って詳しく解説いたします。

  • 永代供養墓と納骨堂はどうして注目されているの?
  • そもそも永代供養墓と納骨堂って何?
  • 永代供養墓と納骨堂の違いとは?
  • 料金はどのくらいかかるの?

今まで永代供養墓と納骨堂を終活の選択肢に入れていなかった方にも、ぜひ読んで参考にしていただければと思います。

永代供養墓と納骨堂の違いについて

お墓

みなさんは永代供養墓と納骨堂の違いはわかりますか?

お墓とお堂とは違うことはもちろん目に見えてわかりますが、具体的に何が違ってくるのかと言われるとぱっと出てこないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、

  • 永代供養墓と納骨堂がどうして注目されているのか
  • 永代供養墓と納骨堂にどのような違いがあるのか

を詳しく解説していきます。

永代供養墓とは?

永代供養墓とは、寺院などが遺族に代わって供養をしてくれるお墓のことです。
家ごとにお墓を建てるのではなく、管理する寺院などにある永代供養墓に入ります。

他家のご遺骨と一緒に入る合祀墓など、様々な種類があります。

永代供養墓が増えている背景

永代供養墓が増えている背景として、核家族化といった家族形態の変化があります。

永代供養墓は、寺院などがお墓の管理や供養をしてくれるので、お墓の継承が不要です。

死後に料金が発生する維持管理費がかからないことが多いのも特徴で、生前に支払った料金でその後の供養や管理などもしてもらえます。

継承が不要であるため、

  • 身寄りのない方
  • 跡継ぎがいない方
  • 娘様が遠方に嫁いだ方
  • 子供に面倒をかけさせたくない方

など、お墓を継承していくことが難しい方から人気があります。

お墓の継承をしてくれる方がいないというケースは近年増えてきています。
通常のお墓の場合は、遺族がお墓を継承し管理をすることが必須となっていますが、継承する人がいない場合は無縁墓になってしまいます。

その点、永代供養墓の場合は生前に手続きをしておけば、自分のお墓が無縁墓になることはありません。

永代供養であれば、自分の死後も供養をしてくれますし、お墓の継承をしてくれる方がいない方にとっては安心してお任せできる埋葬方法だと言えます。

永代供養墓の種類

永代供養墓にも様々な種類があります。

それぞれの特徴と、料金について見てみましょう。

個別安置型永代供養墓

個別安置型の永代供養墓は、通常のお墓より小さめのお墓を建て、個人もしくは家族単位で入れる永代供養墓です。

ご遺骨も通常のお墓と同じように埋葬しますので、最初から他家のご遺骨と一緒に入ることに抵抗がある方にも人気があります。
ほとんどの場合、一定期間が経過すると合祀されます。
合祀までの期間は十三回忌・十七回忌・三十三回忌など、寺院・霊園により様々です。

相場は約80万円〜200万円ほどです。
個別でお墓を建てる分、相場は他の永代供養墓と比べるとお高めになっています。

集合安置型永代供養墓

集合安置型の永代供養墓は、大きなモニュメントのようになっている集合型のお墓です。
集合安置型の場合も、ご遺骨は個別に安置されます。

集合安置型には

  • モニュメントや墓石の下に納骨スペースがあるもの
  • モニュメントの周りにある納骨スペースに小さな石碑や石塔を建てて供養するもの

などがあります。

料金は10万円〜50万円ほどが相場です。

合祀型永代供養墓

合祀型の永代供養墓は、はじめから合祀(ほかのご遺骨と一緒に埋葬)する方法です。
永代供養墓といえば、この合祀型を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ご遺骨は骨壺から出して埋葬をします。
他のご遺骨と混ざってしまいますので、改葬はできなくなってしまいます。
ご遺族がいる場合には、事前に相談をしておいたほうがよいでしょう。

相場は3万円〜10万円ほどで、他の方法と比べるといちばんお安くなっています。

樹木葬型永代供養墓

樹木葬型の永代供養墓は、樹木(草木)を墓碑として埋葬する方法です。
墓石を設けないので、環境問題に関心のある方や、自然回帰の思想を持っている方から人気があります。

樹木葬の種類には

  • 里山型(山林などの広い場所に埋葬)
  • 都市型・公園型(霊園・寺院内にある目印になる木の周りに埋葬)
  • ガーデニング型(植物に囲まれた場所に埋葬)

があります。

樹木葬の場合には、桜の木をシンボルツリーにしている霊園や、バラを使用した霊園など様々なものがあります。
植物がお好きな方は、自分好みの寺院・霊園を探してみるのもよいのではないでしょうか。

相場は10万円〜50万円ほどとなっています。

納骨堂とは?

納骨堂とは、主に室内にある納骨スペースのことです。

個人・ご夫婦など、さまざまな単位でご遺骨を納めることができます。

納骨堂が増えている背景

納骨堂が増えている背景は、永代供養墓とは異なるのでしょうか?

納骨堂というと、お墓に納めるまでの間だけご遺骨を納めておくものというイメージがあるという方が多いのではないでしょうか?

しかし、近年では納骨堂をお墓の代わりとして利用するところが多くなってきています。

首都圏では人口が集中したうえに高齢化が進んだことにより、お墓が不足しています。
お墓を増やそうにも法規制が厳しいうえに、周辺住民からの理解も得られないことから、お墓を新設することは難しいのです。

その点、納骨堂の場合は法規制もさほど厳しくないですし、建物内に作れるので周辺住民からも理解してもらいやすいので、お墓に比べ新設することが簡単です。
このような理由から、納骨堂が増えてきているのです。

また、この後に説明する機械式納骨堂など、今までの納骨堂とは異なる新しい形の納骨堂が増えてきたことで、納骨堂のイメージが変わってきていることも納骨堂が増えた一因と言えるでしょう。

納骨堂の種類

納骨堂にもさまざまな種類があります。

それぞれの種類の特徴と代金を紹介していきます。

ロッカー式納骨堂

ロッカー式の納骨堂は言葉通り、ロッカーのような扉付きの棚にご遺骨を納める納骨堂です。
最近の納骨堂は、扉部分に柄が入っていたりするかわいらしいデザインのものまであります。

価格は、10万円〜30万円ほどが相場です。

棚式納骨堂

棚式の納骨堂とは、棚に骨壺を収納する形式の納骨堂のことです。

相場は10万円〜30万円ほどです。

仏壇式納骨堂

仏壇式の納骨堂とは、仏壇のようになっている納骨堂のことです。

上段が仏壇のようになっており、位牌などを置いて利用できます。
そして下段にはご遺骨を入れることができるようになっています。

費用の相場は30万円〜100万円ほどです。

機械式納骨堂

機械式の納骨堂とは、機械制御でご遺骨を出してもらうシステムになっている納骨堂です。
立体駐車場の技術などを使って作られているようです。

カードキーをかざすと、ご遺骨の入った容器(厨子)が仏壇のようになっている参拝スペースに出てくるシステムになっています。
最近では顔認証のものまであるということですから驚きです。

この認証システムは、場所もとらず参拝もしやすいことから都会向きな最新システムとして注目を浴びています。

相場は50万円〜100万円ほどです。

墓石式納骨堂

墓石式の納骨堂とは、室内に墓地と同じように墓石を建てる納骨堂のことです。
お花を供えたり、お墓にお水をかけたりすることも可能な納骨堂もあります。

相場は100万円ほどです。

墓石式の納骨堂の場合は、別途「維持管理費」として年間数千円から数万円がかかることも多いです。
納骨堂にかかる費用の相場については、首都圏などではお墓不足のためご紹介した相場より高くなっている場合もあります。

お参りしてほしいご家族が通いやすい納骨堂を探して、資料請求して価格を確認するとよいでしょう。

永代供養墓と納骨堂どっちを選ぶべきか

困った人々

ここまで、永代供養墓と納骨堂の特徴を説明してきましたが、どのような印象を持たれたでしょうか?
永代供養墓と納骨堂、どちらにも良い面がありましたよね。

永代供養墓の場合は、そのメリットとして

  • 管理をしなくてよいので継承する必要がない
  • 屋外にあることが多く、納骨堂と比べると通常のお墓に近い
  • 維持管理費がかからない場合が多い
  • 樹木葬のように環境面に配慮した埋葬方法もある

などが挙げられるでしょう。

納骨堂の場合は、そのメリットとして

  • 価格が安い
  • 室内にあるので天候に影響されない
  • 都心など比較的交通アクセスがよい場所にもある
  • 一族ごとに安置することもできる

などが挙げられます。

もちろん、永代供養墓と納骨堂の他にも様々な供養の形態があります。
価格や交通アクセスなど、遺族の方にも納得していただけるものを選びたいですよね。

様々な供養の方法を比較して、自分に合った方法を探してみるとよいのではないでしょうか。

永代供養の納骨堂もある?

お墓

納骨堂は、通常のお墓と同様に別途「維持管理費」を払い続けている限り使用できるシステムになっているものも多いです。

しかし、最近では永代供養ができる納骨堂が多くなってきています。

永代供養の納骨堂もシステムは普通の永代供養墓と同様で、33回忌など期限が決まっており、その期限が過ぎると合祀されるというものがほとんどです。

維持管理費などの追加料金も不要となっているところもあります。
契約内容はそれぞれの納骨堂により異なっていますので、自分の希望に沿う納骨堂を探してみてはいかがでしょうか。

永代供養墓・納骨堂のまとめ

お墓

今回は永代供養墓と納骨堂の供養形態の違いをまとめてみました。

その結果、

  • 永代供養墓は屋外、納骨堂は室内にあることが多い
  • 永代供養墓は合祀されるが、納骨堂は個別に管理される
  • 永代供養墓の場合、維持管理費がかからないことが多い
  • 価格は納骨堂のほうが安いが、維持管理費がかかる
  • 永代供養の納骨堂がある

ということがわかりました。

永代供養墓・納骨堂のそれぞれに通常のお墓とは違った魅力がありましたね。

通常のお墓以外にも永代供養墓・納骨堂の資料を取り寄せて比較してみるといいかもしれません。
皆さまの終活の選択肢の一つとして、ぜひ検討をしてみてください。

それぞれのメリットを見極めて、自分にとって一番いい供養の方法を選んでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養墓・納骨堂」に関連する記事

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

  • 納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

    お墓を選ぶ基準は何でしょうか? 近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。 それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう? ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。

  • 納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

    納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

    残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

  • 都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

    都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

    都市部に暮らす人にとって、自分や家族の死後のお墓の管理に悩んでいる人も多いと思います。この問題の解決策の一つの選択肢として近年増えている納骨堂があります。納骨堂とは遺骨を永代供養してくれる施設です。納骨堂のシステムと永代供養について解説します。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

    納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

    費用が掛からず、永代供養をしてくれる納骨堂の人気が高まっています。しかし納骨堂を使用したいと考えていても、具体的な特徴についてご存じない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は納骨堂を使用し、永代供養をしてもらう際の費用や注意点などを中心に解説をいたします。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 納骨堂で合祀をする?納骨にかかる費用や合祀の注意点などをご紹介のサムネイル画像

    納骨堂で合祀をする?納骨にかかる費用や合祀の注意点などをご紹介

    納骨堂は、手頃な料金と便利さで人気が高まっていますが、納骨堂では後々合祀されるということを知らない方も多いのではないのでしょうか?今回は納骨堂での合祀について、合祀のタイミングや費用について解説していきたいと思います。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えていますのサムネイル画像

    管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えています

    突然ですが、皆さんは亡くなった親族の方の遺骨をどこに埋葬しますか?先祖代々のお墓に埋葬するという人が多いかと思います。しかし、ここ最近では永代供養の可能な納骨堂に埋葬する人も増えています。今回は永代供養できる納骨堂への埋葬について見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養墓・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

納骨堂で合祀をする?納骨にかかる費用や合祀の注意点などをご紹介のサムネイル画像

納骨堂で合祀をする?納骨にかかる費用や合祀の注意点などをご紹介

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えていますのサムネイル画像

管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えています

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養墓・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと