お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

目次

  1. お墓の相続(継承・承継)について
  2. お墓の継承(名義変更)手続き・費用
  3. お墓の継承者には誰がなれるのか
  4. お墓の相続による継承に税金はかかる?
  5. 相続放棄をした場合お墓の継承はどうなる?
  6. お墓の相続(継承・承継)のまとめ

お墓の相続(継承・承継)について

お墓

身内の方が亡くなると、お墓を誰が引き継いだらよいのか、という問題に直面します。
でも、お墓の継承とはどういうことなのか、分からないことも多いですね。

お墓は本来誰が引き継ぐものなのか、どのように決めてどう進めたらよいのか、お墓を引き継ぐための費用や税金などはどのくらいかかるのか、など疑問がたくさん出てきて心配になりますね。

お墓は、亡くなった方の子供が引き継ぐのが普通のようですが、果たして自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。

そこで、今回終活ねっとでは

  • お墓の継承手続きは、どのようになっているのか?
  • お墓の継承に必要な費用は、どのくらいか?
  • お墓の継承者には、誰がなれるのか?
  • お墓の相続に、税金はかかるのか?
  • 相続放棄したら、お墓は誰が継承するのか?

などお墓の相続(継承・承継)について、手続きや費用や税金・継承者などを含め、分かりやすく解説します。

終活の一環で今あるお墓の管理についてこれからどうしようか悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてください。

ぜひ最後までご覧ください。

お墓の継承(名義変更)手続き・費用

お墓

まずは、お墓の継承(名義変更)手続き・費用について見ていきましょう。

このお墓の権利義務や地位は、意外かもしれませんが、相続人が継承するものではありません。
「遺産は相続人が相続する」と民法は定めていますが、民法897条は、墳墓などの「祭祀財産」は、相続財産と切り離して「祭祀承継者」が承継するとしているのです。

お墓は「墳墓」であり「祭祀財産」になりますので、相続人ではなく「祭祀承継者」が継承するのです。

お墓の継承手続きの流れ

ここではお墓の継承手続きの流れを説明します。

まず、お墓を承継すべき者として、祖先の祭りごとをつかさどる祭祀承継者を決めます。
民法897条は、祭祀承継者となる方を決める具体的な順序を次のとおりとしています。

  • 亡くなられた方(被相続人)が祭祀承継者として指定した者
  • 亡くなられた方が指定していないときは、慣習に従い祭祀を承継すべき者
  • 慣習が明らかでないときは、家庭裁判所が決めた承継者

次に、お墓の継承者が決まったら、ご遺骨を埋葬する前に墓地管理者に届け出てお墓の名義変更をします。

お墓の継承手続きに必要な書類

続いて、お墓の継承手続きに必要な書類について見ていきましょう。
お墓の名義変更のために申請者が墓地の管理者に提出する書類は、通常以下のとおりです。

  • 墓地使用権承継承認申請書
  • 名義人の除籍謄本(死亡事実の確認)
  • 名義人と承継者の関係が分かる戸籍謄本
  • 承継者の住民票・印鑑証明書
  • 相続人等の同意書(相続人以外の人が継承する場合)

必要な手続き・書類は、墓地によって違いもありますので、急に慌てることのないように早めに墓地等の管理者に連絡を取り、あらかじめよく確認しておきましょう。

また、ご遺骨を埋葬する時には埋葬許可証が必要ですので、忘れないように注意しましょう。

お墓の継承手続きにかかる費用

上記のお墓の名義変更をする手数料は、墓地にもよりますが、2000円から1万円くらいが多いようです。

既存のお墓を引き継ぐ場合は、名義変更手数料のほかには、墓誌の彫刻代や法要・納骨時のお布施などがありますが、それほど大きな額にはなりません。

一方、お墓を新設したり、改修したりする場合は、寺院などに納める永代使用料や墓石代・工事費などがかかり相当な高額になります。

また将来的な費用として、毎年の管理費や年忌法要のお布施などが必要になります。
お墓の承継にかかる費用は、お墓を新設するか否かの違いなどによって随分と異なります。
お墓を新設する場合は、永代使用料に墓石代・工事費を含めると150万円~300万円位になります。

お墓の承継にかかる費用は、どんなものがあるのか、見ておきましょう。

永代使用料

継承にかかる費用の一つが永代使用料です。

お墓を新設する場合は、通常、墓地・霊園の管理者に永代使用料を納めて永代使用権を取得します。
永代使用料は、墓地の経営主体や立地条件・施設内容の違いにより、かなり違います。
一般に、立地の良い都市部は永代使用料がやはり高くなります

墓石代や工事費

通常は墓地・霊園が指定する石材店に、お墓の建設を依頼します。

墓石代は、石の種類や使う量により異なりますが、50万円~100万円位です。

その他に工事費が10万円~20万円と、墓石・墓誌の彫刻代が3万円~10万円です。

管理費・お布施

墓地内の施設の維持管理・お墓の清掃などの管理費や、納骨・年忌法要などのときにお坊さんにお渡しするお布施もお墓の継承に必要な費用となります。

管理費は、毎年数千円から1万円程度です。
お布施は、1万円~5万円前後です。
亡くなられた方の戒名をお願いするときは、3万円から数十万円など様々です。

税金やその他の費用

お墓の継承にかかる費用として、最後に税金やその他の費用について紹介します。

後で説明しますがお墓は通常の場合、固定資産税などの税金はかからず、相続税でも非課税財産とされています。

なお、お墓を引き継がないときは、お墓を更地に戻して墓地の管理者に返還します。
その際離壇料として高額の請求を受けることもありますが、根拠が不明確なものも多いので、どういうものなのか、よく注意して対応しましょう。

お墓の継承者には誰がなれるのか

お墓

お墓は子供が受け継ぐものと考えられてきましたが、少子化が進み、最近はお墓を継承する子供がいない場合も珍しくありません。
このように子供がいないときや、結婚して子供の姓が変わったときは、お墓の承継者には誰がなれるのか、大丈夫なのかと、悩みますね。

民法は、遺産の相続につては相続人の順位を明確に決めていますが、お墓の継承者については、既に説明しましたように、相続人ではなく民法897条の「祭祀承継者が承継する」と決めていますので、
この祭祀承継者には誰がなれるのかという問題になります。

お墓の継承者には誰がなれるのかについて具体的なケースについて見ていきましょう。

子供がいない場合の継承者

まずは、子供がいない場合の継承者は誰がなるのか見ていきましょう。

亡くなられた方が、遺言などで祭祀承継者として指定した人がいれば、民法897条によりその方が祭祀承継者になりますので問題はありません。

被相続人による指定がなかった場合は「慣習に従う」とありますので、その家や地域の慣習がどうかを見てみる必要があります。

お墓を継ぐ人は、基本的には今でも亡くなられた方の長男であり、長男がいなければ、その兄弟など、亡くなられた方に近い家族や親族の中から順に選ぶというのが、一般的な慣習といえるでしょう。

慣習が明確でないときは、最終的に裁判所が決めることになっていますが、適当な方がいないときは無理に祭祀承継者を決める必要はありません
もしお墓の承継者を決めないときは、霊園・墓地の経営者にお墓を返還することになります。

姓が変わった娘はお墓の継承者になれる?

それでは、結婚して姓が変わった女性は、お墓の継承者になれるのでしょうか。

民法が定める祭祀承継者は、家族や親族である必要はないとされています。
もちろん男女の性別も関係ありませんので、結婚して姓が変わった女性がお墓の継承をすることは、何の問題もありません。

つまり、民法に従えば、お墓の承継者は、親族以外の友人・知人などでもよく、性別も問いません。ただ、お墓の継承者を「親族に限るとか・檀家に限る」と墓地や霊園によっては制限しているところがあるので注意が必要です。

ですから、墓地使用規則がどのようになっているか、事前に墓地の管理者に確認しておいた方がよいでしょう。
また、家族や親族の間でも日頃からよく話し合っておくことが大事です。

お墓の相続による継承に税金はかかる?

お墓

ここでは、お墓の相続による継承に税金はかかるのかについて、説明します。

まずお墓の使用権(永代使用権)は祭祀財産であり、相続財産となる土地の所有権ではありませんので、そもそも相続税や贈与税の対象にはなりません

もし、お墓の土地が寺院・霊園等の所有ではなく、個人の所有地であって相続財産となる場合であっても、「墓所・祭具」は相続税法により相続税の非課税財産として決められています。

また、地目が「墳墓地」であれば、「墓地」の名義変更登記の登録免許税も、非課税です。
墓地は、地方税法により不動産所得税や固定資産税・都市計画税もかかりません。

以上のとおり、お墓の継承については、祭祀財産でも相続財産でも、いずれであっても基本的に税金はかからないことになっています。

相続放棄をした場合お墓の継承はどうなる?

お墓

ここまで、お墓の相続(継承・承継)について必要な手続きや費用、継承者になれる人について解説してきましたが、それでは相続放棄をした場合にお墓の承継がどうなるのかを説明します。

お墓の使用権、つまり墓地使用権は、相続財産ではなく祭祀財産に含まれます。

つまり、墓地使用権は相続人が相続できる財産ではありませんので、仮に相続を放棄したとしても、お墓の承継の問題には直接何の影響もなく、お墓を引き継ぐことは可能です。
例えば債務が多いなどの理由で相続放棄をしても、祭祀財産であるお墓は引き継ぐことができます。

お墓の相続(継承・承継)のまとめ

お墓

お墓の継承について、継承者や手続き・費用・税金などを解説してきましたが、以下のようなことが分かりましたね。

  • お墓は相続人が継承するのではなく、「祭祀承継者」が承継する。
  • 「祭祀承継者」は、遺言や慣習に従い決められる。
  • 墓地を承継するときは、墓地管理者に届け出て墓の名義変更を行う。
  • お墓の継承には、永代使用料・墓石代・管理費などの費用がかかる。
  • お墓の継承者は、親族でなくともよく、姓名・性別も関係ない。
  • お墓の継承については、基本的に税金はかからない。
  • 相続放棄をしたとしても、お墓を引き継ぐことは可能である。

お墓の継承に関する疑問は多くあると思います。
ですので事前にお墓の継承を行う手続きや費用について知り、ご自身が亡くなられた後にご家族の間でトラブルがおきないようにしましょう。

また、お墓の継承者になれる人も知っておくことも同様にご家族の間のトラブルを未然に防ぐためにも大切です。

今回終活ねっとでは、「お墓の継承」について、解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・継承」に関連する記事

  • お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

    お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

    お墓を継承することになったけれど費用はどれくらいかかるのか、よく分からないと心配ですね。当面必要な費用や先々必要になる費用はどんなものがあるか、意外と分からない方も多いと思います。お墓を継承する際に必要な費用の内容やどのくらいかかるのか手続きも含め解説します。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

    お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

    お墓は一般的に長男が継ぐケースが非常に多いです。お墓は長男だけが継ぐものなのか、長男以外でも相続できるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ここでは、お墓を巡った相続問題やその解決策について紹介します。お墓の相続に悩んでいる方はぜひお読みになってください。

  • お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

    お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

    お墓を管理する権利を持つ方が亡くなると、お墓は次の世代に継承されます。しかし突然自分がお墓を継承しなければいけないとなっても、どうしたらいいのかわからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、いざとなっても困らないように、お墓の継承について解説いたします。

  • お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~のサムネイル画像

    お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~

    お墓を相続したけれど、今後の管理は困難であるという人が増えています。グルーバル化や少子化などでお墓を持つことが難しくなってきています。だからといって、放置していいのでしょうか?いえ、放置はいけません。ここでは、お墓の権利を放棄する正しい方法をお伝えします!

  • お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

    お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

    お墓を保有している場合、遺産相続する際にどんな問題が発生するのかをご存知でしょうか? 誰がお墓を相続するのか?遺産相続する際の手続きはどうすればいいのか?相続放棄をした場合にお墓は引き継ぐことが可能なのか?など、今回は相続に関する疑問をご紹介していきます。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

    お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

    昔から「お墓を守る」という言葉はよく聞かれますが、それは具体的にはお墓の継承者となることを意味します。それではお墓の継承者とはどのような人のことを指し、もしいない場合はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、お墓を守る担い手である継承者について見ていきます。

  • お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

    お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

    お墓の継承の問題は、一家のお墓を今後うまく持続させていけるかどうかにも大きく関わってくる重要なものです。継承させたいという方がいても血縁の有無などが原因で問題となる場合もあります。そこで今回は、お墓の継承にありがちな問題やその解決法について見ていきましょう。

  • お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

    お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

    都市部への人口集中などで古いお墓の管理が難しくなっている近年、お墓を相続する際の注意点や相続の方法、さらにお墓を相続しないという選択について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・継承」についてさらに知りたい方へ

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~のサムネイル画像

お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・継承」についてさらに知りたい方へ

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~のサムネイル画像

お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと