若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!

終活といえば、高齢の人がするものというイメージがありますが、最近では若い人にも終活が注目されているといいます。特に終活のひとつであるエンディングノートに関心が集まっているようです。そんな若い人向けの終活の内容やメリットを解説します。

目次

  1. 若い人ができる終活について
  2. そもそも終活とは?
  3. 一般的に終活でやること
  4. 若い人が出来る終活は?
  5. 終活はいつから始めるのがベストか
  6. 若い人ができる終活まとめ

若い人ができる終活について

ノート

終活といえば、定年を迎えたある程度年齢を重ねた人のやることだと思われている方はたくさんいらっしゃいますよね。

しかし最近では、若い人の間でも終活を始めている人が増えてきているようです。
では、若い人の終活とは具体的にどんなことをすればよいのでしょうか?

そこで、この記事では若い人の終活の内容について解説していきます。

  • 終活とは?
  • 若い人ができる終活って何?
  • エンディングノートとは?
  • 終活をはじめるタイミングは?

以上のことを中心に若い人の終活について解説します。
若い人や、エンディングノートを書いてみようと思われている方は是非この記事を参考にしてくださいね。

そもそも終活とは?

ノート

終活とは、その名称の通りに「人生の終わりのために行う活動」のことを指します。
「人生の終わりのため」というとあまりいい印象は持たれないかもしれませんね。

しかし、家のことやお墓のこと、お金のことなどをきちんと整理しておくことで、自分や家族の心配事が減り、残りの人生を謳歌することができます。

また最近では、これまでの自分の人生を見つめなおすことで、より自分らしく、より輝かしく「今」を生きていくために行う活動という解釈がされるようになってきています。

一般的に終活でやること

遺品整理

では、一般的に終活では何をすればよいのでしょうか。
終活でやることについて具体的に見ていきましょう。

葬儀の形式、お墓について決めておく

自分の葬儀やお墓について考えて決めておくことは、終活の中でも大きな作業といえるのではないでしょうか。
自分の希望する葬儀の形式をきちんとまとめてあれば、残された家族はその通りに葬儀を行えばいいので、葬儀の準備の際の負担がかなり軽減されます。

また、自分の財産を考慮した上で葬儀やお墓の費用についても話をつけてあれば、後から費用がかかりすぎてしまったと残された家族が後悔することもありません。

最近では、生前に葬儀のことや、それにかかる費用のこと、そのほか葬儀について色々なことを相談できる葬儀屋さんも増えてきています。
こういったところを利用して生前に葬儀やお墓のことをきちんと整理しておくと、自分自身も納得のいく方法で最後のお別れができそうですね。

いらないものを断捨離する

遺品整理は、残された家族にとって負担になりかねません。
大切な家族が亡くなった悲しみの中、遺品を整理するというのは精神的にも大変つらいものです。
その上あまりにも物が多いとなると、さらに残された家族には大きな負担になります。

そのため、いらないものを断捨離して身辺整理をしておくことはとても大切なことです。
残された家族のためになるのはもちろん、今の自分自身にとっても必要なことです。
いらないものを断捨離することで身軽になり、気持ちもさっぱりとし、残りの人生を軽やかに過ごすことができます。

遺影の準備

亡くなった後、残された家族が慌てて遺影の写真を選んだために顔がぼけていたり、写りがおかしかったりすることがあります。
しかし、事前に遺影の準備をしておけばそういったことにはなりません。

最近では、生前に遺影の撮影をすることが流行ってきているようです。
自分の希望やその日の服装にあわせたヘアメイクを施してもらえる写真店もあり、自分で自分のお気に入りの写真を遺影にすることができます。

遺影を見て家族やお葬式の参列者は故人のことを思い返します。
その際に、家族や参列者の心が慰められるような遺影を準備したいものですね。

デジタル遺品の整理

デジタル遺品とは、パソコンやスマートフォンに遺されたデータのことです。
最近では、Facebookやインスタグラム、LINEなどのSNSを多くの方が使っていらっしゃると思います。

自分の死後、SNSのアカウントをそのままにしておくと、アカウントがのっとられてしまったり、また、他人には見られたくない画像が流出してしまう可能性もあります。
そのようなトラブルにならないように、それぞれのIDとパスワードはきちんと整理してノートなどに記録し、その保管場所を家族にも伝えておきましょう

遺言書を書く

遺言書は、自分の生前における最終的な意思表示をする文書で、強力な法的効力を持ちます。
法定相続人以外に遺産を相続させたい場合は遺言書に書いておきます。

また、遺言書は遺書やエンディングノートとは違って法的効力をもつものなので、書き方にも決まりがあります。
遺言書は大きく分けて以下の3種類あります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

残念ながら遺言書を書いたことによって余計に遺産相続でもめることになったり、手続きが大変になったりすることもあります。
また、内容や書き方によってはご家族が誤解や不信感を抱く可能性もあります。
そういったことがないように、専門家に相談するというのもひとつの手段です。

エンディングノートを書く

エンディングノートとは、自分が亡くなった後にどうしてほしいか、また葬儀やお墓について何を希望しているのかなど、残された家族や友人に対して伝えておきたいことをまとめておくノートです。

遺言書とエンディングノートを混同してしまっている人もいますが、エンディングノートは遺言書とは違って法的拘束力はありません
色々な様式のものが市販されており書き込める内容も遺言書とは違い、とても自由度が高いです。
今までの自分の歴史や周囲の人への感謝の気持ちも書き込めます。

若い人が出来る終活は?

ノート

若い人にとっては、終活と聞くとかなり先のことのように感じますよね。
葬儀やお墓の準備といってもピンときませんし、遺品整理や遺影の撮影もまだまだ必要のないことに思えてしまうのも無理はありません。

それに比べてエンディングノートは、20代からでもはじめやすい終活のひとつです。
そんな若い人が出来る終活として、具体的にエンディングノートについて見ていきましょう。

エンディングノートとは

エンディングノートとは前述したように、自分にもしものことがあった時に、残されたご家族や友人の方に自分の希望することや伝えておきたいことを書き記しておくノートです。
亡くなった後にどうしてほしいのか、何を希望するのか等をエンディングノートにまとめておきます。

エンディングノートに書くのは以下のような内容ですので、書く際のぜひ参考にしてください。

  • 自分の人生を振り返る
  • 自分の交友関係について(連絡先など)
  • 自分が望む医療について
  • 自分が望む介護について
  • 自分の資産の整理、確認
  • 自分の望む葬儀やお墓について

亡くなった人の望んでいたことを叶えてあげられると、残された家族も納得でき、悔いの残りにくいお別れとなるはずです。
よって、エンディングノートを書いておくことは、自分自身の望みを伝えられると同時に、残された家族に対する優しさや思いやりでもあるのです。

しかし、エンディングノートを書いていたことを家族に伝えていなければ、せっかく書いていても読んでもらえません。
エンディングノートを書いていることや保管場所は家族や友人に伝えておきましょう。

以上のように、エンディングノートは人生の終わりにおける自分の希望を伝えるために書くものではあるのですが、それだけのために書くのではもったいないツールです。

次の項目でエンディングノートの有意義な使い方についてご紹介します。

エンディングノートの使い方

まだ歴史の浅いエンディングノート。
せっかくエンディングノートを書いてみようと思っても、どうやって書いたらいいのか使い方が分からないという人もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、エンディングノートの使い方について見ていきましょう。

まず自分の人生を振り返ってみることをおすすめします。
自分でも忘れていたことを思い出したり、本当にやりたかったことに気付けたりして、自分自身を整理整頓できます。
また、自分の人生について振り返ることは、この先の人生をどう自分らしく生きていくかを考えることに繋がっていく作業といえます。

それは、交友関係や、医療(病気)、介護などを考える際についても同様です。

そのように、エンディングノートはただ単に死後整理のためではなく、自分と向き合えることができる最高のツールです。
そのため、エンディングノートは必ずしも高齢の人だけが書くものではなく、若い人でも書く価値は大いにあるのではないでしょうか。

そして、エンディングノートには書くことがたくさんあります。
書いていく中で、すぐには決められない難しいことや悩ましい問題もでてくるかと思います。
それを一度にすべてを書くのは大変ですから、まずは書けるところから始めてみてはいかがでしょうか。

そして、エンディングノートは、一度書いたら終わりではありません。
生きていく中でいろいろな経験をしたり、家族が増えたりすれば自分の考えも変わってきます。
ですから、定期的に読み返してみて、考えがかわったところは書き加えたり修正をしながら自分だけのエンディングノートを作り上げていってくださいね。

若い人がエンディングノートを書くメリット

では、若い人がエンディングノートを書くメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

自分の人生をゆっくりと振り返るということは普段なかなかありませんよね。
それが、エンディングノートを書くことで自分という一人の人間の人生についてじっくり見直す時間を作ることができます。
自分にはどんな家族がいて、どんな人たちとかかわってきたのか、どんな嬉しい出来事があったのか、どんな大変なことを乗り越えてきたのか、などについて考えることで、自分の生きてきた人生を見つめなおすことができます。
こうして見つめなおすことで、より一層自分の人生が愛おしく思えてきます。

また、年齢を重ねてしまうと昔の思い出はあまりはっきりと覚えていられませんが、若いうちからエンディングノートをはじめることで、より鮮明で正確な思い出を記録していくことができます。

そして、大切な家族や友人にへの思いをじっくり考えることができるというのも大きなメリットなのではないでしょうか。
普段は恥ずかしくて面と向かっては言いにくい感謝の気持ちなどを書き留めておくことができます。
大切な人たちとの関係性を再確認し、これから今まで以上に今ある関係性を大切にしていけるのではないでしょうか。

若い人の中で流行っている理由

では、なぜ最近では若い人の中で流行っているのでしょうか?

エンディングノートは、震災をきっかけに若い人の間でも多くの人が利用するようになったとされています。
震災は、急にいつもの日常が奪われてしまう可能性がだれにでもあると思い知らされた出来事でした。
そういったことから、エンディングノートに自分の思いや大切な情報を書きまとめておけば、急に何か起きてしまっても「備えがある」という安心感につながりますよね。

また、今までのエンディングノートは、葬儀やお墓のこと、遺産のことがメインの作りものがほとんどでした。
しかし最近は、自分の歴史や趣味など、自分史を中心に書き込めるものであったり、デザインも可愛らしく手に取りやすいものが出てきていて、若い人でも興味を持って楽しく始められるようになってきています。

こういった若い人向けのエンディングノートが増えたことも、若い人の中ではやっている理由にあげられます。

終活はいつから始めるのがベストか

男

最後に、終活を始めるベストなタイミングについて見ていきましょう。

一般的な終活でやることでも紹介しましたが、終活はあることがたくさんあります。
葬儀やお墓のことなどは特に、とても大切なことなので時間をかけて丁寧に進めていくのが理想的です。
また、大規模な断捨離は時間やお金もかかりますし、仕事や子育てで忙しい若い人が取り掛かるのはなかなか難しいかもしれません。
こういったことから、時間的に余裕のできる定年退職後に終活を始める方が多いです。

しかし、終活をはじめるタイミングに決まりはありません
いつ自分に何が起こるかなんて誰もわかりません。
ですから、若い人の場合はまずはエンディングノートを始めてみてはいかがでしょうか。
大切な家族や友人に伝えておきたいこと、残しておきたいことは何かを若いうちから考えておくことは大事なことです。

若い人ができる終活まとめ

女

今回終活ねっとでは、若い人の終活について解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
この記事では以下のことについて述べました。

  • 終活は、人生を振り返ることでより自分らしく「今」を生きていくための活動でもある
  • エンディングノートは若い人でも始めやすい終活として注目され始めている
  • エンディングノートはもしもの時のために自分の伝えたいことをまとめておける
  • エンディングノートは人生を振り返るための最高のツール
  • まず自分の人生を振り返ることで、未来が見えてくる
  • 終活をはじめるタイミングに決まりはないため、若い人でもできるエンディングノートから始めてみてはどうか?

終活は高齢の人だけでなく、若い人でも始められるということがお分かりいただけたと思います。
エンディングノートを活用して自分の人生を振り返ることで、自分のやりたかったことや伝えたかったことを再認識することができます。
それは、これからを生きていく上での大切な気付きとなるはずです。

死はいつ誰に訪れるか分かりません。
これからの毎日を、後悔なく自分らしく生きていくために、終活を始めてみませんか。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

「終活・若い人」に関連する記事

「終活・若い人」についてさらに知りたい方へ

「終活・若い人」に関連する専門家

「終活・若い人」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・若い人」についてさらに知りたい方へ

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!のサムネイル画像

エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!のサムネイル画像

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!のサムネイル画像

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!のサムネイル画像

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・若い人」についてさらに知りたい方へ

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!のサムネイル画像

エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!のサムネイル画像

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと