彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?

毎年春と秋に迎える時期が彼岸と呼ばれる時期です。お盆と同じようにお墓参りに出かける方も少なくありません。ところで、中には彼岸明けにお墓参りに出かける方もいますが、果たしてこれがよいことかどうか悩むこともあります。今回は彼岸明けのお墓参りについて見ていきます。

目次

  1. 彼岸明けのお墓参りについて
  2. なぜ彼岸にお墓参りをするの?
  3. 彼岸明けにお墓参りは行っていいの?
  4. 彼岸の期間にお墓参りできない時は?
  5. 彼岸明けのお墓参りについてまとめ

彼岸明けのお墓参りについて

お墓

毎年春と秋になると多くの方がご家族総出でお墓参りに出かける時期がやってきます。
いわゆる、彼岸(お彼岸)と呼ばれる時期です。

この彼岸には「彼岸明け」と呼ばれる日もありますが、お彼岸の最中はとにもかくにも墓地や霊園はお墓参りにやってくる人々で混雑しがちです。
そのため、混雑を避けようとしてあえて彼岸明けにお墓参りに出かけようと考える方もいるのではないでしょうか。

さて、ここで一つ問題があります。
それは、彼岸明けにお墓参りすることがよいのかどうかという問題です。

そもそも、彼岸明けが「明け」とつくからには彼岸の期間に含まれるのかと疑問を持つ方もいれば、この日にお墓参りするのがよいとしても、時間帯についてはお盆の送り火のように気にすべきなのかといった疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、彼岸明けのお墓参りについていろいろな疑問を解決していきましょう。
なお、終活ねっとではこの記事で

  • なぜ彼岸の時期にお墓参りをするのか?
  • 彼岸明けにお墓参りは行ってもよいのか?
  • 彼岸の期間にお墓参りできない時はどうすればよいのか?

という3つのポイントを中心に、彼岸明けのお墓参りについて内容を進めていきます。
ぜひ最後までお読みください。

なぜ彼岸にお墓参りをするの?

お墓

なぜ彼岸にお墓参りをするのでしょうか?

まず、そもそも彼岸とはどういうもので、その時期にお墓参りをする目的について見ていきましょう。

もともと「彼岸」はインドのサンスクリット語からきており、煩悩と迷いの多いこの世に住む人々が修行を積むことで悟りの世界である彼岸に到達できるという考え方から来ています。

それが転じて、1年で太陽が真東から昇り真西に沈むことで、昼と夜の長さが同じくらいになる春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)とした1週間ずつの期間にお墓参りをして仏様に供養をすると、死後に仏様のお力によって成仏し、極楽浄土に生まれ変わることができるという考え方から、平安時代から彼岸の時期のお墓参りが行われるようになりました。

なお、彼岸の時期の始まりの日を「彼岸入り」、彼岸の最終日を「彼岸明け」といいます。

彼岸明けにお墓参りは行っていいの?

困った人々

彼岸の時期にお墓参りに出かけることで、亡くなった後に成仏して極楽浄土に導かれるということは理解していただけましたか。

ここからは、その理解を踏まえて彼岸明けにお墓参りに出かけることについて、より詳しく見ていきましょう。

彼岸明けとはどういう日なのか?

まず、彼岸明けとはどういう日なのかについて見ていきましょう。

先ほども少し触れましたが、彼岸明けとは彼岸の期間の最終日を指します。
そのため、この日までに仏壇の掃除やお墓参りを済ませておくことが作法とされています。

ところで「彼岸明け」という言葉ですが、地域によっては使われていないところもあります。
その理由としては、彼岸という行事が悟りの世界に到達することを願って行われるという点にあります。

つまり、人は生きている限りは煩悩や迷いがつきものの世界(此岸<しがん>:こちら側の世界、この世のこと)にいて悟りの世界である彼岸を目指し続けるため、それが明けてしまうということはないと考え、「彼岸明け」という言葉を使わない、とみなされるためです。

彼岸の期間ならいつ行ってもいい?

毎年春と秋に1週間ずつ設けられている彼岸の期間ですが、結論から言うとこの期間の間であればどの日であってもお墓参りに行ってもかまいません
この点に関しては、仏教の教えの中では特に厳密にこの日にこういうことをしないといけない、というように定められてもいません。

さて、気になる彼岸明け、つまり彼岸の期間の最終日にお墓参りに行くということですが、こちらも彼岸の期間に含まれるため、もちろん出かけても大丈夫です。
もちろんのこと、この日に出かけたからといって後で災いが起こるということはないので安心してください。

ただ、彼岸の期間の中で最もお墓参りに出かける方が多いのは、中日にあたる春分の日(3月21日ごろ)や秋分の日(9月23日ごろ)です。
国民の祝日と定められているという理由や、学校や会社が休みということもあって最もご家族でお墓参りに行きやすいからです。

お墓参りにいく時間帯は?

さて、彼岸明けにお墓参りに出かけるとなりますと、その際にお墓参りに行く時間帯を気にする方もいるのではないでしょうか。

彼岸ではなくお盆の話になりますが、お盆の最終日である送り盆の際にはご先祖様の霊をあの世への旅路に見送るということで夕方以降の時間帯に火を灯した提灯を手にお墓参りに出かける習わしもあることから、彼岸明けのお墓参りについても時間帯にまつわる作法があるのではないかと考えられるためです。

結論から言えば、お墓参りに行くべき時間帯については特に決まりはありません
ご家庭の都合に合わせて、午前や午後に関係なく好きな時間にお墓参りに出かけるとよいでしょう。

ただ、彼岸にお墓参りに出かける方の多くは午前中を選ぶ傾向にあります。
お墓参りの際にお墓の掃除もきちんと行い、その後で気持ちよく供養をしたいという方が多いためです。

特に、年配の方は朝早く起き、そのまま朝一番にお墓の掃除を済ませて、早めにお参りも行うという方も少なくありません。

ちなみに午後にお墓参りに出かける場合ですが、遅くとも午後3時くらいまでにはお参りを済ませるようにしましょう。
あまり遅くなると、今度は墓地や霊園の管理をする方に迷惑をかけるということになりかねないためです。

お供え物は何を持っていくべき?

彼岸のお供え物として知られているのがぼたもち(牡丹餅)やおはぎです。
特におはぎは秋の彼岸を迎える時期に咲く萩から作られます。

ぼたもちやおはぎをお供えするのが彼岸の定番とされているように見えますが、実は地域によってはお団子を供える場合もあります。
そのお団子の形も地域によっては丸い形や平たい形をしている場合があります。
さらにはお供えする際に専用の膳を用いる地域もあります。

このように、一言で彼岸のお供え物といっても地域によって千差万別であるため、その地域の風習に倣うのが最善といえます。

これらのお供え物ですが、彼岸明けに持っていくことはもちろん差し支えありません。

彼岸明けでお祝い事はやってもいいのか?

彼岸明けのお墓参りはかまわないということですが、彼岸明けでお祝い事をやってもいいのかと疑問に思う方も少なくありません。

これに関しても実は特に決まりはなく、彼岸の時期にお祝い事をしても特に問題はありません。
ただ、地域によっては彼岸の時期のお祝い事をタブーとするところもありますので、最終的にはその地域の風習を考慮に入れての判断、ということとなります。

もし、彼岸明けなど彼岸の時期にお祝い事をするのがはばかられるのであれば、彼岸の時期の前か後にずらして行うという方法もあります。

彼岸の期間にお墓参りできない時は?

お墓

彼岸の期間は中日(春分の日や秋分の日)以外でも割とお墓参りに来る方が多く混雑しやすいものです。

加えて、お仕事やお墓が遠方にあるといった何らかの事情で彼岸の時期にお墓参りができないという方も中にはいます。
この場合はいったいどのようにすればよいのでしょうか。

結論を先に言うと、都合の良い時期や時間を見つけてお墓参りに出かければ大丈夫です。
お墓参りは決して彼岸の時期には必ず行かなければいけないというわけではなく、むしろ彼岸の時期も含めて1年中いつでも出かけることができます。
もちろん、出かける際には墓地や霊園の閉園時間はきちんと確認しておくことが大切です。

彼岸の時期にお墓参りに行けなくても、例えばご自宅の仏壇に線香やお供え物を供えてご家族全員で手を合わせる、ということもできます。

そのため、彼岸の時期にお墓参りに行けないということで落ち込んだり、ご先祖様や仏様に対して申し訳ない気持ちになったりする必要は特にありません。
むしろ、そこで大切になってくるのは、ご先祖様や仏様を敬う気持ちといえます。

彼岸明けのお墓参りについてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、彼岸明けのお墓参りについて見てきましたが、いかがでしたか?
この記事での内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 彼岸とは、もともとは煩悩や迷いの多いこの世の人々が修行によって、悟りの世界(彼岸)に達することができるという仏教の教えが由来となっている。そこから太陽が真東から昇り、真西に沈むことによって昼と夜の長さが同じくらいになる春分の日と秋分の日を中心とした時期にお墓参りをすることで死後に成仏し極楽浄土に生まれ変われるということで行われるようになった。
  • 彼岸の最終日にあたる彼岸明けも彼岸の時期に入るため、この日にお墓参りすることに問題はない。お墓参りの時間帯も特に決まってはいないが、あまり遅くなりすぎると墓地や霊園を管理している側にとって迷惑になるため注意が必要である。お墓参りの際のお供え物は地域により差があるため、その地域の風習に従うとよい。
  • 何らかの事情で彼岸の時期にお墓参りに出かけられなくても、都合のつく時期にお墓参りに出かければ特に問題はない。彼岸の時期に出かけられない場合でも、ご自宅の仏壇に線香やお供え物を供えてご家族全員で手を合わせるといった方法もある。

彼岸明けの日も含めて彼岸の時期のお墓参りは、実は終活の視点で考えても今後のお墓の管理について検討するうえで大切なことといえます。

実のところ、お墓参りは何らかの機会や、あるいはご自身で思い立った場合などがなければ出かけるということはあまりないため、例えば現在終活をされている方でお墓のことでなんらかの悩みを抱えているのであれば、実際にお墓参りに出かけてみると、その悩みを解決するための糸口がつかめるのではないでしょうか。

特に、彼岸明けのお墓参りは彼岸の時期の混雑を避けることにもつながるため、ゆっくり考えながらお墓の掃除やお参りをするにはうってつけといえます。

この記事を参考にして、彼岸明けのお墓参りについて考えて見てはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「彼岸明け・お墓参り」に関連する記事

「彼岸明け・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「彼岸明け・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみましたのサムネイル画像

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみました

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えしますのサムネイル画像

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えします

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?のサムネイル画像

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!のサムネイル画像

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介しますのサムネイル画像

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介します

春と秋のお彼岸ってどういう日なの? お彼岸のこと調べました。のサムネイル画像

春と秋のお彼岸ってどういう日なの? お彼岸のこと調べました。

春分の日のお墓参りについて解説します!のサムネイル画像

春分の日のお墓参りについて解説します!

お彼岸に墓参りに行くのは何故?時期やマナーについて解説しますのサムネイル画像

お彼岸に墓参りに行くのは何故?時期やマナーについて解説します

初めてのお彼岸に準備するお供え物、意味と基本をお知らせしますのサムネイル画像

初めてのお彼岸に準備するお供え物、意味と基本をお知らせします

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!のサムネイル画像

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「彼岸明け・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみましたのサムネイル画像

9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみました

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えしますのサムネイル画像

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えします

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?のサムネイル画像

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!のサムネイル画像

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介しますのサムネイル画像

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと