終活でやるべきお葬式の準備について詳しく解説します!

終活の一環としてお葬式の準備をされる方は多くいらっしゃいます。ところで、お葬式の準備って、いったい何をしたら良いのでしょうか?終活の中でお葬式の準備するにあたり、気を付けておくべきことはあるのでしょうか?一緒にお葬式の準備について見ていきましょう!

目次

  1. 終活でのお葬式準備について
  2. 終活でやっておきたいお葬式の準備とは?
  3. 終活でお葬式を準備するメリット
  4. 良いお葬式をするための葬儀会社の選び方
  5. お葬式以外に終活で準備すべきもの
  6. 終活でのお葬式準備・まとめ

終活でのお葬式準備について

葬儀

人生の終末期を意識して行う終活ということで、お葬式のことを調べたり、準備される方は本当に多くいらっしゃいます。

お葬式の準備といっても方法や内容は、色々あります。

たとえば葬儀会社が開催している生前相談会や施設見学会への参加、葬儀会社への見積もり依頼、遺影写真の準備、お寺への相談などがあります。

また手軽なところで言えば、インターネットで葬儀について検索し、情報収集を行うことも終活のひとつになるでしょう。

一方で、最近は葬儀の情報が溢れすぎていて、お葬式のことを色々調べてみたのだけど、逆に、どうお葬式の準備をすれば良いのか分からなくなってきしてしまった…ということもあるようです。

そこで、今回は、終活でのお葬式の準備について、ポイントを絞りながら、主に次のようなことについてお伝えしていきます。

  • エンディングノートを利用したお葬式の準備
  • 葬儀の契約、葬儀社の決定、予算について
  • 終活でお葬式の準備を行うメリットは何が有るのか
  • 良い葬儀社の選び方

せっかくお葬式の準備をされるのであれば、ぜひぜひ良い準備にして頂きたい!という気持ちで、お葬式の準備についてお伝えいたします。

お葬式の準備について興味をお持ちの方、終活ですでにお葬式の準備をされている方など、必ず役に立つ内容となっていますので、どうぞ最後までお読みください!

終活でやっておきたいお葬式の準備とは?

ノート

終活でやっておきたいお葬式の準備には、どのようなことがあるでしょうか。
ここでは一例として、エンディングノート、葬儀の契約、遺影写真についてご紹介いたします。

エンディングノートを書く

エンディングノートは、書店にて1千円~2千円で販売されています。
また葬儀社や石材店が無料で配布しているものもあります。

一般的なエンディングノートには、お葬式について書き込めるページが盛り込まれています。

エンディングノートには、お葬式についてどのようなことを書くのでしょうか。

喪主を決める

自分のお葬式を行うこととなったら、誰に喪主を勤めてもらいたいか希望を書いておきます。

喪主とは、「葬儀・供養・法要を営むときに、家族や親族の中で、中心となる人物、リーダーとなる人物、責任者」という意味があります。

つまり、自分の葬儀について、誰に中心となって進めてもらいたいか?ということです。

どんなお葬式のスタイルを希望するのか

お葬式のスタイルも多様化しており、様々なお見送りの形式があります。

たとえば、お坊さんをお呼びして、通夜、葬儀・告別式を行う最も一般的なスタイルで行なってほしいとか、無宗教葬で行ってほしいとか、または家族葬で行ってほしいとか、色々な考えがありますね。

そもそも、お葬式はせずに火葬をしてくれるだけで良いという方もいらっしゃいます。

その他、自然葬や散骨をして欲しいという方もいらっしゃるでしょう。

自分は、どのようなお葬式のスタイルを望むのかをエンディングノートに記しておきます

どれくらいの規模でやってほしいのか

お葬式をどれくらいの規模でやって欲しいのかもエンディングノートに書き留めておきます。

基本的に家族のみ参列で、こじんまりと行ってほしいとか、家族と親族をメインにご近所の方々に参列を頂く程度で行ってほしいとか、呼べる方は呼べるだけ参列して頂いて、寂しく無いように出来るだけ盛大に行ってほしいといった希望する規模について書き記しておきます。

誰をお葬式に呼んでほしいのか

お葬式に呼んでほしい方がいるのであれば、その旨をエンディングノートに記しておきます。

遺された家族が連絡を取れるように、対象となる方の連絡先はもちろんのこと、連絡をした際、生前の御礼をお伝えすることができるよう、可能であれば関係性も付記しておくとさらに良いですね。

葬儀の契約

終活の中で、葬儀社と契約を行っておく方もいらっしゃいます。

生前契約ということで、事前に葬儀費用を支払ってしまう方法もあります。

葬儀会社の決定

葬儀会社の決定をする際には、必ず複数の会社に相談を行い、見積もりも入手して、よく吟味することが大切です。

終活の中で、葬儀社を決定し、契約をするということは、実際に葬祭サービスの提供を受けるのが、数年先になることもありますので、運営母体の経営状況、堅実性まで確認しておきたいところです。

また、契約を行い、葬儀費用を事前に預託するようなケースでは、契約した葬儀社が倒産するなどした場合の補填がどうなるのかも充分確認する必要がありますね

その点、支払った葬儀費用の安全制という意味では、葬儀社と信託銀行が組んで、葬儀費用の信託サービスを行っているところもありますので、検討してみても良いかもしれません。

もうひとつ、厳密に言うと葬儀会社の決定や契約とまではいきませんが、互助会に加入して、葬儀費用について備えておくということもひとつの方法ですね。

予算の設定

どういうスタイルのお葬式を希望するか、どれくらいの規模のお葬式を想定するかなどによって、お葬式にかかる費用は変わってきますが、お葬式にどれくらいの予算をかけられるか自分の中で設定しておきましょう。

複数の葬儀会社から見積もりを提示してもらっても、自分の家庭でいくら予算がかけられるかを把握しておかないと、現実的な見積もりかどうかの判断も出来なくなってしまいます。

また、予算を設定する際、遺される家族には以降の生活もあることを忘れないようにその点配慮をした設定を行いましょう。

遺影写真の撮影

自分のお葬式の準備として、遺影写真の撮影を生前にされる方も増えてきました。

街中にある写真館や写真スタジオで、遺影写真用に撮影をしてほしいと伝えれば、お葬式で使用することを想定した写真を作成してもらえます。

また、葬儀社が施設見学会や、生前相談会などに合わせて、遺影写真の撮影イベントを行なっていることがありますので、このような機会を利用しても良いですね。

このように生前に遺影写真を用意していない場合、今まで撮られたスナップ写真から遺影写真を作成します。

実際の葬儀のとき、遺された家族が遺影用の写真を探してみても、なかなか良い写真が見つからず困ってしまうということが多くあります。

そこで、生前に用意された遺影写真があれば、家族も困らずに済みますね。

終活でお葬式を準備するメリット

葬儀

終活でお葬式を準備するメリットには、どのようなことがあるでしょうか。

いざという時に家族に負担をかけない

まずひとつめに、いざという時に家族に負担をかけないというメリットがあります。

大切な方を亡くされてから、早ければその1時間後には、家族の方々は初めて会ったばかりの葬儀社の方と葬儀の打ち合わせをしなければなりません。

葬儀社の方との打ち合わせは、精神的にも不安定な状態の中、2日間にわたる通夜、葬儀・告別式の日程、会場、祭壇や棺、料理、返礼品など色々なことを決めていきます。

ただでさえよく分からない葬儀のこと、しかも精神的にも不安定な状態で、葬儀社の方の言われるがままに、意に沿わない高額な祭壇や棺を選択してしまうなどということも珍しくありません。

ここで生前にお葬式の準備がされていれば、ここまで家族に負担をかけることはなくなりますね。
特に事前に葬儀の内容をある程度決めてあれば、家族の負担はぐっと減ります!

自分の希望をお葬式に反映できる

ふたつめに、自分の希望をお葬式に反映できるというメリットがあります。

自分が死んでしまってからは、当然どんなお葬式にして欲しいかという希望を口にすることはできません。

生前に、終活として、どんなお葬式にして欲しいかという希望をエンディングノートに書いておいたり、葬儀の内容を決めてしまい、葬儀社と生前契約をしておいたりすることで、自分の要望が叶えられる可能性が高まります。

良いお葬式をするための葬儀会社の選び方

人々

お葬式が滞りなく終えられることは当然のことであり、満足できるお葬式を行うためには、良い葬儀会社を選択することが重要です。

なお、葬儀会社は、祭壇や棺などの商品を扱っていますが、これらは複数の葬儀社を比較してみても、見栄えや品質に、大きな差はあまりありません。

それよりも、葬儀会社にとって各スタッフ自体も商品であり、このスタッフの質については、葬儀社間で大きな差が生まれてきます
ですから、葬儀会社スタッフの質を見極めることが、葬儀会社を選ぶ際に大切なこととなります。

少なくとも「安いから」と料金だけを見て葬儀会社を選ぶのだけは避けましょう。

安いと思って頼んだら、素人みたいなスタッフが担当者で、葬儀が終わっても後悔だらけということも有り得ます。
他社と比べて安いのには、それなりの理由があるのです

以上をふまえて下記に、良い葬儀社の選び方について、ポイントとなる点をご紹介いたします。

接客が丁寧かつ親切である

接客の丁寧さや、親切さに、その葬儀会社の教育レベルが見えてきます。
また、どういう気持ちで葬儀という仕事に臨んでいるかが表れてきます。

言葉遣いや立ち居振る舞いが、美しいかどうか、要チェックです。

また、施設見学や生前相談をする際に、細かいところまで気を遣った接客が出来るスタッフがいるのかどうかも要チェックです

スタッフの説明が分かりやすい

葬儀というものは、業界外にいる私たちにとって分かりにくい世界ですね。
この分かりにくい世界を、分かりやすく伝えるのもプロの役割です。

電話や見学会などで葬儀社の話を聞いてみて、「よく分からなかったな」とか「なにかモヤモヤする感じが残ったな」というのであれば、その葬儀会社はパスするのが良いでしょう。

また、一般の方が聞きなれない専門用語や業界用語を当たり前に使うようなスタッフがいる葬儀会社もパスですね。

良い葬儀会社のスタッフは、常に相手目線で説明をしてくれるものです。

専門用語は、噛み砕いて解りやすい言葉に言い換えて話す工夫をしたり、相手が理解出来ているかどうか細かく感じとることができるスタッフかどうかをチェックしましょう。

希望に沿ったプランを提示してくれる

家族それぞれ、個人それぞれ、お葬式への思いや希望があります。
その思いを聞き取り、感じとり、希望に沿ったプランを提示してくれるかどうかも、良い葬儀会社を選ぶ際に大事なポイントとなります。

一方的にプランを押し付けてくるような印象を受けたらなら、その葬儀会社は避けた方が無難でしょう。

たとえば、プランやセットに入っている棺や骨壺の変更希望を伝えた際、気持ちよく再度、プランの提示をしてくれるかどうかとか、生花祭壇や供花(きょうか)で、好きだった花についてヒヤリングをして、それを反映させてくれるかなど、こちらの希望に対して、どれだけ丁寧に柔軟に応じてくれるかという点は要チェックです。

お葬式以外に終活で準備すべきもの

お金

お葬式と言いますか、自分が最期を迎えるときに関連することとして、お葬式以外に終活で準備すべきことについても数点ご紹介しておきます。

お墓

お葬式が終わり、火葬が済み、骨壺に御骨が納められたあと、何日か、または数か月の間は自宅に御骨を安置し、その後、一般的にはお墓に納骨されます。

お墓をどうするかを考え、準備しておくことも終活のひとつです。

先祖代々の墓には入りたくないというお嫁さんもいますし、夫婦2人だけのお墓を新たに作りたいという方もいますし、お墓への考え方も多様化しています。
たとえ先祖代々の墓が既にあったとしても、特に伴侶がいる場合には、どうしたいかお互いに考えを共有しておくことも大事です。

財産管理

財産と言いましても、預貯金、株などの有価証券、不動産、保険関係など色々なものがあります。
住宅ローンやカードローンなどの借入金も財産の範疇に入ります。

まずは一覧を作成するなどして、全体を把握することが財産管理の第一歩です。

そして、もし不要だと考えられる銀行口座や、有価証券などがあれば、思い切って解約の手続きをしておきましょう。

遺された家族にとって、財産の引継ぎで名義変更や解約や登記手続きは、大きな負担になりますので、可能な限り身軽にしておいた方が良いですね。

相続

お葬式が終わると、相続関係の手続きも待っています。

この相続ということも、多くの方にとってよく分からない世界であり、遺される家族の多くが、どうして良いか分からず、困るケースの多い分野です。

先ほどの財産管理にも関係してきます。

少なくとも相続に係わる財産については、一覧にし、遺される家族が見ても分かるようにしておいた方が良いですね

可能であれば、相続については、遺言書を作成しておくことは、あとあと家族間、親族間でのトラブル防止にも繋がることがあります。

周辺整理

必要な物の整理、不用品の処分をしておきましょう。

また、人間関係の整理に含まれますが、趣味のサークルや地域の集まりなど、参加・加入している団体があれば、まず一覧を作成し、もし疎遠になっていて不要であると判断する団体については、脱退の手続きもしておきましょう

その他、最近はスーパーや美容院やスポーツクラブなど、多数の会員システムがありますが、これも不要な会員登録については、解約手続きを行っておくことをお勧めいたします。

終活でのお葬式準備・まとめ

葬儀

今回は終活でのお葬式準備についてお伝えいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、主に下記の点についてお伝えいたしました。

  • エンディングノートにお葬式について書く際には、喪主について、お葬式のスタイル、規模などを書いておく
  • 生前に葬儀会社を決めておく方法として、生前契約や、葬儀費用の信託を利用することなどが考えられる
  • 葬儀の予算を考える際には、現実的な予算であること、遺される家族の今後の生活にも配慮した予算設定をすることが大切
  • 生前に遺影写真を用意しておくことは、いざというときに家族の負担が減ることに繋がる
  • 終活でお葬式の準備をするメリットは、家族の負担が減ること、自分の希望が反映させられることが挙げられる
  • 良い葬儀社を選ぶときのポイントは、接客の丁寧さ、説明の分かりやすさ、希望に沿ったプランの提示があるかどうかであり、また、料金だけで決定するのは避けた方が良い
  • お葬式以外でも準備しておいた方が良いこととしては、お墓、財産管理、相続、周辺整理などがある

お葬式は、やり直しのきかない性質があります。
失敗や後悔をしても「では、もう一度やり直しましょう!」というわけにはいきません

ですから、終活の一環として、お葬式についても準備できることは準備をしておいた方が良いですよね。

終活ねっとでは、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでもし良ければ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活・葬式」に関連する記事

「終活・葬式」についてさらに知りたい方へ

  • 終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

    終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

    終活の中には、ご自身が亡くなった後に行われる葬儀についても、いろいろと考えなければなりません。しかし、葬儀の準備までする必要はあるのでしょうか。この記事では、終活における葬儀の準備について解説いたします。

  • 終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説しますのサムネイル画像

    終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説します

    終活を始めてみよう!と思ったものの、いったいどんなことに取り組むべきなのか分からず、お困りの方や始められていない方はいらっしゃいませんか?終活で取り組む内容にはどんなことがあるでしょうか。ここでは終活で取り組む内容や注意点を解りやすく解説いたします!

  • 葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介のサムネイル画像

    葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 終活をするために費用はどれくらいかかる?内訳とともに詳しく解説!のサムネイル画像

    終活をするために費用はどれくらいかかる?内訳とともに詳しく解説!

    自らが迎える最期に残された方たちが安心して送ることができるように準備するにはどうすればいいのか? そして費用はどのくらい用意しておかないといけないのか? それを考えるのが「終活」の第一歩です。 終活に必要なものである費用を中心に解説します。

  • 終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

    終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

    終活をやってみたいと思う人は意外と多くいます。しかし、どんな方法があるのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、終活を行う際の具体的な方法やメリットについて解説していきたいと思います。終活に興味のある方は是非最後までお読み下さい。

  • お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

    お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

    冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。

  • 元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

    元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

    終活は元気なうちにやっておきたいものです。でも、どんなことをしたら良いのでしょう?終活でやっておきたいことを全般的にまとめてみました。終活の主たるところを全般的にまとめてありますので、これから終活を始める方も参考にしていただければと思います!

  • 終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!のサムネイル画像

    終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!

    「終活」という言葉を耳にしたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。でも、終活って、一体何をするのか知らないという方も多いのではないでしょうか。終活の意味、何をするのか、始めるタイミングなど知っておいていただきたいことがたくさんあります!

  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

    無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    最近よく聴く、無宗教の葬儀。 あまり馴染みがないかもしれませんが無宗教の葬儀はどういったものでしょうか。 「無宗教の葬儀をしたいけど、実際には何を決めれば良いの?」 「香典は?法要ってするの?納骨も必要だよね?どうすればいいの!?」 そんな疑問にお答えします! 

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・葬式」についてさらに知りたい方へ

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説しますのサムネイル画像

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説します

葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介のサムネイル画像

葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

終活をするために費用はどれくらいかかる?内訳とともに詳しく解説!のサムネイル画像

終活をするために費用はどれくらいかかる?内訳とともに詳しく解説!

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!のサムネイル画像

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと