葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

多磨霊園にバスで行く方法について詳しくご紹介します!

東京だけでなく日本有数の規模を誇る墓地として有名なのが多磨霊園です。多磨霊園にアクセスするための直近の公共交通機関としてバスが挙げられますが、その路線にははたしてどのようなものが挙げられるのでしょうか?今回は多磨霊園に向かうバス路線について見ていきましょう。

多磨霊園に向かうバスについて

お墓

多磨霊園は東京23区の西に位置する多摩地域にある、日本でも有数の規模を誇る墓地です。
その霊園の面積は東京ドーム約27個分に相当する約128万平方メートルで、都立霊園では最大の規模となっています。

そのため、多くの著名な政治家や軍人、文化人などが眠っているほか、多くの故人のお墓もここにあります。
当然ながら、眠っている故人が多い分、非常に多くのご遺族の方がお墓参りにやってきます。

さて、多磨霊園へのアクセスの手段として主要なものは車もしくはバスが挙げられます。
ただ、東京都内は比較的道が混雑しやすいうえ、お盆やお彼岸といった1年でもお墓参りが盛んになる季節では路上に車を止めておくこともできないため、どうしてもバスがおすすめとなってきます。

そうなると、多磨霊園にアクセスするバス路線や最寄りの停留所について知っておくと何かと便利です。

そこで今回は、多磨霊園にバスで向かう方法について見ていきましょう。
この記事では、以下のポイントを中心に話を進めていきます。

  • 多磨霊園の最寄りのバス停である「多磨霊園表門」とはどのような停留所か?
  • バス停留所への最寄り駅にはどこが挙げられるか?
  • バスで向かう時の注意点とは?

以上の事を中心に、多磨霊園に向かうバスについて解説していきます。
終活の一環で、多磨霊園の利用を考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

多磨霊園のバス停留所「多磨霊園表門」

busstop

多磨霊園に最も近いバスの停留所は、多磨霊園表門です。

停留所の位置としては、多磨霊園の南東側にある正門から少し南に行ったところにあります。
停留所そのものが大通りに面しているため、JR中央線方面(北側)から来ても、また京王線方面(南側)から来てもバスを降りたところで、北の方へ直進すると「多磨駐在所前」の交差点に差し掛かります。

その交差点からすぐ奥側に多磨霊園の表門があります。
なお、JR中央線方面からのバスに乗ってきた場合は、下車した際に来た道を戻る形で直進するとたどりつくことができます。

なお、多磨霊園に最寄りのバスを運行しているのは京王バスです。

多磨霊園表門停留所
多磨霊園表門停留所

所在地東京都府中市紅葉丘2丁目8

営業時間6:38~21:23(京王線方面)
6:53~21:38(JR中央線方面)

バス停留所への最寄り駅

駅

多磨霊園に向かうにはバスが最も手っ取り早い交通手段ですが、より遠方からお墓参りに来る方は途中まで鉄道を利用することとなります。

そこで、多磨霊園行きのバスが発着するバス停留所への最寄り駅について見ていきましょう。
ここでは、主に利用しやすいJR武蔵小金井駅と京王線多磨霊園駅の場合について見ていきます。

JR武蔵小金井駅

JR中央線側の最寄り駅は武蔵小金井駅です。
この駅の南口バスターミナルの6番乗り場(停留所名は「武蔵小金井駅南口」)から多磨霊園行きのバスが発着しています。

バスでの行き方は全部で3系統あり、京王線の多磨霊園駅行きが2系統と多磨町行きからなっています。
バスの運賃は240円(ICカード利用の場合は238円)で、所要時間は22分です。

また、運行本数はほとんどの時間帯で1時間に3本(6時台・8時台・21時台は2本)です。

京王線多磨霊園駅

京王線側の最寄り駅は多磨霊園駅です。
この駅の北口バス乗り場(停留所名は「多磨霊園駅」)から多磨霊園行きのバスが発着しています。

バスでの行き方は全部で3系統あり、JR中央線の武蔵小金井駅行きが2系統と多磨町行きからなっています。
バスの利用運賃は200円(ICカード利用の場合は195円)で、所要時間は6分と、こちらの方が武蔵小金井駅発着のばすよりも比較的短い所要時間で着きます。

運行本数はほとんどの時間帯で1時間に3本(6時台は1本、7時台は2本)です。

バスで向かう時の注意点

caution

多磨霊園にアクセスするバスは6時台から21時台までおおむね1時間に3本運行していますが、利用する際には注意すべき点があります。
ここでは、バスで向かう時の注意点について見ていきましょう。

開門時間を事前にチェック

まず、多磨霊園は季節によって開門時間と閉門時間が異なります。
夏期(3月1日から9月30日)は8:00~18:30、冬期(10月1日から2月末)は8:30~17:30となっていますので、季節ごとの開園時間を間違えないようにする必要があります。

なお、お彼岸などお墓参りの参拝客が多い時期は開門時間が早まるうえ、臨時バスが運行されて本数が増えますので、詳しいことはバス会社に事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

小児運賃について

お子さんがバスを利用する場合は、小児運賃として大人運賃の半額で利用することができます。
ちなみに、現金で支払う場合は10円未満の端数は10円単位で切り上げとなります。
なお、小児運賃の対象となるのは、1歳以上小学生までのお子さんです。

多磨霊園に向かうバスについてまとめ

バス

多磨霊園へのバスでのアクセスについて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 多磨霊園への最寄りのバス停留所は「多磨霊園表門」停留所で、位置は多磨霊園の正門の少し南側(京王線方面)にあり、下車してJR中央線方面(北側)に歩くと正門に着くことができる。
  • 多磨霊園行きのバスは、主にJR中央線の武蔵小金井駅南口と京王線の多磨霊園駅北口から発着している。武蔵小金井駅南口から発着しているバスは所要時間が22分、運賃が240円(ICカード利用で238円)、多磨霊園駅南口から発着しているバスは所要時間が6分、運賃が200円(ICカード利用で195円)となっている。なお、両方向とも1時間に約3本運行されている。
  • 多磨霊園にバスでアクセスする際には季節ごとに開園時間が違うことや、時期により臨時バスが運行されていること、お子さんの場合は小児運賃が適用されるという点に注意する必要がある。

終活の一環で多磨霊園へのお参りにバスで出かける方も多いのではないでしょうか。
ぜひとも、この記事を参考にバスでのアクセスの情報を得ていただいて、よい終活の一助として頂ければ幸いです。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「多磨霊園・バス」に関連する記事

「多磨霊園・バス」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「多磨霊園・バス」に関連する記事

「多磨霊園・バス」についてさらに知りたい方へ

東京の西側、府中市と小金井市にある日本有数の霊園が多磨霊園です。東京ドーム27個分の面積を誇る日本有数の霊園であるだけあって、アクセスのための手段も少なくありません。今回は、その多磨霊園へのアクセスの手段について見ていきましょう。のサムネイル画像

多磨霊園へのアクセス方法を電車と車の場合に分けてご紹介します

多磨霊園は、終活中の方がだけではなくアクセスや風景が良い有名な霊園・墓地です。駐車場についての情報が少なく車で行かれるときには悩まれる方も多い場所です。今回は、気になる多磨霊園の駐車場についてご紹介しております。のサムネイル画像

多磨霊園へ車で行く際に利用できる駐車場について紹介します!

散歩は非常に手軽にできる運動であるうえ、ストレスの発散にもつながります。霊園の中の散歩も自然散策や歴史探索という意味で楽しいものですが、霊園の散歩ではマナーを守る必要があります。今回は、霊園での散歩で守るべきマナーについて見ていきましょう。のサムネイル画像

霊園を散歩するときのマナーからおすすめの霊園までご紹介します!

終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

新しくお墓を建てようとすればその土地を確保しなければなりません。
法律上お墓は霊園や墓地に建て無ければならないのですが、実はそれぞれ意味が異なり、掛かる費用も違うのです。
ここでは霊園と墓地のそれぞれの特徴や費用面での違いを説明します。のサムネイル画像

霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト