お墓の中ってどうなってるの?ご遺骨の入れ方を解説します!

毎年お盆やお彼岸の際などに定期的にお参りするお墓ですが、その時に私たちはお墓の外側はよく見ることがあります。しかし、お墓の中については納骨の際にちらりと見る程度でそれほど詳しくは見ることはありません。はたして、お墓の中はどのようになっているのでしょうか?

目次

  1. お墓の中について
  2. お墓の中って一体どうなってるの?
  3. お墓の中にどうやってご遺骨を納めるの?
  4. お墓の中を開けるのは誰がやるの?
  5. お墓の中についてまとめ

お墓の中について

お墓

ご先祖様代々のご遺骨の入った骨壷を納めておく場であるお墓ですが、私たちはお盆やお彼岸といった節目に定期的にお参りをしに行きます。

その際に、お墓の墓石やその周辺にある墓誌などはよく見かけますし、お参りに行くたびにお墓の墓石などをまめに掃除するという光景も珍しいものではありません。

一方で、お墓の中というのはなかなか見ることがありません。
一般的に見る機会があるとしたら、お墓ができたての頃や新たに亡くなった方のご遺骨を納めるときにお墓のふたを開けるときくらいのものといえるでしょう。

言い換えれば、その際以外はお墓の中について見るという機会は滅多にありません
はたして、お墓の中はいったいどうなっているのでしょうか?

そこで今回はお墓の中についてどうなっているのかをいろいろと見ていきましょう。
今回の記事は、

  • お墓の中は一体どうなっているのか?
  • お墓の中にどうやってご遺骨を納めるのだろうか?
  • お墓の中を開ける作業は誰の手によって行われるのか?

の3つのポイントから、お墓の中のことについて迫っていきたいと思います。
お墓の中について少しでも興味がある方はぜひこの記事を参考にしてください。

お墓を建てるにあたって、霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓の中って一体どうなってるの?

困った人々

まずは、お墓の中が一体どうなっているのか、という疑問に向き合ってみることにしましょう。

お墓の中はカロートと呼ばれる空間になっています。
カロートはいわば納骨室のことで、代々の方のご遺骨の入った骨壷を納めておくためのスペースとなっています。

そのため、お墓が開けられる機会というのが、ご遺骨を中に納める場合か、もしくは中に納めてあるご遺骨を何らかの事情で取り出す場合が挙げられるのはこのためです。

なお、お墓によってはカロートが1段ではなく、2段もしくは3段という構造を持っているところもあります。

カロートは主に関東地方のお墓に多く見られ、関東地方の骨壷で標準的な7寸サイズの骨壷が1段につき8個程度納めることができ、2段であれば12個から15個程度、3段であれば25個前後納めることが可能です。

お墓の中にどうやってご遺骨を納めるの?

困った人々

お墓の中がカロートと呼ばれる納骨のためのスペースになっているということを上の項目で見てきました。

それでは、そのカロートにご遺骨を納骨する方法としてはどのような方法が挙げられるのでしょうか?
ここでは、お墓へのご遺骨の入れ方について見ていきましょう。

お墓によって入れ方は違う

ご遺骨をどのようにしてお墓に入れるかについてですが、実はお墓によってご遺骨の入れ方が異なります
というのは、お墓の構造は地方によっていろいろと異なってくるためです。

ここでは、ご遺骨の入れ方がどのように異なるのか、詳しくみていきましょう。

カロートの入り口の場所が違う

大まかに分けると、関東のお墓と関西のお墓とでカロートの入口の場所が違います

関東の場合は、お墓の竿石(お墓で最も目立つ石のこと)の手前にある花立(お花を供えるための部分)や水鉢が置かれていますが、さらにその手前にある拝石と呼ばれる部分を開けたところにカロートがあります。

これに対して、関西のお墓の場合は竿石の手前に花立と香炉があり、この香炉をどかすとそこにカロートが見えるようになっています。
このため同じお墓といっても構造が違えば、カロートの入口の位置も変わってきます。

カロートの大きさも違う

関東と関西とではカロートの大きさも違います

関東の場合は、基本的に火葬の際にご遺骨をすべて骨壷に入れるため、骨壷そのものが大きく作られています。
このため、カロート自体も大きくしないとすぐいっぱいになるため、人が入れるほどの大きさとなっています。

一方で関西の場合は、関東ほど大きくはありません。
骨壷に納めるご遺骨の量が関東と違って部分収骨でそれほど多くないため、その分スペースも小さくなります。

実際の骨壷の入れ方は?

このようにカロートの大きさや、そこに納める骨壷の大きさまで違うと、骨壷の入れ方も違ってきます。

関東の場合は、基本的に人が入って骨壷をカロートの中に設置するという形で入れられます。
ただし、この際にカロートのふたも開けますが、ふた自体の重さが50キロ以上するため素手で開けるというのは無理に近いです。
そのため、基本的にはバールで開けるという方法がとられます。

さらに、カロートの中も湿気やほこりなどが充満していることが多いため、参列している方の手でカロートのふたを開けて中に入ってご遺骨の骨壷を納める、ということはありません。
むしろ、素人がやると大けがの原因にもなりますので、石材店の人に任せるようにしましょう。

これに対し関西の場合は、骨壷の小ささに合わせてカロートも小さめに作られています。
香炉をどかしたところに小さな穴があるため、そのまま穴の中に骨壷を納めるだけで済みます。
力が弱くても納骨できるため、けがなどの心配もありません。

実は関西のお墓の方が全国的に多い

ちなみに全国的なお墓の分布を見てみますと、実は関西のお墓の方が全国的に多いです。
関西型のお墓の方が関西だけでなくそれより西の地域や東海地方、北海道にも見られるため、逆に関東地方のお墓の方が独特というように考えることもできます。

このため、お墓への骨壷の入れ方も関西と同じように香炉の部分をどかして入れるというやり方の方が全国的に広く普及しているともいえます。

骨壷の置き方

それではカロートの中に入れた骨壷はどのように置いていくのでしょうか?
実はこの骨壷の置き方については、仏教の教えに基づいたマナーが存在します。

骨壷を置く際のポイントは、最も古くに亡くなった方のご遺骨が入った骨壷を右奥に置くという点です。
というのは、仏教の教えでは右奥が最も上位と考えられているためです。
宴会の席などでも上座と下座の考え方がありますがそれと同じようなものと認識していただけるとよいでしょう。

このため置き方の順番としては、右奥からいったん左側に置いていき、その列がいっぱいになったら1つ手前の列の右側から順番に置いていきます。

骨壷でいっぱいになってしまった時

カロートもスペースに限界があるため、何世代にわたって納骨に使っていけばいつかはいっぱいになって、新しくご遺骨を納めることができなくなる、という問題に直面します。

そこで、骨壷でいっぱいになってしまった際に何らかの対策が必要となってきますが、よく見られるのが古い世代の方々のご遺骨を取り出して土の部分にまくという方法や、複数の方のご遺骨を1つの骨壷にまとめるといった方法です。

前者の場合は、特に五十周忌を迎えた方のような比較的古いご遺骨を取り出して、カロートの中の土の部分や、お墓の墓域の中の土の部分といった場所にまくというものです。
ご遺骨をまいた分の骨壷はもちろん空になるので、その骨壷を処分して代わりに新しくお墓に入れる方のご遺骨の入った骨壷を納めるなどすることが可能となります。

後者の場合は、複数の方のご遺骨を1つの骨壷にまとめることによって、他の余分な骨壷を処分しそれによって新しく入れるご遺骨の骨壷の分のスペースを確保するというものです。
この場合、古い順から複数のご遺骨をまとめていく方が心理的な抵抗を感じずに済むでしょう。

ただ、いずれの方法を取るにしても、事前にご家族の間で話し合い、また必要に応じて菩提寺や石材店にも相談などをするようにしましょう。
また、閉眼供養と開眼供養を合わせて行う必要がある場合もありますので、その点も菩提寺に相談しましょう。

お墓の中を開けるのは誰がやるの?

困った人々

お墓の中を開ける際に誰がやるかというのも重要な問題です。

先ほども少しふれたように、関東と関西ではお墓の構造が違う分、カロートのふたの位置も異なり、また、そのふたも関東と関西とでは重さが違います。

特に関東の場合は、お墓に使われている石材にもよりますが、ふたの重さが50キロ以上する場合も少なくありません。
中には、100キロくらいの重さがある場合もあります。

これだけ重いと、例えば納骨の際に石材店の方を呼ばないで、ご遺族の方でカロートの開け閉めを自ら行うということはとてもではありませんが無理な話です。
一つ間違えると、大けがのもとにもなりかねないので、無理しないで石材店などプロの方に任せるのが無難といえます。

一方の関西など関東以外の地域のお墓であれば、香炉をどかせるだけで骨壷を納めるスペースの入口が出てくるため、ご遺族の方がご自身で入れてもかまいませんし、それがはばかられるのであれば導師の僧侶の方や石材店の方に任せてもかまわないといえます。

お墓の中についてまとめ

人々

お墓の中についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お墓の中はカロートと呼ばれる、亡くなった方のご遺骨の入った骨壷を納めておくスペースになっている。なお、お墓によってはこのカロートが2段式もしくは3段式になっている。
  • お墓のカロートへの骨壷の入れ方は、関東と関西とで異なっている。関東の場合は、お墓の拝石の下にカロートが設けられているため、ここのふたを開けて入れることになるのだが、ふたが非常に重いという点に注意が必要である。一方で関西の場合は、お墓の花立の間にある香炉の部分をどかせば、カロートの入り口が出てくるため、そこから骨壷を入れていく。
  • 骨壷の納骨を誰がするかについては、こちらも関東と関西とで異なってくる。関東の場合はカロートの入口のふたが非常に重いため、参列者の手で行わないほうが無難である。石材店といったプロの方に任せるのが望ましい。一方、関西では香炉をどかすだけで済むので参列者の手で行っても、また導師の僧侶や石材店の方の手で行ってもかまわない。

お墓の中というのは、そうめったにふたを開け閉めをすることがないため、なかなかうかがい知ることができません。
ただし、将来的にご遺骨を円滑に納めるという行為を続けていく以上、終活などを機にカロートの中の骨壷がどの程度入っているのかということは知っておいた方がよいでしょう。

そして、終活を進めていく中で、カロートの中のスペースを何とかするべきとお考えであれば、古いご遺骨を土にまくなどといった方法を取ることが必要です。
このように、お墓の中をなかなか見ることがなくても、その状態を知ることが非常に重要といえます。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・中」に関連する記事

  • お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?のサムネイル画像

    お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?

    インターネットでも購入することができるようになった骨壷。その種類や形もいろいろあり、最近では、ご自分のためのお墓だけでなく骨壷も用意される方もいるようです。 意外と知られていないお墓の中の骨壷についても知っておき、骨壺選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • お墓が骨壷でいっぱいになったらどうする?トラブルの解決方法を紹介のサムネイル画像

    お墓が骨壷でいっぱいになったらどうする?トラブルの解決方法を紹介

    納骨しようとしたらお墓が骨壷でいっぱいだったらどう対処したら良いのでしょうか?また、お墓に納めた骨壷には水が溜まりやすく、何か対策はないかと頭を悩ませている方も多いと思います。今回はそんな骨壷についての様々なトラブルの解決方法を詳しくご紹介します。

  • お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

    お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

    カロートとはお墓の半地下や地下の部分にある遺骨を納骨する部分です。この記事ではカロートの費用や開け方から、カロートで起こる様々な問題と解決方法についてご説明します。お墓の中でも遺骨を安置するという重要な役目をもったカロートについて一緒に学んでいきましょう。

  • お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

    お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

    先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

  • お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

    お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

    お墓や遺骨に関する疑問は、家族間の大きな問題でもあります。今回は納骨や遺骨の移動など、お墓の遺骨に関する問題について幅広く解説していきます。ぜひこれを読んでお墓と遺骨の問題について、詳しい知識を身に着けてくださいね。

  • お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

    お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

    お墓といえば一家で1つ持つものと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、実はお墓は別に1つでなくても2つ以上あっても差し支えはないといえます。今回は、お墓を2つにするための方法やそれにまつわる理由について見ていきましょう。

  • 納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法などのサムネイル画像

    納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法など

    故人の遺骨を納める場所といえばお墓のカロートや納骨堂をイメージする方が多いです。ただ、納骨堂で納骨する場合、骨壷を選ぶのも苦労する方も少なくないでしょう。今回は納骨堂と骨壷にまつわるよくある疑問についていろいろと見ていきたいと思います。

  • 知っていれば安心!『骨壷』のサイズと価格のサムネイル画像

    知っていれば安心!『骨壷』のサイズと価格

    お墓は色々調べるものの、いざ骨壷までじっくり調べる方はそれほど多くはないのではないでしょうか。大切な人やペットを納める「骨壷」ですが、サイズや値段に大きな違いはあるのでしょうか?今回はサイズや値段、地域での違いなどについてご紹介します。

  • 大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

    大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

    手元供養という新しい形の供養を選ぶ方が増えてきています。 骨壷とは思えないような美しいデザインの骨壷は、インテリアの一部としても違和感がありません。 近年のライフスタイルの変化により、今後ますますニーズが高まるであろう手元供養についてご紹介します。

  • お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?のサムネイル画像

    お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?

    ご遺骨はお墓のどの場所に納骨するかご存知ですか?納骨の時期はいつで、どういう手順で行うものなのでしょうか。納骨式のお布施の相場は?お墓の中でも一番大切な場所カロートの構造をはじめ、納骨に関するさまざまな疑問にお答えします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・中」についてさらに知りたい方へ

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?のサムネイル画像

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?

お墓が骨壷でいっぱいになったらどうする?トラブルの解決方法を紹介のサムネイル画像

お墓が骨壷でいっぱいになったらどうする?トラブルの解決方法を紹介

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法などのサムネイル画像

納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法など

知っていれば安心!『骨壷』のサイズと価格のサムネイル画像

知っていれば安心!『骨壷』のサイズと価格

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?のサムネイル画像

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・中」についてさらに知りたい方へ

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?のサムネイル画像

お墓に納められる骨壷のあれこれを解説!骨壷は自分で選べる?

お墓が骨壷でいっぱいになったらどうする?トラブルの解決方法を紹介のサムネイル画像

お墓が骨壷でいっぱいになったらどうする?トラブルの解決方法を紹介

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと