葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

亡くなった方のご遺骨は多くの場合、お墓に1つの骨壷にまとめて納骨されます。しかし、人によってはさまざまな理由で分骨しようと考える方も少なくありません。このような場合費用はどのくらい必要となるのでしょうか。今回は、お墓の分骨に必要な費用を見ていきましょう。

お墓の分骨にかかる費用について

お金

誰もが亡くなった後は葬儀の際に火葬されて、ご遺骨という形で骨壷に納められ、しかるべき時期にお墓に埋葬されます。
ちなみに、その際はご遺骨は一括して骨壷の中に納められます。

しかし、ご遺骨の中でも一部を別の骨壷に納めて、その後別の場所に納骨するという分骨を行うというケースもあります。

また、近年では葬儀や埋葬に対する価値観も多様化している流れもあり、分骨の中でも自宅でペンダントの中にご遺骨の一部を保管するという手元供養というやり方も広まってきています。
また、終活の中で亡くなった後に分骨を希望するという方も少なくありません。

このように分骨という方法も存在するわけですが、それでは分骨にかかる費用はいったいどのくらいになるのかが気になるという方もいるでしょう。
そこで今回は、お墓の分骨に必要な費用について取り上げていきます。

  • 分骨はどのようにやるのか?
  • 分骨にはどのくらいの費用が必要となってくるのか?
  • お墓の分骨に必要な書類はあるのか?
  • 分骨後の供養方法と、それに必要な費用とは?

以上の事を中心に、お墓の分骨にかかる費用について解説していきます。
終活の一環で分骨を考えている方はこの記事を参考にしてください。

分骨ってどうやってするの?

遺骨

まずは、そもそも分骨にはいったいどのような方法があるのかについて見てみましょう。
分骨にはいくつかの方法があります。

お墓に入っているご遺骨を分骨する場合

分骨の中でもよく見られる方法が、現時点でお墓に納骨されているご遺骨を分骨するというものです。
より具体的には、お墓のカロート(納骨室)に納めてある骨壷を取り出して、分骨する部位のご遺骨を取り出して別の骨壷(主に分骨専用の骨壷)に納めます。

ここで注意しなければいけないのが、まずお墓からご遺骨の入った骨壷を取り出すのに先立ち閉眼供養によって魂抜きを行うという点、そして骨壷を元に戻す際に開眼供養を行うという点です。
このため、お墓に納骨されているご遺骨を分骨する際には、これらの供養をお寺に依頼するとともに、石材店にも相談する必要があります。

お墓に入れる前のご遺骨を分骨する場合

一方で、お墓に入れる前に分骨するという方法もあります。
これは、火葬の直後のお骨上げの際に分骨する対象のご遺骨を別の骨壷に入れる、というものです。

この際には、火葬場に分骨用の火葬証明書を提出する必要があります。
事前に直接火葬場の職員の方に申し出ることも可能ですが、葬儀担当者の方に申し出る方が後でお骨上げの際の分骨もスムーズにできるため便利です。

本山納骨をする場合

本山納骨をする場合にも分骨は行われます。

こちらは特に浄土真宗といった宗派の本山にのど仏のご遺骨を納骨する場合に行われます。
浄土真宗にはいくつかのグループがありますが、特に大きいグループとして本願寺派(お西)と大谷派(お東)ではそれぞれ本山を持っており、本山納骨もそこで行われます。

いずれにしても、浄土真宗の寺院で所定の手続きを行い、書類を受け取ったうえで京都にあるそれぞれの本山で納骨受け入れの手続きを行い、読経の後に納骨されます。

分骨にかかる費用ってどのくらい?

お金

ここまで、分骨がどのような方法で行われるのかについて見ていきました。

それでは、実際のところお墓の分骨に必要な費用はいったいどのくらいになるのでしょうか?
ここでは、お墓の分骨にかかわるお金の話について見ていきましょう。

骨壷代

分骨にはまず、骨壷代が必要となります。

分骨を行う以上は、そのための骨壷が必要です。
分骨用の骨壷は、ご遺骨の一部のみを納めておくためのものであるため、一般的にお墓に納骨する際に使われる骨壷よりも比較的小さめにできています。

このため、骨壷を購入する際にかかる費用も比較的安く、おおよそ1万円程度から購入することが可能です。

さらに本山納骨の場合は、基本的に分骨するご遺骨がのど仏の部分だけであるため、その部分だけが入る程度の骨壷となっているのが一般的です。
本山納骨の際の分骨用骨壷は手のひらに載るほどの小ささであるため、こちらは約2000円から購入することができます。

カロートを開けるための作業費

次に、カロートを開けるための作業費について解説します。

ご遺骨の入った骨壷をカロート(納骨室)から取り出す際には、石材店の方の協力が必要な場合があります。

特に、関東で一般的なお墓のカロートのふたは非常に重く、50㎏前後のものもあれば、中には100㎏近くするものもあります。
そのため、関東の場合は素人の手でカロートを開けようとすれば怪我をする恐れもあるため、基本的に参列者がカロートのふたの開け閉めを行うことはありません。

さて、石材店の方にカロートを開けてもらうとなると作業費が発生します。
その費用の相場は2万円から3万円とされています。

護持費(お布施)

さて、分骨の中には本山納骨と呼ばれる方法があることは先ほど触れました。
この中で、分骨するためのご遺骨が入った骨壷を本山の寺院に持って行った際に護持費と呼ばれるお布施を包んで手渡すことになります。

この護持費の相場はそれほど厳密に決まっておらず、護持費としてどのくらい包むかについては、あくまでも信徒のお気持ちに委ねられている、とされています。
ただし、浄土真宗の本願寺派の場合、大谷本廟に本山納骨を行う際には3万円以上と規定されています。

普通の分骨で必要なお布施の費用とは?

お墓からご遺骨の入った骨壷を取り指す際には閉眼供養を行い、また分骨を終えた後で元通りに戻す際には開眼供養が必要です。
そのために僧侶の方を読んで読経してもらうため、お布施が必要となってきます。

そのお布施の費用の相場はそれぞれの供養につき1万円から5万円の間です。
なお、遠方から来てもらう場合は別途お車代(交通費)が必要で、こちらも5000円から1万円が相場です。

お墓の分骨に必要な書類はあるの?

certificate

分骨と聞くと、特に法律上の手続きなしにできるようなイメージがありますが、実は法的な手続きも必要です。

お墓の分骨の際に必要な書類が分骨証明書と呼ばれるものです。
分骨証明書は火葬場でのお骨上げの際には火葬場の管理者が、お墓に納骨してあるご遺骨の分骨の際には墓地や霊園の管理者が発行します。

申請の際には、火葬場や墓地・霊園の管理事務所に所定の申請書があるので、そこに申請者が分骨する故人の本籍や氏名、亡くなった年月日、分骨先及び分骨の理由について記入します。
合わせて、申請者の運転免許証などの身分証明書類や認め印も必要です。

なお、分骨証明書の発行に必要な費用は数百円と定められているところが多いです。

ちなみに、分骨証明書を紛失した場合、火葬場によっては再発行を拒否するところもありますので、なくさないよう注意しましょう。

分骨後の供養方法と費用について

お金

分骨が終わった後、ご遺骨を何らかの形で供養することがほとんどです。
ここでは、分骨後の供養方法と費用について、代表的な供養方法と、それに必要な費用について見ていきましょう。

永代供養

永代供養とは、墓地・霊園の管理者側がお預かりしたご遺骨の管理や供養の一切を引き受ける供養の方法を指します。
大きく分けて合祀墓への納骨と、個人墓や家族墓に一定期間の年月の間の納骨の後、合祀するという方法があります。

最初から合祀する場合は、一度納骨した後の管理費は一切発生しません。
初期費用として10万円から30万円必要となります。

また、一定期間(長くても三十三回忌や五十回忌まで)の間、個人墓や家族墓などを利用する場合は30万円から200万円、これに管理費が年額5000円から1万5000円必要です。

手元供養

手元供養とは、ご遺骨の一部をミニ骨壷や専用のペンダントの中に入れたり、あるいはご遺骨を加工してペンダントという形にしたりすることで、自宅で供養を行うやり方です。
亡くなった故人の存在を身近に感じて生活をしたいという方が中心に行っています。

手元供養にかかる費用は、どのような形でご遺骨を供養するかにもよりますが、ミニ骨壷にご遺骨を納骨する場合であれば4000円から8万円、ミニ仏壇を活用してミニ骨壷を安置する場合であればさらに1500円から15万円必要です。

また、ペンダントにご遺骨を入れておく場合であれば3000円から17万円が相場です。

樹木葬

樹木葬は、近年の環境意識の高まりで自然とともに眠りたいという方が増えてきている中で広まっている埋葬のやり方です。

墓石の代わりに樹木を墓標とするため、墓石を用いた普通の埋葬に比べると比較的安い費用で納骨できます。
そのため、一般的な樹木葬の費用の相場は約10万円から約80万円となっております。

散骨

散骨も近年の葬儀の価値観の多様化に伴って広がっている埋葬のやり方です。
海洋散骨や山間散骨など散骨する場所によってさまざまなタイプがありますが、最もわかりやすいのが海洋散骨です。

海洋散骨の場合にかかる費用は、業者にすべてを委託する委託散骨で約5万円、数家族が立ち会う合同散骨で約10万円、単独の家族が行う場合で約25万円が相場です。

お墓の分骨の費用についてのまとめ

お金

お墓の分骨に必要な費用について見ていきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、次のようになります。

  • 分骨には火葬場でお骨上げの際に分骨する方法と、お墓に納骨してあるご遺骨を分骨する方法、そして宗派の本山に納骨する本山納骨という方法がある。
  • 分骨にかかる費用としては、まず分骨に必要な骨壷が一般の分骨の場合で1万円以上、本山納骨の場合で2000円以上必要である。次に、ご遺骨の骨壷を取り出す際にカロートを開けてもらう作業に2万円から3万円発生する。この際に閉眼供養と開眼供養の際のお布施代やお車代も必要である。そして、本山納骨の場合は護持費と呼ばれるお布施が必要で、浄土真宗本願寺派の場合は3万円以上となる。
  • 分骨の際には分骨証明書が必要で、分骨の場所が火葬場であれば火葬場の管理者が、お墓であれば墓地・霊園の管理者が発行する。
  • 分骨の後の供養の方法に永代供養や手元供養、樹木葬、散骨が挙げられる。費用は、永代供養であればそのまま合祀する場合で10万円から30万円、手元供養であれば供養に用いるものの購入代、樹木葬であれば10万円から80万円、散骨であれば海洋散骨の場合で5万円から25万円必要となる。

分骨と聞くとこれまでであればあまりなじみのない方法でしたが、近年の葬儀や埋葬の価値観の多様化や終活の流行で広まりが見られます。
ぜひとも、身内の故人に対する埋葬の方法を検討する際の選択肢の1つとして考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「お墓・分骨・費用」に関連する記事

「お墓・分骨・費用」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「お墓・分骨・費用」に関連する記事

「お墓・分骨・費用」についてさらに知りたい方へ

複数の親族間でそれぞれに遺骨の供養を希望する場合には、分骨が必要です。分骨をする時に重要な手順や費用について詳しくご紹介します。ご自身の希望する本山への分骨を検討されている方についても宗派・お寺別に費用をご紹介いたします。のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

みなさんはお葬式が終わると遺骨は1ヶ所に納骨しますか?納骨する方法としては分骨も選択できます。分骨には手続きがあり不安に思うかもしれません。
また、分骨用にはどんな骨壷を準備したらいいのでしょうか?
今回は、分骨する際に役立つ手続きの方法と分骨用骨壷を紹介します。のサムネイル画像

分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!

昨今の宗教観の変化から遺骨を分骨して手元で供養される方が増えています。
さて、火葬場で分骨してもらう場合は良いのですが、お墓に埋葬した骨壷から改めて分骨して手元供養をすることは出来るでしょうか?
今回は骨壷から分骨する際の注意点についてお話します。のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

家族が離れている・お墓参りに行けない、などの理由から、近年は「分骨」が広まっています。しかし、方法や手順に不安がある人も少なくありません。そこで、分骨の仕方・分骨後の供養の仕方を詳しく紹介します。葬儀前の知識としても役立ちますので、是非お読みください。のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

火葬後は大体の人がお墓に納骨すると思いますが、手元で供養したい、分骨して故郷にも埋葬したいと思うこともありますよね。分骨用の骨壷があればいいなと思ったことはありませんか?この記事では分骨用の骨壷のご紹介と、分骨に関する必要書類などをまとめてみました。のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト