終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

終活と聞くと多くの方は最期を迎えたときに備えていろいろとやっておくことというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際のところ、お墓にまつわることも終活の中では大切な要素の1つです。今回は終活でお墓についてどのように考え行動するかを見ていきます。

目次

  1. お墓に関する終活についてまとめました
  2. 終活でお墓について考える時のポイント
  3. どんなお墓(供養形態)がいいですか?
  4. お墓に関する終活で重要な生前墓について
  5. 終活でお墓を考えて相続税対策
  6. 終活ではお墓以外にどんなことが重要?
  7. お墓に関する終活のまとめ

お墓に関する終活についてまとめました

お墓

この記事を読んでいらっしゃる方の中にも現時点で終活に取り組んでおられる方や、終活をどのように進めていこうかと考えておられる方も多いのではないでしょうか。

終活と聞くと多くの方はご自分が亡くなった時に備えてお墓を用意したり、葬儀のことを考えたりすることを指すというイメージを持っているように見えます。

しかし、実際のところ、終活とはそれほど暗いイメージが付きまとうものではなく、むしろ人生の終末期を迎えた方たちがいかにして最期の時まで幸せかつ有意義に生きていくかについてを考え、行動する一連の活動のことを意味しています。

とはいえ、お墓のことを考えておくのも終活の中では大切な活動の一環です。
ご自身が亡くなった後に残されるご家族の負担を軽減したり、また現在ある代々のお墓について今後どうしていくのかについて考えたりすることも、結果としては後に憂いを残さなくて済むという意味で有意義な終活の一環ととらえることもできます。

そこで今回は、終活でお墓について考えることについていろいろと見ていきましょう。
なお、この記事では

  • 終活の中でお墓について考えるときのポイントとしてどのような点が挙げられるか?
  • どのようなお墓や供養形態が理想的であるか?
  • お墓に関する終活でも重要となる生前墓とはどのようなものか?
  • お墓による相続税対策とはどのようなものか?
  • お墓以外に終活で取り組むこととしてどのようなことが重要か?

という各ポイントを軸に内容を進めていきます。
ぜひとも、終活でお墓のことについて考える際にご参考にして頂ければ幸いです。

終活でお墓について考える時のポイント

困った人々

まず、はじめに終活でお墓について考えるポイントとして、どのような点が挙げられるかを見ていきましょう。

先祖のお墓はどうするのか

終活関係でお墓にまつわる問題としていく取り上げられるのが、先祖代々のお墓をどのようにしていくのか、というものです。

ここでは、いくつかのパターンに分けて先祖代々のお墓をどうするかについてのポイントを見てみましょう。

お墓の跡継ぎになる方がいる場合

子供世代のように将来的にお墓の跡継ぎになる方がいる場合であれば、その方たちと先祖代々のお墓をどのようにして守っていくのかをよく話し合い、もしできれば早い段階でお墓の跡継ぎ(使用者)として指名しておくことが大切です。

同時に、先祖代々のお墓に対して取り交わされた契約の内容や毎年支払っている管理費の内容に関する、いわゆるお金関係の情報についても、早いうちにお墓の後を継ぐ方に伝えておくことが大切です。

ご自身が新しい埋葬法で埋葬されたい場合

また、最期を迎えた際に先祖代々のお墓に入りたいのかどうかについて考えることも大切です。
この問題についてはどのような葬儀を行いたいかということと深いかかわりがあります。

というのは、特に最近広まりを見せている樹木葬や散骨といった新しい埋葬法で埋葬する場合は先祖代々のお墓を墓じまいするのか、それともそのままの状態にしたうえでご自身が別の埋葬法で埋葬されるのかといったことも考える必要が出てくるためです。

お墓の跡継ぎがいない場合

一方、子供世代の方たちが遠くで別に家族をつくったことや、そもそも子供がいないなどの理由で、お墓の跡継ぎになってくれる方がいないという場合は元気なうちに墓じまいをするという選択肢も出てきます。

その場合は、先祖代々のお墓に納めてあるご遺骨を墓じまいの後はどうするかということも考える必要に迫られます。

生前に契約ができる墓地・霊園か

終活でお墓のことを考えるポイントとして、生前に契約ができる墓地・霊園であるかどうかという点も挙げられます。

近年では、お墓に対する価値観が以前に比べて多様化してきていることや、終活がブームとなってきているため、生前にお墓の契約をしようという方も少なくありません。
墓地・霊園の方でも生前予約を受け付けているところも増えてきています。

ただし、だからといってすべての墓地・霊園で生前のお墓の契約が可能である、というわけではありません。
例えば、公営霊園の場合は、申込条件に「ご遺骨を所持していること」が含まれていることがあり、生前にお墓を建てられないこともあります。

このため、生前の段階でお墓を建てる際にはその墓地・霊園の申込条件によく目を通して検討するようにしましょう。

どんなお墓(供養形態)がいいですか?

お墓

終活でお墓について考えるとはいっても、お墓や埋葬形式(供養形態)にもいろいろな種類があります。

ここでは、それらのお墓や供養形態についていろいろと見ていきましょう。

一般的なお墓

まずは、一般的なお墓から見ていきましょう。

いわゆる和型墓石を用いた普通のお墓に入る形態です。
基本的に一般的なお墓に入る際には、あらかじめご自身のご遺体は火葬されたのち、骨壷に納められたご遺骨という状態でお墓の納骨室(カロート)に納められることとなります。

一般的なお墓を建てるには、墓地や霊園に専用の敷地を確保し、そこに建てることとなります。
このため、必要な費用としては敷地代(永代使用料、土地使用料)、墓石代(石材費、加工費、工事費用)で、それらを合計すると100万円から300万円が和型墓石の費用の相場です。

なお、寺院墓地にお墓を建てる場合は、その寺院が所属している宗派の信徒であることと、その寺院の檀家(その寺院を主に財政面で応援する家のこと)になることが前提で、多くの場合、他宗派や他宗教の場合は断られることが少なくありません。

永代供養墓

永代供養とは、墓地や霊園でお預かりしたり、あるいは納骨したりした故人のご遺骨の管理や供養を墓地や霊園の管理者側で一括して行う供養の方法です。

特に、合祀墓に納骨する場合であれば、ご遺骨の供養を管理者側に任せられることに加えて、管理費が一切かからないというメリットもあります。
ただ、一度ご遺骨を納骨すると取り出しができないという点がデメリットです。

合祀墓に納骨する以外にも、永代供養つきの個人墓や家族墓を利用するという方法もあります。
ただし、こちらは使用できる期限が契約内容により決まっており、長くても故人の三十三回忌や五十回忌とされています。
なお、期限が来たら、多くの場合はそのまま合祀墓に再納骨されることとなります。

納骨堂

納骨堂はもともと、ご遺骨を納めた骨壷ごと管理するための建物を意味していましたが、社会的な変化で跡継ぎがいないためにお墓を守っていくことが難しくなった方を中心に利用者が増えています。
また、人口が集中している都市部の土地不足という状況も、納骨堂利用に拍車をかけています。

納骨堂にはロッカータイプや仏壇式、全自動式とさまざまなタイプがあり、天候に関係なくお参りができたり、公共交通機関を使ってのアクセスが良いなどメリットが多いです。

その一方で、定期的に設けられているメンテナンスの日にはお参りができないことや、永代供養つきの個人墓や家族墓の場合と同じように使用期限が設けられているというデメリットもあります。

樹木葬

樹木葬は墓標の代わりに樹木を植えて、その根元に故人のご遺骨を埋葬するという方法です。
近年、社会的に環境意識が高まっている中で広まりを見せており、樹木葬専用の墓地というものも出現してきています。

樹木葬は大きく分けると、都市部の郊外を中心に行われる公園型と、地方の山間部で行われる里山型とがあります。

公園型は、公園墓地の専用スペースにシンボルツリーとなる樹木を植え、その付近に夫婦用や家族用の区画を設置して埋葬するという方法です。
一方の里山型は、地方の山間部の専用の墓地で里山を形成するように植林された樹木の根元に埋葬するという方法を指します。

自然の中で眠りたいという方や残されるご家族に負担をかけたくないという方を中心に利用されています。

一般的なお墓に比べると10万円から80万円と比較的安い費用で利用できることや自然の一部として眠ることができるというメリットがある一方、人によっては受け入れがたいという場合が少なくないことや、里山型の場合、お参りの際のアクセスに苦労することが多いというデメリットもあります。

散骨

海や山などの自然の中にご遺骨をまく埋葬の方法が散骨です。
こちらも樹木葬と同様に自然の中で眠りたいという方や、お墓のことで残されるご家族に負担をかけたくないという方を中心に利用者が増えています。

最もよく利用されるのが海洋散骨で、船で沖合に出てその海域にご遺骨をまくというやり方がとられます。
専門家の方に委託した場合は5万円前後、複数のご家族の立会いで行われる合同散骨で10万円前後、一家族のみで行われる場合は20万円から30万円というのが相場です。

自然の中で眠れることや、埋葬後のことであまり苦労しないというメリットがある一方、散骨に先立って粉骨によって骨を砕く必要があることや、散骨する場所を選ぶ際にその区域の利用者に迷惑のかからない場所を選ばなければならないというデメリットがあります。

お墓に関する終活で重要な生前墓について

お墓

終活でお墓のことを考える場合、特に注目されていることの1つが元気なうちにお墓を建てることです。

いわゆる生前墓(寿陵墓)を建てることにはどのような特徴があるのでしょうか?

生前墓(寿陵墓)とは?

生前墓は寿陵墓とも呼ばれ、一般的にはご親族が亡くなった際に建てるお墓を生前に建てたものを指します。

近年、終活がブームになる中で、将来的にご家族にお墓のことでさまざまな負担をかけたくないという方や、元気なうちにお墓を建てることで将来のご自分のお墓に対する不安を亡くしたいという方、また税金(相続税)対策を行っている方を中心に建てるケースが増えています。

生前墓(寿陵墓)のメリット

生前墓(寿陵墓)を建てるメリットとして、まず生前のうちにご自分の思い通りのお墓を建てておくことができるという点が挙げられます。

近年ではお墓の形も多様化しており、その関係でご自分の思い通りのお墓を建てることももはや夢ではなくなりました。
亡くなった後の場合に比べると、ご自身で企画し、ご自身のために好きな形のお墓を建てることができます。

また、ご自身のお墓のことをじっくりと考えられるというのもメリットに数えられます。
このため、お墓のことでご自身の好みやこだわりについて妥協することなく考えることができます。

さらに、あらかじめお墓を建てておくことで、最期を迎えた際にお墓のことでご家族にかける負担を軽減することができます。

ご自身が亡くなった直後では葬儀の準備や遺品整理などで忙しく、とてもお墓のことを考える余裕がありません。
だからこそ、負担の面から考えても生前墓を建てておくことはメリットがあるといえます。

最後に相続税対策になるというメリットもあります。
この点については後ほどまた詳しくご紹介します。

生前墓(寿陵墓)のデメリット

メリットの多い生前墓ですが、デメリットがないわけではありません。
次に、生前墓(寿陵墓)のデメリットについて見ていきましょう。

まず、最初に触れたように、墓地や霊園によっては生前墓をお断りするところもあるという点が挙げられます。
特に公営霊園では、申込条件に「ご遺骨を所持していること」というものが含まれている場合もありますので、その場合は他に生前墓が可能な墓地や霊園を探す必要が出てきます。

次に、仮に早い段階でお墓を建てたとしても、その後でより条件の良い墓地や霊園が見つかった場合は対処できないという点も挙げられます。
このため、生前墓を建てる際にはどのような条件で墓地や霊園を探すかという軸をしっかりと持ちつつ、ご家族の中でよく話し合うことが大切です。

最後に、生前にお墓を建てた場合、その段階から維持費が発生するという点も挙げられます。
管理費だけでなく、メンテナンス費用やお布施代が必要となってくるので注意のしどころです。

生前墓(寿陵墓)は縁起が良い?

生前墓はすでに挙げたメリットに加えて、縁起が良いといわれています。
というのは、仏教の伝統的な教えで生きているうちにお墓を用意することがよいこととみなされているためです。

加えて、生前墓を用意すれば、長生きができるという言い伝えまであります。
これは、古代中国で秦の始皇帝が生前にお墓を作ったことに由来します。
彼は生前に不老長寿を求めたという故事から、生前墓のことを寿陵墓とも呼ばれるようになりました。

終活でお墓を考えて相続税対策

お金

終活の中でお墓のことを考えることは、実は相続税対策にもつながります。

お墓は祭祀財産であると同時に、非課税財産とみなされているため、相続税が発生しません
加えて、お墓を購入することは、あくまでも「お墓の使用権」を得ることであって「お墓の所有権」を得ることではないため、固定資産税や不動産取得税といった土地にかかる税金も一切かかりません。

ただしお墓の購入資金を相続させた場合は、相続税の課税対象となるので注意が必要です。
さらに永代使用料(土地使用料)には消費税は発生しませんが、墓石工事関係の費用には消費税が発生することも理解しておきましょう。

終活ではお墓以外にどんなことが重要?

ノート

ここまで終活の一環でお墓を考えるということについて見てきました。
しかし、終活で取り組むことのできる項目はお墓のことだけに限りません。

ここでは、終活ではお墓以外に重要なことをそれぞれ簡潔に見ていきましょう。

お葬式

終末期を迎えると、いつ何時最期の時がやってくるかがわかりません。
だからこそ、元気なうちにお葬式のことについて考え、ご自身の希望をご家族に伝えておきましょう。

具体的には、どのような形態の葬儀を希望しているか、どなたに参列してもらいたいのか、さらにどなたに喪主をお願いしたいのかといった希望をあらかじめエンディングノートに書きだしたり、またご家族に伝えたりすることで、いざという時にご家族の方が困惑せずに済みます。

加えて葬儀の費用のことも考えておきましょう。
ご希望の葬儀にどのくらいの予算が必要なのかについてあらかじめ計算したうえで、どのようにして負担するかについても考えておくとなおよいです。

介護

終末期にいつ訪れるかがわからないものはご自身の最期であるとは限りません。
大きな病気や事故などで介護が必要になる、ということも考えられないことではありません。

そのためにも、元気なうちに介護に関することも考えておきましょう。
具体的には、介護が必要となった場合、どなたに介護してもらいたいか、介護を受ける場所は自宅がよいか介護施設がよいかといったことを決めておくことが大事です。

保険

終活の中では保険もまた重要な項目の1つに数えられます。
というのは、ご自身が亡くなった後はお墓や葬儀などに対して何かと物入りとなるためです。
その時に備えて保険に入っておくことも考えておきましょう。

終活で役立つ保険としては、保険料が安いために予算があまりなくても申し込むことができる低解約払戻金型終身保険や、生存中は一生涯保証してもらえる終身保険、加入している保険会社の運用実績によって払戻金や保険金の額が変動する変額終身保険などが挙げられます。

どの保険も長所と短所のいずれも持ち合わせているので、ご自身の状況に合わせてよく検討するようにしましょう。

相続

相続の問題はぜひとも考えるようにしてください。
というのは、財産などの相続の問題はあやふやなままにしておくと、後々になってご家族の間における骨肉の争いを引き起こしかねないためです。

相続に関してもっとも有効な書類は遺言書です。
法律でもその効力が正式なものと認められるほど、遺言書の内容は法的効力があります
エンディングノートに相続について書き残しておくという手もありますが、法的効力によって相続に関するご希望を確定させたいのであれば遺言書の作成がおすすめです。

デジタルデータ

近年では、年配の方でもデジタルデータに触れる機会を持つ方が格段に増えました。
中にはアカウントなどインターネット上に個人情報や財産関係の情報を残してある場合も少なくありません。

このため、これらのデジタルデータはご本人でなければアクセスできないため、万が一のことがあるとデータは放置されたり悪用されたりする恐れがあります。

そこで、それを未然に防ぐためにも終活を行う中で、それらのデジタルデータやそれにアクセスする手段(メールアドレスやID、パスワード)に関する情報をノートなどに一箇所にまとめておくことが大切です。

なお、ノートは厳重に保管しておいたうえで、保管場所については信頼のおけるご家族にのみ教えておくようにしましょう。

お墓に関する終活のまとめ

お墓

終活の中でお墓のことを考えるということについて見てきましたが、いかがでしたか。
今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 終活でお墓について考えるときのポイントとしては、先祖代々のお墓についてどうするかや、生前にお墓の予約が可能かどうかという点が挙げられる。
  • 終活で選択肢となりうるお墓や供養形態としては、一般的なお墓や永代供養墓、納骨堂、樹木葬、散骨といった方法が挙げられる。どの方法もそれぞれメリットとデメリットとがある。
  • 生前墓とは元気なうちにあらかじめ建てておくお墓のことで、お墓に対するご家族の負担をあらかじめ軽減したり、ご自身の好みのお墓を建てられたり、相続税対策になったりすることなどをメリットとして挙げられる一方で、建てた後で条件の良い墓地や霊園が見つかっても対応できなかったり、維持費が発生したりするというデメリットがある。
  • 終活でお墓以外の項目で重要なものとして、お葬式や介護、保険、相続、デジタルデータに関することが挙げられる。

終活で扱うことができる項目は多岐にわたりますが、お墓に関することも重要といえます。

終活に取り組むのであれば、お墓の問題はぜひともよく考え、ご家族ともよく話し合ったうえで取り組むようにしましょう。

「終活・お墓」に関連する記事

「終活・お墓」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!のサムネイル画像

    お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!

    ご自分が亡くなった場合に備えて、生前のうちにあらかじめお墓を購入するという方が増えてきています。実はこのお墓の生前購入の利点は単に残されるご家族の負担を減らすということだけにとどまりません。お墓の生前購入がもたらすメリットや注意点について考えてみましょう。

  • 生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!のサムネイル画像

    生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!

    生きているうちに自分のお墓を建てることが注目されてきています。お墓を生前に建てることにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。生前墓の特徴から、生前にお墓を建てる際の費用相場や節税対策・注意点についてもご説明します。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • お墓を生前に決める【終活】について教えます!のサムネイル画像

    お墓を生前に決める【終活】について教えます!

    最近は自分の終活について前向きに考えている人が増えています。終活の一つとして自分のお墓の準備もありますね。望み通りのお墓を建てるためには時間もかかるので、生前に終活としてお墓のことを考えてもいいのではないでしょうか?そこで生前に決めるお墓について解説します。

  • お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

    最近では、お墓そのものを不要と考える方が急激に増えてきています。はたしてお墓を持たないというのはいったいどのようなものなのでしょうか?今回はお墓を不要と考えることがどういうことであるかについてや、お墓無しでの供養の方法について見ていきましょう。

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓を購入し建てることは、家と同じで一生の買い物といわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てる時期にも適した時期と避けるべき時期があります。今回終活ねっとではお墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

    お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

    お墓を購入することは家と同じで「一生の買い物」といわれています。しかし、以前お墓を購入したことがある方や、周りにお墓の購入について詳しく知っている人がいるという場合は少ないと思います。今回はみなさんが安心してお墓を購入できるよう、お墓の購入に関して解説します。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・お墓」についてさらに知りたい方へ

お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!のサムネイル画像

お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!

生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!のサムネイル画像

生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

お墓を生前に決める【終活】について教えます!のサムネイル画像

お墓を生前に決める【終活】について教えます!

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと