葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

先祖代々または家族の墓が減ってきている昨今、共同墓と納骨堂の利用が増えてきています。どちらもご遺骨を納めるための施設であり場所です。どちらも供養場所で、共同墓は室外にあるお墓のことで、納骨堂は室内施設です。その二つの違いや利用方法について知っておきましょう。

共同で利用する納骨堂や共同墓について

お墓

ご自分またはご家族の万一の際、どこで供養するか決めていらっしゃいますか。

また、今あるお墓の存続や、後継ぎについて悩まれている方はいらっしゃいませんか。
既に終活の一環として、お墓についてあれこれ考えを巡らせている方もいるかもしれません。

ご先祖様から続くお墓をお持ちの方や、親が建ててくれたお墓を引き継いでいる方なら、ご本人やご家族は恐らくそこで供養されることと思います。

しかし、ご自分やご家族が健康上の理由などでそのお墓を継げない、または子供がいないなどで、お墓を継ぐ方がいなくて困っている方もいらっしゃるかもしれません。

個人所有のお墓で供養が出来ない方のためには、共同墓と納骨堂で供養するという方法があります。

よって、今回終活ねっとでは

  • 共同墓とは何か
  • 参拝所が共同利用できる納骨堂について
  • 納骨堂と共同墓の費用相場

以上の3点に注目しながら、共同利用する共同墓と納骨堂の2つの方法について、その違いや利用方法について詳しく解説していきます。

どうぞ最後までご覧ください。

共同で供養してもらう共同墓とは?

お墓

では、そもそも共同墓とは一体どのようなものなのでしょうか?
ここでは、共同墓についての説明に加え、共同墓を利用する際のポイントなど、共同で供養してもらう共同墓について紹介していきます。

お墓を管理できない人向けの共同墓

まずは、お墓を管理できない人向けの共同墓について見ていきましょう。

生涯独身で身寄りのない方や、息子さんが婿に出られた方、または娘さんが嫁にいかれた方などでお墓をお持ちの方の多くは、いわゆる後継ぎがいない、いなくなっている場合があるかもしれません。

そうした方は、所有しているお墓があったとしても、ご自分が亡くなられた場合、お墓の維持管理をすることは出来ません。

お墓の承継者がいない方のためには、寺院などで代わりに供養をしてくれる永代供養という方法があります。

永代供養は、寺院が永代(半永久的に)に渡って供養してくれる方法で、ご遺骨は共同墓と呼ばれる所に(血縁関係が全くない)他の方々と一緒に納められます。

なお共同墓は、色々な方と共同・合同で祀られることから、合祀墓(ごうしぼ)とも呼ばれます。

よって共同墓というのは、ご家庭向けの墓の維持管理が困難で、寺院や霊園などに供養を任せたい方のための供養墓と言い換えられます。

共同墓を利用する際のポイント

次に、共同墓を利用する際のポイントについて解説していきます。

共同墓を利用する際には、いくつかメリットとデメリットがあります。

人によって感じ方は違うかもしれませんが、先に挙げた承継者がいないため共同墓を利用するという方は、それをメリットとして捉えて頂きたいと思います。

承継者問題を除き、以下2点のポイントを紹介します。

供養に必要な費用が安い

共同墓を利用する最大のメリットは、供養費用が安いことです。

供養にかかる費用は、寺院の立地条件や規模によって異なるものの、お墓を一から建てる費用の10分の1程度で済みます。

つまり、お墓を建てるのに土地代やら墓石代など100~200万円超かかるのに対し、共同墓の利用費用は3~10万円程度(別途諸費用がかかる場合あり)です。

また、共同墓に納骨するということは、永代供養をお願いすることと同義です。

よって、周回忌など、事あるたびに寺院やお坊さんにお布施を納める必要がないため、それだけでも費用の差が出てくるのです。

なお詳しい費用相場については、後に詳しく解説します。

ご遺骨を取り出すことができない

共同墓を利用する際、デメリットとなることもあります。

それは、一度納骨したご遺骨を再度取り出すことが出来ないということです。

なぜかというと、通常の埋葬ではご遺骨は骨壺に入れられて安置されますが、共同墓へ埋葬する際はほとんどの場合ご遺骨を骨壺から取り出して埋葬するからです。

よって、一度共同墓に埋葬した後、やはりお墓を建てて埋葬し直したいと思ったり、親族や親戚と一緒に埋葬してあげたいと言ってもそれは叶いません。

共同墓を利用する場合には、ご遺骨が取り出せないということを念頭に、自分や家族だけでなく親戚などとも相談しておくと間違いがないと思います。

このように終活では、色んなことを考えると思います。

共同墓の利用がいい例ですが、お1人で考えるべきこともあれば、周りの方と相談しておいた方がいいこともあるということがわかります。

参拝所のみ共同で利用するタイプの納骨堂

お墓

ご遺骨を納めて供養できる施設の一つに、納骨堂がありますが、実際どんな所かご存知でしょうか。

納骨堂は寺院の敷地内にある建物だったり、納骨堂だけが建っている所など様々あります。

納骨堂は基本的に室内に納骨スペースがあり、主として個々にまたは集団でご遺骨が納められます。

以下、納骨堂が具体的にどんな施設で、利用する際のメリットやデメリットに触れながら、参拝所のみ共同で利用するタイプの納骨堂について解説します。

納骨堂は個別にご遺骨を安置できる

皆さんは、納骨堂がどのような造りになっているか想像できますか。

納骨堂の内部は、お寺の中のように厳かな造りの所や、仏教的な装飾が施された宗教的な造りになっています。

昨今建てられている納骨堂には、現代的でまるで住宅やマンションのような造りになっているものもあります。

また、納骨堂の多くは、大小様々なサイズのロッカー式の棚が並んでいたり、仏壇が1基ずつすっぽり入るような祭壇が並んでいたり、個々のご位牌が並んでいたりします。

最新式の納骨堂では、エレベーター式になっていたり、スイッチ1つで供養したい方の骨壺や仏壇が運ばれてくるような施設もあります。

このように、納骨スペースが個別になっていることで、ご遺骨も個々に安置することが出来ます。

納骨堂内でご遺骨を個別に安置することで、そのスペースが故人が眠っている所だと意識でき、お墓のような感覚で供養をすることが出来ます。

納骨堂利用の際のポイント

続いて、納骨堂利用の際のポイントについて解説します。

納骨堂を利用した場合、どのような供養になるのでしょうか。

納骨堂は、個別にご遺骨が安置されているとはいえ、共同で使う場所なのでルールがあります。

例えば、春と秋の彼岸やお盆には一斉にお経が挙げられたり、周回忌の方を集団で供養したりという、納骨堂の運営側が決めた供養方法に従わなければなりません

勿論、命日にご遺族が供養に出向くことも可能ですし、個別にお経をあげてもらうことも可能です。

続いて、納骨堂での特徴的なルールと納骨堂内参拝所利用のデメリットについて解説します。

一定期間を過ぎると共同墓に入れられる

納骨堂では個別安置が基本であることは先に説明しましたが、一定期間を過ぎると共同墓に安置され、他の方々と一緒に供養されます。

納骨堂の納骨スペースでは骨壺にご遺骨が納められ安置しておきますが、共同墓に移される時にはご遺骨は骨壺から出されます。

このように、一定の期間が過ぎると他の方のご遺骨と一緒に埋葬されることを合祀(ごうし)と言います。

納骨堂によってルールは異なりますが、33回忌か50回忌を境に合祀されることが多いようです。

理由はいくつか考えられますが、そもそも永代供養の契約が33回忌または50回忌までであることです。

また、納骨堂利用者はお墓の承継者がいない方がほとんどなので、長年ご遺骨が安置されていても納骨堂への参拝がなくなったり、ご遺族などと全く連絡が取れなくなるケースがあるためです。

特に、毎年管理費を徴収している納骨堂は、管理費の支払いが滞ってしまった方は数年で合祀すると決めている所もあります。

参拝所を共同で使うことによるデメリット

続いて、参拝所を共同で使うことによるデメリットについて解説します。

納骨堂には、共同の参拝所があります。

納骨堂の場所によりタイプが異なりますが、大きな祭壇が建っていたり、お墓のようなモニュメントが置かれていたりし、ここで供養のため参拝します。

お墓への参拝同様に、参拝所でも作法やルールがあるため、他の方々への配慮を忘れないようにしましょう。

ですが、そんなルールがある共同の場所であるがゆえ、参拝所利用のデメリットも出てきます。

時期によっては参拝所が混雑する

墓地や霊園でもそうですが、法事や供養の時期は、日本の風習として時期が大よそ決まっています。

仏教的には、春や秋の彼岸、お盆がまず挙げられます。

また、ゴールデンウィークなどの大型連休には、実家などへ帰省しお墓参りをする方が多くいます。

この参拝供養は、納骨堂も例外ではありません。

時期によって参拝所が混雑し、お参りするのに待たなければいけなかったり、時間がかかる場合があります。

そんな時は待つしかありませんが、混み合うであろう日時を避けるか、納骨堂によっては予約が出来る所もあるので、運営元に相談しましょう。

ご遺骨が近くに感じられない場合がある

感情的なお話になりますが、納骨堂を使うデメリットにご遺骨と御親族との間に、寂しさにも似た距離感が生まれてしまうかもしれません。

お墓であれば、「ここに親が眠っている」という意識が強く感じることが出来るでしょうが、合祀された故人を思うと、何となく寂しさが募ってしまうかもしれません。

また、納骨堂は限られた場所にしかないため、お住まいの所から遠い場合もあり、ご遺骨が身近に感じられない場合があるようです。

納骨堂と共同墓の費用相場

お金

ここからは、納骨堂と共同墓を利用した際の費用相場について紹介します。

終活をしていて気になることの一つに、何にいくらかかるんだろうというお金の問題はありませんか?

納骨堂と共同墓の費用相場について、それぞれ分けて紹介しますので、引き続きご覧ください。

納骨堂の費用相場

共同墓の利用と同様に、納骨堂を利用することで、お墓を建てるよりも費用を抑えられるます。

納骨堂の費用は、一般的に永代使用料+管理料からなります。

永代費用料は永代に渡る供養費(読経などに係る費用)で、管理料はかからない場合もありますが、施設の維持運営費や通信費に割り当てられます。

但しその費用は、寺院や納骨堂の運営先、立地条件や納骨スペースサイズによって増減します。

以下、永代使用料と管理費でわけて一般的な相場を紹介します。

永代使用料

納骨堂の永代使用料は、初期費用として50万円程度かかるのが全国的な相場です。

この料金は1人用であり、家族向け(2人以上)だと100万円程度かかるのが相場です。

但し、納骨スペースのタイプ(ロッカー式、仏壇式、位牌式など)によっても費用が変化し、スペースが狭い、小さいほど安価になる傾向にあります。

つまり、位牌式であれば安くなり、仏壇式を利用すれば費用が大きくなるということです。

管理費

また、納骨堂利用費用として管理料がかかります。

管理料は永代使用料込みの初期費用として一括で支払う場合もありますが、毎年支払う場合もあります。

毎年支払う場合の費用は、5千円~2万円程度が相場です。

共同墓の費用相場

次に、共同墓の費用相場について紹介します。

共同墓の費用も、使用料(永代使用料)+管理費からなります。

納骨堂との違いは、共同墓は永代供養が基本で、共同スペースを利用しているため永代使用料がかなり安くなる点にあります。

使用料は寺院など宗教法人や民間運営の納骨堂の場合10~50万円程度が相場ですが、公営の納骨堂だと3万~10万円程度で済む場合もあります。

また、共同墓の管理費は5千円~2万円程度が相場です。

管理費については、運営元や契約内容により異なります。

管理費は、初期費用に含める場合もありますが、ご遺族とのつながりを残すため毎年請求される場合もあります。

共同で利用する納骨堂や共同墓まとめ

お墓

いかがだったでしょうか。

今回終活ねっとでは、共同で利用する納骨堂や共同墓について、納骨堂と共同墓の違いとそれぞれの利用方法について解説してきました。

細かい解説になりましたので、以下改めてまとめますのでご確認ください。

  • 共同墓は、お墓の承継者がいない方や管理をしていけない方が利用しやすい供養方法です。
  • 共同墓を利用することは供養費用を安くする方法ですが、ご遺骨の移動や改葬が出来ないデメリットがあります。
  • 納骨堂を利用しても、お墓のようにご遺骨を個別安置することが出来ますが、一定期間を過ぎると合祀されます。
  • 納骨堂の共同参拝所は時期的に混み合うことがあり、お参りがしづらかったり、故人との距離が遠く寂しく感じられることもあります。
  • 納骨堂利用の費用相場は供養料含め50~100万円程度で、共同墓の場合は民間で10万円以上、公営で数万円程度以上かかります。
  • 納骨堂も共同墓も、初期費用に管理料が含まれていない場合は、毎年5千円から2万円かかります。

以上のように、納骨堂と共同墓は、ご遺骨が屋内または屋外で個別安置できるか否か、合祀されるか否か、という違いがあり、費用も相対的に納骨堂の方が高いということを解説してきました。

以上を参考に、ご自分またはご家族の経済状況やご遺骨の管理をしていけるかどうかの見通しを考え、ご家族と相談して供養方法を決めましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「共同・納骨堂」に関連する記事

「共同・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「共同・納骨堂」に関連する記事

「共同・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

お墓を選ぶ基準は何でしょうか?
近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。
それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう?
ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂でできる永代供養があるの?

いつまでも近くに置いておきたい遺骨。
でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。
ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか?
ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト