市営納骨堂の特徴や利用方法について解説します!

納骨堂の運営主体には、寺院、民間、公営と3種類があります。その中で、公営である市営納骨堂は、とても人気があります。なぜ市営納骨堂は人気があるのでしょうか!?ここでは、市営納骨堂について、特徴や利用方法についてお伝えしていきます。

目次

  1. 市営の納骨堂について
  2. そもそも市営納骨堂とは?
  3. 市営納骨堂の特徴
  4. 市営納骨堂の利用費目安
  5. 市営納骨堂の申し込み方法
  6. 市営の納骨堂についてまとめ

市営の納骨堂について

お墓

終活を行う中で、お墓のことを考えたり、調べたりされる方は多くいらっしゃいます。
納骨堂もお墓の形態のひとつであり、納骨堂について知りたいと思われる方も多いようです。
また、一般的な墓地と比べて納骨堂にはメリットとなる部分もあります。

まず、一般的な墓地であっても納骨堂という形態であっても、お墓というものは多くのご家庭にとって高額な買い物です。
そして長期的に使用する性質のものであるため、運営主体の信頼性が問われます。

そういう運営主体の信頼性という観点から、公営である市営納骨堂は安心感があり、人気がある理由のひとつとなっています。
また、市によっては納骨堂のことを納骨壇、収蔵施設、霊堂と呼ぶところもありますね。

そこで今回終活ねっとでは、市営の納骨堂についてご紹介していきます。

  • そもそも市営納骨堂とは?
  • 市営納骨堂の特徴
  • 市営納骨堂の利用費目安
  • 市営納骨堂の申し込み方法

終活中の方にとっても、お墓を探されている方にとっても、参考になる内容だと思いますので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

そもそも市営納骨堂とは?

人々

今回は市営納骨堂についてお伝えしますが、そもそも市営納骨堂とは何なのか?
基本的な部分を知っておきましょう。

市営納骨堂は公営納骨堂の一種

納骨堂を含む、お墓の運営主体は、寺社、公営、民営の3種類に分けられます。

公営の納骨堂は、市町村などの地方自治体や、近隣の自治体が集まった「組合」によって管理・運営される納骨堂です。

その中でお墓が市によって管理・運営されているものを市営納骨堂と呼びます。

市営納骨堂は通常に宗教・宗派問わず利用することができ、他が運営する納骨堂と比べて費用を安く抑えることができます。

ただし、もし利用される場合は諸条件を満たす必要があるので、自分の暮らす市町村の条件を確認しておいてください。

納骨堂を利用する際のポイント

納骨堂を利用する際のポイントを2点、お伝えしておきます。

一定期間後は合葬される

例外もありますが、納骨堂には大きく分けて2種類あります。

一つ目は、当初から他の御遺骨と一緒に合葬(がっそう)するところです。
二つ目は10年、20年といった一定期間は個別にご遺骨を保管し、その後に他のご遺骨と合葬するところです。

合葬されたあとは、他の御遺骨と一緒に混ざり合った状態であるため、特定のご遺骨を取り出すことはできなくなる点は注意が必要です。

例えば、合葬されているところから、ご家族のご遺骨だけを取り出して他のお墓へ引越しを行なうようなことはできなくなります。

生前から契約できる

市営の墓地や霊園であっても、区割りされた土地に墓石を建てるタイプの墓地は、既にご遺骨が手元にある状態でないと申込み、契約が出来ないところが多いのが現状ですが、納骨堂の場合には、生前から契約できると定めているところが多くあります。

たとえば、ご夫婦一緒に終活をされている方が、自分たちに訪れるいつかその日のために納骨堂に申込み、契約を行っておき、いつでも利用可能な状態にしておけるということですね。

市営納骨堂の特徴

仏壇

さて、市営納骨堂の特徴ですがどんな特徴があるのでしょうか?
下記に4つの特徴を挙げます。

費用が安い

まず納骨堂自体、墓石が不要であったり、占有スペースが少ないなどの理由から、墓石を建てるタイプのお墓に比べますと、費用が安く済みます。

そして納骨堂には、寺社や民間などの運営主体もある中で、市営の納骨堂は使用料が安く設定されています。
納骨堂によっては、寺社や民間などの運営主体と比べますと半分以下の費用で利用が可能です。

この費用的な面も、市営の納骨堂の人気がある理由のひとつです。

宗派を問わず納骨できる

市営の納骨堂については、特に宗教宗派問わず利用ができるようになっています。

他の運営主体が経営する納骨堂によっては、宗教宗派に制限が設けられているところがあります。

特に寺院が運営をしている納骨堂は宗派だけでなく、宗教も仏教であることを求められることが多くありますし、中には檀家となる必要がある寺院納骨堂もあります。
檀家となれば、檀家として入檀料や護寺会費(ごじかいひ)などの費用負担も増えることになります。

この宗教的な面も市営の納骨堂が人気の理由です。

人気が高く抽選になる事が多い

費用面や、運営主体の信頼性などの理由で、どこの市営納骨堂も人気が有り、抽選になっている市が多いのが現状です。

ただし、どこの市営納骨堂もほぼフル稼働に近いため、毎年、必ず募集が実施されるとは限りません。

特に都心は、墓地不足の傾向にあり、また通常の墓地でお墓を建てると地価の高い都心は高額な費用負担となってしまうので、より納骨堂の希望者が増えることに繋がっています。
また、核家族化や単身世帯の増加など、個人主義化やお墓の承継者問題も納骨堂の希望者が増加する要因となっているようです。

納骨堂によって異なりますが、応募倍率30倍のようなところもあります。

申し込みに条件がある

市営納骨堂の特徴として、申し込みに条件があるということも心に留めておきましょう。

市営納骨堂の申し込みについては、各市で様々な条件が定められています。
特に居住年数、祭祀の主催者であるかどうか、ご遺骨の有無、親族の範囲について定められている市が多いようです。

たとえば、神奈川県横浜市で平成30年度供用開始の日野こもれび納骨堂では、既にご遺骨が手元にある場合、横浜市に3か月以上在住している方のうちで1世帯で1申込みという申込み条件となっています。

一般的に、応募倍率が高い納骨堂ほど条件が厳しくなる傾向にあるようですが、市によって条件は異なりますので、申込みをされる場合は事前に各市で確認が必要です。

市営納骨堂の利用費目安

お金

比較的、安いと言われる市営の納骨堂ですが、実際の利用費はどれくらいなのでしょうか。
納骨堂を利用する際には、大きく分けて永代使用料、管理費が必要となります。

ここでは、市営納骨堂の利用費目安について知っておきましょう。

永代使用料

永代使用料(えいたいしようりょう)とは、納骨堂を将来に渡って(永代的に)使用するための料金のことです。
つまり永代使用料は、納骨堂の使用権を取得するための料金ということになります。

永代使用料は、利用開始時に1度納める費用であり、毎年納める費用ではありません。

永代使用料の目安については、主に①最初から合葬される場合と、②ご遺骨を当初は個別に納骨し、一定期間経過後に合葬する場合とで差が出てきます。

「一定期間」とは、納骨堂によって定められている期間は異なりますが、20年や30年という設定が多いようです。

  • ①最初から合葬される場合…10万円~30万円
  • ②御遺骨を当初は個別に納骨し、一定期間経過後合葬する場合…50万円~150万円

ただし、これも市によってだいぶ差があります。
一般的に都心に近付けば近付くほど高くなる傾向にありますし、設備や立地条件も使用料が上下する要因となります。

また上記の②について、個別に納骨できるスペースがご遺骨1体分なのか複数分なのかによっても料金が上下してきます。

ご参考に、先ほど申込み条件のところで事例として挙げた神奈川県横浜市の市営納骨堂(日野こもれび納骨堂)の使用料を下記に紹介しておきます。

タイプ 個別保管期間 使用料
自動搬送式納骨施設 30年 1基475,200円
合葬式納骨施設 60年 1体73,440円

なお、上記の表の中で、自動搬送式納骨施設とは、専用のカードで受付を行うと、ご遺骨が参拝ブースに自動で運び込まれ、この参拝ブースでお参りを行うという設備です。
対して、合葬式納骨施設は、個別の参拝ブースは設けられず、共同の献花台の前でお参りをすることになります。

また、同じく自動搬送式納骨施設の使用料に「1基」という表記をしましたが、ここでは1基あたり2体分のご遺骨を納めることが可能となっています。

それから、この日野こもれび納骨堂で、両タイプの個別保管期間が30年、60年とされていますが、自動搬送式納骨施設の場合には、30年後に更新か改装を行うことになり、合葬式納骨施設の場合には、60年後に合葬されることとなります。

管理費

管理費とは、納骨堂の設備の維持や整備に充てられる費用となります。
たとえば、参拝する場所の清掃費、お花を飾る費用などに充てられます。
この管理費は、毎年、納骨堂に納めなければならない費用となります。

ただし、納骨当初から合葬を行う場合には、管理費は不要となりますし、一定期間は個別に御遺骨を保管するタイプの納骨堂であっても、市によっては管理費のかからない納骨堂もあります。

管理費の目安としては、年間3千円~1万円です。

市営納骨堂の申し込み方法

人々

最後に、市営の納骨堂の申し込み方法についてみていきましょう。

申し込みの方法

市営の納骨堂の申し込み方法は、専用の申込書類を郵送するところが多いですが、インターネットの申し込みページを通じて申込み手続が行える市もあります。

申込み案内や手続き書類は、納骨堂または市役所などで入手することができます。

納骨堂の募集の探し方

多くの市で、翌年度の募集については、前年の8月~9月頃に、案内が公示されています。
市営納骨堂の募集案内は、市発行の広報や、インターネットの各市公式サイトで確認ができます。

また、インターネットでしたら、検索サイトで「〇〇市 納骨堂 申込み」などのキーワードで調べれば募集の内容について書かれたページが見つけられるでしょう。

抽選に参加する

市営の納骨堂は、どこも人気があり希望者が多いため、抽選となることが一般的です。
申込み者数が、募集定員数を超えれば、自動的に抽選に参加することになります。

抽選は多くの市で、公開の場にて行われているようです。
もちろん公開抽選の出席が、当選の可否に影響することはありません。

当選後、正式な利用資格審査が行われる市もあれば、当選後、すぐに納骨堂の利用許可書が発行されるような市もあります。

また、当選者が辞退することもありますので、そのための補欠当選を設けているところもあります。

申し込みに必要な書類

基本的にどこの市営納骨堂であっても必要となる提出書類があります。
ここでは、申し込みに必要な書類について見ていきましょう。

住民票

申し込みついては、「〇年以上在住していること」といった居住条件が設定されていることが一般的なため、これを証明する書類として、住民票の提出が必要となります。

たとえば、先ほどの横浜市の納骨堂(日野こもれび堂)ですと、「当選者が属する世帯の全員が記載されている本籍入りの住民票の写し」が資格審査の際、必要な提出書類のひとつとなっています。

住民票は、市役所・コンビニエンスストア・証明書発行コーナー・市民サービス窓口・公民館などで取得することができます。
ただし、コンビニエンスストアの場合には、住民基本台帳カードかマイナンバーカードが必要となりますよ。

埋葬許可証

埋葬許可証は、お墓にご遺骨を納骨(埋葬)する際に必要となる書類です。

市町村の役所や役場で死亡届、死亡診断書を提出することによって、「火葬許可証」が交付されます。
市によっては「埋(火)葬許可証」という名前になっているところもあります。

火葬場で火葬が終了すると、火葬許可証に火葬の記録が明記されて、遺族の手元に戻ってきますが、この書類が、「埋葬許可証」となります。

申込みや資格審査の時点では、写しでも可能としている市が多いようですが、実際に納骨を行う際には、埋葬許可証の原本を納骨堂に提出することになります。

市営の納骨堂についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、市営の納骨堂の特徴や利用方法など、市営の納骨堂についてお伝えいたしました。

今回の記事の内容をまとめると以下になります。

  • 市営納骨堂は公営納骨堂の一種であること
  • 市営納骨堂を利用すると一定期間後は合葬されるということ。
  • 市営納骨堂は生前から契約ができるところが多いこと
  • 費用が安いことや、宗派問わず利用できるなどの市営納骨堂の特徴
  • 市営納骨堂の利用費は永代使用料と管理費に大きく分けられ永代使用料は10〜150万、管理費は年間で3000〜1万円であるということ。
  • 市営納骨堂の申し込むは専門の申し込み書類を郵送する方法・インターネットから申し込む方法の2つがあること。
  • 市営納骨堂の申し込み書類は住民票と埋葬許可証が必要であるということ。

今回の記事の中では一般的なところをお伝えしておりますが、費用や利用に関する規約も市によって異なる場合があります。

もし終活において、実際に市営納骨堂を訪問されたり、申込みをする際には、各市・各納骨堂にて費用や利用に関する規約もしっかりと確認をすることが大切です。

今回終活ねっとでは、「市営納骨堂の特徴や利用方法」について解説してきましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載しています。
もしよろしければそちらも合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「市営・納骨堂」に関連する記事

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

    終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

    終活では、お墓のことも多くの方が関心を持つテーマです。お墓にも色々な形態があり、納骨堂はそのうちのひとつ。終活でお墓のことを調べている方、実際にお墓を探している方など、納骨堂を選ぶ時には、いくつかの大切なポイントがありますのでぜひ知っておいてください!

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!のサムネイル画像

    公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!

    最近公営納骨堂の利用希望者が増えていますが、民営とどんな違いがあるのか、費用は安いか、管理は大丈夫か、すぐ利用できるのか、どうやって探せばよいか、など疑問点が多く困っている方もいると思います。 ここでは公営納骨堂の特徴や費用の相場、探し方などについて解説します。

  • 室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

    室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

    室内納骨堂をご存知ですか?納骨堂は本来ご遺骨の一時保管場所でしたが、現在新しいお墓の形として注目を集めています。この記事では、室内納骨堂について、メリットや利用費なども踏まえて詳しく解説していきます。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「市営・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!のサムネイル画像

公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「市営・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと