室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

室内納骨堂をご存知ですか?納骨堂は本来ご遺骨の一時保管場所でしたが、現在新しいお墓の形として注目を集めています。この記事では、室内納骨堂について、メリットや利用費なども踏まえて詳しく解説していきます。

目次

  1. 室内納骨堂について
  2. 室内納骨堂とは?
  3. 室内納骨堂の種類
  4. 室内納骨堂のメリットとデメリット
  5. 室内納骨堂の利用費目安
  6. 室内納骨堂の申し込み方法
  7. 室内納骨堂についてまとめ

室内納骨堂について

お墓

初めて葬儀を行われる方、これから葬儀を行う方はもちろん、終活の一環としてご自身の葬儀のことを考えておられる方が迷うことの一つにご遺骨(骨壺)の収蔵方法があるのではないでしょうか。

ご遺骨(骨壺)の収蔵先としては、一般的にお墓が第一の候補に挙がることと思います。
しかし、インターネットなどで情報収集をしてみると、「納骨堂」という言葉を目にしている方もいらっしゃることと思います。

そこで今回終活ねっとでは、室内納骨堂についての基礎知識から、特徴、メリット・デメリット、利用費など、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 室内納骨堂とはなに?
  • 室内納骨堂の種類
  • 室内納骨堂のメリットとデメリット
  • 室内納骨堂の利用費は?

納骨堂は本来、ご遺骨(骨壺)の一時保管場所でしたが、現代においては、新しいお墓のひとつの形態として注目されはじめています。

今回の室内納骨堂についての記事は、ご遺骨(骨壺)の収蔵方法をご検討中の方、これからご検討される方、いずれの方にもお役に立てる記事となっておりますので、どうぞ最後までご覧ください。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

室内納骨堂とは?

お墓

ここでは室内納骨堂について、「納骨堂とは何か」「納骨堂の特徴とは」について、ご紹介していきます。

そもそも納骨堂とは何か

そもそも納骨堂とは、いったい何なのでしょうか。

納骨堂とは、都道府県知事の許可を受けた、他人から委託を受けて骨壺に入ったご遺骨を収蔵するための施設(建物)のことです。

納骨堂は、昭和初期頃からお寺の境内などに存在していて、お墓を建てるまでの間の一時的なご遺骨(骨壺)の保管場所・施設として使われていました。

しかし最近では、ご遺骨(骨壺)の一時保管先だけでなく、お墓の代わりとして、恒久的にご遺骨(骨壺)を収蔵する永代供養施設として認知されるようになってきています。

そして、この永代供養施設としての納骨堂は、墓石のお墓と異なり、場所を取らないこと、比較的安い費用で済むことなどから、いま全国的に増加傾向にあるといわれています。

納骨堂の特徴

続いて、納骨堂の主な3つの特徴についてみていきます。
納骨堂を考える際には特にこの納骨堂の特徴を考慮してみてはいかがでしょうか?

基本的に宗派に関係なく納骨できる

納骨堂は、基本的にどの納骨堂でも宗教・宗派に関係なく誰でも納骨できるようになっています。

ただし、公営や民営の納骨堂の場合は、宗教・宗派は関係ありませんが、寺院等の宗教団体が運営している納骨堂では注意が必要です。

なぜなら、寺院等が「宗教・宗派不問」と言っている場合は、ご遺骨を納骨堂に受け入れる前については不問でも、納骨後はその寺院等の宗教・宗派に所属する必要のあるケースがあるからです。

ですので、寺院等によって運営されている納骨堂の場合は、必ず事前確認が必要です。

生前に契約しておける

かねてより、お墓は生前につくっておくというケースはよくありました。

納骨堂も近年では、生前契約のできる納骨堂が増えてきています。

その背景には、お墓をもつことで子どもや孫の代に負担をかけたくないとの理由から、ご遺骨の収蔵方法として納骨堂を選択される方が増えていることがあるようです。

あらかじめご自身の入る先を決めておくことで、ご自身の死後の心配を軽減することが出来ます

納骨堂の生前契約は、終活の一環でもあるといえるでしょう。

決められた期間の後は合葬される

お墓にご遺骨を収蔵する代わりに納骨堂を選んだ場合は、納骨堂での永代供養を選択したことになりますが、必ずしも恒久的に個別で安置されるとは限りません

納骨堂の多くは、納骨された後、ある一定期間(例えば三十三回忌までなど)は、個別にご遺骨(骨壺)を安置するものの、その後は永代供養墓などの「合祀墓(ごうしぼ)」に移され、合祀・合葬される事が多いようです。

室内納骨堂の種類

お墓

ここでは、室内納骨堂の種類についてみていきます。

室内納骨堂の種類は、管理主体による種類と納骨堂の形式による種類とがありますので、それぞれについてご説明します。

管理主体による違い

まずはじめに、納骨堂の管理主体による違いですが、室内納骨堂は管理主体の中でも、「公営納骨堂」「民営納骨堂」「寺社納骨堂」の3つに分けられます。

つぎに、それぞれの納骨堂の特徴をみていきましょう。

公営納骨堂

都道府県や市区町村により運営・管理されているのが公営納骨堂です。

公営納骨堂の一番の特徴は、費用の安さです。
民営納骨堂などの半分の費用で利用できるところもあります。

そのため公営納骨堂は人気は高く、すべての希望者が利用できるわけではないようです。

また、都道府県や市区町村が運営しているので、当該地域に住んでいる方でないと利用できないという制限もあります。

民営納骨堂

宗教法人・財団法人など公益性のある法人が管理・運営している納骨堂を、民間会社が販売・運営しているのが、民営納骨堂です。

民営納骨堂は、宗教・宗派不問のところがほとんどで、申込みの条件も特に厳しくはありません。

また民営納骨堂は、選択肢が多く、ご自身の希望条件に合わせた選択が可能です。

寺社納骨堂

寺院や神社によって運営・管理されている納骨堂が、寺社納骨堂です。

寺院や神社の敷地内に設けられているケースが多いようです。

寺社納骨堂でも宗教・宗派不問で受け入れてくれるところが多いですが、先に触れましたとおり、納骨後に、その寺院や神社の宗教・宗派に所属する必要のあるケースもありますので、事前確認が必要です。

また、納骨後の供養は納骨した寺院や神社の宗教・宗派の様式で行われますので、この点にも留意しておく必要があります。

納骨堂の形式による違い

納骨堂といっても、実はその納骨堂の施設の形態はさまざまです。
大きく分けると、屋外型の納骨堂と屋内型の室内納骨堂に分けられます。

ここでは、室内納骨堂の代表的な施設形態について、納骨堂の形式による違いを中心にご説明します。

ロッカー型

同じ大きさのお壇が集合していて、外見がロッカーのような形をしているのがロッカー型の納骨堂です。

ロッカー内にはお壇があって、そこにご遺骨(骨壺)を収蔵するつくりになっています。
近年のロッカータイプは、壇のデザインも洗練され素敵なものが多く見られるようになっています。

料金は比較的安いので選びやすい価格帯が多くなっており、納骨堂としては選びやすいものとなっているようです。

仏壇型

仏壇型の納骨堂は、上段には仏壇、下段にはご遺骨(骨壺)を収蔵する空間があるのが標準的となっています。

上段下段ともに自由に使える空間が多く、遺影やお花を飾ったり、副葬品として思い出の品などを納めることもできます。

墓石のお墓と同じように、代々に渡って受け継いでゆく家族向けの場合が多く、立派なお壇が用意されており、料金は高めとなっているようです。

位牌型

お内仏様の脇(周り)にお位牌を立てるタイプが、位牌型の納骨堂です。

しかし、ご遺骨を安置する場所は位牌とは別に設けている納骨堂が多くなっています。

料金は、ロッカー型よりさらに低く抑えられている場合が多いようです。

墓石型

霊園と同じように、室内に墓石を並べる形式の納骨堂が、墓石型の納骨堂です。

屋外の墓石とは異なりますので、墓石が風雨などにより風化したり、キズがついたりすることがないのは利点です。

また、屋外にある従来のお墓と同じように、お花やお線香をお供えもできることが多いです。

機械型

最新式の納骨堂で有名なのが機械型の納骨堂です。

参拝する際には、契約時にいただく専用のカードを使い、タッチパネルを操作することで骨壺やお位牌が参拝用のスペースに自動的に移動してきて、参拝ができるようになっています。

また、中にはスクリーンに遺影が投影される納骨堂や、24時間参拝できる納骨堂もあります。

ご遺骨(骨壺)の収蔵スペースが大変コンパクトにできるため、1つの納骨堂で何千から何万ものご遺骨を収蔵できるという特徴もあります。

室内納骨堂のメリットとデメリット

お墓

ここまでは室内納骨堂の基礎知識的に、特徴や概要をみてきましたが、室内納骨堂について、イメージできるようになってきましたでしょうか?

つづいては、室内納骨堂のメリットとデメリットについてみていきます。

室内納骨堂のメリット

ここでは室内納骨堂のメリットについてご紹介いたします。

アクセスがいい

室内納骨堂のメリットの一つ目として、アクセスがいいということが挙げられます。

室内納骨堂は、駅から徒歩圏内のところであったり、公共交通機関を利用しやすいところにあるケースがとても多いので、自動車を使わなくても、電車やバス、タクシーや徒歩で参拝に行けるところがたくさんあります。

お年寄りでも参拝がしやすい

室内納骨堂のメリットの二つ目に、お年寄りでも参拝がしやすいというメリットがあります。

これはアクセスの良さのメリットとも重なりますが、室内納骨堂は都市近郊に多くみられるため、都市郊外の自動車で行かなくてはならない従来の霊園やお寺より、公共交通機関である、電車やバス、タクシーや徒歩などで、自動車を運転できなくなったご高齢の方でも気軽に参拝することができます。

特に、都心部の室内納骨堂は、駅から近いビルの中にあることも多く、また、ビルの中にあるとい特長を活かして、バリアフリーで設計された室内納骨堂もあり、車椅子等であっても安心です。
こうした点でも、室内納骨堂はご高齢の方の参拝にとってやさしい施設といえます。

天候に関係なく参拝できる

最後に、室内納骨堂のメリットには天候に関係なく参拝できることも挙げられます。

これは、室内納骨堂の一番のメリットといってもよいかもしれませんね。

納骨堂が室内にあることで、天候には全く左右されず、お墓参りができます

大雨が降っていても、傘を差しながらご先祖様に手を合わせる必要はありません。
猛暑のなかでも快適な室温設定ですので、暑さを気にすることはありません。
真夏の熱い日差しによって日焼けの心配もありません。

いつでも快適な環境でご先祖様に参拝できるのは、とてもありがたいことではないでしょうか。

室内納骨堂のデメリット

ここまで室内納骨堂のメリットについて紹介してきましたが、室内納骨堂にもデメリットはあります。

そこで、その室内納骨堂のデメリットの代表的なものを紹介しておきたいと思います。

閉館していてお参りできないときがある

デメリットの一つとして挙げられるのが閉館していてお参りできないときがあることです。

一部の24時間対応の機械型室内納骨堂を除き、室内納骨堂には開館時間が設けられているのが通常です。

午前9時~午後5時まで、午前10時~午後4時までなど、開館時間は施設によりさまざまですが、開館時間外の参拝は、もちろんできません。

また、室内納骨堂によっては、開館時間以外に、週1日の休館日や年末年始などを休館日に指定しているところもありますので、こうした休館日ももちろん参拝することはできません。

なかには年中無休のところもあるようですが、開館時間や休館日の有無については事前に確認しておく必要があります。

時期によっては混雑する

一般的な霊園と同様に、室内納骨堂も、お彼岸やお盆などのお墓参りのシーズンなど、時期によっては混雑することがあります。

室内納骨堂はスペースに余裕がない施設がほとんどです。

ですので、お墓参りの集中するお彼岸やお盆の期間中は、気持ちを落ち着かせて、ご先祖様にゆっくり手を合わせたり、対話したりすることが出来ない場合があります。

室内納骨堂によっては、参拝のために並ばなければならない場合もありますので、留意する必要があります。

ご遺骨の近くでお参りできない事がある

室内納骨堂の最後のデメリットとして、ご遺骨の近くでお参りできない事があるので注意してください。
位牌型や機械型の一部の室内納骨堂では、ご遺骨(骨壺)の収蔵場所が、関係者以外は立ち入れない別室になっていることが多くなっています。

したがって、こうしたご遺骨(骨壺)が別室管理となっている室内納骨堂では、ご遺骨(骨壺)を前にした参拝ができないこともあることは、知っておく必要があります。

室内納骨堂の利用費目安

お金

室内納骨堂とはどんな施設なのか、その特徴はどの様なものなのか、メリットとデメリットについて、ここまでみてきました。

ここでは室内納骨堂の利用費について項目ごとに分けてご紹介していきます。

永代使用料

永代使用料は、ご遺骨(骨壺)を安置する納骨堂の使用料で、安置期間(合祀・合葬までの年数の長さ)の長短により料金が異なります。

合祀・合葬までの期間が長いほど費用は高くなる傾向があります。

永代供養料

永代供養料は、預かったご遺骨の供養料です。

この永代供養料はご遺骨(骨壺)の個別安置期間が過ぎて合祀・合葬された以降も、施設やお寺が責任持ってご遺骨(骨壺)を管理し、供養し続けることに対する費用です。

戒名や位牌料

戒名や位牌料は、仏教に則って供養をおこなって頂く場合に必要なのものです。
戒名(浄土真宗では戒名ではなく法名といいます)は、故人に対して、お寺の僧侶(ご住職)が仏教の教えに則って付ける名前のことです。

墓誌への彫刻料

銘板・墓誌への彫刻料は、戒名を、位牌と同じ意味を持つネームプレートである銘板、もしくは墓誌(戒名やお亡くなりになった日付などが彫刻されているもの)に刻むための費用です。

管理費

室内納骨堂のほぼすべてにおいて、年間管理費の支払いが必要です。

室内納骨堂の管理費の相場は年間1万円~1万5千円ほどです。

しかし、この年間管理費も、永代使用料と同じく、立地が良かったりや施設設備が充実していたりすると高い傾向にあります。

その一方で、施設によっては、管理費の先払い割引制度があったり、管理費が初期費用に含まれていたりするケースもあるようです。

その他には、開眼法要料・納骨費用などが含まれるケースもあります。

室内納骨堂の費用の目安

以上のような内訳からならなる室内納骨堂の利用費ですが、室内納骨堂の費用の幅はかなり広くなっています。

なぜなら、室内納骨堂の種類でご説明したとおり、室内納骨堂は施設の運営母体、施設の形式などさまざまですし、そこに立地条件も加わってくるからです。

ですが、あえて一般的な室内納骨堂の費用の目安をお示しするならば、室内納骨堂の利用費目安は、一人用が50万円~60万円程度、夫婦用で70万円~80万円、家族用では100万円~120万円が相場のようです。

なお、はじめから合祀タイプだった場合は、費用は格段に抑えられて、3万円~10万円ほどで済むケースもあるようです。

室内納骨堂の申し込み方法

人々

最後に、室内納骨堂の申し込み方法の流れについて、かんたんに触れておきたいと思います。
室内納骨堂について考えている方はここを参考にしながら申し込みを進めていってくださいね。

申し込みの流れ

室内納骨堂の購入に慣れている人は少ないと思いますので、生前購入するまでの流れをかんたんにご説明します。

申し込みの流れは以下の4ステップです。

  • 情報収集(インターネットなどで室内納骨堂を探し、資料請求)
  • 室内納骨堂を見学に行く
  • 契約
  • 費用の支払い(場所の確保と購入完了)

申し込みに必要な書類

申し込みに必要な書類、前項の申し込みの流れの「3.契約」で必要な書類などについては、以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 認印
  • 住民票(本籍、世帯員記載で取得後6ヶ月以内のもの。場合によっては戸籍謄本)
  • 預金の口座番号とその口座のお届け印(ローンでの支払いの場合必要)

墓地や霊園によっては必要な書類が異なる場合がありますので事前に確認が必要です。

室内納骨堂についてまとめ

お墓

この記事では室内納骨堂について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

室内納骨堂のこと、この記事で初めて詳細を知った方も多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは以下のことについてご紹介してきました。

  • 納骨堂は永代供養の一形態として、近年認知されつつある
  • 納骨堂には管理主体によって「公営納骨堂」「民営納骨堂」「寺社納骨堂」の3つがある
  • 室内納骨堂には、ロッカー型から機械型まで、さまざまな種類がある
  • 室内納骨堂はアクセスの良さ、高齢者に優しい、天候不問といったメリットがある
  • 一方で、閉館時間がある、時期により混雑するなどのデメリットもある
  • 室内納骨堂の利用費の相場は、50万円~120万円ほどである

跡継ぎのいないご夫婦や単身の方、子孫の代のお墓の負担がご心配の方、それからお墓が遠くて墓参ができない方など、お墓の悩みはけっこうあるものですよね。

このような方々には、生前契約のできる室内納骨堂は、デメリットもあるものの、メリットの方が勝っているお話なのではないでしょうか。

また、墓石でできたお墓は一般的に100万円以上はかかるといわれていて、昔からお墓は高価な買い物といわれています。

その一方で、お墓と同じように生前契約のできる室内納骨堂は、安いもので数十万円からと、経済的にもやさしいことがわかります。

たしかに、従来型の墓石のお墓はしっかりと丁寧なお墓参りができて魅力です。

その一方で、多くの人々が、核家族や単身で暮らし、そのうえ忙しく生活している時代にもなってきています。

このような時代にあって、より気軽に、より身近にお墓参りのコミュニケーションが取れることは、子孫にとってもうれしいスタイルなのかもしれません。

今回の記事で読者の方々が、室内納骨堂をより身近に感じてくだされれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「室内・納骨堂」に関連する記事

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

    終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

    終活では、お墓のことも多くの方が関心を持つテーマです。お墓にも色々な形態があり、納骨堂はそのうちのひとつ。終活でお墓のことを調べている方、実際にお墓を探している方など、納骨堂を選ぶ時には、いくつかの大切なポイントがありますのでぜひ知っておいてください!

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 納骨堂の場所について選び方やおすすめの納骨堂をまとめました!のサムネイル画像

    納骨堂の場所について選び方やおすすめの納骨堂をまとめました!

    納骨堂を検討している方で、納骨堂の場所選びに悩んでいる人は多いのではないでしょうか? また、ロッカー式の納骨壇は場所によってどのような違いがあるのでしょうか? そこで、今回終活ねっとでは納骨堂と納骨壇の場所の選び方について徹底解説していきます!

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「室内・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の場所について選び方やおすすめの納骨堂をまとめました!のサムネイル画像

納骨堂の場所について選び方やおすすめの納骨堂をまとめました!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「室内・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと