終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

終活にとって実はとても大切なメイク!最近はやりの生前遺影撮影ではプロにヘアメイクをしてもらえる!若々しく生き生きとした遺影を撮影しよう!メイクだけじゃない死化粧とは?死化粧も希望どおりにしてもらえる?皆さまの知りたい終活におけるメイクについて解説いたします!

目次

  1. 終活のメイクについて
  2. 終活でメイクが必要になる場面
  3. 遺影撮影のメイクについて
  4. 死化粧のメイクについて
  5. 終活のメイクまとめ

終活のメイクについて

人々

最近では、終活という言葉もずいぶん世間に浸透してきました。
実際に終活に取り組んでいらっしゃる方も多いかと思います。
ですが、終活におけるメイクとは一体何でしょうか?

一見関係ないように思える終活とメイクのこの二つの単語。
しかし、実はとても関係があります。

葬儀の際に祭壇には遺影を飾りますよね。
この遺影、自分できちんと納得した写真を使いたくありませんか?
はたまた、実際に自分が亡くなった時、遺体はどうなるのでしょうか?

葬儀の際には死化粧というものを施しますよね。
つまり、終活の一環でメイクを施します

実は、人生の最期を飾る場面でメイクがとても重要なポイントになるんです。

この記事では、以下の事を中心に終活のメイクについて詳しく解説していきます。
どうぞ最後までご覧ください。

  • 終活のどんな時にメイクが必要なの?
  • 遺影撮影用のメイクって普通のメイクとどう違うの?
  • 若々しく撮ってもらおう!
  • 化粧だけじゃない!死化粧ってどんなことするの?
  • 死化粧も希望どおりにしてもらえるの?

終活でメイクが必要になる場面

葬儀

さて、まずは終活でメイクが必要になる場面はどのような場面でしょうか?

まずは生前に行う遺影撮影のときと、亡くなった際の死化粧を施してもらう時です。
この項では、終活でメイクが必要になる場面について遺影撮影や死化粧を施してもらうときについて簡単に説明いたします。

遺影撮影のとき

終活でメイクが必要になる場面として、遺影撮影のときについて解説します。

遺影は故人が準備をしていない場合、生前撮っていた写真の中から遺族が選ぶことになります。
意外と遺影用の写真を選ぶのは難しく、遺影選びに苦難されるご遺族の方もいらっしゃるかと思います。

そういったこともあってか、最近は終活の一環として生前に遺影用に写真撮影を行う方も増えてきています。
人生の最期を飾る写真ですから、なるべく綺麗に撮ってもらいたいと思うものです。

遺影撮影を行っている写真館などでは、ヘアメイクもセットになっています。

死化粧を施してもらうとき

死化粧とは、ご遺体の頭髪や顔を整え、化粧を施したりすることです。
故人の最期の身だしなみであるともいえます。
少しでも故人の最期を美しいものにしようという、遺族の心がそこにあります。

また、通常の化粧だけでなく爪を切ったり、男性であれば髭を剃ったり、顔がやつれている場合は脱脂綿を頬に入れてふっくらとした表情を演出したりもします。

遺影撮影のメイクについて

人々

遺影撮影用のメイクは普段自分でするメイクとはまた違ったものです。

では、遺影撮影のメイクとはどのようなものなのでしょうか?
通常のメイクと具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

この項では遺影撮影のメイクについて詳しく解説していきます。

ヘアメイクの専門家に施してもらう

通常、遺影撮影を写真スタジオ等で行う場合、ヘアメイクもセットとなります。
つまりヘアメイクの専門家に施してもらい、遺影の撮影となります。

中にはヘアメイク無しの格安遺影撮影会などもあるそうですが、せっかくの遺影撮影ですからプロにヘアメイクを依頼することをおすすめいたします。

遺影撮影の場合、ヘアメイクも遺影撮影の経験が豊富な専門家です。
ただ単に美しく見えるということだけではなく、素敵な今のあなたを写真に残すためのヘアメイクを施してくれます。

一年の記録を兼ねて、毎年一度遺影撮影を行う方もいらっしゃいます。
普通に生活していると、なかなか記念撮影をする機会というものないのではないでしょうか。
こういった前向きな気持ちで撮影できることも、生前に遺影撮影をする良いところかもしれません。

なかなか外に出向くことができない方の場合でも、出張サービスを行っているスタジオもあります。
ご自宅はもちろん、病院や各種施設でプロのヘアメイクと遺影の撮影をしてもらえます。
ご夫婦やご家族との思い出の場所での遺影の出張撮影なんていうのも粋ですね。

対応している地域やサービス内容などは専門家により異なりますので、出張サービスでの撮影にご興味がある場合は、一度近隣の業者を調べてみてはいかがでしょうか?

若々しく見えるようなメイク

撮影用のメイクは、一見普段のメイクよりも派手で厚化粧に見えるかもしれません。
ですが、これはあくまで写真に写った時、写真映えするために施すメイクです。
実は写真撮影では、普段の様なメイクだと照明で飛んでしまい、のっぺりとした印象になってしまうのです。

そこで、少々濃いめに若々しく見えるようなメイクを施すことで、照明でも飛ばず、元気で若々しい姿の写真となります。
また、最近テレビ番組などでも話題になった遺影撮影スタジオでは、衣装もドレスの様な特別なもので、舞台役者かと思うような派手な化粧を施します。

この派手なメイクは、通常の写真撮影よりもかなり強い照明を使用しても化粧が負けないためで、明るくより若々しい写真を修正せず自然のまま撮影することができると人気を集めています。
専門家によっては、撮影した写真にデジタル加工を施すことで、より若々しい写真に仕上げてくれるところもあります。

もちろん、写真の出来栄えの好みは人それぞれですので、なるべく若々しく見える写真を撮りたいのか、あくまで自然な写真を撮りたいのか、スタジオ側とはよく相談しましょう

死化粧のメイクについて

葬儀

死化粧は死後に遺体に施してもらうため、自分自身でその姿を見る事はありません。
ですが、だからこそどういった死化粧のメイクを施してもらえるのか、知っておくのも終活のひとつではないかと思います。

最後に着る衣服やメイクなどはある程度希望を聞いてもらえる場合もありますので、衣服やメイクについて事前にイメージを持っておくのも良いかと思います。
実際に亡くなる病院や死化粧を施してもらう専門家などによっては、希望どおりにいかない場合もありますので、それも合わせて理解しておきましょう。

また、宗教上の制限がある場合は伝えておきましょう

看護師や死化粧の専門家に施してもらう

死化粧は主に亡くなった病院の看護師や、死化粧の専門家に施してもらうことになります。
死化粧のことをエンゼルケア、エンゼルメイクということもあります。
ケアという言葉の通り、死化粧は単なる化粧を施すだけではありません。

故人の口や鼻の中をきれいにしたり、身体を拭いたりします。
亡くなった後も、ご遺体の髭や爪は数日間伸びるため、髭や爪のケアも死化粧には含まれます。
身に着けるものは、新品の下着や浴衣を着せてもらいます。

死化粧といえば、鼻の中等に脱脂綿を詰めている姿を想像するかもしれませんが、これは体液が漏れるのを防ぐためです。
ですが、最近ではその根拠が怪しいものとして、脱脂綿を詰めない場合もあるようです。

場合によっては、遺族の方がこの死化粧を手伝うことも可能ですが、無理にする必要はありません。
そのための専門家ですから、安心してお任せしましょう。
逆に、衛生上の観点から全て専門家のみでしか行わないという場合もあります。

着替えに関しては、一般的には病院で用意された浴衣を着ることになりますが、気に入っていた寝間着や旅立ち用に用意した服など希望があれば伝えましょう。
死化粧は基本的には病院で亡くなった場合、その病院で死化粧を施してもらえますが、中には死化粧を行わない病院もあり、その場合は遺族側で専門の専門家を手配することになります。

生前の姿に近づけるメイク

ご遺体の身だしなみを整えたら、次はメイクが施されます。
なるべく生前の故人の姿に近づけるメイクを施します。
必要以上にシミやしわを隠したりするのではなく、あくまで自然な姿になるようであることが多くなります。

また、病気などで苦しんで亡くなられた場合、苦しんだ痕跡を消すという意味合いもあります。
男性の場合はファンデーションを塗ることに抵抗があるかと思います。
ですが、ご遺体の顔色が良くない場合など、薄くでもコンシーラーやファンデーションを施している方が顔色が良く見えます。

例外として、ご遺体は亡くなられて数日後、黄疸が起き肌の色が黄みがかってくることがあります。
ご遺体は亡くなられた直後と比べるとずいぶん肌の色が変わってしまい、驚くご遺族の方も多いそうです。
その緩和策として、少し厚めに化粧を施したりする場合もあります。

生前の愛用品を使える場合もあり

メイクをする際に、故人の使用していたメイク道具を使うような、生前の愛用品を使える場合もあります。
こういうメイクをしてほしいなど、メイクの希望もあれば伝えましょう。
見本となる写真があれば希望を伝えやすくなります。

ただし、生前のメイクとは異なるため、ご遺体の傷み具合や死後硬直などの関係で不可能な場合もあります
死化粧に使用される化粧品は、ご遺体が水分を補給することができないことから、保湿力の高いものが使用されているいう特徴があります。

基本的には慣れている専門家の意見に従うのが良いかと思いますが、強い希望がある場合はまずは相談してみましょう。

終活のメイクまとめ

人々

この記事では終活のメイクについて解説しましたが、いかかでしたか?
終活において、実はメイクはとても重要なワードでした。
人生の最期を飾る遺影と死化粧、せっかくなら自分の納得のいくものが良いですよね。

特に、遺影撮影の場合、最近では専門家の方も増えてきています。
インターネットで検索しても、たくさんの専門家の方がでてきます。
各社とも、コンセプトや料金、セット内容等異なりますので、ご自身の希望に沿った業者をじっくりと探してみてはいかがでしょうか。

死化粧については、ご自身でその姿を見る事はできませんから、死化粧の希望はご家族と事前に相談しておき、ご自身はもちろんご家族の意向に沿った形にできるようにしましょう。
では最後に本記事のポイントをまとめてみました。

  • 終活にとってメイクは切っても切れない関係!
  • 生前に遺影専用の写真を撮っておく時代に!
  • プロのヘアメイクで遺影の写真撮影ができる!
  • 死化粧は化粧だけでなく遺体全体のケアを行う!
  • 化粧道具は自分の愛用品が使える場合もある!
  • 最後に着る服は自分で用意したものを使える場合もある!

最後までご覧下さりありがとうございました。

「終活・メイク」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・メイク」についてさらに知りたい方へ

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介のサムネイル画像

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!のサムネイル画像

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?のサムネイル画像

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?

お通夜の化粧は濃いのはNG!でも、すっぴんも失礼かものサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG!でも、すっぴんも失礼かも

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影についてのサムネイル画像

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニックのサムネイル画像

哀悼の心を伝える葬儀のメイクのマナーとテクニック

お葬式の時のメイクや髪型、服装をさりげなくおしゃれするのサムネイル画像

お葬式の時のメイクや髪型、服装をさりげなくおしゃれする

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?のサムネイル画像

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・メイク」についてさらに知りたい方へ

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介のサムネイル画像

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!のサムネイル画像

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?のサムネイル画像

大人のマナー・お葬式にふさわしいメイクとは?

お通夜の化粧は濃いのはNG!でも、すっぴんも失礼かものサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG!でも、すっぴんも失礼かも

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと