浄土真宗の門徒が利用できる納骨堂の特徴を紹介します!

浄土真宗にはたくさんの寺院がありますが、納骨堂にはどのような特徴があるのでしょうか?お墓ではなく納骨堂の利用を考えている浄土真宗の門徒のために、浄土真宗の納骨堂の費用やメリットについて紹介していきますね。

目次

  1. 浄土真宗の納骨堂について
  2. 浄土真宗ってどんな宗旨宗派?
  3. 浄土真宗の納骨堂の特徴
  4. 浄土真宗は本山への分骨が必要?
  5. 浄土真宗の納骨堂まとめ

浄土真宗の納骨堂について

人々

浄土真宗の寺院にある納骨堂を利用するには、いくらぐらい費用がかかるのでしょうか?
また、他の宗派との違いはあるのでしょうか?
将来、浄土真宗の納骨堂にご遺骨を納めたいと考えている人は、気になることがたくさんありますよね。
そこで、今回終活ねっとでは

  • 浄土真宗の特徴
  • 浄土真宗の納骨堂とは?
  • 浄土真宗の納骨堂にかかる費用
  • 浄土真宗の納骨堂のメリット

以上の点から、浄土真宗の納骨堂について調べてみました。
浄土真宗の門徒で納骨堂の利用を検討されている人は、参考にしてくださいね。

実際に、浄土真宗の納骨堂を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を宗教宗派・費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
宗教不問の霊園も多数掲載しております。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

浄土真宗ってどんな宗旨宗派?

困った人々

まず、浄土真宗ってどんな宗旨宗派なのでしょうか?

浄土真宗は鎌倉時代に開かれた仏教の宗派のひとつで、日本の仏教の団体では「寺院数」「門徒数」とともに最大級の宗派といわれています。

浄土真宗では、大正12年に結成された真宗教団連合に加盟している10派を「真宗十派」といい、そのなかでも所属寺院数が多いのが、通称西本願寺こと龍谷山本願寺を本山とする「本願寺派」と通称東本願寺こと真宗本廟を本山としている「真宗大谷派」です。

また、浄土真宗では「阿弥陀如来」を本尊とし、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることで知られていますが、祈って願望を叶えるのではなく、困っている人のために阿弥陀仏が助けるという教えのもとに成立しています。

ここでは、浄土真宗の宗旨宗派について本願寺派と真宗大谷派について見ていきましょう。

本願寺派

本願寺派は「本願寺」を本山にする浄土真宗の宗派です。

所属寺院数は浄土真宗のなかで最も多く、信者数は浄土真宗だけでなく日本にある仏教系宗教法人でも一番多いといわれています。

本尊は「阿弥陀如来一仏」で、浄土三部経といわれる『仏説無量寿経』『仏説観無量寿経』『仏説阿弥陀経』を聖典とし、阿弥陀如来の教えを大切にしています。

また、明治時代には、立法を「宗会」行政を「宗務所」とする「三権分立」をモデルとしたシステムを取り入れていたことでも知られ、現在も浄土真宗本願寺派宗法という法規のもと運営されています。

真宗大谷派

真宗大谷派は、東本願寺こと真宗本廟を本山にしている浄土真宗の宗派です。

真宗本廟は大谷派の根本道場としており、境内には親鸞聖人の真影を安置している「御映堂」と「阿弥陀堂」があります。
東本願寺は1602年(慶長7年)の本願寺分裂をきっかけに、翌年本願寺11代宗主顕如の長男である教如によって開かれました。

また、御映堂に安置されている親鸞聖人の真影は、東本願寺を開く際に群馬県高崎市にある「妙安寺」から迎え入れたものです。

真宗大谷派では、本尊は本願寺派と同様に「阿弥陀如来一仏」で、親鸞聖人が経典として重んじた「仏説無量寿経」の教えを大切にしています。

浄土真宗の納骨堂の特徴

お墓

次に、浄土真宗の納骨堂の特徴について見ていきましょう。

浄土真宗の納骨堂における大きな特徴が、永代使用料とはいわず「懇志」や「冥加金」ということでしょう。

懇志にはこころざしやお寺への寄付という意味があり、昔は門徒がお米やお金をお寺に寄付していました。

冥加金は、もともと幕府や所属する藩に支払う税金のことをいいましたが、浄土真宗では、法要の際に僧侶に渡す「お布施」の意味もあります。

これらのお金は寺院や墓地、納骨堂を維持するのに使われるという名目があるので、門徒も支払いやすいでしょう。

多くの寺院や納骨堂が永代使用料と表記をするなか、昔から変わらない表記方法を続けるというのは独自の宗教観を持つ「浄土真宗らしさ」ともいえます。

また、浄土真宗では位牌がありませんので、納骨堂に位牌を置かないのも他の宗派と違うことかもしれませんね。

納骨堂ってなに?

人は亡くなったらお墓に入るものというイメージが強い日本で、ここ数年遺骨の埋葬場所として注目されているのが納骨堂です。

そもそも納骨堂とは、どんな場所のことをいうのでしょうか?

元々納骨堂はお墓を作るまでの期間、寺院が一時的にご遺骨を預かる場所として作ったのがはじまりといわれています。
最近では、一時預かりの場所としてではなくお墓のように永代で使用するケースも多く、個人ではなく家族で納骨堂に入るのを希望する人も増えています。

納骨堂には、ご遺骨を安置して供養する「仏壇型」「ロッカー型」「機械型」「位牌型」と最初から永代供養形式の「合祀型」があります。
仏壇型、ロッカー型、機械型は、一人用のほかに家族で入れるものもあり、お墓参りのように参拝ができる参拝スペースを設けている所も少なくありません。
また、位牌型は位牌とご遺骨は別々に安置されることが多く、他の人と合同で供養されています。

そして、墓地の不足や納骨堂へ入ることを希望する人が増えていることもあり、寺院や宗教法人以外でも作られるようになっています。

新しく作られている納骨堂は宗教や宗派に関係なく利用できる所もありますが、浄土真宗本願寺派の「大谷本廟」や「築地本願寺納骨堂」、浄土真宗大谷派の「大谷祖廟」のように、宗派の信徒でなければ利用できない所もあります。

浄土真宗の納骨堂の費用

次に、浄土真宗の納骨堂の費用について解説していきます。

一般的に納骨堂にかかる費用は50万円~100万円といわれていますが、納骨堂の形式や納骨人数によっても変わります。

浄土真宗は、寺院数、信徒数が日本で一番多い宗教として有名ですが、納骨堂の費用はいくらくらいかかるのでしょうか?
今回、浄土真宗の納骨堂として「大谷本廟」「築地本願寺納骨堂」「大谷祖廟」にかかる費用を調べてみました。

京都府にある大谷本廟は、親鸞聖人のお墓がある所で本願寺派の納骨所でもあります。
納骨方法は、親鸞聖人のお墓の近くに合葬する「祖廟納骨」、納骨所にご遺骨を安置する「無量寿堂納骨」、墓地に埋葬する「墓地納骨」の3種類です。

祖廟納骨は小型容器で埋葬する場合は3万円以上、小型容器より大きい場合は5万円以上になります。
料金は一人で設定されており、埋葬人数分支払わなければなりません。
墓地から祖廟納骨に改葬する場合は、小型容器より大きい場合と同じ料金です。

無量寿堂納骨は、第一無量寿堂と第二無量寿堂があり、現在公布区画として「大谷本廟」のwebサイトで紹介されているのは、ロッカー式と仏壇式がある「第二無量寿堂」です。

ロッカー式は、新小型区画とその最下段である中型区画が特別懇志100万円以上で、小型区画は特別懇志80万円以上(最下段は70万円以上)、寺院専用小型区画(最下段)150万円以上になります。
年間維持冥加金は「新小型区画」「中型区画」「小型区画」1年間2,000円、「寺院専用小型区画(最下段)」が1年間5,000円かかります。

仏壇式は「普通区画」が特別懇志300万円以上、年間維持冥加金が1年間6,000円、「特別区画」が特別懇志600万円以上、年間維持冥加金が1年間8,000円になっています。
「寺院専用小型区画」「普通区画」「特別区画」は棚板を増設する場合は、特別懇志料金や年間維持冥加金の他に別途手続きと費用が必要です。

墓地納骨の場所である大谷墓地は一画墓地の交付冥加が新設・新規墓地で200万円、整備墓地で100万円、年間使用料は5,000円になります。

東京都にある本願寺派の築地本願寺の納骨堂は、「普通区画」が永代使用冥加金150万円、「特設区画」が永代使用冥加金200万円、どちらも年間管理冥加金は1年間3万円かかります。

京都府にある大谷派の「大谷祖廟」では、大谷本廟や築地本願寺のような納骨堂ではなく、親鸞聖人の遺骨が納められている御廟に遺骨を埋葬する合祀の形式を取っています。
御廟に埋葬する際の志納額は5種類あり「特別が15万円以上」「1種10万円以上」「2種7万円以上」「3種4万円以上」「4種2万円以上」で、読経や永代経の有無で金額は違います。

浄土真宗の納骨堂のメリット

ここでは、浄土真宗の納骨堂のメリットについて紹介します。
浄土真宗の納骨堂は、主に仏壇式かロッカー式、永代供養と同様の合祀式です。

ただ、永代使用料と年間管理費で済む納骨堂はお墓を建てるよりはお金がかかりませんし、なによりも親鸞聖人の近くで供養してもらえるのは浄土真宗を信仰する人にとってはありがたいでしょう。

特に、寺院にある納骨堂にご遺骨を安置する場合は、僧侶が管理をし、決められた命日には永代経も読んでもらえるので、残された遺族も安心してご遺骨を預けられるでしょう。

また、納骨堂の最大のメリットは室内にあるので、雨天でも濡れずにお参りすることができます。

浄土真宗の納骨堂を探そう!

ここまで、浄土真宗の納骨堂の特徴についてみてきました。

次は、自分に合った納骨堂を探してみましょう。
浄土真宗の納骨堂を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

資料請求や電話対応も可能です。(無料)

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

浄土真宗は本山への分骨が必要?

困った人々

では、浄土真宗は本山への分骨が必要なのでしょうか?

浄土真宗では他の宗派よりも分骨という考えが一般的になっており、本願寺派の場合、本山である本願寺に「咽喉仏」の部分のみ埋葬する人もいます。

なぜ、浄土真宗では分骨が認められているのでしょうか?

分骨には、親鸞聖人とともに眠りたいという門徒や一緒に供養してもらいたいという家族の思いがあるからです。

そのため浄土真宗では、兄弟や親族でご遺骨を分骨することも、故人を供養するという観点からよいこととしています。

浄土真宗の納骨堂まとめ

人々

今回終活ねっとでは、浄土真宗の納骨堂について解説しましたが、いかがでしたか?

浄土真宗の門徒の人のなかには、お墓から納骨堂に改葬したい、親鸞聖人のお墓の近くに埋葬されたいという人もいるかもしれません。

今回、浄土真宗の門徒が利用できる納骨堂について調べた結果このようなことがわかりました。

  • 浄土真宗は10の宗派に分かれており、そのなかでも大きいのが「本願寺派」と「真宗大谷派」である
  • 本願寺派は西本願寺こと「龍谷山本願寺」を本山とする、仏教系宗教団体では最多の信徒がいる
  • 真宗大谷派は東本願寺こと「真宗本廟」を本山にし、1602年に本願寺が東西に分裂したことで誕生した
  • 浄土真宗の納骨堂は「永代使用料」を「懇志」や「冥加金」という
  • 浄土真宗では位牌を作らないので、納骨堂に位牌は置かない
  • 納骨堂はもともと遺骨の一時預かり場所だったが、現代ではお墓と同じ様に永代に渡って供養する場所になっている
  • 納骨堂の形式には「仏壇式」「ロッカー式」「機械式」「位牌式」「合祀型」がある
  • 本願寺の墓所である「大谷本廟」は墓地、合同墓、納骨堂があり、納骨堂は仏壇式とロッカー式で費用は70万円~150万円かかり、年間使用料も必要だ
  • 東京にある築地本願寺の納骨堂は150万円~200万円かかり、年間使用料も必要である
  • 東本願寺の墓所である「大谷祖廟」は納骨堂ではなく納骨所で「合同墓」の形式になっていて2万円~15万円かかり、年間使用料はない
  • 浄土真宗の納骨堂のメリットは、お墓を建てるよりは費用がかからないことと親鸞上人の近くで供養してもらえること
  • 浄土真宗の納骨堂は、主に寺院が運営をしており僧侶が管理をするのできちんと供養してもらうことができ安心である
  • 浄土真宗では本山に分骨で埋葬することができる

浄土真宗では、ご紹介した「本願寺派」や「真宗大谷派」以外にもたくさんの宗派があり、多くの寺院が納骨堂を設けています。
納骨堂の利用を検討されている方は、所属している寺院や近所の浄土真宗の寺院で相談してみてもよいでしょう。

終活ねっとでは、納骨堂以外にも、墓地や永代供養について様々な記事を紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「浄土真宗・納骨堂」に関連する記事

  • 浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?のサムネイル画像

    浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?

    浄土真宗の本願寺派は、親鸞聖人に始まる浄土真宗の中でも京都の西本願寺を本山とする代表的なグループの1つです。そしてその納骨の方法は一般のものとは少し異なったユニークなものとして知られています。今回は、浄土真宗本願寺派の納骨のやり方を見ていきましょう。

  • 西本願寺の納骨堂に納骨する際の費用や手続きなどについて解説!のサムネイル画像

    西本願寺の納骨堂に納骨する際の費用や手続きなどについて解説!

    納骨の費用や手続きを知っておくことは、終活を充実させます。いざという時に慌てるのはいやですよね?西本願寺の納骨堂はご存知じですか?費用はどのくらいかかるのでしょうか。この記事では、西本願寺の納骨堂に関する費用や手続きについて紹介します。

  • 東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!のサムネイル画像

    東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!

    京都で「お東さん」として親しまれてる東本願寺は浄土真宗大谷派の総本山です。 浄土真宗で納骨堂があり、葬送の一環としてとても安い費用で納骨をしてもらえます。 東本願寺の納骨堂がどのようなもので、どれくらいの費用で葬送してもらえるかをお話しします。

  • 西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!のサムネイル画像

    西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!

    浄土真宗には供養に関する独特な風習が色々とあります。さらに大谷派と本願寺派でも風習が違ったりして、どう供養したらいいのかもなかなか難しいですよね。今回は西本願寺の永代供養法について解説します。この記事を読んで、西本願寺の永代供養についての知識をつけましょう。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 浄土真宗の納骨の方法・場所やお墓の費用相場を解説。のサムネイル画像

    浄土真宗の納骨の方法・場所やお墓の費用相場を解説。

    浄土真宗といえば鎌倉時代に親鸞が開いた仏教の宗派で、全国に多くの信徒を抱えています。さて、仏教の宗派によっては納骨の方法も違ってくるものですが、浄土真宗の場合はどのようなものなのでしょうか?今回は、浄土真宗における納骨事情を見ていきましょう。

  • 西本願寺で永代供養はしてもらえるの?浄土真宗の永代経について解説のサムネイル画像

    西本願寺で永代供養はしてもらえるの?浄土真宗の永代経について解説

    通称「お西さん」と呼ばれる浄土真宗本願寺派こと西本願寺。京都にある世界遺産として有名ですが、どのような教義でまたどのように永代供養するかを知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回はそんな西本願寺における永代供養sについて見ていきたいと思います。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「浄土真宗・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?のサムネイル画像

浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?

西本願寺の納骨堂に納骨する際の費用や手続きなどについて解説!のサムネイル画像

西本願寺の納骨堂に納骨する際の費用や手続きなどについて解説!

東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!のサムネイル画像

東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!

西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!のサムネイル画像

西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

浄土真宗の納骨の方法・場所やお墓の費用相場を解説。のサムネイル画像

浄土真宗の納骨の方法・場所やお墓の費用相場を解説。

西本願寺で永代供養はしてもらえるの?浄土真宗の永代経について解説のサムネイル画像

西本願寺で永代供養はしてもらえるの?浄土真宗の永代経について解説

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「浄土真宗・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?のサムネイル画像

浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?

西本願寺の納骨堂に納骨する際の費用や手続きなどについて解説!のサムネイル画像

西本願寺の納骨堂に納骨する際の費用や手続きなどについて解説!

東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!のサムネイル画像

東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!

西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!のサムネイル画像

西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと