葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

浄土真宗の樹木葬について!浄土真宗でも樹木葬はできるのか

終活を進めていくうえで自分の終の棲家であるお墓を選ぶということは、非常に大事なポイントです。他宗と考え方が異なる浄土真宗では、「樹木葬」をどのように捉えるのがよいでしょうか。 このページでは浄土真宗に沿った考え方で樹木葬はできるのかどうか解説しています。

浄土真宗の樹木葬について

お墓

浄土真宗では他の宗派とは異なった考え方や作法が多く存在します。

四十九日の旅をしない、お焼香は一度、線香は寝かせるなど、読者の皆様の中には、宗派や宗教自体が違う親族がいらっしゃった場合、集まった際に戸惑ったり驚かれた経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

それはお墓のとらえ方にも、同じことが言えるでしょう。

お墓はどのようにあるべきか、これにも浄土真宗の考え方があります。

終活を始められた方、あるいはこれから始めようと思っていらっしゃる方も、自分の宗教・宗派がどのような考え方を持っているのか、今一度確認しておく必要があるでしょう。

このページでは浄土真宗におけるお墓のとらえ方と、浄土真宗での樹木葬について5つに分けて解説してまいります。

  • 樹木葬とは
  • 浄土真宗でも樹木葬はできるのか
  • 全国の浄土真宗の寺院にある樹木葬を紹介
  • 樹木葬でのお参りの仕方
  • 浄土真宗の樹木葬まとめ

そもそも樹木葬とは

森林

まず初めに、樹木葬とは何かを簡単に確認しましょう。
樹木葬は、墓石の代わりに樹木を墓標とする形式の葬送です。

「樹木葬」と一口にお伝えしましたが、埋葬方法や埋葬場所はそれぞれ3タイプに分けることができます。
埋葬方法は以下の3つです。

  • 形の残ったお骨を直接埋葬
  • 自然素材でできた骨壺などに入れて埋葬
  • 細かくしたお骨を土の上からかける散骨

埋葬場所はその寺院や民間の霊園などがある場所や所有する土地の広さによって変わりますが、多くはこの中に当てはまるものが多いでしょう。

  • 都市型・公園型…主に一つの樹木の周りに合同墓のように複数の方が埋葬されている場合が多いです。一人一本の樹木を植えることに対応しているところは少ないです。
  • ガーデニング型…霊園やお寺などで管理している納骨堂内などたくさんの植物に囲まれた大きな庭のような場所に埋葬することになります。
  • 里山型…墓地埋葬法で認められた山林などの広い場所に埋葬します。里山型が「自然に還ることができる」イメージに最も近い「樹木葬」の形式であり、根強い人気があります。

浄土真宗でも樹木葬ができるのか

困った人々

樹木葬とは何かを皆様と一緒に確認してまいりましたが、浄土真宗の方は樹木葬でおくることができるのでしょうか。

結論からお伝えしますと、樹木葬は宗派だけでなく宗教が異なる場合でも入ることができます。
つまり、浄土真宗の方でも問題なく樹木葬を選ぶことができます。


では、そもそも浄土真宗では「何のためにお墓を建てるのか」、「お墓とは何か」、皆さまはご存知でしょうか。


実は、故人を祀るためのものではないのです。
故人や代々のご先祖様のよい行いを偲び、阿弥陀さまに献上するために建てられる仏塔なのです。

浄土真宗にとってお墓とは、極楽浄土の延長上の世界といわれています。

お彼岸などでお墓参りに行く理由は故人を慰めるためではありません。
お墓を通して浄土に故人や祖先を偲び、自分自身の人生を振り返るための機会、またはご縁をいただいていると考えられています。

それでは浄土真宗でのお墓の在り方を通して、樹木葬はどのようなとらえ方ができるのか見てまいりましょう。

樹木葬では基本宗旨宗派は問われない

浄土真宗では、故人の「霊」がお墓の中にいるとは考えていません。

それは、故人が亡くなると阿弥陀さまが迎えに来られ、直ちに浄土へ還るからだと考えられています。

そのため、もともと墓碑の形や墓相などの形式にはこだわる必要はありません。

お墓の前で心静かに手を合わせ、たくさんのご縁のおかげで自分がこの世に生まれ、生かされていることに感謝をする、これが浄土真宗におけるお墓参りで最も重要なことです。


つまり、全てのものが移り行く「無常」を大自然の中で感じることができる樹木葬は、浄土真宗の考え方をより深く感じることのできる葬送の方法だといえるでしょう。


樹木葬は1999年に初めて行われましたが、注目を集めるようになったのは約5年ほど前です。

現在は民間の霊園はもちろん、浄土真宗のお寺で管理している墓地など多くのところで樹木葬が受け入れられるようになってきています。

ただし供養方法は寺院の宗派による

浄土真宗で樹木葬ができることをお伝えしてまいりました。

寺院で管理している墓地の購入をお考えの場合、供養方法は宗派によって異なることがあるため事前の確認が必要です。

日本では浄土真宗を信仰されている方が一番多いことは広く知られていますが、細かく見ていくとその宗派は現在17ほどもあります。

同じ浄土真宗でも供養方法や作法など、それぞれに考え方が異なる場合があります。
樹木葬の場合多くは土に直接埋葬することが多いですが、陶器製の骨壺などで一定期間埋葬したのち、別の場所に移る可能性も考えられます。

ご自身で普段からお世話になっているお寺があれば相談してみるのもよいでしょう。
もしそうでなければ、お墓の購入を考えているところに供養方法などを事前に確認するのが望ましいです。

全国の浄土真宗の寺院にある樹木葬を紹介

お墓

それでは、樹木葬を受け入れている寺院を3つほどご紹介します。

もちろん、お寺に限らず民間でも受け入れている墓地が全国にありますので、ご自分の地域周辺を調べてみるのもよいでしょう。

天護山妙祐寺

妙祐寺
妙祐寺

所在地157-0061 東京都世田谷区北烏山4丁目16−1

〒157-0061 東京都世田谷区北烏山4丁目16−1

東京都世田谷区にあるお寺です。
こちらではガーデニング型の樹木葬を受け入れています。

納骨は一名28万円で、毎年の管理料はありません。
骨壺や骨室をはなく直接埋葬する形の合同墓です。

墓地の周りを石で囲い、正面に石造りの祭壇がありますので、お線香やお花を供えてお参りすることができます。

禪興寺

禪興寺
禪興寺

所在地981-3625 宮城県黒川郡大和町吉田字長福寺1

〒981-3625 宮城県黒川郡大和町吉田字長福寺1

宮城県黒川郡にあるお寺です。
禪興寺の樹木葬は、禪興寺境内に隣接した里山型の樹木葬墓地です。
永代供養の樹木葬を受け入れています。

墓地とされている七ツ森は東北百名山の一つに挙げられています。
樹齢700年から1000年のしだれ桜「三春の滝桜」の苗から育てた13本を中心に埋葬する樹木を選ぶことができます。
土に直接埋葬することもできますが、お骨を細かくして土の上に欠ける散骨も受け入れています。

埋葬した場所には地表に木製プレートを差しますので、お参りに来た時に埋葬した場所で迷うことはないでしょう。

樹木葬は一名35万円で、埋葬料は30万円です。
こちらのお寺では最初の10年分だけ5万円(5千円×10年)の管理料がかかります。
11年目以降の管理料は不要となっています。

西楽寺

西楽寺
西楽寺

所在地699-0901 島根県出雲市多伎町久村1378

699-0901 島根県出雲市多伎町久村1378

島根県出雲市にあるお寺です。

こちらもガーデニング型の自然葬・樹木葬を受け入れています。
一名10万と非常に負担の少ない金額となっています。

宗派不問で永代供養の合同墓です。

樹木葬でのお参りの仕方

葬儀

樹木葬では墓石を建てた場合とくらべ、お参りをするときに異なるポイントや注意しなければならない点がいくつかあります。

お参りのしやすさも、お墓選びには重要ですよね。
ここでは里山型と公園型・ガーデニング型の2つに分けて簡単にご紹介します。

里山型の場合

・線香は使えない
里山型の場合、多くは山林の中でお骨を直接土に埋葬するため、祭壇がありません。
埋葬した場所の周りは草木が茂っているかと思いますので、火事を防ぐために線香の使用は控える場合が多いです。
祭壇に関連して花瓶もありませんので、お花を持っていく場合には土に差すか、土の上に置くことが基本となります。

・動きやすい服装で行く
場所によっては埋葬場所まで険しい道を歩かなければならない場合や、斜面に埋葬する場合がありますので、動きやすい運動靴や汚れても大丈夫な服装で行くのが望ましいです。

・お参りの時期や時間帯を確認する
季節や時間帯によって山の中に入ることが危険に繋がることがあります。
墓地によってはお参りのための入山を時間帯や季節によって規制しているところがあります。
管理者に事前に確認しておいたほうがより安心でしょう。

公園型、ガーデニング型の場合

・シンボルとなっている樹木でお参りする
お寺の管理墓地や民間墓地では、道が舗装されていたり整備されている場合が多いです。

しかし里山型と違い、合同墓であるために埋葬個所に目印を付けられないことがあります。
その際は故人が眠っている場所のシンボルである樹木にお参りすることになります。

また、一般的なお墓のように共有の祭壇が用意されていることがありますので、この場合は線香の使用や献花することができます。

この2つに共通して言えることは、樹木葬は「宗旨宗派にとらわれない」ということです。
必ずしも通常のお墓のように宗教的儀式であったり作法やしきたりがあるというわけではありません。

また、墓石もないので掃除をするための道具を持参する必要もないといえるでしょう。

浄土真宗の樹木葬まとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
終活を進めていくうえでも、お墓選びは家族みなさんの納得が重要ですよね。


このページでは、浄土真宗の樹木葬について以下のようにご紹介しました。


浄土真宗では墓碑の形や墓相などの形式にこだわる必要はありません。
墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬は、浄土真宗でのお墓のあり方にも非常に合っています。

墓地は都市型・公園型、ガーデニング型、里山型と3つに分けられます。
一番人気が高いのは里山型ではありますが、皆様の地域環境の中で行きやすい場所が良いでしょう。

また、樹木葬は宗派だけでなく宗教も関係なく行うことができます。
ご家族や親族の中で宗教が違う場合でも、安心して同じ場所で眠ることができます。

樹木葬では永代供養を行ってくれるところが多いですので、後継ぎがいないという方でも安心して入ることができます。



注意点としては、供養方法はお寺の宗派によって異なること、お寺の墓地を利用する際、浄土真宗でない場合は改宗が必要なところもあります。

ご自分で良い条件を選びながら墓地の管理者に確認してみることが重要です。


金銭的に見ても、新たに墓石を購入した場合と比較すると毎年かかる管理料も基本的に必要なく、かなりリーズナブルな料金ではないでしょうか。

経済的負担も少なく、大自然の中で大きな木のもとに、と考えると気持ちよく眠れそうな気がしてきますね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「樹木葬・浄土真宗」に関連する記事

「樹木葬・浄土真宗」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「樹木葬・浄土真宗」に関連する記事

「樹木葬・浄土真宗」についてさらに知りたい方へ

自分が死んだ時の供養方法について考えたことはありますか?現在、後継ぎがいない、金銭的負担が大きいなどの理由で、永代供養を望む人が増えてきています。なかでも注目を集め始めているのが樹木葬という永代供養の方法。“自然に還る”樹木葬について、ご紹介します。のサムネイル画像

永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!

多様化する現代の中で、最近よく耳にする樹木葬。樹木葬っていったいどこでできるの?
費用は一般的な墓地よりも安い?高い? 従来の埋葬方法とどう違うの? メリット・デメリットは?
樹木葬について気になる疑問を一つ一つ解決します。実際に樹木葬ができる墓地もご紹介します!のサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

終活中に一度は「樹木葬」という言葉を聞いたことがあるかと思います。樹木葬にも問題やメリット、デメリットがあります。今回は、樹木葬について終活中に知っておいて欲しい問題点や注意点を中心にお話し致しております。のサムネイル画像

樹木葬にも問題点がある?樹木葬をする前に注意しておきたいこと

エコなイメージで注目される樹木葬!勝手にどんな場所でもしていいの?知らないと大変かも!樹木葬のできる場所は法律で定められているんです。散骨ともまた違う樹木葬に関する法律や、樹木葬にも色々ある種類ごとのメリットとデメリットについて解説いたします!のサムネイル画像

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト