葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

樹木葬って位牌は必要なの?供養方法や費用についても解説します!

終活の中で注目を浴びているのが樹木葬です。樹木葬とは埋葬時に許可された樹木の根元に火葬し骨上げしたものを粉末状にし、撒くというものです。それでは樹木葬の際に位牌はどうなるのでしょうか?ここでは位牌に関する疑問などを取り上げ、樹木葬について掘り下げてゆきます。

樹木葬の位牌について

仏壇

埋葬方法の一つの形態として、1999年以降、許可された場所であれば樹木葬が認められることになりました。

そのため、自分のお墓は従来より一般的であった墓石によるお墓ではなく、"自然に還る"ということを本望とする人たちを中心に木の根元に散骨し、木を墓標とする樹木葬が脚光を浴びています。
しかし、終活において樹木葬の場合、後に残された人たちは墓石によるお墓でないために故人を偲んでお参りするその象徴がなくなってしまいました。

また、後に残された人は散骨された木を訪ねるということでは故人を偲ぶのに何か物足りなさを感じる人もいるといわれています。
ところで、そもそも樹木葬には位牌というものがあるのでしょうか?

というのも位牌もないとなれば特定して身近で故人を偲ぶことはできなくなり、個人を象徴するものがないというのは後に残された人にとっては困惑に値することかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは、樹木葬と位牌について故人本位のお墓の在り方と位牌の必要性に関してここでは取り上げてゆきます。

  • 樹木葬とは
  • 位牌とは
  • 樹木葬のメリットとデメリット
  • 樹木葬に位牌は必要な物なのか
  • 位牌の供養の仕方は?
  • 位牌の永代供養とは?
  • 樹木葬による位牌の費用は?

上記のことを中心に樹木葬と位牌について解説していきますので、終活の一環で樹木葬について考えている方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

そもそも樹木葬と位牌って何?

お墓

そもそも樹木葬とはどのような埋葬方法なのでしょうか?
また、位牌とはそもそも何なのでしょうか?
最近では、樹木葬は自然葬の中でも特に注目を浴びている埋葬方法です。

特に、墓標となる木に桜の木を望む人が多いのですが、それは日本人の心の奥底にある"美しく散る"桜に一際愛着を抱く心情がそうさせているともいわれています。

また、文学作品でも桜は特別で、例えば梶井基次郎や坂口安吾の作品には桜の木の下には死体が眠っているということをモチーフに傑作が生れていることなど、桜の木は日本人には特別な木であることが樹木葬で桜の木が多くの人に選ばれている要因に思います。

ここでは樹木葬と位牌について見ていきましょう。

樹木葬とは

樹木葬とは、従来のお墓のように墓石を墓標とする代わりに、樹木を墓標としてその下でご遺骨を供養する埋葬方法です。
これまでお墓といえば墓石を建立して故人を、また、その家族を偲んだものが主流でしたが、1999年に樹木葬が認められることになりました。

それ以来、"自分の死後は自然に還りたい"という人の希望に添うかたちで木の根元にご遺骨を散骨し、木を墓標とする樹木葬の人気が高まっているのです。

位牌とは

位牌とは、故人の戒名や没年月日、故人の生前の名前である俗名、そして故人の享年が書かれた木の札のことで、この位牌を以てして故人をお祀りするのですが、そのお祀りの仕方は自宅の仏壇やお寺の位牌壇において故人をお祀りすることになります。

葬儀の際には白木の位牌が使用され、これは四十九日法要までの仮の位牌です。
その後は漆を塗った本位牌を仏壇において故人をお祀りします。
しかし、位牌は、例えば浄土真宗の門徒においては位牌は必ずしも必要な物とはいえません

樹木葬のメリットとデメリット

葬儀

ここでは、樹木葬のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

樹木葬のメリットとしては"自然に還る"という埋葬方法であり、自然回帰や自然保護の考え方の方はにはとても嬉しい埋葬方法になっています。
故人が好きな、例えば桜の木を墓標にその根元に散骨できて、故人が望んだ永遠の眠りにつけることがメリットといえます。

しかし、メリットがデメリットにもなり得るのです。
樹木葬のデメリットとして、故人の希望に添って樹木葬をしたはいいのですが、故人を偲ぶという場合、何か故人を偲ぶものがあればということで、時折トラブルになる場合があります。
また、どうしても樹木葬を受け容れられないという人がまだ多く存在しているのも事実です。
そのために樹木葬をして位牌を作る場合が多いのです。

樹木葬を望まれる場合、生前に死後トラブルにならないように親戚などの同意を得てから樹木葬をすることが求められます。
勝手に自分の望む埋葬方法だからというだけで樹木葬をしてしまった場合、後に残された人のトラブルの元になりかねませんので、樹木葬を望んでいる人は後に残されるご家族のことも考えて樹木葬の準備をしておくことが大切です。

分骨して後に残された人の手元にもご遺骨を残すということも樹木葬をする場合でもできますので、トラブルの芽を事前に摘んでおいてください。

また、樹木葬をまだ受け容れられないという人が数多く存在しているということを鑑みて、周囲の反対が一人でもある場合は、しっかりと話し合っておくべきです。
つまり、樹木葬にとってメリットとデメリットは紙一重の違いでしかないのです。

樹木葬に位牌は必要なの?

葬儀

では、樹木葬に位牌は必要なのでしょうか?

端的に言って、樹木葬において位牌は必ずしも必要ではありません
後に残された人が故人をお祀りしたいというのであれば位牌を作ればいいですし、必要がないというのであれば、無理をして用意する必要はありません。
位牌を残すかどうかは、個人個人の問題です。

まだ、樹木葬に対して脳死が受け容れられないように埋葬方法として受け容れられないという人が多いので、故人の遺志は尊重されるべきです。
しかし、何か故人をお祀りしたいという人は位牌を作って故人を毎日偲ぶのはとても普通の心情に思えます。
位牌に関しては残された人自身の満足が行くように扱うのが一番だと思います。

樹木葬の位牌の供養方法

仏壇

樹木葬の位牌の供養方法ですが、別段樹木葬だからといって特別な位牌の供養方法はありません。
通常の場合と同様に、仏壇や寺院の位牌壇に祀って位牌を供養すればいいのです。

しかし、代々受け継がれてきた先祖代々の位牌を受け継ぐ人がいない、また位牌を処理したいのだがどうすればいいのか、と言った場合など位牌を処理して供養する方法に困るという人が多いのではないでしょうか。

この場合、位牌を処分し供養する方法は二つあります。

  • 一時預かり供養
  • 永代供養

位牌の供養方法に以上の二つの方法があることを知っていれば、いざというときに困ることはありません。

位牌の一時預かり供養

位牌の一時預かり供養は読んで字の如く、寺院が一時的に(数ヶ月の場合が多いです)位牌を預かり、その位牌をもう一度引き取るか「お焚き上げ」をして位牌を処分することになります。
お焚き上げとは寺院などで、位牌の魂抜きをして、その位牌を燃やすことです。

位牌は故人を祀ったものですので、素人が燃やしてしまうということは御法度です。
ドラマなどで、火事の時に位牌だけは持ち出すという場面がありますが、これは位牌に故人の魂が宿っているということからの必死の行動を象徴しているように思います。

位牌の永代供養

位牌の永代供養の場合は、寺院で十数年から二十年の期間位牌を預かり、その後、お焚き上げをして位牌を処理し供養します。

位牌の永代供養の場合、長期間寺院の方で預かりますので、費用はそれなりにかかります。
位牌の永代供養は位牌を受け継ぐ人がいないという場合が多く、手元に引き取るという前提はありません。

位牌の永代供養では最後まで寺院の方で管理しますので、費用はかかるとはいえ位牌の供養方法としては安心です。

樹木葬の位牌の費用

仏壇

まず、樹木葬そのものの費用ですが、墓石を建立しての従来からの埋葬方法は一般的に百五十万円前後の費用がかかるといわれていますが、樹木葬では数十万ですむということから、樹木葬の方がリーズナブルです。

それで故人の遺志である"自然に還りたい"ということに安らぎを覚えるというのであれば、できるだけ故人の遺志を尊重するのはいうまでもありません。
位牌を作るかどうかは残された個人の問題ですので、位牌の購入に関しては家族としっかりと話し合いましょう。

ここでは、樹木葬の位牌の費用について見ていきましょう。

樹木葬の位牌の購入費用

まずは、樹木葬の位牌の購入費用について見ていきましょう。

樹木葬だからといって位牌に関して何か特別なことはありません。
通常のお墓と同様に、樹木葬でも位牌は同じように購入でき、また位牌を仏壇において故人を祀るという行為は、人間の心情にとってそれは当然のことのように思えます。

そのために樹木葬とはいえ、位牌を求める人は当然存在していて、それは残された人には自然な感情と言えます。
そんな位牌にも種類があり、それぞれ相場があります。

  • 塗り位牌
  • 唐木位牌
  • モダン位牌
  • 回出位牌・繰出位牌

それぞれの位牌に特徴があり、それぞれについて説明します。

塗り位牌

塗り位牌は、塗り位牌ということからも漆塗りの位牌で、それに金粉、蒔絵などの装飾が施され、大変人気がある位牌です。

また、塗り位牌は使用されている漆の種類によって費用が変わります
合成漆では1万円前後から、本漆では3万円からお求めできます。
しかし、合成漆だからといって品質が落ちるということはなく、高品質です。

漆は国内産の漆が長持ちしていいのですが、現在収量が少なくてどうしても値段が高くなってしまいます。
それでも本漆はやはり人気が高く、せめて位牌だけでもという人が本漆の位牌を購入していくようです。

唐木位牌

唐木位牌は板位牌の一つで、木材に黒檀や紫檀が使われている位牌を唐木位牌といいます。

黒檀や紫檀は「木のダイヤモンド」といわれていて、手に取ったときのどっしりとした感覚や長持ちすることでもとても位牌の材質として優れています。

古くは唐木は正倉院の唐木細工にも使用されていて、その美しい木目は目を見張るものがあります。
唐木位牌の費用の相場は2万円から5万円で、装飾の違いで値段の幅が出るようです。
しかし、値段が安いからといって耐久性には変わりがありません。

モダン位牌

モダン位牌は従来の位牌とは違い、位牌のデザインが現代的な作りになっているのが特徴です。
現代の家庭環境にしっくりと馴染むようなデザインが特徴で、リビングに置いても何の違和感もありません。

モダン位牌には色やデザインに幅があり、例えば中には水晶でできたものもあり、斬新ともいえます。
モダン位牌の費用の相場はデザインに寄りますが、3万円が一般的です。

回出位牌・繰出位牌

回出位牌(くりだしいはい)は繰出位牌とも書きますが、その回出位牌は一人の故人の位牌とは違って、故人の戒名を記した札板が十枚程度入る箱があり、複数の位牌をまとめて納めることができる位牌です。

一般的には三十三回忌法要がすむまでは、あるいは五十回忌法要までは一人一人の位牌で故人をお祀りし、その後は回出位牌で供養するのが一般的のようです。
回出位牌は塗り位牌タイプ、唐木位牌タイプ、モダン位牌タイプとその種類がとても多く、安いもので3万円程度からお求めできます。

樹木葬の位牌の処分にかかる費用

最後に、樹木葬の位牌の処分にかかる費用について解説していきます。

位牌の処分にかかる費用は寺院・お坊さんが位牌の「魂抜き」(「お性根抜き」、または「閉眼供養」ともいいます)をし、お焚き上げをするのですが、その費用は3万円から5万円が相場といわれています。
定価というものがありませんので困った場合、3万円プラス車料で3万5千円くらいが相場のようです。

これに対して位牌の永代供養は位牌一つにつき10万円から50万円が費用の相場のようです。

樹木葬の位牌まとめ

仏壇

今回終活ねっとでは、樹木葬と位牌について解説しましたがいかがでしょうか。

この記事では、樹木葬と位牌について分ったと思いますが、最近大注目の樹木葬を選択しても位牌は残された人の心の問題として故人を身近でお祀りしたいという場合は迷わずに位牌を作って購入してください。
それではここまで書いてきたことをまとめたいと思います。

  • 樹木葬とは
  • 樹木葬に必ずしも位牌は必要ない
  • 樹木葬の位牌の供養方法は大別すると二種類ある
  • 位牌の購入費用は位牌の種類によって違う
  • 位牌の供養方法は永代供養でなければ三万円程度、永代供養では高くて五十万程度が相場

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「樹木葬・位牌」に関連する記事

「樹木葬・位牌」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「樹木葬・位牌」に関連する記事

「樹木葬・位牌」についてさらに知りたい方へ

位牌には仏壇や納骨堂に安置して供養のよりどころとする大切な役割があります。仏壇で目にするものの、ふだんの生活では位牌についてなかなか知る機会がありません。位牌の種類やその由来について、さらに納骨堂を利用する場合の位牌について解説していきます。のサムネイル画像

納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!

位牌には、故人の戒名などが書き入れられており、故人の魂が宿る依代です。四十九日の法要まで使用する白木位牌と法要の後、仏壇に納めて供養する本位牌があります。価格が高い位牌がよいわけではありません。価格に関係なく、故人を供養する気持ちの問題なのです。のサムネイル画像

位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。

仏壇にある位牌はご先祖さまや故人の魂が宿ったお参りの対象です。位牌を通じて私たちは、故人と語り合えるのです。この記事では、位牌の種類や選び方、仏壇に安置する方法などを説明します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

遺骨をお寺で管理、供養することを永代供養と言います。
最近はお子さんがいらっしゃらない家庭も多く、お墓の管理も難しくなってきています。
そんな永代供養では、位牌をどのように扱ってもらえるのでしょうか?今回は、永代供養と位牌のことについて調べてみました。のサムネイル画像

永代供養の際の位牌の扱い方についてご紹介します

近年、少子化が進み、それぞれの家族形態やライフスタイルも変化し、さまざまな理由で永代供養を選ぶ方が増えてきました。仏式のお葬式で用いた位牌は、その後も正式な形になって残ります。永代供養を考えるうえでも、この位牌の取り扱い、一体どうすればいいのでしょうか?のサムネイル画像

永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト