日本の書道文化の歴史と、これからの日本の書道のありかたは?

日本の書道はいつ、どのように始まったのか。日本の書道の在り方とは?後世に残したい「日本の書道」の歴史と、これからの日本の書道教育について今一度見つめ直しました。

目次

  1. 日本の書道のはじまり
  2. 優れた書道家
  3. 現在の書道
  4. 「漢字」の五つの書体
  5. 現代日本の書道家
  6. これからの日本の書道

日本の書道のはじまり

日本における書道のはじまりは古く、その歴史は600年代にも遡ります。

285年に中国から漢字が伝来、538年に仏教が伝来すると、日本でも写経が盛んに行われるようになりました。

後に610年には紙や墨の製法が伝えられ、日本でも書道が盛んになり始めました。

優れた書道家

平安時代の代表的な能筆家を尊敬し、後に三筆・三蹟と呼びました。

三筆(さんぴつ)の3人

8、9世紀には「三筆」と呼ばれる3人の優れた書家が誕生しました。

嵯峨天皇、空海、橘逸勢の3人は、中国の書道をまねた漢字作品を書き、その書が美しいことから「三筆」と呼ばれています。

弘仁9年、嵯峨天皇は大内裏(平安宮)の門号を唐風に改めました。

そして自分自身は大内裏東面の陽明門・待賢門・郁芳門の額を書きます。

空海には南面の美福門・朱雀門・皇嘉門の額を、橘逸勢には北面の安嘉門・偉鑒門・達智門の額を書かせました。

平安宮は当時の能筆家3名によって書かれた、当時の日本の書道の骨頂と言えます。

三蹟(さんせき)の3人

その後中国との交流が止まり、日本独自の文化が尊重されるようになります。

そうして生まれたのが「かな文字」です。

10、11世紀、かな文字が使われるようになると、三筆とは対照的に優雅で柔らかい日本的な書風が高い評価を受けるようになります。

小野道風、藤原佐理、藤原行成が「三蹟」と呼ばれ、この時代の能筆家として知られています。「日本の書道」のはじまりです。

彼らの活躍によって日本の書道は大きく発展しました。

現在の書道

現在の書道は大きく「漢字」、「かな」、そして漢字とかなを交ぜた「漢字かな交じり文」の3つに分類することが出来ます。

「漢字」の五つの書体

「漢字」作品は五つの書体に分類されます。
ここでは、それぞれの書体の特徴と、現在の日本ではどのように使用されているのかを紹介します。

篆書(てんしょ)

縦画は垂直、横画は水平、左右対称、縦長の均整のとれた書体です。

日本では現在も印鑑に使われています。

隷書(れいしょ)

その後、篆書よりも効率良く書ける隷書が広まりました。

篆書と異なり横長の書体で、日本では現在も紙幣に使われています。

楷書(かいしょ)

隷書をさらに簡単にしたもの。点や線を崩さずに、はっきりした書き方が特徴です。現代日本でも一般的に使われ、漢字学習の基本となる書体です。

行書(ぎょうしょ)

楷書を元に、点や線を続けたり、省略たりして書いたもの。楷書よりも丸みがあり、速く書くことができます。漢字かな交じり作品に用いられることが多いようです。

草書(そうしょ)

画数が少なく、行書よりも省略が多い草書は、大変速く書くことができますが、現代日本人の多くにとっては読み書きするのが難しい書体です。

現代日本の書道家

日本には、日本の書道文化を継承し、美しい作品を作り続ける書道家たちがたくさんいます。

漢字作品を書く書道家、かな作品を書く書道家、漢字かな交じり作品を書く書道家、それぞれまんべんなく書く書道家など、作風は様々です。最近はそのどれにも分類されない、全く新しい書道作品を書く書道家も増えてきました。

氷田光風・清風(書道家)

実兄弟の書道家、氷田光風(ひだこうふう)さん、氷田清風(ひだせいふう)さん。

残念ながら、兄の光風さんは平成18年に永眠されてしまいましたが、清風さんは大正11年生まれという大変なご高齢でありながら、現在も変わらずご活躍されています。

書風や流派を意識せず「誰もが書ける」「誰もが読める」をモットーに、書写の教科書や漢字辞典といった書道教育の基礎、標石(兼六園など)、新聞社の社名などでご活躍されています。

光風さん・清風さんは、正しい鉛筆・筆の持ち方、漢字や仮名の書き順など、子供たちの書道教育にも尽力されました。まさに、「日本の正しい書道」を確立させたお二人と言えます。

矢部澄翔(書道家)

矢部澄翔(やべちょうしょう)さん。
1976年埼玉県川越市生まれ。
6歳の時、明治を代表する長三洲の系列である日本書道研究会に入門、22歳で書道師範を取得します。幼いころから顔真卿の書、顔法を学びました。
までに発表した書作品、題字やロゴデザインをご紹介いたします。

臨書・漢詩作品や創作・漢字かな交じりの他、広告媒体、ロゴ、パッケージ、企業理念・社是、年賀状・カレンダーと、幅広い分野で活躍されています。

矢部澄翔さんの活躍は国内にとどまらず、2006年にスペインのサラマンカでのJAPAN WEEKに招聘され高い評価を得て以来、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・中東など世界各国10カ国以上で書活動を展開しています。

紫舟(書家・アーティスト)

内閣官房伊勢志摩サミット・ロゴマーク選考会審議委員を務めた女性書家、紫舟(ししゅう)さん。大阪芸術大学の教授をされています。

「文字に内包される感情や理を引き出し表現する」と称されるその作品は「唯一無二の現代アート」と、海外からも高い評価を受けています。その活躍は「書」だけにとどまらず、書画・メディアアート・彫刻へも発展させ、世界に向けて日本の文化と思想を発信しています。
 

これからの日本の書道

日本に漢字が伝来してから1700年余り。仮名文字を使った日本らしい書道が広まってから1000年余り。「日本の書道」は今後、どのように変わっていくのでしょうか。そしてこの美しい文化を、私たちはどのように継承していくべきなのでしょうか。

書はいかなる芸術か

「日本人の文字生活と書道 ( 日本教育書道連盟編集)」を書かれた
桑原江南(くわはらこうなん)さんは、
書道とは「文字を素材として表現する線」と言います。

「字」の役割は何といっても、その字が持つ「意味」を伝えることです。従って、その語の意味する内容と文字形態とが、 あまりちぐはぐにかけ離れてはならない、と桑原さん。

書道は芸術でありながら、突き詰めていけば「意味を伝達する文字」であり、そこに「美」があるということ。これは、氷田光風・清風さんの「誰もが書ける」「誰もが読める」というモットーにも通じるものがあります。

日本の書道をこれからも伝えていくために

「書道は世界に誇るわが国の独自の文化であり教養」と、日本書道教育学会名誉会長 石橋 鯉城さん。書道はいつの時代でも大切にされなければならない日本の伝統です。

しかし、日本の教員免許法では、小、中学校において書道(習字)が一つの教科として独立していおらず、それを教える資格を持った専門の先生が存在せず、正しい指導が行われていないのが現状です。

長い歴史の中で、常により使いやすく、美しい姿を求めて徐々にその姿を変えつつも、脈々と受け継がれてきた「日本の書道」

世界に誇るべきこの文化が今、失われつつあります。

子供たちに「正しい日本の書道の在り方」を伝え、これからもこの国の文化として残していくために、書道教育の充実と指導者の育成が望まれます。

「日本・書道」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「日本・書道」についてさらに知りたい方へ

お手本は無料で手に入る!自宅で書道を練習してみようのサムネイル画像

お手本は無料で手に入る!自宅で書道を練習してみよう

書道に欠かせない文鎮の選ぶコツや、書道の基本について紹介しますのサムネイル画像

書道に欠かせない文鎮の選ぶコツや、書道の基本について紹介します

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!のサムネイル画像

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介しますのサムネイル画像

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介します

世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声のサムネイル画像

世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!のサムネイル画像

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!

世界から見た日本の風習に対する感想って面白いかも!?のサムネイル画像

世界から見た日本の風習に対する感想って面白いかも!?

意外と多い?実は怖かった!怖い日本昔話とはのサムネイル画像

意外と多い?実は怖かった!怖い日本昔話とは

日本産の石材で建てられた有名な建築物あれこれのサムネイル画像

日本産の石材で建てられた有名な建築物あれこれ

天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たちのサムネイル画像

天照大御神だけじゃない~日本神話に登場する華麗なる女神たち

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2

関連する記事

「日本・書道」についてさらに知りたい方へ

お手本は無料で手に入る!自宅で書道を練習してみようのサムネイル画像

お手本は無料で手に入る!自宅で書道を練習してみよう

書道に欠かせない文鎮の選ぶコツや、書道の基本について紹介しますのサムネイル画像

書道に欠かせない文鎮の選ぶコツや、書道の基本について紹介します

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!のサムネイル画像

習字を始めようとしている方必見!おすすめの筆の選び方教えます!

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介しますのサムネイル画像

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介します

日本刺繍は布に糸を刺していくだけではなかった。その技とは・・・のサムネイル画像

日本刺繍は布に糸を刺していくだけではなかった。その技とは・・・

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと