お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

皆さんがお墓を建てる時に一番気になることは、費用が一体いくらかかるのかではないでしょうか?しかし、費用についてはなかなか聞きにくい問題でもありますよね。今回は、そんな問題を解決するために、お墓を建てるときに必要な費用について徹底的に解説します。

目次

  1. お墓を建てるのにかかる費用はいくら?
  2. そもそもどこにお墓を建てればいいの?
  3. お墓を建てるのにかかる費用の内訳
  4. お墓を建てるための費用に差が出る要因
  5. お墓の建て替えにかかる費用はいくら?
  6. お墓を建てると税金はかかるの?
  7. お墓を建てる費用に関するまとめ

お墓を建てるのにかかる費用はいくら?

お墓

皆さんは、お墓を建てるときに必要な費用についてご存知でしょうか?

お墓を買う機会は人生においても、そう多くあることではありません。
そのため、詳しい金額相場についてご存知の方は少ないのではないでしょうか。

現在、お墓を建てようと考えている方や、終活中でお墓に関する情報にご興味がある方にとっては、お墓の費用についてはとても気になりますよね。

そこで今回は、お墓を建てるときに必要な費用について、

  • お墓を建てる場所の違いとは?
  • お墓を建てる費用の内訳とは?
  • お墓を建てる費用に差が出る理由とは?
  • お墓を建て替える時にかかる費用とは?
  • お墓を建てると税金はかかるのか?

以上のポイントを中心に解説していきます。

お墓の購入を検討している方はもちろん、そうでない方にとっても参考になる記事となっています。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは、お墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では、お墓の建立から相続まで、お墓のあらゆる内容についてご紹介しています。
お墓の費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

また、実際にお墓を建てたいという方は、終活ねっとのお墓探しもぜひご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

そもそもどこにお墓を建てればいいの?

困った人々

そもそも、どこにお墓を建てればいいのかわからない、という方は意外と多くいらっしゃいます。

お墓を建てるときにまず問題になることは、お墓を建てる場所ではないでしょうか。
終活をされている方にとっても、お墓を建てる場所というのはとても重要なことですよね。

ここでは、お墓を建てる場所の種類や違いについてわかりやすく解説していきます。

寺院墓地

寺院墓地とは、お寺の中に設けられている墓地のことを指します。

寺院墓地は、お寺の中にあることがポイントとなります。
お坊さんがそばで見守ってくださるので、手厚い供養を受けられることが多いです。
そして、何よりも安心感があります。

法要などを行う際も、そのお寺で行うことができます。
何か困ったことがあれば、すぐにお坊さんからのアドバイスを聞くこともできます。

しかし、誰でも寺院墓地にお墓を建てられるのかというと、そういうわけではありません。

お寺には、檀家制度と呼ばれる制度があります。
寺院墓地にお墓を建てるためには、お寺の檀家になることが必須条件となります。
檀家になると、お寺の行事に参加したり、お寺への資金支援をすることになります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

そして、寺院墓地ではお墓の形に制限があることもあります。
近年よく見られるようになった、洋型などのデザイン墓石にはできないお寺もあります。
寺院墓地にお墓を建てる場合は、お寺への事前確認が必要となります。

霊園墓地

霊園墓地とは、寺院に属さない墓地のことを指します。

霊園墓地は、公営霊園と民営霊園の2つに分けられます。
広告やホームページなどで見られる墓地は、ほとんどが霊園墓地です。

寺院墓地とは違い、霊園墓地では墓石などの規制がない場合がほとんどです。

しかし例外的に、規制がある霊園もあるので注意が必要です。
寺院墓地と同様、禁止事項などは事前に確認しておいた方がよいでしょう。

公営霊園

公営霊園は、都道府県や市町村などの地方自治体が運営している墓地のことです。

自治体が運営しているので、運営に支障をきたすような危機に陥ることが少なく、安定しています。

公営霊園では、利用するお墓の価格が低く設定されていることも多いです。
お墓を建てる際にかかる費用を安く抑えたい方には向いていると言えるでしょう。

しかし、お墓参りの際に使うような道具類はあまり充実していません。
最低限の設備ですので、ご自身で用意すべきものが多くなってきます。
法要を行う際も、サポートがない場合がほとんどですので、ご自身で用意しなければなりません。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

公営霊園の最大のポイントは、墓石を購入する石材店が指定されていないことです。
そして、宗教などの規制も特にない点も大きな魅力となっています。

民営霊園

民営霊園は、民間の企業が運営している霊園のことです。
広告などでよく目にする機会も多い霊園です。

民営霊園は設備が充実しているところが多く、規制もあまりありません。
シンプルな霊園から、近代的な霊園までとても幅が広くなっています。
デザイン性に富んだ霊園も多く見られるようになってきました。

また、費用も霊園ごとに様々に設定されています。
一般的には、公営霊園より高めに設定されているところが多いです。

民営霊園は、設備や備品も充実しているところが多いです。
中には、お墓参りは手ぶらで行くことができるような霊園もあります。

そして、駐車場などが広く整備されていることも多いです。
好立地に設置してある霊園も多く、アクセスしやすくなっています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

民営霊園において一番注意しておきたいことは、石材店が指定されているかどうかです。
石材店の指定の有無は、墓石購入の際に重要なポイントになります。
必ず、忘れないように確認しておきましょう。

お墓を建てるのにかかる費用の内訳

お金

お墓を建てるとき、どのように費用がかかるのかご存知でしょうか?

お墓を建てると一言で言っても、墓石の費用だけではなく、様々な費用がかかります。
ここでは、お墓を建てる際の費用の内訳について解説していきます。

住宅を建築するときと似ているので、家を例にあげながら簡単に説明します。

家を建てるときには、家を建てる分の土地が必要とななります。
そのため、まずは土地の費用が必要になります。

土地の確保ができたら、家を建てるために住宅メーカーなどと契約します。
そこで、どんな家にするのかを決定し、家が完成します。

お墓も同様、お墓を建てるための土地が必要となるため、まず敷地代が必要となります。
墓地を確保した後、墓石を置くことになります。
ただし、生前契約などの場合は、すぐに墓石を置かない場合もあります。

そして、どのような墓石にするのかを石材店と相談して決定し、お墓の完成を迎えます。
以上がお墓を建てる際の一般的な流れです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

お墓の費用について大きく分けると、墓石代と敷地代という2つに分けられます。
次に、お墓を建てるときにかかる費用の内訳について詳しくご説明していきます。

永代使用料

永代使用料というのは、簡単に言えばお墓を建てる場所の敷地代のことです。
お墓を建てるための場所の権利を買うとも言えます。

永代使用料は、お寺や霊園との契約が決まると、一括で支払う場合が多いです。

永代使用料は、一度支払えば墓地を永代にわたって使用することができます。
そのため、後の世代にお墓をそのまま引き継ぐことができます。

よく、永代供養料と混同されてしまいがちですが、永代使用料と永代供養料とは違います。
間違えないように注意してください。

墓石代

墓石代と一言で言っても、その内訳はいくつかわかれています。

お墓はひとつの石でできているわけではないので、いくつかの石の購入が必要となります。
また、石の加工も必要となりますので、加工にかかる費用も必要です。

墓石ができあがると、お墓を置くところに設置します。
その際、お墓を設置するための費用も必要となります。

それでは、もう少し詳しくご説明したいと思います。

墓石本体

上記でもご説明したとおり、墓石はひとつの石でできているわけではありません。

墓石本体に必要なものを以下にまとめました。

  • 竿石
  • 上台
  • 中台
  • 芝台
  • 水鉢
  • 香炉
  • 花立て

最低限、上記の7つの部品によってお墓はできています。
その他に付属品もございますので、追加で購入することもできます。

墓石の種類は、海外産や国内産と産地によっても様々あり、値段も幅広く設定されています。
現在では、中国産の御影石が多く使われています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

墓石は、海外産が安く、国内産は高いという訳ではありません。
しかし、やはり国内産の石を選ばれる方が多く見受けられます。

加工費用

墓石に文字などを刻んだり、形を変えたりといった加工をすると別途で費用が発生します。
墓石の加工費用は、どのくらいの範囲でどの程度の加工をするのかで価格が決まります。

現在では、デザイン墓石などといった墓石を選択される方も多くなりました。
しかし、デザイン性が高くなればなるほど、その分加工にかかる費用も高くなります。
凝ったデザインにすればするほど費用がかかると考えてよいと思います。

また、大きな墓石を購入する場合には、追加で料金が必要となる石材店もあります。
追加料金の理由は、大きな石を取り出すことは大変な作業であり、大きな石自体が希少だと考えられるためです。

設置工事

次に、設置工事について解説していきます。

墓石が完成すると、その墓石を指定の場所まで運ばなければなりません。
そして、墓石を設置することになりますが、設置作業にも費用がかかります。

お墓を建てる場所が特殊な環境にあると、さらに追加料金が必要となることがあります。
駐車場がないお寺や霊園で道が細くて作業車が入れない、急斜面に面しているなどの環境にある場合は注意しましょう。

もし、お墓を建てたい場所が特殊な環境にある場合は、一度石材店に相談するようにしましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

設置工事の料金に関しては、石材店によって定められていることが異なります。
墓石を購入した石材店に、直接確認するようにしましょう。

墓石の値段相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

墓石の値段の相場はどれくらい?墓石の費用を細かく分析しました!

墓石の値段は決して安くはありません。しかしお墓全体の価格と一括して説明されることも多く、墓石の値段の吟味は難しいものです。では墓石の値段の相場はどのくらいでしょう?後悔しない墓石選びに役立つ、墓石の値段に関する様々な要素と相場を解説します。

管理料

管理料は、お寺や霊園の維持・管理に必要な費用のことです。
少し詳しくご説明すると、管理料はお寺や霊園などで使われる水道代や備品のための費用です。

ほとんどのお寺・霊園では、年単位での支払いです。
しかし場合によっては、3年〜5年ごとの支払いなど霊園やお寺ごとに変わってきます。

管理料は、民営寺院と公営寺院で費用の設定が異なります。
公営寺院は、価格が低く設定されていて、民営寺院は少し高めになっています。

しかし、民営でも公営よりも低めの価格設定がされている場合もあります。
そのため、多くの霊園や墓地を比較検討することが重要となります。

法要の費用

ここでは、法要にかかる費用について紹介します。
お墓を建てる際に行われる法要には、大きくわけて納骨法要と開眼供養の2つがあります。

納骨法要

納骨法要は、お墓に納骨する際に行われる法要のことです。
いつ行うのかといった細かい決まりは特にありません。

一般的には、四十九日や火葬を終えた当日に納骨法要を行う方が多いです。
ですが、ご自身やご家族のタイミングで納骨されると良いでしょう。

開眼供養

開眼供養は、お墓を建てた際、新しいお墓に魂を入れるために行われる法要です。
お墓だけでなく、お仏壇やご位牌などを新しくする際にも行われます。

これらの法要を行う際には、お布施と呼ばれるものをお坊さんに渡します。
お布施の金額は地域などによって異なります。
ですので、お墓を建てられる地域の一般的な金額相場を把握しておくことが大切です。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

お布施は、お坊さんに対する感謝の気持ちを表します。
そのため、金額だけにとらわれず、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

お墓を建てるための費用に差が出る要因

お金

お墓を建てるときには、様々な要因によって費用が変わってきます。

ここでは、お墓を建てるための費用に差が出る要因について詳しく解説していきます。

例えば墓石では、墓石の種類やデザインによって大きく費用は変わってきます。
その他には、使う石の量によっても費用は変わってきます。

お寺や霊園においても、公営にするのか民営にするのかによって費用は変動します。
また、霊園の立地によっても費用は異なります。

それでは、どのような要因で費用に差が出るのかを詳しく解説していきたいと思います。

立地条件によって永代使用料が異なる

先ほど、お墓を建てる費用は、住宅を建てるときと似ているという説明をしました。

住宅の土地の価格も、立地条件によって永代使用料が異なります。
お墓の永代使用料も、まさしく同じと言えます。

永代使用料は、一般的に首都圏に近いほど費用は高くなっていきます。
駅からの近さやアクセスの良さなどでも価格は異なります。

そして、購入する敷地の広さによっても費用は変動します。
また、霊園やお寺のどこの場所を購入するのかによっても大きく費用は変わります。

立地条件がよければよいほど、永代使用料にかかる費用は高くなるといえます。

永代使用料の金額相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の永代使用料の相場っていくら?相場の変動理由も詳しく解説!

お墓を建てる場合、かかる費用の一つに永代使用料があります。この永代使用料の相場には、利用する墓地や霊園などによって大きな変動があることをご存知ですか?永代使用料とよく混同される永代供養料との違いにも触れながら、永代使用料の相場について詳しく紹介します。

石材の種類

次に、挙げられる要因として石材の種類があります。

墓石に使われる石の種類は、大きくわけると4種類に分けられます。
そして、それらを産地などで更にわけると300種類以上にもなります。
また、色・硬さ・吸水性などによっても細かく種類を分けることができます。

石材の種類によって、墓石の費用は大きく異なってきます。
事前に石材店で確認しておきましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

材質が悪いから費用が安い、材質が良いから高いといった、単純なものではないのが石選びの難しいところであると言われています。

お墓の石材の種類や費用相場について知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の石材について代表的な石材や費用相場について解説します!

お墓を建てたい時、石材の種類がどのようなものがあるのか、国産や海外の石材で何が違うのか、費用の相場がどれくらいなのか、事前に知っておくことが大切です。今回はお墓を建てる前に知っておきたい石材の種類や値段について詳しく紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

墓地を運営する団体

お墓を建てるのにかかる費用は、墓地を運営する団体でも異なってきます。

墓地の運営団体というのは、公営霊園・民営霊園・寺院墓地と呼ばれる団体のことです。
各団体については先ほども触れましたが、もう一度まとめておきます。

それぞれの団体に、いくつかのメリットとデメリットがあります。
慎重に比較検討し、ご自身の希望やご家族の希望に合った団体を見つけましょう。

  • 公営霊園

    費用を低く抑えられるが、設備面では最低限のものだけが用意されている。
    石材店の指定もないところがほとんどですので、墓石も比較的自由に決めることができる。

  • 民営霊園

    費用が高めに設定されているが、設備が整っているところが多いです。
    法要などを行いたいときは色々な手配してくれたりと、サポート体制も整っている。
    墓石の指定がない霊園が多いが、ほとんどの霊園が石材店の指定をしている。

  • 寺院墓地

    民営霊園と似た価格の相場となっており、費用を安く抑えられる。
    お寺の敷地内にあるため、手厚い供養を行ってもらえ、精神的にも安心感がある。
    しかし、檀家になることが条件となるため、注意が必要である。

自分の地域の霊園・墓地を探してみよう!

ここまで、お墓の費用の内訳や、墓地・霊園の違いなどについて解説してきました。

次は、自分の住んでいる地域にどのような霊園があるのか、実際に調べてみましょう。

霊園・墓地を比較検討したいという方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。
資料請求や電話対応も可能です。(無料)

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

お墓の建て替えにかかる費用はいくら?

お金

万が一、お墓に不具合が生じた場合には、どのように対処すればよいのでしょうか?

最近では、震災などの天災によってお墓に甚大な被害を受けた方も多くいらっしゃいます。
もしお墓が被害を受けた場合には、お墓の建て替えも視野に入れなければなりません。

お墓の建て替えにかかる費用は、新しくお墓を購入する費用と同じだけの金額が必要となります。
お墓建て替えの金額相場は、10万円~100万円となっています。

終活ねっとでは、お墓に関するさまざまな記事を掲載しています。
お墓の建て替えに関してもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事もご覧下さい。

こちらも読まれています

お墓の建て替えの費用は?建て替えは御祝なのです。

お墓を新しく建て替えるには、どうしたらいいのでしょうか。 何度もある事ではないのでわからないことばかりのお墓を建て替えには、費用も時期も悩みどころです。 お墓を建て帰るために知っておきたいことをまとめました。

お墓を建てると税金はかかるの?

困った人々

お墓を建てるときの関心ごとのひとつとして、税金について気になる方もいらっしゃるでしょう。

お墓を購入するときにかかる税金や、お墓を相続したときにかかる税金について、疑問を抱えている方も多いと思います。

ここでは、お墓を建てる際に必要な税金について詳しくご紹介します。

お墓を建てる際に必要な税金

お墓を建てる際に必要な税金について解説していきます。

  • 墓石代や工事費の消費税
  • 管理費の消費税

お墓を建てる際には、以上の2つの費用に税金がかかってきます。
しかし、永代使用料に消費税や固定資産税はかかりません。

お墓の相続は非課税

お墓を相続するとき、相続税がかかるのかどうか気になる方も多いと思います。

お墓には、相続税はかかりません
お墓以外にも、お仏壇やご位牌などにも税金がかかることはありません。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

ここで一つ注意点しなければならないことがあります。
お墓を建てるための費用を故人が現金で残し、その現金をご家族が受け取られる場合は相続税の対象となるということです。

終活ねっとでは、お墓に関する様々な記事を掲載しています。
お墓にかかる税金についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!

私たちが毎年お参りしているお墓ですが、実はお墓を建てる税金の費用が発生するということは意外と知られていません。お墓を建てたり維持したりするのにお金が必要なのに、加えて税金となるときになる方も多いでしょう。今回はお墓と税金の費用についていろいろみていきましょう。

お墓を建てる費用に関するまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、お墓を建てる際にかかる費用について解説してきました。

今回の記事をまとめると、以下のようになります。

  • お墓を建てる場所は、寺院墓地・公営霊園・民営霊園の3つがある。
  • お墓を建てる際の費用の内訳は、永代使用料・墓石代・管理料・法要の費用に分けられる。
  • 立地条件や石材の種類、墓地を運営する団体などの違いによって、お墓を建てるのにかかる費用に差が出る。
  • お墓の建て替えるためには、新しいお墓を建てるのと同様、10万円~100万円程度の費用がかかる。
  • お墓を建てる際には、墓石代や工事費の消費税、管理費の消費税の税金がかかる。相続税はかからない。

皆さんがお墓選びをする際、ぜひ今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは、お墓に関するさまざまな記事を掲載しています。
ぜひ、他の記事もあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・建てる・費用」に関連する記事

「お墓・建てる・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・建てる・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと