急須、茶こしの種類と正しい選び方を解説

急須、茶こしはお茶を飲む方なら持っている道具でしょう。とくにこだわりがなく、なんとなく持っていませんか?実は急須、茶こしはそれぞれ種類があるんです。今回は急須や茶こしの選び方やお手入れ方法などを紹介します。

目次

  1. 急須とは
  2. 急須の選び方
  3. 茶こしの種類
  4. 急須の正しいお手入れ方法
  5. まとめ

急須とは

急須

急須は、お茶を入れて注ぐ際に使用される道具のことです。取っ手が注ぎ口から見て右側についているのが特徴です。日本の急須は2つのタイプがあります。取っ手が注ぎ口から見て右側についているもののほかに、注ぎ口と持ち手が一直線になっているタイプのものもあります。

急須の歴史

嗜好品としての飲茶の歴史は中国から始まりました。最初の作法では、突き固め乾燥させた茶葉を熱湯に入れ、湯を注いでいました。しかし当初はまだ茶筅用の器はありませんでした。陸羽の時代になると飲茶形式が確立されるようになり、茶を飲むための道具が盛んに作られるようになりました。日本にお茶の文化が伝わったのは、遣唐使によるものだと推測されています。お茶そのものはもちろん茶器も中国から持ち帰ったものが日本に伝えられたといわれています。この時の中国製の茶注がおそらく日本で最初の急須であったといわれています。

急須の正しい使い方

急須に乾燥した茶葉を入れ、湯を注いで茶葉が開くのを待ってから急須を傾け湯飲みに注ぎます。

急須の選び方

素材で選ぶ

急須は陶器でできているものが一般的です。しかし陶器以外にも鉄製、ステンレス製、アルミ製、ガラス製、石製のものもあります。なぜその中でも陶器が一般的なのかというと、陶器の急須は磁器の急須よりも吸水性、保温性に優れています。そのためお茶のアクがとれまろやかになります。

すり合わせがよくできているものを選ぶ

すり合わせとは急須本体に合うフタを作るため、ひとつひとつ急須とフタを合わせ、ガタつきを無くしたものです。すり合わせがよくできていると、密封度合いが高まり、よけいな空気が入らないためお茶本来のもつ味・香り・色を引き出すことができるのです。さらにすり合わせがよくできていると、急須を傾けてもフタと本体の隙間からお茶がもれることなく、最後の一滴までしっかりと注ぐことができます。

茶こしの種類

茶葉の細かい日本茶用の急須では茶袋(ティーバック)を用いない限りは茶こしが必要となってきます。昔は陶磁器本体と一体型のものが多く出回っていました。しかし現在ではステンレスの金網を本体にはめ込んだものが多く出回っています。

カゴ型網

カゴ型網の茶こしは、急須の中にスポッリ入る網です。茶葉をそのまま捨てることができ、手入れが楽ちんです。また網のみ取り換えることができるため、衛生的となっています。

胴穴タイプ

文字通り胴体に長句節穴を空けたタイプです。高級な急須や中国の宜興の急須の多くがこのタイプです。このタイプの茶こしの最大のメリットは水きれのよさです。胴体に直接穴が空いているため最後の一滴までお茶を注ぐことができます。しかし、細かな茶葉が目詰りしてしまうというデメリットもあります。

ささめ・セラメッシュフィルター

常滑の急須でよく見かけるタイプの茶こしです。細かい穴がたくさん開いている茶こしで陶製も茶こしでありながら、深蒸し茶のような目の細かいお茶も目詰りしません。しかし、水キレがよくないというデメリットもあります。

陶製半球型茶漉し

胴穴式とセラメッシュの中間的な性質をもつ茶こしです。水きれもよく、目詰りもしにくいのが特徴です。しかし、茶葉が細かな深蒸し煎茶の場合、目詰りしてしまうことがあります。

ステンレス製

ステンレス製の茶こしの急須には様々なタイプのものがあります。ステンレス製の茶こしは形状に関係なく極めて優れた性能を発揮します。最も多くの出回っているタイプです。

急須の正しいお手入れ方法

急須は水洗いが基本です。急須でお茶を入れたあと、茶がらを急須から出し、水圧を強めにした水道水で急須を洗い残った茶葉などを洗い流します。洗ったあとに急須の中に水を入れ、しばらく置いておきましょう。しばらくたったら水を出し、急須をひっくり返し注ぎ口が下を向いた状態で乾かしていきます。急須はしっかり乾燥させることで茶渋が付きにくくなるそうです。

茶こしの洗い方

みなさん茶こしはどのようにして洗っていますか?水道水をあてながら茶葉を落としているという方が多いのではないでしょうか?しかしその洗い方の場合、茶葉が網目に引っかかってなかなかきれいに洗うことはできません。茶こしをきれいに洗うには、洗い桶などに茶こしをつけておき、茶葉を浮かします。茶葉を浮かせた状態でゆすり洗いするときれいに茶葉を落とすことができます。

茶こしの頑固な茶渋をとるには

茶こしにこびりついた頑固な茶渋は洗っただけではきれいにとることはできません。頑固な茶渋をとるためには「重曹」がおすすめです。茶こしを逆さにし水をかけ、茶こし全体に重曹を振りかけます。たわしや使い古した歯ブラシなどを使用し汚れをとっていきます。最後に水でよく洗い流しましょう。重曹は茶渋以外にもさまざまな頑固な汚れを落としてくれる便利な道具です。一家に一つ常備しておきたいですね。

まとめ

急須

いかがでしたか?急須や茶こしについて知っていただけましたでしょうか。ぜひ急須や茶こしを選ぶとき、お手入れの際の参考になればと思います。

「急須・茶こし」に関連する記事

「急須・茶こし」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと