葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

40代で終活?と思われるかも知れませんが、働き盛りで気力も体力も十分なこの年代だからこそ、素晴らしいエンディングを迎える準備をするのにふさわしいのではないでしょうか。この記事では40代から終活を始めるべき理由とその内容について紹介します。

40代からの終活について

人々

不惑の年と言われている40代。
夢中になって生きてきたこれまでの経験が大きな糧となり、どっしりと構えて様々なことに取り組める良い時期ではないでしょうか。

そのような落ち着いた年代だからこそ、終活を始めるには大変最適と言えます。

そこで今回の終活ねっとでは、40代からの終活について

  • 40代から始める終活の内容
  • 40代の終活のメリット
  • 終活で学べること

という点を中心にお話しさせて頂きたいと思います。

そもそも終活とは

人々

終活とは、自身の終末期をどのように迎えるのかを考え、最期まで幸せな人生を送れるように準備をすることを言います。

自分がどうなりたいかという希望は勿論のこと、これまで生きてきた過程を改めて振り返り、出会った人々に感謝したり、思い出を整理してまとめるなどの良い機会にもなっています。

人生のゴールに向かって新たなスタートを切るための準備、それが40代の終活と言えるのではないでしょうか。

40代からの終活で何ができるのか

人々

終活と聞くと、どうしてももっと年齢を重ねた方々というイメージが強いため、40代ではどのような内容で進めればいいのか迷ってしまいますよね。

しかし、人生の終わりを見つめることは自分のこれからを見つめることになり、その時期は早ければ早いほど充実したものとなります。

ここでは、実際に行われている終活の内容を具体的にご説明させて頂きます。

エンディングノートを書く

エンディングノートとは、書かれたご自身が終末期でお身体が不自由になったりお亡くなりになった後、ご家族が様々な判断や手続きを行う上で必要となる情報をまとめて記しておくためのノートです。

所持している資産やお葬式に関する希望といった事務的なものから、ご自身の歩まれてきた人生やその気持ちなど、書き記すという行為で心を整理することが出来ます。

遺言書ではないため法的効力はありませんが、40代から始めることでその後の資産の動きや深まっていく歴史を書き記すなど、のちにご自身で見返して人生に役立てることが出来る重要な資料ともなります。

自分の歴史

エンディングノートというと、残された家族に迷惑を掛けないようにするためのものだとつい思ってしまいますよね。

実はエンディングノートにご自身の歴史を綴ることで、書かれたご本人に良い影響が生まれます。

ご自身が病気になったのをきっかけにこれまでの人生の出来事を記録していたところ、一つ一つの思い出が蘇ってきて温かい気持ちになり、ネガティブな感情が薄れてきたとおっしゃる方も多くいらっしゃいます。

沢山のストレスを抱えてつい深刻に考えてしまいがちな40代にとって、自分史を書き綴るという行為は前向きになる良いきっかけになっています。

周りへの想い

ご家族やご友人、大切な方々へ向けた気持ちを言葉に残してみましょう。

普段なかなか口に出せない言葉をノートに書き出すことで、改めてご自身のお気持ちに気がつくことも出来ます。

実際にエンディングノートを受け取られたというご家族の多くは、感謝の言葉が綴られているこのノートが一番の遺産であると感じていらっしゃいます。

長く一緒に暮らしていた家族でさえ知らなかったという秘密や、普段からは想像もしなかった優しい言葉の数々が詰まったノートは、まさに世界に一つの宝物となります。

銀行口座・クレジットカード

ご自身が契約されている銀行口座キャッシュカードやクレジットカードの情報を記しておきます。
主な内容としましては、

  • 銀行名と口座番号
  • ネットバンキングなどのID
  • 使用されているクレジットカード情報
  • 自動引き落としについての詳細

といったものになります。

ここで一つ注意が必要なのは、口座番号やクレジットカード番号、暗証番号といった重要な情報は記載しないようにするという点です。

エンディングノートに事細かに詳細を記していたため、のちに紛失してしまい全てのカードを停止して手続きをしなければならなくなった、というケースもあります。

万が一のことを考えて、不正利用をされない程度の情報にとどめておきましょう。

投資などの詳細

ご自身が所有している投資について、まとめておきましょう。

こちらの例としましては、

  • 株などの有価証券
  • 投資している不動産
  • 資産価値のある骨董品や貴金属類
  • 賃貸借しているお金について

といった内容になります。

このほか、貸金庫やトランクルーム、資産となり得る特許権があるかなども書き加えておくと良いでしょう。

ご家族が投資に関してあまり明るくなく不安をお持ちの場合には、残された家族が困らないように連絡先の記載も合わせて行ないましょう。

断捨離・身辺整理

終活を行うにあたり重要視されているのが断捨離身辺整理です。

物が入ってくる流れを断ち、いらないものを捨てて、物への執着から離れるというこの行為は、終活だけにとどまらず普段の生活を見直す良い機会にもなります。

気力も体力も十分にある40代であるからこそ、思い切った断捨離・身辺整理をしてみましょう。

生前整理

終活としての生前整理というと気が重くなかなか腰が上がらない、という方もいらっしゃいますが、最近では終活という意識はなく、人生の節目節目で断捨離を行う人たちが増えています。

溢れる物を整理してより快適な生活を送れるようにする、高価なものを大切に使い続けることで心を豊かにする、このようなライフスタイルを求める行為が、結果的に生前整理へと繋がるのです。

少ない持ち物で満足し心豊かに暮らしていく、それが結局は高齢となった時の余裕となります。

使わなくなった大型家具や家電製品、着ていないけれどもったいなくて捨てられない洋服や貰い物の食器など、現在の生活には不必要と思われるものは思い切って手放し、快適な暮らしと理想的な未来を手に入れましょう。

データの整理

ネットが発達した現代において、パソコンのみならずスマホやタブレットといった複数のデバイスに多くの個人情報が残っています

また、仕事で使うパソコンにあるファイルやサーバーにアクセスするためのパスワードなど、個人が扱うデータはかなり多いのではないでしょうか。

これらのデジタルデータは扱っている本人でなければその整理は難しいことが多いだけでなく、会社関係の機密書類などが入っていると取り出すのに苦労することになります。

個人情報保護の観点からも、これらのデジタルデータを普段から整理しておくことは必須です。

  • 家族に残したい写真や動画はCDやDVDに移す
  • 知られたくない情報は厳重なロックをかける
  • SNSやメール、ネットで契約したアプリの登録解除の方法を控えておく

仕事や個人でどれほどネットを利用しているのかにもよりますが、まずはこのような点に注意してデータ整理を行なってみましょう。

医療・介護

医療介護についてある程度の見通しを立てておくことは、自らの望む終末期を迎えるにあたり重要なポイントとなります。

主な内容としましては、

  • 万が一の時の臓器提供の意思
  • 延命措置をするかどうか
  • 具体的な介護プランとその費用の見通し

という点を、ご家族と早い年齢から話し合っておくことが必要です。

臓器提供は特に受け入れられないご家族も多く、最初から納得した上でなければ意思が尊重されないこともあります。

また、長期に渡る介護生活ではご家族が延命措置をするかどうかを決断する場面もあり、そのような時に本人の意思が伝えられていると精神的負担も少なくて済みます。

そのようなことも踏まえた上で、40代からある程度の介護プランを立ててみると、今後どのようなことに費用が掛かりどのくらいの貯蓄が必要なのか、といった具体的なライフプランニングができるようになります。

自分の写真

葬儀の時に必要となるのが、ご遺影のための写真です。

最近では、お元気なお姿を写真に収めるといったご遺影プランを提供する写真スタジオも多く登場するようになりました。

お気に入りの洋服で、メイクからヘアセットまで行い一番美しい姿を撮影し、それをデータとして収めるのです。

中には元気でいられたことへの感謝と記念として、毎年撮影をなさる方もいらっしゃる程の人気です。

例えばお正月やお誕生日など、何かの折に記念や記録としても写真を撮っておく、というのもよろしいのではないでしょうか。

40代から終活を始めてもいいのか

人々

40代なのに終活?とあまりピンと来ない方も多いかも知れません。

しかし、最期の迎え方を具体的に想像して準備をすることだけが終活ではないのです。

今どのような気持ちでどのようにして生きているのか、その積み重ねがこれからの人生に大きく影響してきます。

40代の終活が必要とされる、その本質的な意味についてみてみましょう。

自分の人生を見つめなおす時間を持てる

40代になると自分の死について考える人の割合が多くなります

家庭においても社会においても役割と責任を担って、懸命に生きてきた中で迎える40代は、これまでの疲れが一気に心と体を襲う時期でもあるからです。

断捨離やエンディングノートといった終活は、これまでの人生を振り返って見つめ直す時間を作り出し、このような漠然とした不安を一度整理する上で非常に役に立ちます

終活は、誰かに迷惑をかけないためだけに行うものではありません。

自分のために時間をかけて心に浮かんだ不安を落ち着かせ、これから過ごしていく毎日を豊かなものにしていくことも、立派な終活と言えるでしょう。

今自分が何を一番したいのか発見できる

エンディングノートなどを通して人生を振り返っていると、忘れていた昔の夢忙しさに紛れて見えなくなっていた趣味がはっきりと見えてくることがあります。

日々の生活を維持していくために後回しにしていた夢を発見し、今後の生活を精神的にも潤いのあるものへと変化させることも、40代からの終活に大きな意味を持たせてくれます。

昔から行きたかった場所へ行ってみる、チャレンジしてみたかったことをやってみる時間は、40代には十分にあるのです。

一つ一つ書き出して確認しながら、出来る事を楽しんでみるのも良いでしょう。

家族の有無は関係ない

誰かのためにと思うとお一人暮らしの方は終活に興味がなくなってしまうかも知れませんが、終活は決してご家族の有無は関係ありません

自らの生活を豊かにしていくため、そしてこれからの人生の幅を広げていくために準備を整えることも立派な終活の役割と言えます。

ご自身が今現在置かれている立場を考えながら、どのように終活を行っていくのかを考えてみましょう。

家族がいる場合

ご家族がいる40代にとって、大切なご伴侶やお子様達は何者にも変えがたい存在ですよね。

一緒に生活をしているからこそ、どうしても家族には迷惑をかけたくないという思いを持つ方も多くいらっしゃいます。

そのような場合は、以下のことを参考になさってみてください。

  • マイナンバーや本籍地といった、行政書類を作成するにあたり必要な情報を書き残しておく
  • ご自身に万が一のことがあった場合の連絡先を決める
  • 解約や停止が必要となる契約をコンパクトになるよう整理した上で、その情報を共有しておく
  • ご家族では難しい会社関係の手続きについて、相談先を知らせておく
  • 葬儀・お墓についての希望など

残されたご家族は悲しみの中で様々な手続きを行うことになります。

そんな時に手続きの流れがある程度わかっていたり、わからない場合に相談出来る相手がいるだけでもとても心が落ち着くのです。

生活の細々としたことをスッキリとさせて見通しを立てやすくする良い機会にもなりますので、一度情報をまとめてみると良いでしょう。

独身の場合

独身でお一人暮らしの方ですと、なかなか終活には目が向きにくいこともあるでしょう。

ですが、これまで全てご自身で築き上げて来られたせっかくのキャリアですから、最後までご自身でプロデュースなさることも大切な終活になるのではないかと思います。

  • お金や財産をスッキリと一つにまとめてわかりやすくする
  • クレジットカードを減らす
  • 友人や勤め先に、緊急連絡先を用意して知らせておく
  • 入院や認知症といった病気に備えて法的後見人を探しておき生前契約する
  • ご近所の方とのコミュニケーションを図り、役所の福祉課などに一人暮らしであることをあらかじめ伝えておく

これらの項目は極一部の例となりますが、最後までご自分らしい生き生きとした生活を送るためにも、現在のライフスタイルに合わせて専門家の方にご相談してみるのもよろしいかと思います。

40代からの終活まとめ

人々

40代から始める終活の内容とその理由について、いかがでしたでしょうか。

今回の記事では

  • 40代からの終活は生活の見直しへと繋がる
  • 早くから終活を行うことで心と時間の余裕が生まれる
  • 終活は周囲の人たちのためだけではなく、自分のためにも役立つ

という点を中心にお話しさせて頂きました。

40代というまだまだ現役世代にとっては、終活はこれからの人生をどのように旅するかという地図のような役割を持つのだなあと、改めて感じます。

この記事が皆様のお役に立てましたら幸いです。

終活ねっとでは、今回の記事以外にも終活に関する様々な情報を皆様にご提供させて頂いておりますので、是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「終活・40代」に関連する記事

「終活・40代」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「終活・40代」に関連する記事

「終活・40代」についてさらに知りたい方へ

近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。のサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

近年終活がブームとなる中、終末期の過ごし方を考えて、いかにして幸せに過ごすかに心を砕いている方も少なくありません。しかし、終活とは具体的に何をすることなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は終活ですることについていろいろと見ていきましょう。のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

より良いエンディングを迎えるために、多くの方々が終活に取り組まれるようになってきました。その年齢層は幅広く、今では10代20代といった若者からも注目を集めています。若い世代の終活とはどのようなものなのか、若者の将来に役立つ終活について解説していきます。のサムネイル画像

若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!

近年流行してきている終活は、そのブームの広まりに合わせて取り組む方が増えてきています。ところで、この終活ですが取り組み始める年齢について疑問に思っている方も少なくないことでしょう。はたして、終活を始めるのに適した年齢とはいくつ頃がよいのでしょうか?のサムネイル画像

終活を始める年齢っていつがいいの?若い年齢でできる終活も解説!

ランキング

よく読まれている記事です

終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。のサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。のサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト