30代から終活を始める人がいる?30代からの終活の意義・内容とは

30代から終活を始める人がいる?30代からの終活の意義・内容とは

30代とはまだ若く、働き盛りの世代です。まだまだこれからの30代と終活は、結びつかないかもしれません。けれども最近、若い世代でも終活を始める方がいらっしゃいます。なぜ若い世代も終活するのでしょうか?今回は、30代からの終活の意義と内容について解説します。

2020-02-10

30代からの終活について

人々

30代とはどんな世代だとイメージしますか?
働き盛りで元気のある世代だと感じる方は多いでしょう。

その通り、30代は現役世代です。
人生の転機が訪れ、ライフスタイルが変化するのも、この30代ではないでしょうか?
仕事だけでなく、結婚して家庭を持ったり子どもを育てたりと、忙しいながら充実した世代だと言えます。
「死」からは遠いイメージにありますが、30代と終活との関係はどういったものなのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、30代の終活について

  • 終活とは何か?

  • 30代からの終活の内容とは?

  • 30代から終活を始めることの意義や理由は何か?

  • 30代から始める終活は何に注意すべきか?

以上4点を中心に、話を進めていきたいと思います。
終活は関係のないものだと思っている若い世代の方も、これを読むと終活を始めてみようと意識が変わるかもしれません。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

終活とは

仏壇

終活とは、終末期について考え、最期まで幸せな人生を送れるようにすることです。
以前は終末期や死について語ることは、縁起でもないこととされ、避けられるべき話題とされてきました。

けれども、自分の希望通りのエンディングを迎えるためには、事前に準備することも必要です。
また、準備をしていれば、いざというとき家族や周りの方への負担を最小限に抑えることもできるでしょう。
そういった意味で、終活は終末期や死を前提としているもののポジティブな活動だと言えるのです。

30代から始める終活の内容

お金

それでは、終末期や死とはまだまだかけ離れた存在である30代の方は、どのような終活をすればいいのでしょうか。
終活を行っている中心世代の60代・70代の方と、終活の内容に違いはあるのでしょうか?

エンディングノートを書く

一般の終活でも同様ですが、まず行うと良いのがエンディングノートを書くことです。
エンディングノートを書くことで、自分自身の情報が整理され、これまでの人生を振り返ることもできます。
それでは、エンディングノートに具体的に書くべきことは何なのでしょうか?

自分のこと

まずは、自分自身のことを書きます。

  • 運転免許証

  • マイナンバー

  • 本籍地

  • 保険証やパスポートの保管場所

医療・介護について

医療介護についても書きましょう。

  • かかりつけの病院

  • 重病だったときの告知の要不要

  • 延命措置の要不要

  • 介護が必要なときに希望するサービス

お葬式・お墓について

自身の死後のことも考えて、葬儀お墓についても希望を書き記しておきます。

  • 菩提寺や希望の葬儀社など

  • 葬儀で流して欲しい音楽

  • 遺影として使って欲しい写真

  • 葬儀に参列してほしい友人知人の連絡先

  • 納骨の方法

  • お墓を所有している場合には住所や霊園の連絡先など

お金について

お金やその他の資産についても書いておきましょう。

  • 預貯金の口座番号

  • 所有する有価証券の情報

  • 不動産に関する情報

  • 借金がある場合には、その内容

  • クレジットカードの情報

データの整理

30代の方は、60代・70代の方に比べて、デジタルデータを所有している方が多いでしょう。

それも、クラウド上であったりスマートフォンのアプリであったりと、さまざまなところにデータが散らばっていることがあります。

そうした散らばったデータを、どこにアクセスしたらどういったデータにたどり着くのかというのを洗い出す必要があります。

こういったデジタルの情報は、エンディングノートにまとめて整理することもできます。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)

30代の方ですと、大半の人がSNSを利用しているでしょう。
使っているSNSのログインパスワードなどは、自身にもしものことがあったときのため、エンディングノートに書き留めておきましょう。

また、自身にもしものことがあった場合に、SNS上で知らせて欲しいか否かについて、ご家族に伝えておくと良いでしょう。

SNSの利用状況やSNS上での交友関係をご家族が知らないと、SNS上で親しくしていた方にも何の連絡も届かないことになってしまうからです。

パスワード関連

生活をしている中で、私たちはたくさんのパスワードに囲まれていると感じることはありませんか?
キャッシュカードクレジットカードのパスワードは頻繁に使います。

それ以外にも、先ほど挙げたSNSやインターネットショッピングのサイトなど、さまざまなものを利用する際にパスワードが必要になります。

インターネット上で申し込んで定期購買や購読をしているものがある場合など、自身の死後に解約する際にパスワードが必要になるかもしれません。
自身の持っているすべてのIDやパスワードを洗い出してみましょう。

銀行口座

エンディングノートに書くべき項目を説明した際も、銀行口座については言及しました。
けれども、30代の方の中には、ネットバンキングを利用している方もいらっしゃるでしょう。

利用している方は、預貯金口座の番号だけでなく、ネットバンキングのIDやパスワードをエンディングノートに書いておきましょう。

人間関係の整理

終活をするにあたって一度人間関係を整理してみましょう。

30代の方には、多様な交友関係を持っている方も多いことでしょう。
ですが、周りの人はその交友関係を詳しく知らない場合があります。

なので、もしものことがあった場合に誰に伝えて欲しいのかを、エンディングノートを読む方に知らせる必要があります。

終活イベントへの参加

終活イベントが各地で開催されているので、そちらに参加するのも良いでしょう。
エンディングノートが配布されていたり、自分とは縁遠いと思っていた葬儀やお墓の話を聞くことができて興味深いものです。

また、30代の方だと、親世代がちょうど終活を始める中心世代である60代・70代でしょう。
親子で終活イベントに参加してみると、終活について話すきっかけになるかもしれません。

親と終活の話をすると、親戚関係の人間関係や菩提寺・お墓の話が出る可能性もあり、自身の終活の参考になることもあります。

30代から終活を始める意義・理由

人々

ここまで、終活のやり方について話してきましたが、30代から終活を行う意義理由はどこにあるのでしょうか?

人生を振り返ることができる

まず、終活を始めることでこれまでの人生を振り返ることができます。

自身の所有しているものや交友関係などは、自分がこれまで大切にしてきた価値観の積み重ねと言えるでしょう。
30代は忙しい世代でもあるので、わざわざ自身のこれまでの人生を振り返る時間を持つということは、それ自体がかなり貴重な体験と言えます。

終活は、そういった自分自身と向き合うきっかけにもなるのです。

これからの人生について考えることができる

終活をする上で、欠かせないのはエンディングノートです。

エンディングノートを書いていると、自然と家族や自分の周りにいる親しい人を思い浮かべることになると思います。
自身にもしものことがあったとき、誰がどんな顔でこのノートを読むことになるのか?
自分の死後に家族が困らないように、何を書き残しておけば良いのか?
そんなことを考えながら、エンディングノートを書くことになるはずです。

先ほど、終活をすることで自身の人生を振り返ることができると言いました。
人生を振り返ることで、今後の人生について考えるきっかけになるでしょう。

もし、エンディングノートを書いているときに思い浮かべる顔があるなら、その人たちを大事にすることも今後の人生の方針の一つになるかもしれません。

30代の方だと、大半の人が人生の折り返し地点にも達していない年齢です。
今、人生を振り返り今後の人生を考えることで、後半の人生がより充実したものになるでしょう。

そして、一度終活をしておしまいにするのではなく、数年おき、もしくは自身の環境が変わったときなどに定期的にエンディングノートを見直して、その都度情報を更新していくと良いのではないでしょうか。

30代から始める終活の注意点

人々

それでは、30代から終活を始める上での注意点はあるのでしょうか?

終活をしたことを周りに知らせておく

まずは、終活をしたことを周りに知らせておく必要があります。

もしものことがあった場合、30代の方ですとエンディングノートに記入している方があまりいないため、残されたご家族もそういったノートの存在に気付かない可能性もあります。

周りに終活をしたことを知らせておけば、もしものときにご家族がメッセージに気付いてくれるでしょう。

終活の内容は人それぞれである

第二に、終活の内容は人それぞれだということです。

先に話した通り、30代とは転機が多く訪れる年代であり、同じ年齢でも置かれている状況は人それぞれ違います。
それと同時に、何に重きを置くのかというのは個人で異なります。

もし結婚している男性の場合、もしものときに真っ先に考えなければならないのは、残される妻子のことになるでしょう。
その場合には、妻子に残る資産のことが1番気になるポイントかもしれません。

けれども、単身で一人暮らしの方の場合、仕事だったり自分の暮らしている部屋だったりを、1番の心配事に考えることもあるでしょう。
特定のもののコレクションなど、一般の人にはわかりにくい価値のあるものを所有している場合には、その旨もエンディングノートに書いておく必要があるでしょう。

また誰でも、他人に見られたくない写真や日記など、1つくらいは持っているはずです。
そういったものの処分の仕方なども、事前に考えておく必要があるでしょう。

どんな場合でも終活に正解はないので、自分の価値観と向き合い、可能であれば家族と話す機会を設けて、終活を進めていきましょう。

エンディングノートに法的効力はない

最後に、エンディングノートには法的効力がないということに注意しましょう。

もし、法的効力を持たせたい場合には遺言書を作成する必要があります。
遺言書はエンディングノートとは違い、形式通りに作成しなければなりません。
また、自身の死後に家族を縛るものとなり得るので、その点も注意が必要です。

エンディングノートに書くべき項目は、個人情報をまとめたものとなります。
このため、エンディングノートの保管や取り扱いには十分気をつけなければなりません。
銀行口座の情報やパスワードなどの重要な情報と、自身の終末期や死後についての希望などを、2つのノートに分けておくというやり方もあります。

30代からの終活まとめ

お金

ここまで30代から始める終活についてお話してきました。

  • 終活とは、「人生の終末期を考えることで残りの人生をより充実したものにする」ことが目的の活動

  • 30代でも「もしものとき」を想定して、終活を始める人が増えている

  • 終活をするとき、まず最初はエンディングノートを書くことから始めるとその後の流れが明確になる

  • エンディングノートには、「自分のこと」・「医療・介護について」・「葬儀・お墓について」・「お金について」をメインに書いていく

  • 30代ではSNSやインターネットバンキングなどを利用している人が多いので、利用しているサイトのIDやパスワードも整理しておく必要がある

  • 30代は交友関係も幅広いので、もしものときに誰にどのように自身の死を伝えるのかを考えるようにする

  • 30代でも終活イベントに参加することで、今後の終活について考えるべきことが明確になる

  • 終活イベントに親子で参加することで、両親と終活の話をするきっかけになる

  • 30代から終活を始める意義は、これまでの人生を振り返ることで、今後の人生について考えられるということにある

  • 30代から終活を始める場合には、周りに終活をしたことを知らせる必要がある

  • 終活の内容は個々人で異なるので、自分の価値観を大切にしつつ家族と話す機会を持つと良い

  • エンディングノートには法的効力はないが、重要な個人情報がたくさんつまったノートになるので、取り扱いに注意が必要となる

以上が、30代から始める終活のまとめになります。

30代と終活とは一見結びつきにくく、終活を始めるには若すぎるように感じられるかもしれません。

けれども、いつ「もしものとき」が訪れても大丈夫なように事前に準備しとくことは、家族や周りの人たちへの思いやりだとも言えるでしょう。
30代は人生の転機が多くあり、人によって生活の環境も異なります。

30代で終活を始めた場合でも、生活環境や考えの変化によって、その都度エンディングノートは柔軟に書きかえることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、30代からの終活以外にも様々終活に関する記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

「終活・30代」に関連する記事

  • 20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀のサムネイル画像
    20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀

    近年「終活」という言葉をよく耳にするようになりました。20代で終活を行う場合、どのようなことができるのでしょうか。20代でできる終活について見ていきましょう。また、断捨離やエンディングノートについてもご紹介していきます。

  • 終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!のサムネイル画像
    終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

    終活のためのアプリと聞いてどのようなものを思い浮かべますか?日常生活で使用しているスマートフォンのアプリで終活ができると手軽で便利ですよね。この記事では終活でアプリを使用する方法やメリット、さらにはおすすめのアプリも紹介していますので参考にしてください!

  • 終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像
    終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

    40代で終活?と思われるかも知れませんが、働き盛りで気力も体力も十分なこの年代だからこそ、素晴らしいエンディングを迎える準備をするのにふさわしいのではないでしょうか。この記事では40代から終活を始めるべき理由とその内容について紹介します。

  • 終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法のサムネイル画像
    終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

  • 若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!のサムネイル画像
    若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!

    終活といえば、高齢の人がするものというイメージがありますが、最近では若い人にも終活が注目されているといいます。特に終活のひとつであるエンディングノートに関心が集まっているようです。そんな若い人向けの終活の内容やメリットを解説します。

  • 終活のやり方・方法を解説!|具体例・メリット・時期のサムネイル画像
    終活のやり方・方法を解説!|具体例・メリット・時期

    終活をやってみたいと思う人は意外と多くいます。しかし、どんな方法があるのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、終活を行う際の具体的な方法やメリットについて解説していきたいと思います。終活に興味のある方は是非最後までお読み下さい。

  • 終活の流れって一体どんな感じ?終活する目的などもあわせて紹介!のサムネイル画像
    終活の流れって一体どんな感じ?終活する目的などもあわせて紹介!

    「終活」はさまざまなメディアで取り上げられています。言葉は知っていても、自分には関係のないものだと感じていたり、そもそもどんな流れで進めるものなのか知らなかったりする方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな終活の目的や流れについて解説していきます。

  • 終活の具体的な内容って何?行うべき事柄や始めるタイミングを解説!のサムネイル画像
    終活の具体的な内容って何?行うべき事柄や始めるタイミングを解説!

    最近は終活を行いたいと思われている方が増えてきています。しかし終活の具体的な内容はよくわからないという方もいらっしゃいますよね?そこで終活の具体的な内容について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!のサムネイル画像
    エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!

    エンディングノートっていつから書き始めたらいいのか、どんなことを書いたらいいのか疑問に思ったことはありませんか?そもそも終活はいつから始めたらいいのか、エンディングノートにはどんなことを書いたらいいのか、年代別の終活方法など詳しくご紹介いたします!

  • エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!のサムネイル画像
    エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!

    終活の中で非常に便利な道具であるエンディングノートですが、実はスマートフォンのアプリにもあるのはご存知でしょうか?今ではすっかり生活必需品であるスマホのアプリでエンディングノートを書くことができるとなると、より便利です。一体どのようなアプリがあるのでしょう。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事