納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

お墓を選ぶ基準は何でしょうか? 近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。 それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう? ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。

目次

  1. 納骨堂と永代供養墓の違いについて
  2. そもそも納骨堂ってなに?
  3. 永代供養墓とは?
  4. 共同墓地と一般墓地の違い
  5. 納骨堂と永代供養墓のメリット・デメリット
  6. 納骨堂・永代供養墓を検討する際の注意点
  7. 納骨堂と永代供養墓の違いまとめ

納骨堂と永代供養墓の違いについて

困った人々

お墓について考える時、まず思い浮かぶのは「費用面」と「承継人の問題」ですよね。
それでは様々な状況を考慮して、お墓を選択することはできないのでしょうか?

お墓を建立すれば費用がかかりますし、承継人がいなければお墓の維持・管理が困難になってしまいますよね?
自分のできる範囲内で故人をきちんと供養する方法はないのかと悩まれる人は多いと思います。

  • 「納骨堂」とは?
  • 「永代供養墓」の意味
  • 「共同墓地」と一般的な墓地との違いは?
  • 納骨堂と永代供養墓、それぞれのメリット・デメリットとは?
  • 納骨堂と永代供養墓を選ぶ際に注意すべき点

ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いを交えて、それぞれの特徴や問題点を解説していきたいと思います。
お墓を検討する際の参考にしてください。

そもそも納骨堂ってなに?

お墓

納骨堂と言えば、どのようなイメージを思い浮かべますか?
何となく「屋内でロッカーのような扉がたくさん並んでいる場所」というイメージを思い浮かべる人が多いと思います。
では、そもそも納骨堂とは一体どういったものなのでしょうか?

納骨堂とは、ご遺骨の入った骨壷を預けて保管してもらう施設のことです。
ご遺骨は個別で安置され、維持管理費の支払いが行われている間納骨堂を使用することが可能です。
古くは墓地などの片隅に、一時的にご遺骨を保管する目的で建てられた施設でした。
その後、徐々に様変わりし現代のような長期に渡ってご遺骨を保管する施設へと変化してきました。

近年、長期的にご遺骨を安置しておくことのできる納骨堂は、核家族の増加や少子化に伴いお墓を承継することのできない人やお墓の維持や管理が困難な人など、お墓の選択肢の1つとして選ばれています。

納骨堂には、運営や管理をしているところの違いによって「寺院納骨堂」「公営納骨堂」「民営納骨堂」があります。

寺院納骨堂は寺院が、「公営納骨堂」は都道府県や市区町が、「民営納骨堂」は宗教法人や財団法人が、それぞれ運営・管理を行なっています。
主な特徴として「寺院納骨堂」は、宗教や宗派関係なく納骨が可能で、葬儀から供養までの一連を任せることができます。
公営納骨堂は、申し込み時の条件が細かく決まっていますが、費用が比較的安いことが特徴です。
民営納骨堂は、寺院・公営の納骨堂よりも種類が多く、理想により近い条件で探すことができます。

また、納骨堂によって様々なタイプがありそれぞれの特徴も違います。
主な納骨堂として、一般的によく知られているロッカーのような扉の中にそれぞれ壇があり、ご遺骨を安置する「ロッカー式」や、上下に棚が分かれていて、上段には仏壇、下段には遺骨を安置するスペースのある「仏壇式」、室内に霊園などと同じようにお墓が並べられている「お墓式」など、近年では実に様々なタイプの納骨堂が存在しています。

また近年では、都心など土地の確保が難しい場所であっても多数のご遺骨を安置することのできる「機械式」のタイプを選ぶ人も増えています。
このタイプはその名の通り、参拝まで機械で管理されており参拝をする場所へご遺骨を移動させることで、プライベートな空間での参拝が可能となっています。
このように、納骨堂によってそれぞれ違いがあり、お参りの仕方なども異なります。

こういったことからも、一時的にご遺骨を預かって欲しい場合やお墓の承継人がいない人やお墓の維持・管理が困難など、様々な事情から納骨堂を選ぶ人が増えてきています。

永代供養墓とは?

お墓

「永代供養」といえばその名の通り、永代に渡って霊園・寺院が、お墓の管理や供養をしてくれることを言います。
一般的に、このようなお墓を永代供養墓と呼びます。
それでは、本当に永代に渡ってお墓を供養をしてくれるのでしょうか?

永代供養とは、永代(期限がなく代々)に渡り、霊園・寺院がお墓の管理や供養をしてくれることですが、骨壷の保管には一定の期限があります。
期限に決まりはなく霊園・寺院によって異なりますが、三十三回忌を目安としているところが多いようです。
しかし先程述べたように、霊園・寺院によってご遺骨の保管期限に違いがあるので、事前に確認が必要です。


骨壷の保管期限が過ぎると、他人のご遺骨と一緒に合祀されることになります。
一般的に永代供養墓は、多数のご遺骨が一緒に安置されています。
このことから「合祀墓」「共同墓」などとも呼ばれています。
納骨堂ではご遺骨が個々で安置されますが、一定の保管期限を過ぎると他人のご遺骨とともに永代供養墓に移され供養されることが多いようです。

近年、永代供養墓を選ぶ人が増えている理由の1つとして、永代供養墓にかかる費用面があります。
基本的に永代供養墓は、他人と一緒に祀られることから、占有のスペースがありません。
このことからも、個々のお墓を建立する必要がなく、一般的にお墓を建立するよりも費用を比較的安く抑えることができます。

また最近では、永代供養にも様々なプランがみられます。
お墓の使用期間をあらかじめ契約しておき、お墓に入り契約期間を過ぎた時点で合祀され、霊園・寺院によって供養が引き継がれるといった一連のプランも人気があるようです。
契約期間内は一般のお墓と同じように供養をすることができる上に、承継人の問題で頭を悩ませることもありません。

こういったことからも、お墓を建立する費用を抑えたい人やご遺族の方にお墓の維持・管理の手間をかけたくない人など、自ら永代供養を選択する人は増えてきているようです。

ちなみに、永代供養と似ている言葉で永代使用という言葉がありますが、全く意味が違います。
永代使用とは、永代に渡り使用することなので、一度永代使用料を支払うことによってお墓の土地の権利を取得し、代々に渡りお墓を使用することができることをさします。

共同墓地と一般墓地の違い

お墓

ここでは、共同墓地と一般墓地の違いについて解説していきます。

共同墓地とは、本来、地域単位で管理し使用している小規模な墓地を言います。
特に地方などでは、このような共同墓地が現在でも多く見られます。
小規模な墓地が多いですが、個々のお墓は、それぞれの家ごとに建立され、承継されています。
共同墓地の管理はその地域の自治体が行い、その地域に住んでいる人が利用することになるので、公に利用者を募集することはほぼありません。

近年では「共同」という言葉から、石碑や供養塔のもとに多数のご遺骨を埋葬するタイプのもので「合祀墓」「共同墓」などをさすこともあります。
しかし、多数のご遺骨を一緒に埋葬する為、他人と同じお墓に入ることになります。
骨壷に入れたご遺骨を埋葬する場合や、骨壷からご遺骨を出して埋葬する場合がありますが、基本的に一度埋葬するとご遺骨を取り出すことができない合祀墓が多いようです。

現代、共同墓地といわれる合祀墓などは、永代に渡って霊園・寺院がお墓の管理や維持をしてくれる永代供養が主流となっています。
また、ご遺族の方の申し出がない限り、個別に法要は行われません。
こういったことから、お墓の維持・管理の負担が軽く、お墓を建立するよりも費用を抑えることができるので、子供や承継人がいない人や1人暮らしの人など幅広いケースで選ばれています。

また、一般的に「墓地」と言われるものには様々な種類があり、主に「寺院墓地」「公営墓地」「民営墓地」などがあります。
ここからその三つのタイプの墓地について紹介していきます。

「寺院墓地」は、寺院の境内にあり、お墓を建立する際には、その寺院の檀家になる必要があることが多いようです。
檀家になるということは、その寺院の支援者になることと同じなので、お布施などが必要となりますが、檀家になることで手厚い供養を受けることができます。
しかし、仏教の信徒でなければ檀家になることができないケースもあります。

「公営墓地」は、都道府県や市区町村が管理・運営している墓地です。
自治体によって違いがありますが、その自治体に本籍や現住所がなければ利用ができないなどの利用条件があります。
宗教・宗派などについて特に決まりはありません

「民営墓地」は、宗教法人や公益法人などが管理・運営している墓地です。
比較的に申し込み条件が緩く、宗教・宗派は問いません。
お墓のデザインや生前建墓など、利用者の希望に幅広く対応してくれることも特徴の1つとなっています。

このように、墓地には管理・運営をしている主体によって違いがあります。
共通点としては、お墓を建立する為に、永代使用料・墓石に関する費用・管理費などの費用がかかります。

納骨堂と永代供養墓のメリット・デメリット

お墓

ここでは、納骨堂と永代供養墓のメリット・デメリットを解説します。

納骨堂

納骨堂の主なメリットには、下記のようなものがあげられます。

  • 一般的にお墓を建立することと比べて、費用を抑えることができる。
  • 墓地・霊園に比べて、交通の便が良い場所に建っているところが多い。
  • 室内の為、天候に左右されず快適にお参りをすることができる。
  • 室内の為、草むしりなど掃除の手間がかからない。
  • 一般のお墓と同じように手続きは必要だが、遺骨を移動する際の負担が軽減される。

納骨堂の主なデメリットには、下記のようなものがあげられます。

  • ご遺骨の保管期限を設けているところが多い為、期限を過ぎて手続きをしない場合、遺骨は合祀墓へ移され供養されることになる。
  • 納骨堂のタイプによっては、直接ご遺骨を前にしてお参りをすることができないところもある。
  • 室内なので、利用する納骨堂によっては、お線香や生け花などのお供えが禁止されているところがある。
  • 合祀タイプの納骨堂では、他の人の遺骨と一緒に供養されている為、遺骨を移動することができない。

永代供養墓

永代供養墓の主なメリットは、下記のようなものがあげられます。

  • 寺院・霊園の管理者が、供養や管理をしてくれる為、承継人が不要でご遺族の方の負担を軽減することができる。
  • 合祀墓の場合、お墓を建立する必要がない為、一般的にお墓を建立するよりも費用が安く抑えられる。
  • 宗派や宗旨を問わず利用することができるところが多い。
  • 立地のよい場所にあるところが多く、お参りがしやすい。

永代供養墓の主なデメリットは、下記のようなものがあげられます。

  • 合祀墓の場合、他の人のご遺骨と一緒に合祀される為、一度ご遺骨を預けると取り出すことができない。
  • 利用する寺院・霊園によって異なるが、ご遺骨を個々に保管している場合でも、一定の保管期間を過ぎると合祀される。

納骨堂・永代供養墓を検討する際の注意点

困った人々

納骨堂や永代供養墓について、それぞれのメリット・デメリットを説明しましたが、ここからは納骨堂・永代供養墓を検討する際の注意点について解説します。

納骨堂や永代供養墓を選ぶ理由として「承継人がいなくてお墓の維持・管理ができない」「ご遺族の方に面倒を残したくない」「お墓に費用をかけたくない」などが多いと思います。

最も重要な注意点として、個々にご遺骨を安置する納骨堂か、他人のご遺骨と一緒に埋葬する永代供養墓(合祀墓)を選択することです。

他人のご遺骨と一緒に埋葬されるとご遺骨を取り出すことができず、またお墓参りもすることができません。
また、個々にご遺骨を安置する納骨堂であっても、一定の保管期限を設けているところが多い為、保管期限が過ぎるとご遺骨が合祀墓へと移され供養されることになります。

これらのように、永代供養墓では、お墓の維持・管理の負担が軽減される一方で、ご遺骨を移動することができなくなることが多いので、永代供養墓を選択する際には、家族や親戚などきちんと話し合いをして決めることが大切です。

また、先程述べたように、納骨堂を選ぶ際にも、施設によってそれぞれ特徴が違います。
お参りの仕方やかかる費用なども違いがあるので、希望に沿った納骨堂を選ぶとよいでしょう。

納骨堂と永代供養墓の違いまとめ

お墓

納骨堂と永代供養墓の違いについて解説をしてきましたが、まとめると以下のようになります。

  • 納骨堂とは、維持管理費を支払っている期間、ご遺骨の入った骨壷を個別に保管してくれる施設。
  • 納骨堂では、ご遺骨の保管期限が設けられており、一定の保管期限を過ぎたご遺骨は、他人のご遺骨と一緒に永代供養墓(合祀墓)へ移され供養される。
  • 永代供養墓は、霊園・寺院が永代に渡って管理や供養をしてくれることである。
  • 永代供養であっても永遠というわけではなく、一定の保管期限を過ぎた骨壷は、他人のご遺骨と一緒に合祀される。
  • 一般的に共同墓地とは「合祀墓」をさすことが多く、永代供養されるのが主流となっている。
  • 墓地には主に「寺院墓地」「公営墓地」「民営墓地」があり、管理・運営の主体によって、それぞれ費用や利用条件などに違いがある。
  • 納骨堂の主なメリットとして「一般のお墓と比べて費用が安く抑えられる」「交通の便がよい場所にある」「天気に左右されずに快適にお参りができる」「掃除などの管理のが手軽」などがあげられる。
  • 納骨堂の主なデメリットとして「ご遺骨の保管期限を過ぎると、他人のご遺骨と一緒に合祀される」「納骨堂のタイプによっては、直接遺骨を前にお参りができない」「室内の為、施設によってはお線香などのお供えが禁止されている」「合祀タイプの納骨堂では、遺骨を取り出すことができない」などがあげられる。
  • 永代供養墓の主なメリットとして「寺院・霊園が管理をしてくれるので、承継人が不要でお墓に対する遺族の負担を軽減できる」「合祀墓の場合、お墓を立てる必要がない為、費用が安く抑えられる」「宗派や宗旨を問わず利用できる」「立地の良い場所にある」などがあげられる。
  • 永代供養墓の主なデメリットとして「合祀墓の場合、一度ご遺骨を預けると取り出すことができない」「利用する寺院・霊園によって、一定の保管期間を過ぎると合祀される」などがあげられる。
  • 納骨堂や永代供養墓を選ぶ際の最大の注意点は、一定の期間を過ぎると他人のご遺骨と一緒に合祀される為、ご遺骨の移動やお墓参りができなくなる。

以上のことがわかりました。

近年、納骨堂や永代供養墓を利用する人が増えている背景として、核家族の増加や少子化の問題などで、お墓の承継が難しい家庭が増えている状況があります。

また、お墓にかかる費用を抑え、少しでも子供にお金を残したいという人も増えています。
しかしお墓の選択に関わらず、根本にあるものは残されたご遺族の方に対する気遣いであったり、故人に対するご遺族の方の敬いの気持ちなのではないでしょうか。

終活を通して、家族でそれぞれの気持ちをきちんと話し合うことは、とても大切なことだと思います。
終活をすることで、少しでも残されるご遺族の方の負担や悲しみが軽減することを願います。

今回終活ねっとでは、「納骨堂と永代供養墓の違い」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「納骨堂・永代供養墓・違い」に関連する記事

「納骨堂・永代供養墓・違い」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

  • 永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

    永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

    皆さんは永代供養墓や納骨堂が流行っていることをご存知でしょうか。 永代供養墓と納骨堂が流行ってどういうこと?と思った方も多いのではないでしょうか。 この記事では永代供養墓と納骨堂がなぜ流行っているのか、供養形態にどのような違いがあるのかを解説いたします。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

    都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

    都市部に暮らす人にとって、自分や家族の死後のお墓の管理に悩んでいる人も多いと思います。この問題の解決策の一つの選択肢として近年増えている納骨堂があります。納骨堂とは遺骨を永代供養してくれる施設です。納骨堂のシステムと永代供養について解説します。

  • 永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

    永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

    先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

    先祖代々または家族の墓が減ってきている昨今、共同墓と納骨堂の利用が増えてきています。どちらもご遺骨を納めるための施設であり場所です。どちらも供養場所で、共同墓は室外にあるお墓のことで、納骨堂は室内施設です。その二つの違いや利用方法について知っておきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「納骨堂・永代供養墓・違い」についてさらに知りたい方へ

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!のサムネイル画像

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと