檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

新たにお墓を建てる時、お寺に建てたいとお考えの人も多いと思います。お寺に建てる時には檀家になることがほとんどです。ここでは、檀家になってお墓を建てる時の費用やその後にかかる費用、檀家になるメリット・デメリットなどについて説明します。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 檀家になるために必要な費用について
  2. 檀家になるってどういうこと?
  3. 檀家になってお墓を建立するための初期費用
  4. 檀家になってからかかる費用
  5. 檀家になりお墓を守るメリット・デメリット
  6. 檀家にならずにお墓を建立できる寺院も
  7. 檀家になるために必要な費用まとめ

檀家になるために必要な費用について

お金

終活するとき、真っ先に考えることのひとつにお墓のことがあると思います。
亡くなった後、子孫の方々にどのように供養してもらいたいかを伝えておくことは重要なことですよね。

お墓を新たに建てる方の中には寺院墓地をお考えの方も多いと思います。
ただ、お寺と関わるときによくお寺の檀家になるという言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

「檀家になるってどういうこと?」「檀家じゃないとお寺にお墓は建てられないの?」「檀家になったらいくらぐらいかかるの?」など疑問に思うことも多々あると思います。

ここでは

  • 檀家になるということはどういうことなのか
  • 檀家になってお墓を建てる時にどのような費用がかかるのか
  • 檀家になった後にかかる費用
  • 檀家になるメリット・デメリット

上記のことを中心に、檀家になるために必要な費用について説明していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容についてご紹介しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

檀家になるってどういうこと?

困った人々

では、檀家になるとはどういうことなのでしょうか?

檀家とは、その寺院に属し、すべての供養をその寺院の宗旨・宗派に沿って行ってもらうことをいいます。
しかし、供養を行ってもらう代わりに、檀家の方々はそのお寺を経済的に援助します。

また檀家という言葉は、サンスクリット語の「ダーナ(布施)」を語源としています。

寺院墓地にお墓を建てる場合、檀家にならなければならないことがほとんどです。

檀家になってお墓を建立するための初期費用

お墓

では、寺院墓地にお墓を建てるためにどういった費用がかかるのでしょうか。
ここでは、檀家になってお墓を建立するための初期費用について解説していきます。

お墓を建てる時にかかる費用としては

  • 檀家になるための入壇料
  • お墓の永代使用料
  • 墓石の購入・設置費用
  • 管理料
  • 開眼法要のお布施代
  • 戒名料

などがあります。

以下、檀家になってお墓を建立するための初期費用の内訳について説明していきます。

入壇料

入壇料とは、檀家になる時に支払うお金です。

入檀料にかかる費用の相場は、10万円~30万円ほどです。

永代使用料

永代使用料とは、実際にお墓を建てる墓所の区画を、永代にわたって使用する権利を得るために支払う費用のことをいいます。

墓所の区画は買うのではなく、あくまでも「借りる」場所ですので、永代使用料に消費税や贈与税はかかりません。
そして永代使用権の権利を他の人に貸すこともできません。
また、永代使用料は一度納めたら墓所の使用の有無に関わらず返還されない場合が多いです。

永代使用料の費用の相場は60万円~80万円ほどかかります。

ただし、この金額は全国の平均金額になります。
永代使用料は墓地の区画の広さや立地によって、値段に大きく差があります

都心で交通の便がよいといった地価の高いところにある墓地は永代使用料も高額です。
東京23区内にある墓地の中には、区画の広さによって1千万円以上かかるところもあります。

このように、お墓を建てる地域によって値段の差が生じます。
お墓が同じ値段だと、立地条件のよいところであるほど区画が狭くなってしまいます。

参考までに、2014年の実際に購入したお墓の永代使用料の平均は

  • 東京都・・・119.81万円
  • 神奈川県・・・79.28万円
  • 愛知県・・・58.67万円
  • 大阪府・・・78.66万円
  • 京都府・・・107.90万円
  • 広島県・・・95.84万円
  • 福岡県・・・65.56万円

となっています。

ただし、この金額も同じ区画面積あたりの金額ではありません。
東京都では平均区画面積が1.01㎡なのに対し、福岡県は2.71㎡です。

お墓建立の費用に差が出てくるので、あらかじめお墓を建てようとしている地域の相場も確認しておくとよいと思います。

墓石代

墓石代とは、その区画内に設置する石材すべてにかかる費用のことをいいます。
具体的には

  • 棹石(お墓の一番上にあり、彫刻が施されている縦長の長方形の石)
  • カロート(ご遺骨を収納するところ)
  • 外柵(お墓を囲っている部分)
  • 墓誌
  • 卒塔婆立て

などです。

墓石代と工事代は合わせて100万円~200万円ほどが相場とされています。

ただし、墓石代と工事代は

  • 使用する石材の種類
  • 区画の広さ
  • 墓石のデザインや彫刻
  • 工事のしやすい場所かどうか

などによって、値段が変わります。

墓石に使われる石材は数百種類あり、値段もかなり変わります。
例えば、昔ながらの和型墓石でみてみます。
和型墓石は流通量が多く、よく使用されている中国産の白御影石は墓石本体を建てるのに20万円~30万円ほどです。
しかし、最高級の香川県高松市産の庵治(あじ)石だと150万円以上するのです。

また、墓地の区画が広ければ広いほど使う石材の量が増えるので、その分値段も高くなります。

曲線があるなど墓石のデザインも凝ったものにすれば加工費が高くなりますし、彫刻も文字数が多ければ費用が高くなります

墓石の工事費ですが

  • 重機が入りにくいなど、石材を運びにくい
  • 使用する石材の種類が比較的重い石
  • 区画が広く、運ぶ石材の量が多い

などといったことで作業に関わる時間や人数が増えるため、費用が高くなります。

このように、墓石代・工事費も条件によって値段が大きく変動します
お墓を建てる時には、希望するお墓のイメージや予算を考え、一度石材店に相談してみましょう。

寺院墓地では、石材店を指定されているところも多いです。
好みの石材店がある場合は、その石材店が入っている寺院墓地を探す、という方法もあります。

石材店を特に指定されていない場合は、複数の石材店から見積もりを取ってみるとよいでしょう。
同じような墓石を購入して設置する場合でも、石材店によって値段の違いがあるからです。

また、石材店によって、できるデザインや彫刻も違ってきます。
寺院墓地の場合、デザインや大きさも規定があるところも多いです。
今までにあまりないような個性的なデザインのお墓を考えている方は、そういうお墓でも建てられる寺院墓地・石材店を探してみましょう。

お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

管理料

管理料とは、その墓地を維持・管理していくのに必要なお金のことをいいます。

個人個人のお墓の面倒をみるための費用ではなく、清掃や備品代、設備の修繕など墓地全体にかかる費用です。

檀家になると、護持会費といって寺院を維持・管理していくために必要なお金を支払います。
墓地の管理料は、この護持会費に含まれているところもあれば、護持会費とは別に支払うところもあります。
事前によく確認しておきましょう。

管理料は年間で数千円~2万円ほどかかります。

開眼法要のお布施代

新たにお墓を建てた時、仏式では開眼法要を行います。

開眼法要とは、新たに建てた墓石に故人の魂を入れる儀式のことです。
開眼法要をしてはじめて、単なる墓石がお参りの対象となる「お墓」になるわけです。
ですから、納骨は開眼法要をしてから行います。

この開眼法要の時のお布施代3万円~5万円ほどが相場とされています。

また、開眼法要に加え

  • 御車代
  • 御膳料(法要後の会食に僧侶の方が出られない場合に支払うお金)

などを各1万円ほど包み、お布施代と併せてお渡しするのが一般的です。

戒名料

戒名とは、御仏の弟子になった証としてつけてもらう名前のことです。
戒名料とは、戒名を付けてもらう時に発生するお金です。

戒名には位があり、付けた戒名によって戒名料が変わってきます。

戒名料の費用の相場ですが

  • 信士・信女・・・30万円~50万円ほど
  • 居士・大姉・・・50万円~70万円ほど
  • 院信士・院信女・・・70万円~100万円ほど
  • 院居士・院大姉・・・100万円以上

になります。

また、宗派によっても戒名料に多少差があります

檀家になってからかかる費用

お金

実際に檀家になると、毎年いろいろなものに費用がかかります。

ここでは、檀家になってからかかる費用について説明していきます。

年会費

年会費とは、先に述べた護持会費のことを指します。

そして、寺院を維持・管理していくための費用を支払います。

護持会費は檀家である以上、毎年支払わなければならないお金です。
だいたい年間5千円~2万円ほどが年会費の相場とされています。

行事や法要のお布施代

行事や法要の時は、儀式を行っていただいた僧侶の方にお礼の気持ちを込めてお布施を包むことが一般的です。

行事や法要のお布施代の金額は特に決まっているわけではありませんが、だいたい

  • 通夜・葬儀・告別式・・・20万円~50万円ほど
  • 四十九日・一周忌などの回忌法要・・・3万円~5万円ほど
  • 納骨式・・・3万円~5万円ほど
  • 初盆・・・3万円~5万円ほど
  • 個別のお彼岸法要・・・3万円~5万円ほど
  • 寺院行事・・・5千円~1万円ほど

以上の値段でそれぞれお布施を包むのが一般的です。

寺院改修などへの寄付

寺院を修繕・改修する場合、寄付金を求められる時があります。
寺院の建物はその信徒の財産という考えがあるからです。

ただし、これはあくまでも寄付ですので、強制ではなく、寄付金の金額も寺院や個人でそれぞれで異なります。

その他のお布施代

お布施というのは、僧侶の方が読経や説法をして下さったお礼にするという意味合いがあります。
日本では、行事や法要の時にお布施を包むのが一般的になっています。

しかし、僧侶の方々は、毎日読経をして供養をして下さっています。
そのお礼として、行事や法要の時でなくてもお布施を包む方もおられます。

その他のお布施代でどのようなものがあるのかというと

  • 月命日の参拝
  • お正月などの節目のとき

などです。

その場合、お布施には数千円ほどを包まれる方が多いです。
ただし、月命日に僧侶の方を自宅に招いて読経してもらう時は、御車代などを含めて数万円を包む場合もあります。

檀家になりお墓を守るメリット・デメリット

仏壇

檀家になることによって、良い面もあればそうではない面もあります。

ここでは、檀家になるメリット・デメリットについて説明していきます。

檀家になるメリット

まず、檀家になるメリットについて解説していきます。
檀家になるメリットとしては

  • 手厚く供養をしてもらえる
  • 葬儀や法要の時など、相談にのってもらえる
  • お盆やお彼岸の時など、法要が重なりやすい時期でも優先的に対応してもらえる

といったことがあげられます。

檀家になると、そのお寺との密接な関係が生まれますので、住職の方とも話がしやすくなります
したがって、いろいろな仏事に関して相談もしやすくなります。

檀家になるデメリット

檀家になると、いいことばかりだけではありません。
ここでは、檀家になるデメリットについて解説していきます。

檀家になるデメリットとしては

  • 檀家として発生するお金がかかる
  • 寺院の行事に参加しなくてはならない時がある
  • 他のお寺に法要などをお願いすることができない
  • 檀家をやめる時に離壇料が発生する場合がある

などということもあります。

檀家になると、お寺との密接な関係が生まれるがゆえに、お寺に深く関わっていかなければなりません。
そのため、お寺の行事に積極的に参加したり、経済面のサポートを行っていくことになるのです。

檀家にならずにお墓を建立できる寺院も

お墓

最近では、檀家にならなくてもお墓を建てることのできる寺院も増えてきています。

その場合は、永代供養料と管理費のみを納めます。

また、宗旨・宗派についても不問としているところもあります。
ただし、「在来仏教に限る」など、宗旨については制限をしているところもあります。

いずれの場合も、法要や供養はその寺院の宗旨・宗派に従って行われます。
お墓を建てたい場合は、供養の仕方も考えて検討するとよいでしょう。

檀家になるために必要な費用まとめ

お金

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、檀家になるためにかかる費用について説明してきました。

その結果

  • 檀家になると、その寺院に供養の一切をお任せし、代わりに経済的な支援を行う
  • 檀家になってお墓を建てる時には、永代使用料、入壇料、管理費、墓石代、お布施代、戒名料などの初期費用がかかる
  • 檀家になった後、毎年の護持会費や行事や法要の時などのお布施代、寺院の修繕・改修の時の寄付などがかかる
  • 檀家になると、仏事の相談にのってもらえたり、優先的に法要を行ってもらえるなどのメリットがあるが、檀家としての費用がかかったり、行事に参加しなくてはならないなどのデメリットもある

といったことがわかりました。

亡くなった後、「家の近くのお墓に入って安心して眠りたい」と考える方も多いと思います。
寺院はどの地域でも数多くありますので、家の近くのお寺にあるお墓に入ることを検討している方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

檀家になると、そのお寺と近しい関係になりますので、安心感はあります。
ただし、その分費用もかかります。
そして、一旦檀家になるとその関係が自分たちだけではなく、子孫の代まで続くことにもなります。

檀家になるメリット・デメリットを知り、檀家になるかどうか家族とも話し合ってよく考えてからされるとよいと思います。

最後までお読み下さりありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・檀家・費用」に関連する記事

  • お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

    お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

    お墓を建てる時、場所や費用について疑問を抱く人も多いと思います。「お寺にお墓に建てたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。ここではお寺にあるお墓について、特徴や費用、参拝方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!のサムネイル画像

    お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!

    お墓を建てる場所はどこでも良いわけではなく、公営・民営の霊園や、お寺の墓地を使用することになります。 今回は、お寺の墓地を使用して、お墓を建てた場合の費用について考えていきます。 お墓を建てるまで、そしてお墓を建てた後の維持費用までを説明します。

  • お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

    お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

    みなさんの中には墓地と聞くとお寺の持っている墓地のことを指し、亡くなった後に備えてそこに費用をかけてお墓に立てることを考えているという方もいるのではないでしょうか?そこで、今回はお寺でお墓を立てる場合、どのくらいの費用が必要かについて見ていきます。

  • 寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

    寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

    終活をすすめるに当たりどのくらいの費用がかかるのかは大きな問題です。墓地の値段は霊園なのか寺院墓地なのか、どんな墓石にするかなどによって異なってきます。今回は寺院墓地の値段の相場について、内訳などについても詳しく解説していきます。

  • 霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!のサムネイル画像

    霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!

    お墓を購入することで、そのお墓を管理するお寺の檀家になることが一般的です。檀家制度は寺院墓地にみられる制度ですが、霊園にも檀家制度があるのでしょうか。今回終活ねっとでは、霊園でも檀家になる必要があるのか、檀家制度について解説していきます。

  • お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

    お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

    新たにお墓を建てる時、費用は最も気になることのひとつです。ここでは、お墓を建てる時の費用の内訳や相場、お墓を建てない埋葬方法の費用の相場、費用を安く抑える方法などについて説明していきます。ぜひ、最後までお読みください。

  • お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

    お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

    お墓を建てようと思う際、お金について心配する方は少なくありません。一般的に、お墓の建立にはかなりのお金がかかるといわれています。将来お墓を建てる際、どれだけのお金を準備する必要があるのか、またどのような費用がかかるのかについて解説します。

  • 納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?のサムネイル画像

    納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?

    故人の遺骨を納める場所として、納骨堂を視野に入れる人も多い事でしょう。しかし、納骨堂を利用した場合、必ず檀家にならなければいけないのでしょうか?今回の記事では、檀家について解説していきたいと思います。是非最後までご覧下さい。

  • お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

    お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

    安くお墓を購入したい!お墓を購入する費用はいくらくらいかかるの?という方は是非最後までご覧ください。お墓を購入する費用についてや安く抑える方法をご説明いたします。この記事を読んで少しでも安くお墓を購入しましょう。

  • 知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択のサムネイル画像

    知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択

    人は亡くなった後、どう供養されますか?寺院にある先祖代々の墓で、という意見が多いかもしれません。遺骨を寺院にあるお墓以外で供養出来る「永代供養」をご存知ですか?ここでは、知っていると得する、寺院で出来る永代供養という方法をご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・檀家・費用」についてさらに知りたい方へ

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!のサムネイル画像

お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!のサムネイル画像

霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?のサムネイル画像

納骨堂を利用すると檀家にならないといけない?

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択のサムネイル画像

知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・檀家・費用」についてさらに知りたい方へ

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!のサムネイル画像

お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!のサムネイル画像

霊園でも檀家になる必要はある?檀家制度について詳しく解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと