お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

お墓を継承することになったけれど費用はどれくらいかかるのか、よく分からないと心配ですね。当面必要な費用や先々必要になる費用はどんなものがあるか、意外と分からない方も多いと思います。お墓を継承する際に必要な費用の内容やどのくらいかかるのか手続きも含め解説します。

目次

  1. お墓を継承するための費用について
  2. お墓を受け継ぐことを「承継」という
  3. お墓を承継するのは誰?
  4. お墓の承継(継承)にかかる費用は?
  5. お墓の承継に必要な書類は?
  6. お墓を継承するための費用まとめ

お墓を継承するための費用について

お墓

お墓は長男が引き継ぐのが一般的ですが、仕事や住まいの関係、お墓の維持管理費などいろいろな問題があり、亡くなられた方の子供や親族の方がお墓を引き継げないこともあります。

お墓は誰が引き継ぐものなのか、自分がお墓を引き継ぐとしたら費用はどのくらいかかるのか、と悩まれる方も多いと思います。
そこで、今回終活ねっとでは

  • お墓の引継ぎ(承継)とはどういうことなのか?
  • お墓はそもそも誰が承継するものなのか?
  • お墓の承継にかかる費用はどんなものがあるのか?
  • お墓の承継のための手続きや必要な書類は?

など上記のことを中心に、お墓を継承するための費用について解説しています。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の費用・相続についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓を受け継ぐことを「承継」という

お墓

お墓を引き継ぐことを承継といいます。

わが国では古くから家を引き継ぐ人がお墓も含めすべての財産を承継するいわゆる家督相続が慣わしでした。
旧民法でもこの考えを引き継ぎ、家の戸主の方の直系親族の中で親等が一番近い者が次の戸主になると定められていました。

ですから、戸主が亡くなれば先祖代々のお墓に入り、長男がお墓を継承するのが基本でした。
現民法は、この家督相続制度・長子相続制度を廃止して、お墓などの祭祀財産は「祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する」と改めましたが、お墓を引き継ぐ行為は今でも「承継」といいます。

家督相続者はすべての財産を承継し先祖代々の家を守るものでしたが、同様にお墓を承継する人がお墓を守り続ける役割を担うのです。

お墓を承継するのは誰?

お墓

では、お墓を承継するのは誰なのでしょうか?

民法は、亡くなられた方(被相続人)の財産は相続人が相続すると定めています。
故人に配偶者がいれば常に相続人になります。
また、配偶者とともに故人の子供がいれば子供が、いなければ両親、兄弟が順次相続人になります。
そして、男女や年齢の違いによる区別はありません。

一方で民法は、「墳墓(お墓)」は系譜や祭具とともに祭祀財産として通常の相続財産とは区別して扱うことにしています。
つまり、お墓などの祭祀財産については、相続人とは別に祭祀財産を引き継ぐ祭祀承継者が決められることになっているのです(民法897条)。

祭祀承継者は、亡くなられた方が指定した人が最優先ですが、指定がないときは慣習に従い決めることになっています。
被相続人が祭祀承継者を指定していなくて慣習も明らかでないときは、家庭裁判所が決めます。
何よりも故人の意思が優先され、遺言があれば遺言に従い決めることになります。

法律の定めはありますが、実際には現在でも慣習に従い長男がお墓を引き継ぐことが多いでしょう。
ただ最近は、男の子がいない場合やお墓と住居地が離れていて管理が難しいなどの理由から、お墓を引き継ぐ人は長男に限らず親族などから適任者を選ぶケースも増えてきているようです。

その場合でもご遺族の方や親族の中で継承するのが一般的です。
墓地管理者の方でも、親族以外へのお墓の譲渡を禁止している例もありますので、注意しておく必要があります。

お墓の承継(継承)にかかる費用は?

お墓

それでは、お墓を承継する場合にどのような費用がどのくらいかかるのでしょうか。

お墓を承継するための費用は、お墓を新設するかどうかで大きく違いますし、またお墓のある場所やお墓の規模・構造によってもかなり違います。

お墓を新設したり建て直す場合には寺院などに納める永代使用料の他に、墓石代や工事費などがかかり相当な高額になります。
また、お墓を作った後も毎年お墓の管理費の支払いが必要となるのが普通のことですし、年忌法要などもあり寺院へお布施などをお渡しすることになります。

そして、先々のことも考えて永代供養料などを払い寺院等にお墓の管理と合わせて供養をお願いすることもあるでしょう。
お墓の承継にかかる費用は個別のケースや条件によって異なります。

お墓の土地代に墓石代や工事費なども含めると平均的には150万円~300万円くらいになることが多いといわれていますが、どんな費用がどのくらいかかるのでしょうか?

ここでは、お墓の承継にかかる費用について見ていきます。

永代使用料

お墓を買うといいますが、普通は墓地の経営者であるお寺や霊園に永代使用料を納めてお墓の土地の永代使用権を取得します。

また、永代使用料は、墓地の経営主体や施設の条件の違いによってかなり違います。
一般に公営墓地は寺院墓地や民営霊園に比べて安いとされています。

民営霊園では、経営者である宗教法人や公益法人により違いがありますし、寺院墓地は寺院の格式によってもかなり異なりますが、次のような墓地の立地や施設の条件による違いもあります。

  • 墓地の立地条件・交通の便・周辺環境
  • お墓の区画の大きさ
  • 墓地の施設・設備や管理の状況

立地の良い都市部はやはり高くなりますが、利便性が良ければ墓地が郊外でも高いこともあります。

東京都内の例をいくつか見ておきましょう。

東京都が経営する都立青山霊園の平成29年度の一般墓所1区画の値段は1.60㎡で約438万円・㎡単価が273万5000円です。
同じく都立多摩霊園の一般墓所は1.8㎡で約159万円・㎡単価88万3000円で、納骨堂は2体用が24万3000円となっていました。

費用が高いように思われるかもしれませんが、民営の霊園・墓地ですと青山付近では面積が小さい場合が多く同じくらいの面積はあまり見当たりません。
同じような価格帯で買えるお墓は面積1㎡位と都立霊園の60%くらいの面積になり、㎡単価が1.5倍以上になります。

また、都立多磨霊園付近の民営の霊園・墓地の納骨堂の永代使用料は50万円から70万円で、都立多磨霊園の2倍から3倍近く、やはり都立霊園がかなり安くなっています。

お墓の立地は都心からの距離だけでなく、周りの環境も大切です。
平地なのか崖地なのかとか、排水の状況なども長期間の管理に影響しますのでよく調べておくことが大事です。
費用ももちろん大事ですが、民営霊園や寺院墓地も管理その他の面でのメリットが大きいものもありますので、それぞれの希望に沿って検討されるとよいでしょう。

墓石代や工事費

新しくお墓を造るときは、墓石代や工事代も必要です。

墓石の費用はお墓の大きさや使う石の種類や量により大きく異なります。
墓石の形や色も好みがあるでしょうが、一番大きな違いはやはり石の材質です。

しかし、長期間使用するものですから、見栄えではなく耐久性がしっかりしたものでなければなりません。
また、墓石の大きさももちろん価格に影響します.
あまり凝った形にすると石も大きなものが必要となり、費用は高くつきます。

墓石といっても、墓標の他に普通は墓誌や外柵などが必要となり、結構大きな費用になります。
墓石の材料費・工事費にはこれらすべてを含めて考えておかなければなりませんし、墓石・墓誌の彫刻代も必要です。
石材費や工事費、彫刻費には幅がありますが、目安として一例をあげると、次のようになります。

  • 石材費 50万円~100万円位
  • 工事費 10万円~20万円
  • 彫刻費 3万円~10万円

工事費も工事の場所や石の大きさ・種類によって工事の難易度が変わり、難しい工事になるとかなり違いが出できます。

墓地のある寺院等が使う石材店を指定する例が多いのですが、専門家の意見もよく聞きながらどの石材店に工事をお願いするか相談して決めるとよいでしょう。

管理費

墓地施設の維持管理やお墓の清掃などの管理費も必要になります。

永代供養料と合わせて一括払いとする霊園や寺院墓地もありますが、普通は毎年払いで年数千円から1万円程度です。

東京都が経営する都立青山霊園の平成29年度の一般墓所の管理費は、1.60㎡で1220円・㎡単価610円です。
同じく都立多摩霊園の一般墓所は1.8㎡で1220円、㎡単価610円で、納骨堂は2体用が3010円となっていました。
しかし、都立霊園の管理料は立地による違いはありません

民営霊園や寺院墓地の管理費は地域差よりも、霊園・墓地の規模や格式による違いの方が大きくなっていますが、おおむね5000円~1万5000円前後です。

お布施

管理料の他にも、お墓の承継に際し法要や行事などがあれば別途お布施が必要になります。

お布施の費用の相場は、は行事の規模や性格にもよりますが1万円~5万円前後です。
通常のお墓参りなどの際にお坊さんにお布施を渡すときは、5000円~1万円くらいでよいでしょう。

また、故人の戒名や法名をお願いするときには、お寺にお布施をお渡しするのが通例です。

このお布施は戒名や法名をつけていただく寺院への寄付という性格で定まった額はないのですが、3万円位から数十万円、あるいはそれ以上にお渡しすることもありかなり幅が大きくなっています。

税金やその他の費用

ここでは、税金やその他の費用について解説していきます。
墓地使用権を得てお墓を建てたり引き継ぐ場合は、お墓の土地は自分が所有するものではありませんので、固定資産税などの税金はかかりません。

仮に個人所有の墓地であっても、地方税法により不動産所得税や固定資産税はかかりません。
また相続税についても、「祭祀財産」である墓地は基本的に相続の対象にならず非課税財産と定められています。
また、お墓のある土地の地目が「墳墓地」であれば、登記の登録免許税も非課税です。

仮に、お墓を引き継がず手放すときはお墓を更地に戻して墓地の管理者に返還します。
その際に「離壇料」を請求されて、思いもよらぬ費用負担となるケースもあります。

代々続いたお墓を寺院に返還するときは感謝の意味でお布施を包む習慣もありますが、離檀料は契約や規則で決められたものではなく不明確なことが多いので、注意が必要です。

お墓の承継に必要な書類は?

お墓

お墓の使用権を持つ方が亡くなられたときは、お墓の名義変更が必要です。
お墓の継承者を決めてお墓がある墓地・霊園の管理者に届け出て、承諾を得てお墓を引き継ぐことになります。
ここでは、お墓の承継に必要な書類について解説していきます。

必要な書類は?

お墓を引き継ぐために霊園墓地の管理者に提出する必要な書類は、以下のとおりです。

  • 墓地使用権承継承認申請書
  • 従前の使用者(旧名義人である被相続人)の死亡が記載された戸籍謄本(除籍謄本)
  • 従前の使用者と承継者(新名義人)との関係が分かる戸籍謄本
  • 承継者の住民票・印鑑証明書など
  • 相続人等の同意書(相続人以外の人が承継する場合に必要となることがある)

墓地使用権承継承認申請書は公営墓地では一般に必要とされます。
しかし、寺院墓地などの場合は通知連絡だけでよく書類は必要ないとされる場合や、逆に届出書式まで決められている場合もあります。

また、お墓の取り扱いが墓地管理者によって違いますので、墓地の管理者にどのような手続き、書類が必要かあらかじめ確認した方がよいでしょう。
なお、ご遺骨を埋葬する時には埋葬許可証が必要ですので、忘れないようにしましょう。

墓地によっては必要になる可能性のある書類

墓地の土地が寺院や霊園の土地ではなく、亡くなられた方が個人として所有するものであったときは、墓地を引き継ぐ人が所有権の移転登記をすることになります。

この場合の墓地の権利の登記の仕方には次の2つがあります。

  • 民法897条による祭祀財産の承継を原因として登記する方法
  • 相続を原因として登記する方法

祭祀財産の承継を原因とする登記は、指定を受けた祭祀承継者が登記権利者になります。
登記の際の添付書類は、次のとおりです。

  • 祭祀主宰者の指定を行った旨の事実関係を証する登記原因証明情報
  • 登記済証または登記識別情報
  • 祭祀主宰者の住民票
  • 遺言執行者(選任していない場合は相続人)の印鑑証明書
  • 遺言執行者の資格証明(遺言書。選任していない場合不要)
  • 祭祀主宰者、遺言執行者(相続人)の委任状

民法897条の承継は相続ではありませんので、相続を証する書面の添付は必要ありません。

一方、相続を原因とする場合は、通常の相続と同じ手続き・書類が必要で、遺産分割協議書などの相続を証する書面の添付が必要になります。

お墓を継承するための費用まとめ

お墓

お墓を継承する際に必要な費用の内容やどのくらいかかるのかなど、お墓を継承するための費用について説明してきましたが、以下のようなことが分かりましたね。

  • お墓を引き継ぐことを一般に承継(継承)という。
  • お墓などの祭祀財産は、相続人とは別に祭祀承継者が決められる。
    祭祀承継者は、被相続人が指定した人、指定がなければ慣習に従い、最後は家庭裁判所が決めるが、今でも長男のことが多く遺族や親族の中で継承するのが一般的である。
  • お墓の承継にかかる費用は、永代使用料のほかに墓石代や工事費などがかかり、相当な高額になることもある。
  • その他にも通常は毎年のお墓の管理費や寺院へのお布施なども必要となる。
  • お墓の承継には墓地管理者の承諾が必要であり、必要な書類や手続きはあらかじめ墓地管理者に確認した方がよい。

お墓を引き継ぐときの費用はかなり高額になることもありますので、あらかじめどんな費用が必要か調べるとともに、特に新しくお墓を建てたりするときは霊園墓地の使用規則などの内容をしっかり確認しておくことが大切です。

今回終活ねっとでは、「お墓を継承する際にかかる費用」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・継承・費用」に関連する記事

「お墓・継承・費用」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

    お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

    お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • 兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

    兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

    お墓のことは意外と分からないものです。 お墓は普通子供が引き継ぎますが、子供がいないときなどはどうすべきなのでしょうか。 故人の兄弟が引き継ぐことが考えられますが、規則や費用面などの問題はないのか心配ですね。 兄弟間でお墓の承継を考える場合の問題について解説します。

  • お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

    お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

    都市部への人口集中などで古いお墓の管理が難しくなっている近年、お墓を相続する際の注意点や相続の方法、さらにお墓を相続しないという選択について解説します。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • 墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

    財産相続の話はよく耳にしますが、墓地・霊園の相続に関しては、あまり聞きませんよね? 財産相続とお墓の相続は、全く別のものなのです。 では、お墓を相続する場合、どうすれば良いのでしょうか? 今回は、墓地・霊園の相続について疑問点を解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!のサムネイル画像

    お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!

    お墓を建てるにあたって税金について心配されている方は多いかと思います。お墓の何に税金がかかって何が非課税なのか把握していますか?難解な分野だけによくわからないという方は多いのではないでしょうか?お墓の費用は非課税なのか、相続にかかる税金についても解説します。

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

    近年お墓の値段はかなり高額になっています。大切な方の供養の場ですから、心のこもったお墓にしたいと思うのは当然です。ですが、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。お墓もいろいろありますが、安く建てるにはどうしたらよいのでしょうか。費用の抑え方を紹介します。

  • お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

    お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

    お墓を購入することは家と同じで「一生の買い物」といわれています。しかし、以前お墓を購入したことがある方や、周りにお墓の購入について詳しく知っている人がいるという場合は少ないと思います。今回はみなさんが安心してお墓を購入できるよう、お墓の購入に関して解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・継承・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!のサムネイル画像

お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・継承・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと