お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓を建てたり維持管理したりするには、多額の費用が発生します。その費用負担は長男がするべきなのでしょうか?それとも長男以外に任せてもよいものなのでしょうか?気になるお墓の継承についての疑問を解決します。

目次

  1. 長男のお墓の費用負担について
  2. 親のお墓は長男が継ぐべきなのか?
  3. お墓を承継した場合にするべきこと
  4. お墓を継ぎたくない場合の対応策
  5. 長男のお墓の費用負担についてまとめ

長男のお墓の費用負担について

お墓

もしご先祖様のお墓がある場合、お墓を維持管理するのにどのくらいの費用がかかるか考えてみたことがありますか?

墓地を管理していく管理料、掃除をするための費用、法要を行う費用、その他さまざまな費用が必要になります。

では、そのお墓の管理費用は誰が負担していくのでしょうか?
一般的には、後にそのお墓に入ることになる長男だという考えが多いでしょう。

しかし、本当に長男がお墓の費用を負担するべきものなのでしょうか?

今回は

  • 親のお墓は長男が継ぐべきなのか?
  • お墓を承継した場合にするべきこと
  • お墓を継ぎたくない場合の対応策

上記のことを中心に長男のお墓の費用負担について考えてみたいと思います。

お墓や財産の継承は、現在のお墓の管理者が亡くなった後にトラブルになりがちです。
最近では終活の一つとして、生きている間にお墓の継承者を決めていく人も多いです。

後に親族間の関係を悪くしないためにも、事前にしっかりとした知識を身につけておくことが必要ですね。
この記事を参考に、お墓の費用と長男との関係性について今一度考えてみてはいかがでしょうか?

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の費用・相続についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

親のお墓は長男が継ぐべきなのか?

困った人々

親のお墓は長男が継ぐべきなのか?という疑問を抱く方がたくさんいらっしゃると思います。
ここでは、親のお墓を長男が継ぐべきなのかどうかについて、お墓の承継順位や他の兄弟の費用負担などにも触れながら解説していきます。

長男が継ぐべきという決まりはあるのか?

「お墓を継ぐ」と一言で言っても、それに付随してくる要素はたくさんあります。
お墓は「祭祀財産」とよばれる財産となります。
祭祀財産とは、家庭にある仏壇や位牌、その他の仏具、お墓、家系図などのことを言います。
これらは先祖をおまつりするために必要な財産となります。
お墓を継ぐということは、これらの祭祀財産を全て受け継ぐということになるのです。

また、お墓以外の財産にはこの他に「相続財産」があります。
相続財産はみなさんがイメージするような、貯金や預金などの財産です。
不動産や自宅にある家具、宝石などもこれにあたります。
そして、相続財産には相続税がかかりますが、祭祀財産にはかかりません。
祭祀財産と相続財産は別物であることを、まず覚えておいてくださいね。

旧民法では、長男が祭祀財産を相続することが決まっていました。
しかし現在の民法では、長男が継ぐという決まりはありません
もっと言えば、家族や親族以外でもきちんとした手順を踏めば、継承することもできるわけです。

しかし長年の慣習から、現在も日本には「お墓は長男が継ぐ」という考え方が色濃く残っているようです。
なので、長男がお墓を継ぐという現状は実際には多いです。

長男が継ぎたくない場合はどうする?

お墓は長男が継ぐ場合が多いとは言え、何らかの事情で継ぐことができない、または継げないということも出てきます。
長男が継ぎたくない場合、どのように次のお墓の継承者を決めるのがよいのでしょうか?

お墓の継承は何で決まるのか?

何らかの事情があって、お墓を継げない、継ぎたくない場合はどうすればよいのでしょうか?

お墓の継承で一番優先されるのは、故人の遺言です。
亡くなった人から直接お墓の継承を任された、とみなされるからです。
また、遺言は書類ではなく口約束でも効力を発揮します。
なのでどうしてもお墓を継ぎたくない場合、現在の管理者と話をして予め自分を指定しないようにしてお願いしておきましょう。

もし、遺言などがないまま現在の管理者が亡くなった場合、次に優先されるのは家族間の話し合いで決まった継承者です。
慣習的に長男は継承者になる確率が高いので、もしお墓を継ぎたくない場合は、話し合いの際にお墓を継ぎたくないという旨を明らかにしておきましょう。

話し合いでも継承者が決まらない場合、家庭裁判所に依頼をして決めてもらうこともあります。
トラブルになった場合も家庭裁判所に申し立てを行います。

このように、もし長男がお墓を継ぎたくない場合は「遺言」「話し合い」「家庭裁判所」の順に優先されていくのです。
ここに「慣習」というものが入ってくるので少しややこしくなる場合が多いですが、どうしてもお墓を継ぎたくない場合は事前に手を打っておくことをオススメします。

継承の優先順位

次に、お墓の継承の優先順位について説明していきます。

長男がお墓を継がないと決まった場合、一般的に次に優先されるのは長男ではない故人の子どもです。
その場合、結婚して改姓していても対象になります。
実はこのパターンが近年増加傾向にあるのです。

次に優先されるのは、故人の兄弟姉妹や甥、姪など血縁関係者です。
子どもがお墓を継いでくれることを期待できない場合、生前に自ら血縁者に依頼しておく人もいます。
しかし、兄弟姉妹の場合は故人と近い年齢であることが予想されるので、もしもその兄弟姉妹が亡くなってしまった時どうするかも考えておかなければなりません。

子ども、血縁関係者どちらもお墓を継ぐことができない場合は、血縁関係がなくても継承を依頼することができます
しかし、墓地によっては継承する人は血縁関係でなくてはならない、という決まりのある所もありますから、予め確認を取っておくとよいですね。

長男以外も費用の負担をするべきなのか?

ここまで長男のお墓にかかる費用負担について紹介しましたが、では長男以外も費用の負担をするべきなのでしょうか?

先述したように、お墓を継承すると管理費や維持費、法要にかかる費用など実際かなりの金銭的な負担が生じます。
しかし、お墓を継承した長男だけが費用を負担する責任を負うかというと、そうではありません。
長男以外でも、お墓の費用を負担することはできます
ですので、家族間・兄弟間で話し合い、お墓の費用を負担できる人が負担しましょう。

慣習も大切だとは思いますが、最も重要視しなければならないのは先祖に対する気持ちですよね。
どのように先祖を供養したいかという気持ちが、費用の負担を長男に全て任せてしまうのかどうかを考えるきっかけになるのではないでしょうか?

実は、祭祀財産は分割して継承できるのです。
例えば、長男はお墓を継ぎ、仏壇や位牌は他の人、というようにです。
まずは家族でよく話し合い、お互いに納得できる方法を考えるのがよいですね。

お墓を承継した場合にするべきこと

人々

実際にお墓を継ぐことになった場合、様々な手続きが必要となります。
お墓を継ぐことになった場合どのようなことをすればよいのか、お墓を承継した場合にするべきことについてまとめてみました。

名義変更の手続き

お墓を継ぐことになった時、まずしなければならないのは名義変更の手続きです。
そして、お墓の管理人の名義変更に必要な書類はたくさんあります。
必ず必要になるのは

  • 墓地使用権承継承認申請書
  • 永代使用許可書
  • 戸籍謄本
  • 印鑑

以上の4つです。

墓地使用権承継承認申請書は、各自治体ホームページからもダウンロードが可能です。
この申請書がないと、継承が認められずに墓地を使用する権利がなくなってしまうことがあります。

次に、永代使用許可書は現在使用している墓地の管理者から発行されている書類です。
その墓地を使用することを認めるという内容が書かれています。
もし紛失している場合は、墓地の管理者に相談しましょう。

ここで注意しなければならないのが、戸籍謄本は2種類必要となる場合があります。
一つ目は、お墓の使用者と申請した人がどんな関係なのか、続柄が分かるものです。
そして二つ目は、申請者の戸籍謄本です。
申請者の戸籍謄本は住民票でもよい場合がありますので、詳しくは申請先に確認するのがよいと思います。

あとは印鑑も持参しましょう。
その他に用意しておくとよいものは、継承者(実際に継承費用を負担する人)の銀行口座番号が分かるものです。
また、管理料などが引き落とされる場合があるので、念のため用意しておくと便利です。

維持費の負担

ここでは、お墓を管理する際の維持費の負担について解説します。

お墓の名義変更に関する費用は1,500円~5,000円程度だと思います。
しかし、その後維持していくのに継続的に費用がかかります。
寺院墓地の場合、年間の管理料はだいたい10,000円前後だとされています。
寺院の行事などに参加する場合は、年間2回と考えてプラスで3万円ほど見ておくとよいでしょう。

民営墓地の年間管理費は5,000円~15,000円くらいとかなり幅があります。
地域によって差があり、都心ほど費用がかかる傾向にあるようです。
公営墓地の場合は少し安く、4,000円~10,000円くらいが相場です。
その他法要を行う場合には、別途費用がかかってきます。

それぞれの墓地の費用の違いや別途にかかってくる費用について事前に確認しておきましょう。

檀家の勤めを引き継ぐ(寺院墓地の場合)

寺院墓地に土地を購入し、お墓を建てる場合、その寺院の檀家になることが必須です。
つまり、寺院墓地のお墓を継承するということは、必然的に自分が檀家になるということです。
檀家になると、法要や墓地の清掃などに参加しなければならないこともあります。

また、法要の際にお布施が必要であったり、回収費用などを負担しなければならない場合も出てきます。
お墓を継承するということは、このような檀家の勤めも引き継ぐということなのです。

お墓のお手入れ

お墓の管理者になると、お墓のお手入れも定期的に行わなければなりません。
草抜きをしたり、枝を切ったり、墓石を洗ったりと、やることはたくさんあります。
また、お花を取り替えたりお供え物を取り替えたりもしましょう。

もしお墓の手入れを怠り、管理料なども支払わなくなってしまうと、お墓は無縁墓となります。
お墓を建てるとき、墓地や霊園に土地を購入しますが、これはあくまでその土地を「借りている」という扱いにしかならないのです。
なので管理料の支払いや手入れがなければ、使用者に通告後に最悪の場合撤去という形にもなりかねません。

お墓を継承する場合、きちんとお墓のお手入れをすることや管理料の支払いが必須となってきます。

お墓を継ぎたくない場合の対応策

お墓

では、もしどうしてもお墓を継ぎたくない場合、他にどのような対応策があるのでしょうか?
お墓を手放すことも視野に入れた上で、お墓を継ぎたくない時の対応策を見てみましょう。

手元供養する

手元供養とは、文字通りご遺骨を手元(自宅など)に置いて供養することを言います。
これは「お墓を持たない供養方法」として、近年注目を集めています。
手元供養には2種類の方法があります。

1つ目は、ご遺骨を全て自宅に置く方法です。
2つ目は、ご遺骨の一部を自宅に置き、残りをお墓に納骨する方法です。
しかし、ご遺骨の紛失や災害などのことを考えると、後者を選ぶ人が多いようです。

最近では自宅にご遺骨を置くだけでなく、遺骨でアクセサリーや置物などのメモリアルグッズを作る人も増えています。

永代供養してもらう

お墓を継ぐと言っても、何らかの事情がありどうしてもお墓を継げない場合が出てくるかもしれません。
そんな時に永代供養を考えることもできます。

永代供養とは、遠くにお墓があったり、高齢者の方や子供で体力的にお墓参りに行くのが難しいといった、お墓の管理ができない人に代わって寺院や霊園が供養してくれることを言います。
一般的には他の遺骨と合祀されることが多いです。

年に数回法要も行ってくれ、遠方に住んでいたりお墓参りが困難な人にとってはとても便利な制度と言えます。
ただ、一度合祀されてしまうとご遺骨を取り出すことができないので、永代供養を考える際は十分な検討が必要です。

樹木葬する

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を用いたお墓のことです。

この方法はまだ歴史が浅く、1999年に初めて樹木葬墓地ができたと言われています。
樹木葬と言っても、自宅の庭などにご遺骨を埋めることは法律違反です。
きちんと認可を受けた墓地や霊園に埋葬しなければなりません。

また、樹木葬の場合、基本的に跡継ぎの必要がありません
少子化などでお墓を託す子どもがいなかったり、後を継がせることをためらう夫婦などにも人気の葬送方法となっているようです。

散骨する

散骨も近年注目を集めている葬送方法です。

散骨とは、2ミリ以下に粉骨したご遺骨を海や山など自然の中に撒くことを言います。
こちらも新しい葬送方法なので、散骨に関する詳しい法律はまだありません。

しかし、常識の範囲でいくつか守らなければならないマナーは存在します。
人間の生活圏や私有地などに撒いてしまうと、後からトラブルになることも考えられます。
また、散骨を良く思わないご家族の方もいるかもしれません。
こちらも後のトラブルを避けるため、散骨についてきちんと事前に話し合いをしておきましょう。

長男のお墓の費用負担についてまとめ

お墓

いかがでしたか?
この記事では、長男のお墓の費用負担について見てきました。
終活の一環として、お墓について考える機会を持つ人は多いと思います。
今回分かったことは

  • お墓は長男が継ぐという決まりは特にない。
  • 長年の慣習から、長男が継ぐ場合が多いというだけのことである。
  • お墓の継承は故人の遺言、家族間の話し合いや慣習、裁判の順番で重要視される。
  • もし長男がお墓を継がなければ、その他の兄弟に優先権がある。
  • 兄弟がいない場合は血縁関係者、それも難しい場合は血縁関係者でなくても可能である。
  • 費用負担は長男任せにせず、供養の気持ちのある人が負担すればよい。
  • お墓を継承した場合、名義変更手続きが必要になる。
  • その他維持費の負担や檀家の勤め、お墓の管理なども引き継ぐことになる。
  • どうしてもお墓を継ぎたくない場合、手元供養や永代供養、樹木葬、散骨など新しい葬送方法も検討できる。

ということでしたね。

「長男がお墓を継ぐ」というのが一般的なようですが、法的な決まりはないのです。
現在の所有者が亡くなってからお墓を継ぐ人を決めるのではなく、ご健在の間に家族間で話し合って決めておくことをオススメします。
この記事を読んで、お墓のあり方についてもう一度家族で考えてみてはいかがでしょうか?

今回終活ねっとでは、「長男のお墓の費用負担」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・長男・費用」に関連する記事

「お墓・長男・費用」についてさらに知りたい方へ

  • お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!のサムネイル画像

    お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!

    家のお墓を継がなければならなくなった時、具体的にどのような手続きを行えばよいのでしょうか?また、継ぐ人が誰もいないお墓はどうすればよいのでしょうか?お墓を継ぐことについて気になる点を分かりやすく解説していきます。

  • お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

    お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

    お墓そのものがマイカーやマイホームと並ぶほどの一生の買い物といわれている以上、その費用の負担というのは家族の中でも非常に大きな問題です。このため、誰がお墓の費用を負担すべきかを決めておくことが重要となります。今回は、お墓の費用負担について見ていきましょう。

  • お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?のサムネイル画像

    お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?

    兄弟がいる家族でお墓を建てる場合、その費用は誰がどの程度支払えばいいのでしょうか。また、お墓にかかる費用負担や供養の仕方について、兄弟間での決まり事はあるのでしょうか。本記事では、兄弟間におけるお墓の費用負担について詳しく解説します。

  • お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

    お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

    お墓は一般的に長男が継ぐケースが非常に多いです。お墓は長男だけが継ぐものなのか、長男以外でも相続できるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ここでは、お墓を巡った相続問題やその解決策について紹介します。お墓の相続に悩んでいる方はぜひお読みになってください。

  • お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

    お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

    お墓を管理する権利を持つ方が亡くなると、お墓は次の世代に継承されます。しかし突然自分がお墓を継承しなければいけないとなっても、どうしたらいいのかわからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、いざとなっても困らないように、お墓の継承について解説いたします。

  • お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?のサムネイル画像

    お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?

    現在、皆さんの中でお墓の継承者だけど、継ぎたくない、継げないという方はいらっしゃいませんか。様々な理由や事情で継ぎたくない、継げないということと存じます。ここでは、お墓の継承辞退に関わる諸事例を紹介します。

  • 子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

    子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

    少子化が進み、お墓の費用を負担する子供が増えてきています。昔は兄弟が多かったので、皆で費用を負担していましたが、子供の数が減ってきたことでお墓を維持するための費用負担が大きくなってきています。では、実際に親のお墓にはどのような費用がかかっているのでしょうか。

  • お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

    お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

    お墓の継承の問題は、一家のお墓を今後うまく持続させていけるかどうかにも大きく関わってくる重要なものです。継承させたいという方がいても血縁の有無などが原因で問題となる場合もあります。そこで今回は、お墓の継承にありがちな問題やその解決法について見ていきましょう。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

    お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

    昔から「お墓を守る」という言葉はよく聞かれますが、それは具体的にはお墓の継承者となることを意味します。それではお墓の継承者とはどのような人のことを指し、もしいない場合はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、お墓を守る担い手である継承者について見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・長男・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!のサムネイル画像

お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?のサムネイル画像

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?のサムネイル画像

お墓を継ぎたくない!確執を残さず継承を辞退するには?

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!のサムネイル画像

お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと