お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?

兄弟がいる家族でお墓を建てる場合、その費用は誰がどの程度支払えばいいのでしょうか。また、お墓にかかる費用負担や供養の仕方について、兄弟間での決まり事はあるのでしょうか。本記事では、兄弟間におけるお墓の費用負担について詳しく解説します。

目次

  1. 兄弟でのお墓の費用負担について
  2. 親のお墓は兄弟の誰が継ぐべきなのか
  3. 兄弟で親のお墓を共同管理する場合
  4. お墓の維持費の目安
  5. お墓を兄弟誰もが継ぎたくない場合の対応策
  6. 兄弟でのお墓の費用負担まとめ

兄弟でのお墓の費用負担について

お墓

皆さんはすでにお墓をお持ちでしょうか。

お持ちでない方、終活の一環としてお墓を建てることを計画している方、すでに具体的な話が出ている方など様々な方がいらっしゃると思います。

さて当然のことですが、お墓を建てるためには費用が発生します。

ところでこのお墓にかかる費用は誰が支払うのでしょうか、またお墓の支払いに一般的な決まりなどあるのでしょうか。

特にご兄弟がいる方は、お墓の費用の分担や支払う割合などを迷われたりしていませんか。

そこで今回終活ねっとでは

  • 親のお墓の承継者は誰という決まりはあるのか、兄弟の費用負担はどうなるのか?
  • お墓を兄弟で共同管理するメリット、デメリット
  • お墓の維持費の目安
  • 兄弟がお墓を承継しない場合にとることが出来る供養方法

上記4点を中心に、兄弟間でのお墓の費用負担について解説していきます。

どうぞ最後までご覧ください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容についてご紹介しています。
お墓の相続についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

親のお墓は兄弟の誰が継ぐべきなのか

お金

親が先祖代々受け継いできたお墓がある方で、かつ兄弟がいる方々は次のお墓の承継者はどなたか決まっていますか。

若しくは兄弟のお子様がいらっしゃる中で、どなたにお墓を継いでほしいか決めていらっしゃる親御さんはいらっしゃいますか?

日本では、今でも家制度や家父長制の名残から、家庭は長男が継ぐものという風習が残っており、お墓の承継も例外ではありません。

しかしながら、少子高齢化が進み、かつお墓の承継者候補もより高齢になっている昨今、長男が必ずお墓を継がなければならないのかという疑問があります。

ここではお墓の承継について、親のお墓は兄弟の誰が継ぐべきなのかについて紹介していきます。

長男が継ぐという決まりはあるのか?

疑問に思う方も多くいらっしゃるかもしれませんが、お墓は誰が継ぐのが正しいのでしょうか。
多くの方が抱くのが、長男が継ぐという決まりはあるのか?という疑問です。

そもそも、お墓は「長男が」や「誰々が」継がなければならないという決まりはなく、法律でも定められていません。
よって、お墓の承継者に決まりはありません

但し、お墓は財産であり、所有者が亡くなれば相続されるべきものとなります。

お墓は、金品や不動産などの相続財産とは異なり、仏壇や仏具のように宗教的なものと見なされ祭祀財産とされます。
この祭祀財産も、相続の対象となり誰かが受け継がなければならず、これは特定の人1名に限られます。

但し祭祀財産の承継者は、民法で定める所で、長男を含めた親族である必要はなく、血縁関係がなくても構わないとされています。

1点注意したいのは、墓地を管理している寺院や霊園などによっては、檀家制度の問題などから承継者は長男・長女など血縁者でなければならないという独自のルールを設けている寺院や霊園もあります。

長男が継ぎたくない場合はどうする?

お墓を含め遺産の相続人と言えば、やはり長男が多いというイメージはありませんか。

しかしながら、必ずしも長男がお墓の承継者であるとは限らず、長男が継ぎたくないという場合も少なくありません。

お墓を継ぎたくない理由は様々な理由がありますが、高齢や病気である方や、次男以下または孫世代に譲りたいという方もいるでしょう。

国内における慣習や風習の話になりますが、お墓の承継者候補にはある程度順番があります。

故人の配偶者を除けば、兄弟(長男、二男、以下)、姉妹(長女、次女、以下)または姉妹の配偶者という順になるのが一般的です。

言い換えればお墓の承継順位は、血縁関係がある中で年齢が高い男性が優先、というのが大方の風習です。
しかしこれは、地域性もあれば、各家庭の事情によって異なります。

お墓の承継者がどうしても決まらない場合は、親戚や友人が承継する場合もあり、調停や裁判で決定する場合もあります。

長男が継いだ時も兄弟で費用を負担すべきか

ここで、長男がお墓を継いだ場合の兄弟間での費用負担について考えます。

結論から言えば、各家庭・各兄弟の経済状況を鑑みて費用負担を考えるのがいいと思います。
言い換えれば、費用を負担できる人は多く払う、または割り振るなど様々考えられます。

結局のところ、お墓の費用は全てを長男に任せるのではなく、みんなで負担するということは故人(親)に対する一番の供養になるかもしれません。

感情論となりますが、故人を偲ぶ気持ちを兄弟間で話し合い、費用負担について決めるのがいいと思います。

兄弟で親のお墓を共同管理する場合

困った人々

お墓の管理は、一人だけでしか出来ないのでしょうか。
勿論そんなことはなく、兄弟など複数人で共同で管理することも可能です。

ここでは、兄弟で親のお墓を共同管理する場合、お墓の管理はどのようになっていくのか説明します。

先に述べたように、民法上の祭祀財産の承継者(相続人)は一名だけである点を改めて紹介します。

以下、承継者について法的に説明したのち、兄弟でのお墓の共同管理のメリットとデメリットを説明します。

名義上の承継者は一人だけ

親が亡くなると、金品など遺産が残される場合が多々あります。
これを承継することを遺産相続といいます。

親の遺産の相続人は配偶者を筆頭に、子(または祖父母)、甥や姪など親等の近い順に候補となります。

一方、お墓などの祭祀財産の承継者は一人だけと民法で定められています。

  • (民法897条) 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、(中略)慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
  • (2項)前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

上記の民法に記載の通り、「祭祀を主宰すべき者」一名が祭祀財産の承継者となります。

言い換えれば、お墓の所有者の名義は一名となります。

また2項に規定されていますが、「慣習が明らかでないとき」でも、家庭裁判所が承継すべき者を一名定めることになっています。

言い換えれば、長男のような一般的な後継ぎや承継者がはっきりしない、決められない場合は、諸事情を考慮して後継ぎや承継者を家庭裁判所が決めてくれるということです。

お墓を共同管理するメリット

例えばお墓が長男に承継されれば、管理を長男に任せきりになる、そんな状態になる可能性は多々あります。

もちろん、お盆やお彼岸、命日などには長男以外も供養として仏壇に手を合わせたり、お墓参りすることもあるでしょう。

ここで、お墓の管理を一人に任せることなく、兄弟でお墓を共同管理した場合のメリットについて考えます。

まずは、お墓は共同で管理するものという意識があるため、兄弟全員でお墓を守ろうという意志の統一が図れます。
人任せ、兄任せにすることなく、全員が親・故人を供養する高い意識を保つことが出来ます。

次に、費用に関するメリットです。
お墓の共同管理をしていくということはすなわち、お墓に関する費用を一定程度等分する場合も多いでしょう。

厳密にお墓の費用を等分していなくても、仏壇は次男が負担、仏具などは長女が負担する、節目の供養の準備は長女が率先するなど、供養の役割を分担しやすくなります。

お墓を共同管理するデメリット

一方で、お墓を共同管理するデメリットについて紹介します。

法的な問題にもつながりますが、お墓の所有名義人は一名であるため、仮に名義人が亡くなった場合の手続きが面倒になる可能性があります。

長男が承継していた場合、次の承継者を誰にするか、再度兄弟間(場合によっては親族内)で再び話し合わなければなりません。

次に、お墓の費用負担で揉める可能性があるという点です。

共同管理しているとはいえ、名義人が長男なんだから、費用負担は当然長男が多くあるべき、そんな風な意見をだす兄弟がいるかもしれません。

このような問題は経済状況を考えなければなりませんが、誰かが「わがまま」を言い出してしまうと、共同管理しているという意識が薄くなってしまいます。

いずれにしても、費用負担については書面に残すなど後々トラブルにならないようにしておきたいものです。

お墓の維持費の目安

お墓

ここでは、お墓の維持費の目安について解説していきます。

お墓を建てるには、初期費用として建立料・技術料や土地代がかかります。
また、お墓を維持管理していくにも維持費がかかります。

まずは、寺院や霊園の施設や設備維持のために使われる管理料です。
これは寺院の駐車場や参道の清掃や補修、水道や電気など光熱費に充てられます。

次に、お布施があります。
命日や節目の供養日には、お坊さんからお経をあげてもらいます。
このお経代やお車代として、お布施を渡す必要があります。

もう1つは、寄付金や協力金です。
お墓を持っているということはすなわち、お寺の檀家であるということです。

檀家であれば寺院維持のために寄付をしたり、霊園であれば少しでも霊園をよくしてもらうために協力金を納める場合もあります。

以下の表が寺院と霊園別のそれぞれの費用の相場です。

相場 寺院 霊園など
管理料 年3,000円~ 年3,000円~
お布施 1~3万円前後 同左。周回忌などによって異なります。
寄付金・協力金 数百円から数千円 地区会などによって異なります。

お墓を兄弟誰もが継ぎたくない場合の対応策

困った人々

ここまでは、兄弟の中でもスムーズにお墓の承継がいき、費用負担が出来た場合について紹介してきました。

ですが、様々な理由から兄弟の誰もお墓を承継出来ない、したくないという場合もありえます。

ここでは、お墓を兄弟誰もが継ぎたくない場合の対応策について紹介していきます。
いくつか解決法があるので、永代供養・手元供養・樹木葬・散骨の4点に分けて解説します。

永代供養してもらう

お墓を家族や親族で管理せず、寺院や霊園などに永代(半永久的)に渡って供養を任せることを、永代供養と言います。

永代供養を選択すれば、基本的に初期費用を納めれば、ご遺族の方が必ずお墓参りする必要も、事あるたびに供養行事をする必要はなくなります。

手元供養する

故人のご遺骨や遺灰は、お墓や納骨堂に収めるのが一般的ですが、自宅に保管しておくことを手元供養と言います。
お墓を継ぎたくない、持ちたくないという場合には、兄弟の各自宅などでご遺骨を置くという選択肢もあります。

手元供養は費用が大分抑えられるので、宗教観次第では手元供養してもいいと思います。

樹木葬する

ご遺骨をお墓に入れず、樹木の周りに埋葬することを樹木葬と言います。
樹木葬をする場所は、木々が並んだ庭園のような造りの墓地です。

樹木葬なら墓石が不要なので、費用が安く管理も不要となります。

散骨する

樹木葬とも重複しますが、ご遺骨や遺灰を撒くことを、散骨と言います。

散骨も供養方法として確立しており、樹木葬であっても自然の木の周りにご遺骨・遺灰を撒くことも出来ます。
他にも、海に撒いたり、思い出の地に散骨するという方法があり、いつでも供養に訪れることが出来ます。

但し、散骨をする場合には、周辺の環境に配慮する必要があり、自治体によっては届け出が必要なので注意しましょう。

兄弟でのお墓の費用負担まとめ

お金

最後までご覧頂きありがとうございました。

終活の際の心配ごとの一つ、兄弟でのお墓の費用負担について解説してきました。

  • お墓の承継者は長男である必要も決まりもなく、費用負担含め兄弟間などで話しあって決めるのがよい
  • お墓の共同管理は、お悔やみの気持ちを意識高く共有するというメリットがあるものの、人任せになってしまうデメリットがある
  • 維持費は管理費が年5,000円程度、お布施が周回忌毎に数万円、寄付金や協力金として年数百円から数千円かかる
  • 兄弟間でお墓の承継者がいない場合でも、永代供養・手元供養・樹木葬・散骨という方法で供養できる

親の立場からすれば承継者は兄弟間でスムーズに決めてほしいでしょうし、子供の立場からも兄弟で協力してお墓を守っていきたいものです。

兄弟間での親のお墓の管理については、費用や管理する人の問題などありますので、トラブルを避け兄弟間での関係を良好にしていくためにも、事前に兄弟間で話し合っておきましょう

今回終活ねっとでは、「兄弟でのお墓の費用負担」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・費用・兄弟」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・費用・兄弟」についてさらに知りたい方へ

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!のサムネイル画像

お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説のサムネイル画像

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説

独身女性・男性のお墓事情を供養方法などとあわせて解説!のサムネイル画像

独身女性・男性のお墓事情を供養方法などとあわせて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・費用・兄弟」についてさらに知りたい方へ

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと