お墓に玉砂利を敷く費用は安くなるの?専門家や種類を紹介します

お墓に玉砂利を敷くと景観も良くなり雑草対策にもなります。しかし玉砂利も種類がたくさんありますし費用の面でもわからないことがありますよね。そこでお墓に敷く玉砂利の費用や種類について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. お墓に玉砂利を敷くときの費用について
  2. 専門家に玉砂利を敷いてもらうときの費用
  3. 代表的な玉砂利の種類と値段
  4. お墓に玉砂利を敷くことのメリット
  5. お墓に玉砂利を敷くときの費用まとめ

お墓に玉砂利を敷くときの費用について

お墓

お墓は墓地や霊園の一角を借りて、墓石を設置します。
墓石の大きさにもよりますが、敷地一杯にお墓を建てることはあり得ません。
どうしても土のままの部分が出てしまいます。
墓石の周りの土の部分はそのままでも構わないのですが、玉砂利を敷くと見栄えが良くなるばかりではなくいろんなメリットもあります。

玉砂利を敷いてみようと検討中の方はぜひこの記事を読んで参考にしてください。

この記事では以下のことを中心にお墓に玉砂利を敷くときの費用についてについて解説しています。

  • 玉砂利を敷いてもらう時の費用
  • 玉砂利の種類と値段
  • 玉砂利を敷くことのメリット

お墓の周りに敷く玉砂利は絶対必要なものではありませんが、玉砂利を敷いておけば見栄えも良くなりお墓のお手入れも断然楽になります。

新しくお墓を購入した時など、墓石ばかりに目が行ってしまいがちですが足元の玉砂利にも注目してみてください。

終活ねっとではお墓に関する疑問点なども詳しく解説していますので、他の記事も併せて読まれることをおすすめします。

お墓は決して安いものではありませんので、お墓を購入した後で後悔が起こらぬよう子々孫々まで受け継がれていくように、終活の一環として費用の面などもよく理解しておきましょう。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の費用を抑えるポイントなどについて解説しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

専門家に玉砂利を敷いてもらうときの費用

お墓

お墓に玉砂利を敷きたいと思った時、専門家に玉砂利を敷いてもらうときの費用はいくらぐらいになるものなのでしょうか?

専門家とはお墓を建ててくれる石材店や造園業者のことを指します。

玉砂利はホームセンターやネット通販でも購入することはできますので自分で玉砂利を敷くことは可能ですが、石はかなり重いですし2坪ぐらいでも20kg入りの袋が30袋ぐらいは必要となります。

基本的には下の土が全く見えなくなるように厚めに敷き、平らになるようにした方がきれいに仕上がります。
ですので専門家に頼んだ方が楽ですし、早くきれいに仕上がります。

玉砂利を敷くスペースがほんの少しと言う方は、材料費だけで済みますので自分で敷いた方が安く付きます。
玉砂利にもいろんなサイズがありますので、小さめの玉砂利を使えば自分で敷くことは可能です。

専門家に頼む場合でも何もせずにただ砂利を敷くだけなら2万円程度で済みますが、一般的には玉砂利を敷く前にコンクリートを張ったり、防草シートを施したり基礎砂利を敷いたりするので、その分だけ費用も上がります。

専門家に玉砂利を敷いてもらうように依頼した場合は、費用は玉砂利代と施工代・人件費などを含め10万円~30万円程というのが相場です。
もちろん、工事をする広さや下処理をどうするか、玉砂利が高級なものであった場合などで費用は変わってきます。

また、重機やトラックが入れないようなところでは手作業になる可能性もあり、その場合は人件費が高くつくということも考えられます。

代表的な玉砂利の種類と値段

お墓

ここでは、代表的な玉砂利の種類と値段について紹介していきます。

玉砂利にも様々な種類があります。
玉砂利とは、小石の角などを機械で削り丸い形に加工したものです。
歩くと「ジャリジャリ」と音がすることから、防犯のために玄関や庭先に敷かれる方もいます。

石の種類によって色が違いますので玉砂利でも人気の白色のほかピンク色や黄色などもあります。
同じぐらいの大きさの玉砂利にすると全体的にすっきりとして景観がとてもよくなります。
小石の角を取って玉砂利にしたものをさらに研磨して光沢のある玉砂利にしているものもあります。

光沢のあるものは上品さと高級感があり、お墓の見栄えを良くしたいと思っている方には最適です。

なお、お墓に玉砂利を敷くことに宗教的な意味はありませんので、好みの色の玉砂利を選んでもなにも問題ありません。

しかし、霊園や寺院によっては、最初から玉砂利を敷いてあるところもあり勝手に変更できない可能性もありますので、玉砂利の交換工事をしたいと思ったらまずは霊園や寺院のそれぞれの管理者の方に問い合わせをしましょう。

それではそれぞれの玉砂利の特徴と費用の相場をご紹介します。
砂利と言えど一つ二つで済む物ではありませんので、価格や玉砂利を敷きたいところなどをよく検討して、どのくらいの量が必要かも考えの中に入れておいてください。

白玉砂利

真っ白で清潔感のある白玉砂利は敷くとお墓をすっきり見せることができます。
一番人気でホームセンターでも数多く扱っています。
また、お墓だけでなくお家の庭や玄関先に利用される方も多いです。

白玉砂利の費用の相場は20kgで2500円ほどです。

五色砂利

五色砂利は黒・白・赤・グレー・ピンクの5色の玉砂利が混ざったもので、白玉砂利より若干価格は低めです。
墓地に敷くとお墓が華やかな感じになります。

五色砂利の費用の相場は20kgで2000円ほどです。

黒玉砂利

黒玉砂利は落ち着いた雰囲気で敷くとお墓が引き締まって見えます。
光沢のある黒玉砂利は価格も高めですが、高級感があり汚れもあまり目立ちません。

黒玉砂利の費用の相場は20kgで3500円ほどです。

ピンク玉砂利

ピンク玉砂利は化粧砂利とも呼ばれていて、桜色のかわいい玉砂利です。
やわらかい色合いで玄関先に敷かれる方もいます。
また、白玉砂利と組み合わせて使うとさらにかわいさアップです。

ピンク玉砂利の費用の相場は20kgで2500円ほどです。

お墓に玉砂利を敷くことのメリット

お墓

お墓の玉砂利は絶対敷かなければいけないというわけではありません。

霊園などでは最初から玉砂利を敷いた状態のところもありますが、古くからあるお墓では玉砂利を敷くスペースがないところもあります。

お墓の周りをコンクリートで敷き詰めてあるのであれば、わざわざ玉砂利を敷く必要はありません

それぞれのお墓の場所や形によって玉砂利を敷いた方が良いか検討しましょう。

しかし、玉砂利を敷くには費用がかかりますが、その分メリットも多いです。
ここではお墓に玉砂利を敷くことのメリットについて詳しく解説します。

見栄えがよくなる

玉砂利を敷くことの最大のメリットは見栄えが良くなるということです。
土がむき出し状態より、白玉砂利やピンク玉砂利を敷いた方が清潔感があり景観がとてもよくなります。

普通の石より丸く大きさが揃っている玉砂利の方がオシャレですし、光沢のある玉砂利を使えば高級感があり上品さもアップします。

土がむき出しのままだと、雑草が生えたり小さな虫が集まって来たりします。
郊外の方にあるお墓だと、土の中にいるミミズなどを捕獲するためにモグラやイノシシなどが穴を掘ってしまうということが起こりかねません。

モグラなどが穴を掘るとお墓の土台部分が緩んでしまい、お墓自体が倒れてしまう可能性もあります。
管理者が常にいるような霊園や寺院ではめったに起こることはありませんが、山の上の方にあるお墓では野菜動物の被害もあり得ることも覚えておきましょう。

水はけがよくなる

土がむき出しだと雨水が溜まってしまったりします。
水たまりができると虫が湧いたり、お墓の掃除をする時に足元を汚してしまう可能性もあります。
また、雨の日などにお墓参りに行くと足元がぬかるんで転倒する恐れがあります。
しかし、玉砂利を敷いておけば水はけがよくなり、ぬかるむ心配がないので安心してお参りに行くことができるのもメリットの一つです。

玉砂利を厚めに敷いておくと大雨が降った時の泥の跳ね返りも防げますので、お墓自体が汚れる心配も少なくなります

雑草対策に有効

土がむき出し状態だと常に雑草に悩まされてしまいます。
雑草の種子はどこからやって来るかわかりませんし、こまめに雑草を抜くことができればよいのですが、あまりお墓参りができないという方は、次に行った時は草だらけで雑草処理だけで時間がかかってしまいます。

砂利を敷いただけでは雑草を完全に出ないようにはできませんが、コンクリートや防草シートを敷けば雑草対策にかなり有効です。

しかし、コンクリートや防草シートだけでは景観が悪くなってしまいますので、その上からおしゃれな玉砂利を敷けば雑草対策にもなりますし景観も良くなるというわけです。

お墓参りに来るたびに雑草処理に時間がかかってしまうという方は、玉砂利を敷くということも検討してみてください。

玉砂利の弱点

玉砂利はメリットも多いですが、玉砂利の弱点は石ですので数年経てば削れて小さくなってしまいます。
あるいは、砂利そのものの重みで沈んでしまいやがては土の中に埋もれてしまいます。
また、苔も生えやすいため見た目も悪くなってしまいます。

数年に一度は玉砂利を洗浄するか新しいものを足すか、あるいはすべて取り換えた方が良いかもしれません。

お墓に玉砂利を敷くときの費用まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓に玉砂利を敷くときの費用について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事では以下のことを解説しています。

  • 専門家に玉砂利を敷いてもらうと玉砂利を敷く量によっても違いますが、費用の相場は10万円~30万円ぐらいです。
  • 玉砂利には様々な種類があり、費用の相場は20kgで2000円~4000円ぐらいです。
  • 玉砂利を敷くと見栄えが良くなるばかりではなく、水はけもよくなり雑草対策にも有効という具合にメリットも多いです。
  • 玉砂利はホームセンターやネット通販でも簡単に手に入り、自分でお墓周辺に敷けば玉砂利代だけで安く付きますが、重労働になる可能性があるので大量に玉砂利を使う場合は専門家に頼んだ方が楽にきれいに仕上がります。
  • 霊園や寺院によっては勝手に玉砂利を変更することができない場合もあるので、事前に管理者に確認しておいた方が無難です。

お墓に玉砂利は絶対必要なものと言うわけではありませんが、景観が良くなるばかりではなく水はけや雑草対策などメリットも多いです。

玉砂利には費用もそれなりにかかりますが気持ちよくお墓参りができますし、見栄えが良くなればご先祖様や故人も喜んでくれることでしょう。

これを機会にお墓の周りに敷く玉砂利に注目してみませんか?

終活ネットではお墓にかかる費用やお墓参りのマナーなどについて詳しく解説していますので、他の記事も併せて読んでくれると嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・玉砂利・費用」に関連する記事

「お墓・玉砂利・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・玉砂利・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓周りに玉砂利を敷くことにはどんな効果があるの?のサムネイル画像

お墓周りに玉砂利を敷くことにはどんな効果があるの?

素敵な庭作りにかかせない玉砂利について教えます!のサムネイル画像

素敵な庭作りにかかせない玉砂利について教えます!

1人でできるお墓の雑草対策一覧!一番効果がある簡単な方法とはのサムネイル画像

1人でできるお墓の雑草対策一覧!一番効果がある簡単な方法とは

お墓をコンクリート敷きにする工事費用の相場についてまとめましたのサムネイル画像

お墓をコンクリート敷きにする工事費用の相場についてまとめました

お墓に敷く砂利の費用っていくらかかるの?砂利についてまとめましたのサムネイル画像

お墓に敷く砂利の費用っていくらかかるの?砂利についてまとめました

お墓周りの環境改善!お墓の土・砂利・雑草対策についてのサムネイル画像

お墓周りの環境改善!お墓の土・砂利・雑草対策について

お墓の草むしりを楽にするには?お墓の雑草対策や注意点をご紹介のサムネイル画像

お墓の草むしりを楽にするには?お墓の雑草対策や注意点をご紹介

お墓の手入れ・ワックス掛けってどうやるの?のサムネイル画像

お墓の手入れ・ワックス掛けってどうやるの?

お墓のメンテナンスについて簡単なものから難しいものまで解説しますのサムネイル画像

お墓のメンテナンスについて簡単なものから難しいものまで解説します

お墓の種類を詳しく解説!違いを知って納得のお墓を選びましょうのサムネイル画像

お墓の種類を詳しく解説!違いを知って納得のお墓を選びましょう

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと