お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説

終活において欠かせないお墓の費用の問題。では、お墓の費用って誰がどのように負担するのでしょうか?また、費用の分担をどう考えればいいのでしょうか?今回はお墓の費用を分担する場合の注意点などについて説明します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. お墓の費用の分担について
  2. そもそもお墓の費用はだれが負担するの?
  3. お墓の費用を分担するケース
  4. お墓の費用項目・内訳
  5. お墓の費用分担で迷ったときの相談先
  6. お墓の費用の分担まとめ

お墓の費用の分担について

お墓

お墓の費用について、具体的に考える機会ってあまりないですよね?
お墓の問題は終活ではかかせない問題となります。
でも改めて考えてみると、お墓の費用について普段の生活では接することがにないため、よくわからないことだらけですよね。

現代の日本では、実家をでて新たな土地に生活基盤を築き、両親と離れて暮らすことが珍しくありません。
そのため、遠方にある先祖代々のお墓を、ご自分の近くに移した方がいいと考える方も多いのではないでしょうか。

また、分家の方などでお墓がない場合は、自分達の入るお墓を新たに準備する必要があるでしょう。

でも、いざお墓を建てるとなったら、お墓の費用は誰がどのように負担するのかなどはっきり決めなければなりません。

今回終活ねっとでは

  • お墓の費用は誰が負担するのか?
  • お墓の費用を分担する場合の割合は?
  • お墓の費用はどのようなものがあるか?
  • 費用分担で迷ったときは、誰に相談すべき?

以上の項目に沿ってお墓の費用の分担について解説します。
お墓の費用の分担を終活として考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続、お墓のローンについても解説しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

そもそもお墓の費用はだれが負担するの?

お金

お墓の問題を考える際、まず直面する問題がお墓の費用の問題です。
しかし、一言でお墓の費用といっても、新たにお墓を建てる場合の費用をはじめ、継続してかかる管理費等もあります。

「長男が負担するんじゃないの?」と考える方も多いと思いますが、その根拠を言える方は少ないのではないでしょうか?
以下では、お墓の費用は誰がどのように負担するべきなのかを説明いたします。

普通は長男が負担

一般的に、お墓の費用は祭祀承継者(さいししょうけいしゃ)が負担する場合が多いです。
祭祀承継者とは、祖先の祭祀を主宰すべき者のことで、民法上にその定めがあります。

祭祀承継者は被相続人による指定がない場合には、その地方の慣習によって定められます。
慣習が明らかでない場合には、家庭裁判所が定めます。

普通は長男が祭祀承継者となるケースが多いので、お墓の費用も長男が負担することが一般的です。

しかし、東京都内に新たにお墓を建てる場合、墓石の購入の他に、永代使用料が100万円以上かかるということも珍しくありません。
一概に全て長男の負担としてしまっては長男の負担は大きなものとなります。

分担する場合もある

では、必ず祭祀承継者がお墓の費用も負担しなければならないのでしょうか。

実は、お墓の費用負担そのものについては、民法上に定めはありませんので、慣習や親族間の話し合いで分担することができます
つまり、長男が祭祀承継者となった場合であっても、親族間の話し合いでお墓の費用負担を別に決めることができるわけです。

また、お墓の費用は単に金銭の問題ではなく、供養の一部と考えることもできます。
そこで、親族間での話し合いで費用を分担する場合も増えています。

お墓の形式による分担として「両家墓」を利用する場合もあります。
両家墓とは、2つの家を1つのお墓に合祀したものです。

例えば、お墓を受け継ぐ人がいないケースに利用されます。
この場合には、両家で費用を分担することが比較的容易にイメージできるでしょう。

ただし、親族の同意を得ておかないと後でトラブルになることもあります。
また、墓地や霊園によっては宗派の異なる両家墓は許可しないといった問題もあります。
以上のように両家墓を検討の際には注意が必要ですので、事前に寺院や霊園に確認し、家族できちんと話し合っておきましょう。

お墓の費用を分担するケース

困った人々

お墓の費用を分担する場合で多いのは兄弟姉妹で分担するケースです。
しかし、費用をどのような割合で分担するかは、相続財産とも大きくかかわる難しい問題です。

また、お墓の費用は親の相続財産から当然に支出されるものではありません。
話し合いもないままお墓を建ててしまうと、後で他の相続人にお墓の費用の請求ができなくおそれがあります。

以下では、お墓の費用を分担するケースと分担する際の注意点、具体的にどのように割合をきめるのかを説明します。

親のお墓を建てる費用を兄弟姉妹で分担する

先祖から受け継いだお墓がある場合や親がお墓を準備している場合はよいのですが、そうでない場合、子供たちが親のお墓を建てなければなりません。

以前は、家督相続によって長男が家督を継ぐということが多く、その場合はお墓の費用も長男が負担するのが当然でした。
しかし、核家族化がすすむ現代の日本では、必ずしも長男が両親のお墓の費用を負担すべきとは言い切れないでしょう。

また、親と一緒のお墓に入るのではなく、樹木葬や自然葬、散骨といった埋葬を選択する方も増えています。
散骨などを希望している長男に対して、長男が入ることのないお墓の費用を全額負担するべきと決めつけるのは、トラブルの原因ともなりかねません。

そこで、兄弟姉妹でお墓の費用を分担するケースが増えています。

費用分担の割合をどうするか

では、兄弟姉妹間で費用分担する場合に、費用分担の割合をどうするかを考えてみましょう。

兄弟姉妹で均等に費用を分担するのが単純ではあります。
しかし、安易にそう思い込んでしまうと大きなトラブルの原因になってしまいますので注意してください。
兄弟姉妹とはいえ、価値観や考え方はそれぞれ違うのが当然だからです。

全くの他人だと金銭の問題として割り切って考えるため、それほど大きなトラブルとはなりません。
しかし、親族など関係が近い間ほど、ささいなことで感情的になってしまいがちです。
その結果、絶縁・裁判となってしまうケースも多いものです。

兄弟姉妹間では、小さなボタンの掛け違いが、取返しのつかない大きな溝へと発展することも少なくありません。

例えば

  • 長男は「兄弟姉妹なんだから、費用分担は均等が当然」
  • 次男は「長男の方が経済的に余裕があるから長男が多く負担すべき」
  • 長女は「私は結婚して姓も変わり、親と一緒のお墓に入ることはないから、1円も負担する必要はない」

と、それぞれ考えている場合です。

このような場合に、自分の考えが正しくて、皆もそれを理解すべきだと一方的に話をすすめようとすると、感情的になってしまい、いつまでもお墓を建てられないという事態になりかねません。

お墓の費用を分担するといっても、それぞれの居住地、親や兄弟姉妹間の関係、経済状況など、様々な要因がありますので、個別に考える必要があります。

具体的には

  • 遺産分割の際に、相続財産とお墓の費用負担を双方考慮して相続財産の分割をする
  • 親の遺言などで相続財産を多く受け取っている人は、お墓の費用負担を多くする
  • 経済状況に明らかな差がある場合は、それに合わせた割合にする
  • お墓に入らないであろう人の費用負担は少なくする

などの方法が考えられます。

また、次のように

  • 「お墓の建立費」「永代使用料」は次男と長女が負担
  • 「管理料」「お布施代」は祭祀承継者である長男が負担

と、費用項目によって分担することも1つの方法でしょう。

いずれにしても、話し合いが重要です。
自分の意見を押し通すのではなく、相手の意見をよくきいて話し合ってみてはいかがでしょうか。

お墓の費用項目・内訳

お金

ここまでは、お墓の費用の分担について説明してきました。

しかし、一言でお墓の費用と言っても様々です。
お墓の費用を考える際には、どのような費用がどの位かかるかを知ることが重要です。

では、お墓の費用にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下では、お墓の費用項目・内訳について「お墓の購入時に発生する費用」と「購入後に発生する費用」にわけて説明いたします。

お墓の購入時に発生する費用

ここではお墓の購入時に発生する費用についてみていきます。
お墓の費用の中でも、新たにお墓を建てる際にかかる費用で「永代使用料」「墓石建立費」「納骨料」などがあります。
家を買うのと同じで、最初に大きなお金がかかるのが特徴です。

金額に大きな幅がありますので、費用を分担される場合には、よく話し合って検討する必要があります。

永代使用料

永代使用料とは、お墓の土地を永代にわたって借りるための費用で、墓地や霊園に支払います。
墓地や霊園を利用する場合には、土地を購入するのではなく、土地の一画を「借りて」お墓を建てます。
「借りる」というと、毎月地代を払うとイメージしがちですが、一般的に最初に一括して支払います。

いったん永代使用権を取得すれば、基本的に永代にわたって墓地を使用できます。
しかし、年間管理料の未納や、お墓を継ぐ人がいなくなった場合には権利が消滅する場合がありますので、注意してください。

また、改葬などにより、墓地や霊園を使用しなくなった場合でも、返金や転売はできないと使用規約定められている場合がほとんどです。

料金ですが、一般の土地と同じで、主に立地条件や広さ、設備等により変わります。
全国平均で約70万円前後ですが、価格にかなりの幅があり、東京都の好立地では200万円を超えるところもありますので、事前に個別での確認が必要です。

墓石建立費

墓石建立費は墓石代とも呼ばれるもので、石材店に支払います。
お墓の費用というと最初にイメージする費用だと思います。

一般的に、石材費・加工費・附属品・工事費が含まれます。
工事費は墓石代に含まれる場合が多いのですが、お墓によっては別途料金がかかる場合がありますので、個別に確認が必要です。

墓石の価格は、石材の種類・大きさ・デザイン・彫刻等によって変わります。
墓石建立費の費用の相場としては、100万円~200万円前後が多いです。

墓地や霊園で石材店を指定される場合もあるため、まずは希望の墓地・霊園に確認してください。

納骨料

納骨料は、お墓または納骨堂に納骨する際にかかる費用の総称で、総額数万円~10万円前後が多いです。
内訳は、納骨作業代、彫刻料、お布施、法要部屋の使用料、お供え物代などになります。

また、納骨式後に食事の場を設ける場合には、食事代やお礼の品代が別途必要となります。

宗派やお墓の形式にもよりますので、個別に確認が必要です。

購入後に発生する費用

ここで紹介するのはお墓の購入後に発生する費用です。
主に「年間管理料」「お布施代」「その他お墓のメンテナンス」があります。

1つ1つの金額はそれほど大きくはありませんが、継続してかかるのが特徴です。

年間管理料

年間管理料は墓地や霊園の管理費として、継続して支払う費用です。
墓地や霊園の共有部分の清掃代や水道代にあてられます。
毎年支払う場合や、何年分かをまとめて支払う場合など、墓地、霊園により異なります。

費用ですが、これも墓地や霊園によって異なります。
年間管理料の一般的な費用の相場としては、年間約5千円から1万5千円が多いです。

年間管理料は、他の費用と比べると安いと感じられるかもしれませんが、滞納が続くと永代使用権が消滅する場合がありますので、使用規約を確認してください。

お布施代

お布施代は通夜、葬式、四十九日、納骨式、一周忌、三周忌など法事法要の際に僧侶に渡す謝礼です。
お布施代は継続してかかる費用ですので、お墓の費用として考えたほうがよいでしょう。
「お気持ちで」と言われるため、金額に困ってしまうという経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

通常、通夜葬式の際のお布施は「戒名料」が含まれる場合が多いため、高額になります。
通夜葬式のお布施の場合、宗派、戒名のランクによって異なりますが、約20万円~100万円が多いです。

法事法要の際のお布施は、1万円から5万円位が目安となっています。

また、僧侶を招くときは、お車代がお布施代とは別に必要となる場合もあります。

その他メンテナンス

お墓のその他のメンテナンスとして、墓石の補修、お墓の洗浄、雑草や植木の伐採、地震対策などがあります。

地震対策は意外に思われるかもしれません。
しかし、大地震の際には飛び石現象と呼ばれる事故により、多くの墓石が被害を受けました。
現在では、購入時から地震対策が施されているものもあります。

各費用は、それぞれ石材店等によって変わりますので、ご確認ください。

お墓の費用分担で迷ったときの相談先

困った人々

お墓の費用の分担で困ったら、まずは、相談しやすい親族に相談してみましょう。

他の親族のお墓はだれがどのように費用を負担したか、または親が生前言っていた希望など、兄弟姉妹が納得する情報が得られるかもしれません。
また、影響力のある親族から兄弟姉妹へそれとなく話してもらうことも、大きな説得材料となります。

次に、信頼のおける共通の知人に相談するのも、解決への糸口となる場合があります。

それでも、解決しない場合には、弁護士、司法書士などの法律専門家へ相談しましょう。
ただし、いきなり専門家へ相談するのは、注意が必要です。
「弁護士、司法書士はこう言ってた」と話を切り出すと、他の兄弟姉妹から反感や警戒心を持たれる可能性があるからです。

一度、反感や警戒心を持たれると親族間で解決するのは困難になります。
専門家へ相談する場合は、あくまで知り合いからきいた話として切り出すのも一つの方法です。

お墓の費用の分担まとめ

人々

いかがでしたか?
この記事では、お墓の費用の分担についてみてきました。

お墓の費用は、種類も金額も様々です。
また、それを誰が負担するかとなると、相続もからみあい簡単に割り切れないことも多くあります。

この記事で説明したポイントとして、

  • お墓の費用は、一般的に祭祀承継者が負担することが多いが、話し合いで分担することも可能
  • お墓の費用を兄弟姉妹で分担することも多いが、その割合は、居住地・関係性・経済状況等によって個別に検討し、話し合う必要がある
  • お墓の費用には購入時に発生する費用として「永代使用料」「墓石建立費」「納骨料」と、購入後に継続して発生する「年間管理料」「お布施代」「その他のメンテナンス」がある
  • 費用の分担で迷ったときは、まずは身近な親族や共通の知人に相談する。弁護士、司法書士などの専門家に相談した場合は、兄弟姉妹に不要な反感、警戒心も持たれないように注意する

などが、おわかりいただけたと思います。

お墓の費用を考えることは、終活において重要なことです。
また、お墓の費用をだれがどのように負担するかは、今後の親族関係に大きな影響を与えます。

いつか誰かが考えてくれるだろうではなく、一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

今回終活ねっとでは、「お墓の費用の分担」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・費用・分担」に関連する記事

「お墓・費用・分担」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・費用・分担」についてさらに知りたい方へ

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?のサムネイル画像

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・費用・分担」についてさらに知りたい方へ

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと