お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

新たにお墓を建てる時、費用は最も気になることのひとつです。ここでは、お墓を建てる時の費用の内訳や相場、お墓を建てない埋葬方法の費用の相場、費用を安く抑える方法などについて説明していきます。ぜひ、最後までお読みください。

目次

  1. お墓の費用の相場について
  2. お墓にかかる費用の種類・相場
  3. 永代供養にかかる費用の相場
  4. 新しい形のお墓にかかる費用の相場
  5. お墓にかかる費用の総額の相場は?
  6. お墓の費用を安く抑えるには
  7. お墓の費用の相場まとめ

お墓の費用の相場について

お金

終活として、お墓のことは欠かせない項目ですよね。

もともと先祖代々からあるお墓に入る場合はいいですが、新たにお墓を建てなければならない方も多いと思います。

お墓のことで最も気になることのひとつはお墓にかかる費用はいくらぐらいかかるのかということだと思います。

「お墓を建てる」と一口に言っても、実際に何にどれだけのお金がかかるのか、よく分かりませんよね。

「お墓を建てる時にかかるお金って全部でいくらぐらい?」「どうすれば費用を抑えられるの?」「墓石を建てずに埋葬するときにはいくらぐらいかかる?」など、お墓の費用に関するさまざまな疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは

  • お墓を建てる時にかかる費用の内訳や相場
  • 永代供養など、お墓を建てない埋葬方法の費用の相場
  • お墓の費用を安く抑える方法

などお墓の費用の相場について説明していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓にかかる費用の種類・相場

お墓

新しくお墓を建てる場合、どういった費用がかかるのでしょうか。

ここでは、お墓にかかる費用の種類・相場について説明していきます。

永代使用料

永代使用料とは、永代にわたってその土地(区画)を使用する権利を得るために発生するお金のことをいいます。

永代使用料の相場は、だいたい60万円~80万円ほどです。

ただし、これはあくまでも全国的な平均額です。
永代使用料は、霊園・墓地がある場所の立地条件によって金額がかなり変わってきます

都会の街中にある、駅から近い、区画が大きい、などのところは、永代使用料も高くなります。

例えば、東京新宿区にある天龍寺の場合、3.24㎡の区画が1,200万円もします。
ここは、東京23区内にあり、「新宿」駅から徒歩5分、「新宿三丁目」駅から徒歩1分と好アクセスで、区画が大きいことから、このような金額になっているのです。

お墓を建てる時はここに記した相場は参考にとどめておき、お墓を建てる予定の地域の相場を事前に確認しておくとよいでしょう。

墓石代・工事費

墓石代とは、お墓で使うすべての石材部分の費用を指します。
具体的には、棹石(お墓で一番大きい縦長の石)やカロート(納骨するところ)、外柵(区画を囲う石)、墓誌などです。

墓石を建てる場合、墓石の購入費用+設置工事費がかかります。

墓石代・工事費はだいたい100万円~200万円ほどが相場です。

ただしこの墓石代・工事費は

  • 区画の広さ
  • 使用する石材の種類、産地
  • 彫刻やデザインの内容
  • 工事のしやすい場所かどうか

などによって、金額がかなり変わります。

区画が広ければ、必然的に使用する石材の量が増えますから、その分値段が高くなります。

墓石に使用される石材の種類は国産・外国産あわせて数百種類あり、価格もさまざまです。
一般的な和型墓石の価格でいえば、最近よく流通している中国産の白御影石は、墓石本体が20万円~30万円ほどですが、最高級品で知られる香川県高松市の庵治石だと墓石本体だけで150万円~200万円ほどかかります。

また、彫刻の文字が多かったり、曲線が多いなどの複雑なデザインであれば、それも値段が高くなります。

さらに、お墓を建てる墓所までの道が狭かったり、坂の上だったりすると石材の運搬が困難になりますので、工事費がかさむなど立地条件にも左右されます。

このように、墓石代や工事費はいろいろな条件によって金額の幅が大きくなるのです。

戒名料

仏式で葬儀を行うと、仏様の弟子になった証として、名前(戒名)を授けてもらいます。
その時に発生するお金が戒名料です。

戒名には位があり、その位によって戒名料が変わります。

以下に戒名料の相場をまとめてみました。

宗派信士・信女居士・大姉院信士・院信女院居士・院大姉
天台宗・真言宗30万円~50万円50万円~70万円80万円~100万円~
曹洞宗30万円~50万円50万円~70万円100万円~100万円~
浄土宗30万円~40万円50万円~60万円70万円~
臨済宗30万円~50万円50万円~80万円100万円~
日蓮宗30万円~50万円~100万円~
浄土真宗釋〇〇 10万円~30万円〇院釋〇 50万円~

管理料

管理料とは、お墓全体を維持・管理していくために支払うお金のことです。
通常、毎年1年分をまとめて支払うかたちが多いです。

管理料は、個人個人のお墓を手入れして管理するためのお金ではなく、墓地・霊園の清掃や設備の修繕、備品の管理などにかかるお金を指します。

管理料の相場は

  • 公営霊園・・・年間5千円~1万円ほど
  • 民営霊園・・・年間5千円~1万5千円ほど
  • 寺院墓地・・・年間5千円~2万円ほど

になります。

お布施・お車代

納骨する時、僧侶の方に来ていただき、納骨式を行うのが一般的です。
その際、お礼の気持ちを込めてお布施やお車代を包みます。

そのお布施やお車代にかかる費用の相場ですが

  • お布施・・・3万円~10万円ほど
  • お車代・・・1万円ほど

となります。

開眼法要・閉眼法要

墓石を建てただけでは「お墓を建てた」ことにはなりません。
お墓に故人の魂が宿ってはじめて、本当の意味の「お墓」となるからです。

開眼法要とは、新しく建てた墓石に故人の魂を入れる法要のことです。
この時に併せて納骨を行う場合が多いです。

逆に閉眼法要とは、お墓を閉じる場合に墓石に宿っている故人の魂を抜く法要のことです。

開眼法要を行ったあとは、閉眼法要を行うまで、墓石を移動したり、彫刻を追加で施したりすることはできません。

開眼法要・閉眼法要の時のお布施の相場ですが、3万円~5万円ほどとされています。
また、開眼法要・閉眼法要を行うときに

  • お車代・・・1万円ほど
  • 御膳料(僧侶の方が法要後の会食に欠席される場合に支払うお金)・・・1万円ほど

を包むのが一般的です。

埋葬証明書

埋葬証明書(埋蔵証明書)とは、お墓に埋葬されている遺骨が誰であるのかを霊園・墓地の管理者が証明する書類のことです。
また、埋葬証明書は改葬の時などに必要となります。

埋葬証明書は、納骨後、霊園・墓地の管理者に申請するともらえます。

埋葬証明書の発行には基本的に費用はかかりません

ただし、寺院墓地の檀家になっている場合、埋葬証明書を申請することはすなわち檀家をやめることにつながります。
その際、離壇料を支払うことが一般的です。

離壇料の相場は、3万円~20万円ほどになります。

永代供養にかかる費用の相場

お墓

永代供養とは、霊園の管理者や寺院が永代にわたってお墓の供養や管理を行ってくれることをいいます。

永代供養墓には

  • 個別納骨墓(個人墓・夫婦墓・家族墓)
  • 集合墓
  • 合祀墓

などの種類があります。

永代供養墓にかかる費用は以下のとおりです。

個人墓・夫婦墓

個別に納骨する場合、1人分のご遺骨を納骨するものと複数のご遺骨を納骨するものがあります。

この個人墓と夫婦墓にかかる費用の相場ですが

  • 個人墓(1人分)・・・30万円~50万円ほど
  • 夫婦墓(2人分)・・・60万円~100万円ほど

になります。

集合墓

集合墓とは、1つの墓石の下に複数の納骨スペースがあり、そこに個別にご遺骨を納骨するお墓のことです。

集合墓にかかる費用の相場は、20万円~50万円ほどになります。

合祀墓

合祀墓とは、ご遺骨を個別に埋葬せず、骨壺から出したご遺骨を他人のご遺骨とともに納骨する共同のお墓のことです。
ご遺骨は他人のものと混ざってしまうので、合祀墓に入れたご遺骨は取り出すことはできません。

費用の相場は10万円~30万円ほど、なかには数万円の合祀墓もあります。

新しい形のお墓にかかる費用の相場

お墓

最近では、家族や親族で一緒に入るお墓ではなく、個人でも納骨できるタイプのお墓に入る人も増えてきています。

ここでは新しい形のお墓にかかる費用の相場について説明していきます。

納骨堂

納骨堂とは、ご遺骨を納めておくことができる建物のことをいいます。

納骨堂のメリットとして

  • 屋内にあるため、天候に関係なくお参りができる
  • 墓石を建てるよりも費用が安くすむ
  • 宗旨・宗派不問の場合がほとんど

などといったことがあげられます。

納骨堂の使用料の相場ですが、

  • 公営霊園・・・年間5千円前後
  • 民営霊園・・・30万円~100万円
  • 寺院墓地・・・30万円~100万円(最初から合祀する場合は10万円ほど)

になります。

公営霊園の納骨堂は、一時預かりの意味合いが強く、使用期限が決められている場合が多いです。
期間は更新ができますが、最長更新期間が決まっているところもあります。

民営霊園の納骨堂は、年間管理費を支払わなければならないことも多く、その場合、1年で数千円~1万円ほどかかります。
なかには、保管期間(50年など)の分を一括で前払いしなければならないところもあります。

樹木葬

樹木葬とは、ご遺骨をパウダー状にし、樹木を墓標にして埋葬する方法です。
ご遺骨を自然のものでつくられた容器に移して埋葬するため、時間の経過とともに自然に還っていくところが特徴です。

また、樹木葬にかかる費用の相場は10万円~80万円ほどです。

手元供養

手元供養とは、ご遺骨を他の場所に納骨せず、自分の手元に置いて供養する方法です。
すべてのご遺骨を手元供養をする方だけでなく、ご遺骨を分骨して一部を手元供養をする方も多いです。

ご遺骨の保管方法としては

  • ミニ骨壺やオブジェに納める
  • ペンダントやネックレスなどのアクセサリーに納める
  • 遺骨そのものを加工してアクセサリーなどを作る

といったものがあります。

手元供養の費用の相場は1万円~10万円ほどです。
ただし、ご遺骨を加工する場合は、数十万円ほどかかる場合もあります。

散骨

散骨とは、パウダー状にしたご遺骨を海などにまく埋葬方法です。

散骨にかかる費用の相場ですが、散骨で最も一般的な海洋散骨の場合

  • 一家族で船に乗る個別散骨・・・20万円~30万円
  • 複数家族で船に乗る合同散骨・・・10万円前後
  • 業者に散骨を委託する代理散骨・・・5万円前後

となります。

他にも散骨の方法として

  • ヘリコプターやセスナに乗り、空中から海へ散骨する
  • バルーンに遺骨を入れて飛ばし、バルーンが破裂して空中に散骨される

などがあります。
そして費用の相場は、空中散骨が30万円~50万円、バルーン散骨が20万円~30万円ほどです。

お墓にかかる費用の総額の相場は?

お金

お墓にかかる費用の総額の相場ですが、150万円~300万円ほどになります。

先にも述べたように、お墓を建てる場所や墓石の種類などによって、金額はかなり変わってきます。

お墓の費用を安く抑えるには

困った人々

「お墓の費用はなるべく安く抑えたい」という人は多いと思います。

ここでは、お墓の費用を安く抑えるにはどうしたらよいかを説明してきます。

お墓の区画面積を狭くする

永代使用料は、お墓の区画面積が広くなれば、それに比例して高くなります。
また、墓石代も区画面積が広いと使用する石材の量が増えるので、やはり高くなります。
ですから、お墓の区画面積を狭くする方が費用は安くすみます。

ただし、あまり区画面積を狭くすると、墓誌や卒塔婆立てなどを建てられない可能性もあります。
墓所全体のイメージを考えてから、区画面積を考えるとよいと思います。

墓石を安くする

墓石代のところでも述べましたが、墓石に使う石材の種類は数百種類あり、値段もさまざまです。
お墓の費用を抑えるためには、墓石に使う石材を安くすることも方法のひとつです。

ただし、石材を値段の安さのみで判断すると、耐久性に問題があるおそれがあります

石材の値段の差=耐久性の差、とは一概に言えませんが、墓石に向いている石材は硬度が高く、吸水性の低いものです。
値段の安さだけで選ぶのではなく、墓石の耐久性のことも頭に入れておくとよいと思います。

公営霊園を利用する

公営霊園は、都道府県や市町村などの各自治体が管理・運営しているお墓のことです。
一般的に民営霊園や寺院墓地に比べて永代使用料が安い場合が多いです。

ただし、デメリットとして

  • 募集期間が決まっている場合が多い
  • 抽選を行う場合が多く、当選しなければ申し込みができない
  • 遺骨がある、〇〇年以上その地に居住している、などの利用条件がある場合が多い

などがあげられます。

公営霊園を希望する場合は、居住している地域の自治体の応募条件をよく確認してから申し込みましょう。

お墓のデザインをシンプルにする

墓石のデザインを凝ったものにしたり、複雑な彫刻を施したりすると、やはり値段が高くなります。

安くするには、オーソドックスなデザイン・彫刻の墓石にするというように、お墓のデザインをシンプルにするのがよいでしょう。

永代供養にする

永代供養にすると、墓石を建てるときよりかなり費用を抑えることができます。

ただし永代供養の場合は、最初からもしくは一定期間たった後に合祀される場合が多いです。
ここで注意しなけらばいけないのが、一度合祀されてしまうとご遺骨を取り出すことはできません。

もし、将来的に改葬などでご遺骨を取り出す可能性が少しでもあるならば、永代にわたって個別納骨してもらえる永代供養墓を探すとよいでしょう。

散骨を行う

散骨も5万円~30万円ほどで埋葬できるので、費用はかなり抑えられます。

ただし、散骨してしまうとご遺骨がなくなってしまうので、お参りするときに目安がない、心の拠りどころがない、などといった問題もあります。

散骨したい場合は、ご遺骨の一部を手元供養や永代供養にし、残りのご遺骨を散骨するとよいと思います。

自宅供養をする

自宅供養は納骨する必要がないので、費用もとても安くすみます。

ただし

  • 自宅が災害などの被害に遭った場合、遺骨がなくなる恐れがある
  • 遺骨の持ち主が亡くなった場合、後に残された人が遺骨の処理に困ることがある

などのデメリットもあります。

自宅供養は、家族・親族間でよく話し合ってから行うとよいでしょう。

お墓の費用の相場まとめ

人々

いかがでしたか。

今回終活ねっとでは、お墓の費用の相場について説明してきました。

その結果

  • お墓を建てる時には永代使用料や墓石代、管理費、戒名料などがかかり、総額の相場は150万円~300万円ほどになる
  • 墓石を建てる以外にも、永代供養や納骨堂、散骨、樹木葬などの埋葬方法があり、100万円以下で行うことができる
  • お墓の費用を安く抑えるためには、区画面積を狭くしたり、墓石代を安くするなどの方法がある。

などといったことがわかりました。

終活するとき、家族とさまざまなことを相談すると思います。
自分の死後、なるべく家族に負担をかけたくはないですよね。

お墓について考えておくことは、家族への負担を減らすとともに、どのように供養をしてもらいたいかを相談するきっかけになると思います。

お墓を建てるには時間と労力がかかります。
なるべく早めに家族と相談し、じっくり時間をかけて納得するお墓を建てましょう。

今回終活ねっとでは、「お墓の費用の相場」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・費用・相場」に関連する記事

「お墓・費用・相場」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・費用・相場」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!のサムネイル画像

お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと