葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

20代からの終活について

若者

近年「終活」という言葉をよく耳にする機会が増えました。
みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

すでに20代から終活を始めているという人がいるのです。
「早すぎるのでは?」とお思いですか?
実は全くそのようなことはないのです。

今回終活ねっとでは

  • そもそも終活とは
  • 20代からでもできる終活とはどんなものか
  • 20代から終活を始めてもいいのか

以上の3点を中心に、20代からの終活について考えてみたいと思います。

今はまだ若いから必要ないと思っていても、いつ死ぬか分からないのが人間です。
明日生きていられる保障なんて誰にもないのです。

これまでの人生を振り返り、死後のことを自分で決め、残された家族のことを考えるのに早すぎるということはないのです。
むしろ早い方がよいと言えるのかもしれません。

20代のうちにどのような内容の終活ができるのか、そしてその意義について解説していきます。
みなさんもこの記事を読んで、終活とはどのようなことをすればよいのか、終活の意義について考えてみてくださいね。

きっと自分の人生を振り返るよい機会になるはずですよ。
まずは「終活」という言葉そのものについて見てみましょう。

そもそも終活とは

若者

では、まずそもそも終活とは何か説明して行きます。

みなさんは終活と聞くと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?
以前は「終活」という言葉はあまり耳慣れないものでした。
しかし近年の少子高齢化に伴い、次第にこの言葉は世間に広まってきました。

一般的に終活と言うと、自分が生きている間に、葬儀や葬送方法、お墓について自分で決めておくことを言います。
そして、自分の財産をどのように処理するのかも自分で決めておきます。
つまり、誰でも必ず迎える「死」について受け入れ、死と正面から向き合うということなのです。
このように、死後どうしたいかを自ら決めていく時代になっているのですね。

しかし、終活はそれだけではありません。
人生の終末期について考え、最期まで幸せな人生を送れるようにするのです。
20代のうちから死について考えることで、残りの人生をどのように生きたらよいかを具体的に考えていくことができます。

では、20代からの終活は具体的にどのようなことができるのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

20代からでもできる終活とはどんなものか

若者

20代からでもできる終活はいくつかあります。
その中でも、今すぐに始められる活動をいくつかご紹介します。

エンディングノート(終活ノート)を書く

エンディングノートとは、死後自分がどのように供養されたいか、遺産をどうするのかなどを遺族に伝えるためのノートです。

遺言には様々な書き方の決まりがありますが、それよりももっと楽に、自由に書き残すことができます。
もっと詳しい個人情報を書いておく人もいます。

エンディングノートを見れば、家族も死後の手続きを進めやすくなるというメリットもあります。
20代のうちに残せるエンディングノートの例を以下に挙げていきます。

個人情報

親しい家族であっても個人情報はあまり知られていないものです。

本籍地など戸籍謄本に書かれている内容は、20代のうちでも記しておくことができます。
未婚の場合は結婚して本籍が変わることがあるので、注意が必要です。

また、運転免許証や健康保険証、パスポート番号なども記しておくことができます。
こちらも家族にあまり知られていない情報ですね。

最近ではマイナンバーなどもありますから、そちらも書いておくとよいでしょう。
死後の手続きの際に必要になりそうな情報を明確にしておくのです。
免許証などはコピーを取っておくのもよいと思います。

お金のこと

お金のことを記しておくのはとても大切です。
亡くなった後に家族間でトラブルになることがとても多いからです。

どこの銀行にどのくらいの預金があるのか、キャッシュカードの番号、インターネット口座のIDなども必要な情報です。
どの口座から何の料金が引き落とされているのかも、自分の死後に家族が知ることができると便利です。

また、年金や資産に関することも明確にしておきましょう。
不動産を持っているのかいないのか、借金や返済中のローンはないか、などです。

クレジットカードの枚数や番号、失くした時にどうすればよいかなども書いておくと安心です。
ただ、この情報は外に漏れるとトラブルに巻き込まれる可能性も大いにあります。
あくまで死後に家族に伝えるという前提で、他の人に見られないようにする必要があります。

保険のこと

自分が契約している保険のことも記入しましょう。

20代のうちは加入している保険も少ないかもしれません。
しかし生命保険や自動車保険など、1つくらいはあるのではないでしょうか?
また、加入しているものだけでなく保険の受取人になっているものもあれば書いておきましょう。

書類の保管場所なども書いておくと、後の手続きが楽になります。

所持品のこと

いつも使っている携帯電話やパソコンなどの所持品をどのように処分してほしいかも示しましょう。
どのようなサービスに加入していて、アカウントやIDは何を使っているのかも分かるとよいですね。
自分の死をSNSにどのように投稿して、知人に知らせてほしいかを残しておく人もいるようです。

また、遺族が一番手間取るのは遺品整理だと言います。
不要なものは自ら処分しておくのも、立派な終活なのです。

人間関係のこと

年配の方であれば親族の連絡先や子どもが住んでいる場所なども書きますが、20代の人間関係と言えば友人や職場がメインになるかもしれません。

自分の死を知らせてほしい友人の連絡先、職場の連絡先を残しておきましょう。
葬儀の規模(家族葬にしたい、参列してほしい人は誰か)も明確にするとよいですね。

葬儀のこと

20代でもどのような葬儀にしたいかを考えることができます。
以前と違い、今は様々な葬儀のスタイルがあります。
いろいろと下調べをし、自分の好きなスタイルの葬儀にできるよう書き残しておくのです。

また、遺骨の行き先についても書いておくことができます。
遺骨はお墓に納骨するもの、という考え方が主流ですが、最近では様々な葬送方法があります。
永代供養や納骨堂、散骨などがその例です。

生前に自分に合った葬送方法を選んでおける時代になってきているのです。

これまでの人生を振り返る

20代でできる終活には限りがあるのでは?と思われがちですが、これまでの人生を振り返ることはできます。
年を重ねるごとに若い頃の記憶は薄れていってしまうものです。

学生時代に好きだったもの、興味のあったこと、仲の良かった友達など、どのような生活を送ってきたのかを記しておくのもよいものです。

運よくこの先も人生が長く続いていくならば、年々書き足していけばよいのです。
その方が、記憶をたどるよりも鮮明な記録になりますね。

このように自分の人生の記録を更新していき、1冊のノートにまとめるのです。

20代から終活を始めてもいいのか

活動

終活と言うと、世間的には死を間近にした人が行うものというイメージがあるかもしれません。
20代から終活を始めることはよいことなのでしょうか?

その意味や目的について考えてみましょう。

20代から終活を始める意味・目的

まず、20代から終活を始める意味・目的についてみていきましょう。

エンディングノートや終活が20代の人たちに浸透してきたのは、東日本大震災以降だとも言われています。
10代、20代で命を落としてしまった人がたくさんいます。
思いを残せないまま亡くなった方々もたくさんいたことでしょう。
この震災をきっかけに、若い世代の人も自分の命について深く考えるようになったのです。

20代の若い時期は、毎日をとても忙しく過ごしている人が多いです。
明日自分が死ぬかもしれない、と日々考えている人は少ないかもしれません。
それでも死はいつ訪れるか誰にも予想ができません

そんな中、ゆっくりとこれまでの自分の人生を振り返るきっかけになるのが、終活なのです。

この先の1度きりの人生を自分がどう生きていけばよいかを考えていくのです。
20代の終活は、これからの人生をよりよいものにするための活動とも言えます。
そして、いざ自分に何かあった時、残された家族に迷惑をかけないために準備しておくのです。

20代で終活は早すぎる?

上記のようなことから、20代での終活は決して早すぎることはありません。
いつからが適切という決まりもないのです。
興味を持ち、やってみようかな、と思った時が始める時なのではないでしょうか?

エンディングノートは書店やインターネットでも、多くの種類が販売されています。
一度手に取って、どのようなものなのか見てみるのもよいと思います。

20代からの終活まとめ

ノート

いかがでしたか?
20代の終活について見てきました。
一見早すぎると思われがちな20代の終活ですが、

  • 終活は自分の死後どのように供養されたいかを記しておくだけでなく、若いうちにこれまでの人生について整理することで、これからの人生をよりよくするために行う。
  • 20代からでもできる終活はいくつもある。
  • エンディングノートがその例で、自分の情報やお金のこと、保険、人間関係、葬儀などについて記しておくことができる。
  • 記憶の新しいうちにこれまでの人生を振り返って書き留め、人生が続いていけば書き足していくのも立派な終活と言える。
  • 東日本大震災をきっかけに、自分の命について考える20代が増えた。
  • 20代の終活は決して早すぎることはない。

ということが分かってきましたね。

誰にでも必ず訪れ、避けることができない「死」。
その時に向けて、20代から少しずつ準備をする人が増えているのです。

この記事を読んで終活に興味を持った方は、是非できることから始めてみてはいかがでしょうか?
きっと自分の生き方や人生を見直す機会になると思いますよ。

今回終活ねっとでは、「20代からの終活」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「終活・20代」に関連する記事

「終活・20代」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「終活・20代」に関連する記事

「終活・20代」についてさらに知りたい方へ

「終活」という言葉を意識されたことはありますか?
テレビや雑誌などメディアでもよく取り上げられていますが、終活を始める年代は一体いつがいいのかと疑問に思われているかたも多いのではないでしょうか。
終活を始めるのにふさわしい年代について、一緒に考えてみましょう。のサムネイル画像

終活を始めるのに最適な年代とは?各年代でのメリットとともに紹介

最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

40代で終活?と思われるかも知れませんが、働き盛りで気力も体力も十分なこの年代だからこそ、素晴らしいエンディングを迎える準備をするのにふさわしいのではないでしょうか。この記事では40代から終活を始めるべき理由とその内容について紹介します。のサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

他人の終活が気になるという方も多いのではないでしょうか。
ネット上のブログには終活について書いているブログもたくさんあります。
多くの人に自分の終活を知ってもらいたいという方にもブログは最適です。
そこで、この記事では終活ブログについて詳しく説明します。のサムネイル画像

終活について書いているブログを紹介!ブログの始め方も紹介します

終活のためのアプリと聞いてどのようなものを思い浮かべますか?日常生活で使用しているスマートフォンのアプリで終活ができると手軽で便利ですよね。この記事では終活でアプリを使用する方法やメリット、さらにはおすすめのアプリも紹介していますので参考にしてください!のサムネイル画像

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

ランキング

よく読まれている記事です

終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。のサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。のサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト