お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

目次

  1. お寺の納骨堂の費用について
  2. お寺の納骨堂の費用相場・内訳
  3. お寺の納骨堂の費用を左右するもの
  4. お寺の納骨堂を選択する際の注意点
  5. お寺の納骨堂の費用まとめ

お寺の納骨堂の費用について

お墓

納骨堂とはご遺骨を安置する屋内型墓所で、様々なタイプがありお墓のマンションをイメージするものまであります。

以前は、納骨堂はお墓を建てるまでの一時預り場所と捉えがちでした。
しかし今では、納骨堂は永代仕様がほとんどで、終活の一つとして納骨堂の生前予約を問い合わせする人も増えているようです。

納骨堂は、天候に左右されず草取りも必要がない、墓石に費用がかからない、宗旨・宗派を問わない、引越しがしやすいなど良いことづくめに見えます。
しかし、納骨堂の経営形態、規模、タイプ、地理的条件、供養の種類などによって費用も当然ですが様々です。

納骨堂を利用する場合、主に永代使用料管理費がかかるといわれています。

例えば、東京都にある納骨堂の永代使用料を調べただけでもお一人様用で15万円から150万円と、とても大きな差があります。
また、管理費が従来のお墓より高い場合もあるので永代使用料と管理費等の相場を知らないとメリットが多いと思っていた納骨堂の利用に不安が生じるのが自然ではないでしょうか。

この記事では納骨堂の選び方と納骨堂の利用に大きく関係する費用を中心に、お寺の納骨堂の費用について下記にある三つのポイントをじっくりと解説していきます。

  • 納骨堂の費用と内訳
  • 価格差の理由
  • 賢く選ぶ

この記事が皆様の納骨堂選びへの参考になると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

実際に、全国の霊園の費用を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

お寺の納骨堂の費用相場・内訳

お墓

ここでは、お寺の納骨堂の費用相場・内訳についてじっくり解説していきます。

お寺や霊園の墓地や納骨堂を選ぶことは大切な人を忍ぶ場所選びでもあり、また生前中にご自身の終活としての場所選びとしても、一生に一度あるかないかという大きな買い物ですから納骨堂の費用の相場の違いを良く知って選びたいものです。

一般的にお墓の場合、墓石だけを見ても100万円から300万円前後はかかります。
さらに、ここに墓地の永代使用料が平均100万円前後ほどかかりますので、最低でも約200万円の費用が必要になります。

お墓と比べてお寺などで運営する納骨堂は、お一人様用の相場が総額平均50万円前後といわれていますのでお墓を選択することと比べて納骨堂は安価です。

それではここから永代使用料、管理費、入檀料、生前予約費用と納骨堂にかかる費用を内訳ごとの一般的な費用相場を見ることにしましょう。

永代使用料

お寺などが運営する納骨堂の場合、費用の大半が永代使用料と管理費と言われています。
納骨堂での永代使用料とは何かを知り、言葉が似ている永代供養料との違いを理解しましょう。
そして、永代使用料の相場はどのくらいなのでしょうか。

永代供養と永代使用

永代供養と永代使用の二つの言葉は似ていてますが意味はまったく違います。

まず永代供養とは、お墓詣りに行けなかったり管理できない人などに代わって寺院や霊園がご遺骨を預かり永代にわたって供養することを意味します。

そして永代使用とは、墓地を管理している寺院や霊園に永代使用料を払ってお墓の権利を取得し、そのお墓の土地を永代にわたって使用することを言います。

では、納骨堂の永代使用料の内訳はどうなっているのでしょうか?

納骨堂の永代使用料は、永代供養料とご遺骨を安置させるための納骨堂の使用料を合わせた費用を意味します。
納骨堂の永代使用料は、納骨堂の立地条件・納骨堂の形態・お寺や民間運営形態・ご遺骨の安置期間などによって料金が異なります。

また、ご遺骨を納骨する期間などは33回忌などの一定の期間を設け、その後合祀墓にご遺骨を移し供養することが多いようです。

納骨堂の永代使用料の相場

納骨堂の永代使用料の相場にはばらつきがありますが、平均すると約50万円です。
当然ですが、納骨堂の経営形態、規模、タイプ、地理的条件、供養の種類などによって費用も様々です。

そのような理由から納骨堂を購入する前に費用の相場を知ったうえで、お寺をはじめ納骨堂の運営側に問い合わせ、納骨堂の個別の永代使用料を確認する必要があると思います。

管理費

納骨堂にかかる費用のもう一つである管理費とは何でしょうか。
また、納骨堂の管理費の相場はどのくらいなのでしょうか。
ここでは、納骨堂の管理費について見ていきましょう。

管理費とは?

管理費は納骨堂の維持費やお寺を護持(守り保つ)するための費用です。
年間管理費として支払うことが多く年毎に支払う場合が多いようです。
場所によっては管理費の先払い割引や管理費が初期費用に含まれているところもあるようです。

管理費の相場

納骨堂の管理費の相場は5,000円から20,000円ほどです。
納骨堂がある土地の単価が高い、駅から近く便利な立地条件の納骨堂であったり、当然コンピュータ制御された最新の管理システムや建築デザインが施された最新の納骨堂だと管理費が高い傾向にあります。

入檀料

永代供養料や管理費以外にもかかる費用があります。
ここではその一つである入檀料とはなにかを知り、入檀料の費用の相場を学びましょう。

入檀料とは?

入檀とは、入りたいお寺が信仰している宗教の下、その寺に属し布施をして寺の財政を助ける家、つまり檀家となることを言います。

お寺が運営する納骨堂の場合、基本檀家になりますが、宗旨・宗派を問わず受入れるようなお寺では檀家になる必要がない場合もあるようです。
入檀すると、入檀した寺院や霊園が菩提寺となり、その寺院や霊園に法要やお葬式で読経などをお願いすることになります。

入檀料とは入檀するためお寺へ支払う金銭のことですが、毎年発生するようなものではありません。

入檀料の相場

入檀料の相場は10万円前後ですが、30万円以上する寺院もあります。

お寺によっては入檀料をなくしたり、永代使用料に含めたりと形や費用も様々です。
元来お寺と入檀は密接な関係にありますので、公営や民営の納骨堂とは違い管理運営するお寺に問い合わせる必要があります。

またお寺によって入檀料が分かりずらい場合があり、家族やすでに檀家になっている人と相談したほうが良いでしょう。

生前予約の場合にかかる費用

終活の一つとして納骨堂を生前予約する人がいます。
メリットとして希望通りの納骨堂を選ぶことができます。
生前に墓地・墓石を用意しておくことが相続税の非課税財産となりますが、納骨堂にも当てはまるため相続税の節税になります。

生前予約にかかる費用は先に記した納骨堂の費用と同じですが、違いが多く出るのは管理費です。
予約した場所によって生前中にも管理費が必要な場合とそうでない場合があります。
ですので、事前に納骨堂の運営側に問い合わせる必要があるでしょう。

納骨堂を比較してみよう

以上を学んだ上で、どのような霊園があるのかを知りたい方はこちらで霊園を比較してください。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

お寺の納骨堂の費用を左右するもの

お墓

ここまで納骨堂の費用を内訳ごとに解説してきました。
同じ納骨堂であっても様々な形態や条件によって費用が違うこと分かりました。

ここからはお寺の納骨堂の費用を左右するものについて見ていきます。
納骨堂の費用を左右するポイントである立地条件・地価、納骨堂の種類、形態、サービスの内容、納骨できるご遺骨の数などを解説していきます。

立地条件・地価

ここでは、立地条件と地価に違いがあるところを比べてみましょう。

東京メトロ「赤坂見附駅」より徒歩2分にある納骨堂の費用は予算92万円からで年間管理費16,000円とあります。
JR成田線「酒々井駅」より徒歩15分にある納骨堂の費用は20万円からで年間管理費3,000円とあります。

2カ所だけの比較ですが、違う場所を立地や地価で比べると同様の違いが出ますので、やはり立地条件と地価による費用の差は大きいです。

納骨堂の種類

では次に、納骨堂の種類について見ていきましょう。
納骨堂は霊園と同様に、主に事業主体により「公営納骨堂」、「民営納骨堂」、「寺院納骨堂」の3種類があります。

公営の納骨堂とは、都道府県や市区町村が運営している納骨堂で一番の魅力は価格の安さです。
民営納骨堂費用の相場価格がを50万円程なのでその半額程度の25万円前後のようです。
ただし、公営の納骨堂を利用する場合は自治体の申込案件を満たす必要があります。

民営納骨堂とは公益性を持つ宗教法人、財団法人などが運営している納骨堂で特徴は宗旨・宗派を問わないことや希望条件に合わせて選びやすいところが利点です。
民営納骨堂費用の相場は先に記しましたが50万円ほどです。

寺院納骨堂とはお寺によって管理運営される納骨堂ですが、費用は民営納骨堂とほぼ同程度ですが、供養費やお布施などが必要になる場合があります。

納骨堂の形態

納骨堂の形態は様々で、一般的にはロッカー式を思い浮かぶことが多いでしょう。
しかし、時代とともに納骨堂のタイプも変化し、今では幾つかのタイプがあり納骨堂のタイプによって費用に差がでます。

納骨堂のタイプ別の費用の相場を解説しますので納骨堂選びの参考になさってください。

  • 棚・ロッカー式は区分けされて扉が付いている棚に骨壺を入れる形式で比較的安価ですが狭い空間で、費用はおよそ1人15万円から20万円ほどが目安です
  • 自動搬送式はコンピュータ制御で自動的に納骨箱が搬送される形態で、費用は50万円から100万円以上が目安です。
  • 仏壇式とは位牌を飾り供え物を捧げる上檀と骨壺を収蔵する下檀に分かれ、個別の仏壇があり遺影や花を飾ることができる形態で、費用はおよそ一人30万円ほどが目安です。
  • お墓式は一般の墓石を屋内に建てることで一般のお墓と同様のことができる形態で、費用はおよそ一人100万円ほどが目安です。
  • 合葬・合祀タイプは他の人の遺骨と混ざるため、遺骨を返してもらうことはできなくなりますが、経済的負担が最も軽く3万円から10万円ほどが目安です。

費用に含まれているサービスの内容

戎名や位牌の授与、ご本尊の有無、個別法要など、サービスの内容は納骨堂ごとに違います。
これらが料金に含まれる場合と、別料金が発生する場合があるので注意が必要です。

出来ることなら費用が安く済むのはありがたいことですが、後にサービスの内容を把握しないまま別料金を請求されてのトラブルは避けたいものです。

事前に費用に含まれているサービスの内容も必ずしっかりと確認するようにしましょう。

納骨するご遺骨の数

納骨するご遺骨の数には制約があり、お墓に比べると預けられるご遺骨の数が少ないのが、納骨堂選びのデメリットのひとつとも言えるでしょう。

そして、収蔵可能なご遺骨の数によって価格が変わってきます
納骨堂にもよりますが、お一人様用のタイプを基準にすると、ご夫婦用(二人用)のタイプでは1.2倍程度の価格差、ご家族用(三人以上)のタイプで1.5から2倍程度の価格差が出てくるようです。
実際に都内にある有名なお寺で運営する納骨堂の費用を調べても同じような価格差があります。

お寺の納骨堂を選択する際の注意点

お墓

ここでは、お寺の納骨堂を選択する際の注意点について紹介します。
お寺の納骨堂を選ぶ場合のポイントとして費用や形態、立地条件などいくつか学んできましたが、さらに注意すべき点を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

法要の有無・頻度の確認

大切なご家族が眠る場所でもあり年忌法要や、お彼岸、合祀墓に移された後の合同の法要など、法要がどう行われるのかも納骨堂によって違います。
宗旨宗派を問わない公営納骨堂とは違い、お寺などが運営する納骨堂の場合には法要が充実しているようです。

しかし、納骨堂を利用する価格が相場よりも格段に安い納骨堂では、法要が充実していないところもありますので、その納骨堂に納骨後のサービスにどのようなものがあるのかを事前にしっかり調べておくことが大切です。
事前に法要の有無・頻度を確認しておきましょう。

設備の確認

最近の納骨堂にはエレベーターを設備していたり、バリアフリー構造となっていたり、焼香台や献花台といった設備も整っていたりします。
最新式の設備のなかには、カードをかざすだけで参拝スペースにご家族のご遺骨を呼び出すことのできる設備を備えた納骨堂まで誕生しています。

また納骨堂は、共同の参拝スペースでお墓参りをする納骨堂が多いですが、納骨堂ごとに個別の参拝スペースが設けられていたり、予約すれば専用の参拝ルームを個別に利用できるサービスがあるところもありますので、事前に納骨堂の設備を確認しましょう。

そして、納骨堂も建造物である以上地震や火災などの災害の影響を受けることもあり得ますので、耐震・耐火などの設備や構造も確認しておくと安心できると思います。

合祀されるまでの期間の確認

納骨堂を利用し永代供養を申し込むと、33回忌など一定の期間を設け、その後合祀墓にお骨を移し供養する場合が多いようです。

合祀されるまでの期間は納骨堂により違い3回忌から50回忌と差があるので確認の必要があります。

お寺の納骨堂の費用まとめ

お墓

この記事では、納骨堂の種類や費用の相場をはじめ、事前に確認すべき点などを知り、お寺の納骨堂の費用について解説してきました。
最後にまとめると以下のようになります。

  • 納骨堂の特徴
  • 納骨堂の費用相場と内訳
  • 納骨堂の費用を左右するもの
  • 納骨堂選びの注意点

ここまで解説してきたことが、全てを満足させるというわけにはいかないと思いますが、納骨堂やお墓にするかと迷っている人の参考と目安になればと思います。
ただ安いからと安易に納骨堂を選んで後悔することになってしまうと、折角の大切な人を忍ぶ場所選びが台無しです。

そして納骨堂を選ぶときには、出来ることならぜひ子供達とも一緒に納骨堂を見学すると良いと思います。
なぜなら、この先納骨堂を実際に使いお参りするのは子供達世代だからです。

今回終活ねっとでは、「お寺の納骨堂の費用」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

ここまで読んでくださりありがとうございました。
皆様の納骨堂選びへの道しるべとして少しでもお役に立てたのなら幸いです。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お寺・納骨堂・費用」に関連する記事

「お寺・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申込方法・費用相場・資料請求

    人気の都立霊園ランキング!申込方法・費用相場・資料請求

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「お寺・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申込方法・費用相場・資料請求のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申込方法・費用相場・資料請求

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと