お墓を建て直しする際の費用相場は?手順はどうしたらいいの?

先祖代々受け継いできたお墓でも風化が進みヒビが入ってしまうようでは建て直しをしなければなりません。 お墓を新たに建てるのは分かりやすいですが、建て直しとなるとどれくらいに費用が掛かるのでしょう。 今回はお墓の建て直しに掛かる費用と手順について解説します。

目次

  1. お墓を建て直しする費用について
  2. お墓の建て直しをする手順
  3. お墓の建て直しの費用相場
  4. お墓の建て直し費用は誰が払うべきか
  5. お墓を建て直しする目安は?
  6. お墓を建て直しする費用についてまとめ

お墓を建て直しする費用について

お金

お墓は先祖代々受け継いでゆくものです。
しかし、何代にも渡りお墓を引き継いでゆくと次第に墓石も劣化し、風化して刻んだ文字も見えなくなってしまったような古い墓石を見たこともあるのではないでしょうか。
「えっ、それって大昔に建てた墓だから今と違う石使ってるんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。

実際昔の墓石は、今と違った石を使っている場合もありますが、現在墓石の主流である丈夫な花崗岩も手入れを怠り長い間放置していれば、余程の銘石を使っていない限り、ものの50年程度で明らかに劣化が分かるほどお墓は風化してしまうのです。

ご先祖様のお墓が明らかに劣化していたり、或いはヒビが生じてしまったりした場合はお墓の建て直しを検討しなければなりません。
お墓を建てる情報はたくさんありますが、お墓の立て直しの情報はそう多くありません。
実際に自分がご先祖様のお墓の建て直しが必要になったとき、どのような手順で行い、費用がどれくらいかるか、またお墓の建て直しの判断はどこを基準としたらよいのでしょうか?

今回の終活のテーマはお墓の建て直しについて、その手順と費用を中心に解説していきます。

  • お墓の建て直しをする手順は?
  • お墓の建て直しをするのに必要は費用の相場はどれくらい?
  • お墓の建て直しをする際は誰が費用を負担すべきなの?
  • お墓の建て直しを検討する目安とは?

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓を建て直す際に、費用を抑えるポイントを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓の建て直しをする手順

お墓

さて、お墓の建て直しを行うことになった場合、どのような手順で進めれば良いのでしょうか?
時系列で順を追って説明致します。

親族とよく話し合う

お墓を建て直すことは法律上では、祭祀主催者が独自の判断で行って良いことになっています。
しかし、お墓は祭祀主催者だけのものではありまん。
兄弟姉妹や他の親族にとっても故人との繋がりを感じることの出来る場所ですから、親族に何も相談せずにお墓の建て直しをしてトラブルの種になっては、せっかく供養のために行った行為でも後味が悪くなってしまいます。

後ほどお話することなりますが、お墓の建て直しには大変な労力と費用が掛かります。
また、なぜお墓の建て直しが必要なのか、建て直すにはどのようなお墓が相応しいのか、費用や労働の分担が必要なのか、親族間でよく話し合うことが肝心です。

お寺・霊園と相談する

お墓の建て直しはお寺と霊園の協力が必要です。

お墓を建て直す時には、菩提寺の住職に一度閉眼供養をしてもらう必要がありますし、新たなお墓が完成する間故人の遺骨を預かってもらうことになるかもしれません。

また、お墓が霊園にある場合は、お墓を一度撤去する際にその霊園の管理者の立ち会いが必要になる場合がありますので、それぞれの日程を調整する必要があります。

石材店を探す

墓石を撤去するには一人ではできませんので石材店を探す必要があります。

石材店は墓地や霊園で指定業者が決められている場合にはそれに従わなければなりませんが、そうでない場合は自分で石材店を探して見積もりを取る必要があります。

古い墓石の撤去に関しては石材店によって費用が大きく異なる場合がありますので、複数の石材店で見積もりを取ることをお勧めします。

閉眼供養をする

墓石を撤去する場合には、お墓を建てる時に墓石に魂を入れてもらっているため、その魂を抜いてもらう閉眼供養を執り行う必要があります。
閉眼供養は菩提寺の住職に墓石を撤去する前に行ってもらいます。

お墓の建て直しの費用相場

お墓

実際にお墓を建て直すには一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか。
ここでは、お墓の建て直しにかかる費用について解説します。

墓石の撤去にかかる費用の相場

まずは墓石の撤去をしなければなりません。
撤去にかかる費用は基本的には立地とお墓の面積によって算出されます。
重機が入らないような狭い墓地では、当然その手間賃分値段が高くなりますし、お墓の面積1㎡あたりいくらといった具合で値段が決まります。

撤去費用は1㎡あたり10~15万円が相場で、撤去した墓石は産業廃棄物となりますのでその廃棄処理費用が別途かかる場合がありますが数千~3万円程度です。

また、墓石を撤去する場合は、菩提寺の住職に閉眼供養をしてもらうのでそのお布施代が必要となります。
閉眼供養の費用は地域や宗派によって費用は異なりますが3~10万円が相場です。

墓石のみを建て直しする費用相場

さて、古い墓石を撤去して新しい墓石に建て直すことになりますので、別途墓石の購入しなければなりません。
墓石の費用は墓石の材質や産地、形状、大きさによって価格が決まります。
ここでは墓石のみを立て直しする費用について解説していきます。

同じ色合いの花崗岩を使用した墓石であっても外国産であれば値段が安いですし、国内の銘石と呼ばれるようなものであれば当然値段も高くなります。

また、従来型の和式であれば石を使う量が多くなりますので相対的に価格が高く、洋式であれば量が少ないのでその分安くなります。

海外産の価格の安い石材を使ったものであれば40万円程度からあり、国内有数の銘石を使ったものであれば500万円を優に超えるものまで価格に大きな差がありますが、多くの方が100~200万円の墓石を選んでいます。

墓石は価格が安くても丈夫で長持ちするものもありますし、価格が高いからといって丈夫で長持ちするとは限りませんので、分からない点があったら石材店の方に説明してもらい自分の予算と目的に見合った墓石を選ぶ必要があります。
これに設置工事費が1㎡あたり10~15万円程度掛かります。


お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

外柵も含めて建て直しする場合の費用相場

外柵を含めて建て直す際には、外柵は外柵で別途費用が掛かります。
墓石やその付属品は規格が一緒であるのに対し、外柵は墓地の区画の面積や形状に合わせて作らなければなりません。

費用は使う石の材質、大きさ、デザイン、区画の面積によって算出されますので墓石と同じように値段に大きな差が出ます。
外柵の設置工事費として1㎡あたり5万円が相場です。

開眼供養のお布施代の相場

お墓の建て直しが完了したら納骨をする前に、必ず墓石に魂を入れてもらう開眼供養をしなければなりません。

閉眼供養をしてもらったのと同じように菩提寺の住職にお願いして開眼供養を執り行ってもらってから改めて納骨室に遺骨を納め直します。

開眼供養は閉眼供養のお布施代と同じで3~10万円が相場となります。

お墓の建て直し費用は誰が払うべきか

人々

故人の終の棲家であるお墓の建て直しは、家を建て直すのと一緒で一生に一度あるかないかの大事です。
では、この一大事業であるお墓の建て直しの費用は誰が負担すべきなのでしょうか?

お墓は先祖代々のもので両親も入っているのだから兄弟姉妹で負担すべきと考えがちですが、家と同じようにお墓を継げるのも一人だけで、兄弟姉妹すべてがこのお墓に入れるわけではありません。

分家したり嫁いだりした場合は、新たにお墓を建てたり嫁ぎ先のお墓に入る事になります。
特に、分家して将来新たにお墓を建てなければならない時の経済的な負担を考えれば、お墓の建て直しの時に将来入る見込みのないお墓の経済的な負担を掛けるのは本筋から外れるというものです。

兄弟姉妹で負担金を出すと自ら申し出た場合はそれは善意として受け止め、基本的には本家に当たる祭祀主催者や将来的にそのお墓に入る方が負担するべきでしょう。

お墓を建て直しする目安は?

お墓

お墓を建て直すといっても墓石の劣化のどの点を注意して見なければならないのかは素人では分かりません。
ここでは、お墓を建て直しする目安をご紹介します。

お墓の建て直しの必要がない程度の劣化

墓石は建てたばかりの時はピカピカですが、年月を経るごとに墓石自体の劣化や墓石同士の接合に使用した接合材などの劣化により様々な汚れや歪が目立つようになります。

このような場合には自分で補修するか、ひどい場合には「お墓のクリーニング」を専門で行っている業者がありますのでそこに依頼することで、相対的にお墓を建て直すよりも安い費用で墓石の耐久年数を延ばすことができます。

まずは、お墓の建て直しの必要のない劣化の見分け方を解説します。

墓石の汚れや傷

墓石は一年中強い日差しや風雨にさらされているため、自動車の排気ガスやホコリ等が墓石に付着します。
そして、お墓参りで定期的に墓石を磨いていないとそこに微生物が発生してバイオフィルムを形成し、そこで生じた酸により墓石の劣化を早め、汚れや傷の原因となってしまいます。

簡単な汚れであれば、市販の墓石用洗浄液で落とすことができますが、石の表面が変色してしまったり傷が目立つ良いようであれば墓石をクリーニングしてくれる業者に依頼します。

墓石のクリーニング業者では、業務用の洗剤や技術を使い汚れを落としてくれ、汚れや傷が現場で手の施しようがないような場合には一度墓石を解体し工場で全体を研磨し直しピカピカの状態に戻してくれますので、お墓を建て直すよりも費用が安く済みます。

墓石の洗浄を業者に依頼する場合は数千円から2万円程度、墓石の研磨は20~40万円程度が相場となります。

目地を詰める

目地とは、墓石と墓石を接合している部分で、そこには接着と接合部分への水の浸入を防ぐためにセメント、コーキング材、コークレスシールなど石質や目的に合わせて使い分けされています。

これらの接合材は石に比べれば耐久性が弱く、日本のように高温多湿の気候だとセメントならば耐久年数は30~50年程度、コーキング材で10年程度しかなく、劣化するとセメントなら接合部にヒビが生じ、コーキング材であれば剥がれてしまいます。
ここに水が入ると墓石本体の劣化を早めヒビ割れやカビの原因、また地震などで倒れやすくなっていまします。

そのため目地に関しては、10年に1度はコーキング材で剥がれた部分を補充する必要があります。
コーキング材はホームセンターにも充填材用が売っていますので目地の剥がれが少なければ自分でもできますが、専門家に依頼した場合は3~5万円が相場となります。

墓石のズレ

日本は地震や台風などの自然災害がとても多い国です。
特に近年の台風は、地球雨温暖化の影響もあり雨風が強く、これらの自然災害で墓石がズレてしまう場合があります。
また、近くに大きな木ある場合は地下茎が侵入して墓石を動かしてしまう場合もあります。

墓石がズレてしまったら残念ながら一人ではどうしようもありません。
この場合は石材店に依頼して墓石を組み直してもらう必要があります。
工事に掛かる費用は10~30万円が相場です。

お墓の建て直しが必要なサイン

墓石の建て直しが必要になるのは、墓石自体の風化が進んでしまった場合です。
墓石として使われている花崗岩がどんなに硬く丈夫で風化に強いとは言っても、寒暖が激しく長いあいだ風雨にさらされ手入れを怠ると50年程度で艶がなくなり表面がザラつき、その内表面が剥がれ落ちてきます。

こうなると、墓石全体の耐久力はなくなり地震等がった場合は亀裂や倒壊の恐れがあり、納骨室も雨漏れがして浸水やカビの温床となってしまいます。

つまり、汚れを落としても墓石自体に光沢がなくなり、手で触った時にザラっとした感触があった場合は建て直しのサインで、石材店などの専門の方に見てもらった方が良いでしょう。
経年劣化で風化してしまった場合は残念ながら補修で元に戻すことはできないので、お墓の建て直しを検討しなければなりません。

お墓を建て直しする費用についてまとめ

お墓

今回の終活のテーマであるお墓の立て直しに関してご理解頂けたでしょうか。

お墓の建て直しともなると大変な費用がかること、また最近の墓石は丈夫で耐久力があるはいえ末永く使い続けたければ墓参りの時の掃除や細かなメンテナンスが必要なのです。
最後にここまでご説明してきた内容をリストでまとめておきます。

  • お墓の建て直しをする際には親族間のトラブルを避けるために先ず親族とその旨をよく相談し、お寺の住職と霊園の管理者とは日程の調整、また墓石の撤去と設置は石材店に依頼します。
  • 墓石の撤去には1㎡あたり10~15万円ほどの費用と閉眼供養のお布施代が必要です。新たに墓石を建てる場合は新たな墓石の代金と設置工事費、開眼供養のお布施代が必要となります。
  • 墓石の汚れや傷、目地の剥がれ、墓石のズレなどは早めにメンテナンスをして対処することによって墓石の耐久年数を延ばすことができ、墓石を建て直すより相対的に安い費用で済みます。
  • 墓石の風化が進むと表面の光沢がなくなり手触りがザラついてくるので、墓石を建て直す検討をしなければならないサインとなります。

お墓が傷ついたり汚れたりしてお墓の建て直しを考える方もいらっしゃると思います。
しかし、お墓の建て直しを行うよりも専門家の方に依頼したり自分で行った方が安い費用で早くできる場合もあります。
この記事を読んでご自身のお墓の状態と照らし合わしながらどうするべきなのか考えてみてはいかがでしょうか。

今回終活ねっとでは、「お墓の建て直し」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までご拝読頂き、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・建て直し・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・建て直し・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓の修理費用について誰がどのように修理するのかケース別に紹介!のサムネイル画像

お墓の修理費用について誰がどのように修理するのかケース別に紹介!

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめましたのサムネイル画像

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめました

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先などのサムネイル画像

墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先など

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・建て直し・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓の修理費用について誰がどのように修理するのかケース別に紹介!のサムネイル画像

お墓の修理費用について誰がどのように修理するのかケース別に紹介!

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめましたのサムネイル画像

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめました

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと