複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

別々のお墓に納められているご遺骨を一つにまとめ、ご供養することをお考えの方が増えてきています。お墓をまとめるとその後のお世話もしやすくなりますが、まとめる時にどの位の費用がかかるのでしょうか。今回の記事でお墓の実際にかかる費用や手順についてのお話します。

目次

  1. お墓をまとめる費用について
  2. 複数のお墓をまとめてもよいの?
  3. 複数のお墓をまとめる手続き
  4. お墓をまとめるための費用相場
  5. お墓をまとめた後に発生する費用について
  6. お墓をまとめる費用まとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

お墓をまとめる費用について

お墓

承継者不足が深刻となってきている現在、複数のお墓を一つにまとめてお墓のお世話をしやすくする方々が増えてきています。

改めて御供養をする機会ともなりますし、これからも大切にお守りしていく上でも重要な選択ではあるのですが、実際にやろうと思うと何をどのようにすればいいのか迷ってしまいますよね。

今回の終活ねっとでは

  • お墓をまとめることについての問題点
  • 実際にお墓をまとめる時の手続き
  • まとめる時にかかる費用について

という点を中心に、お墓をまとめる費用についてご説明させて頂こうと思います。

複数のお墓をまとめてもよいの?

お墓

そもそも、複数のお墓をまとめてもよいのか?
お墓をまとめようと思った時、このような心配ごとを抱えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • ご遺骨が多い
  • お墓をまとめることに親戚が反対するかも知れない
  • もし宗派が違ったらどうしよう

複数のお墓をまとめること自体は手続きさえ踏めば問題はないのですが、このような場合は一つ一つを丁寧に話し合いながら進めていく必要があります。

承継者は自分だからと話を進めてしまったがために、後に親戚と揉めてしまったというケースも少なくありません。

お墓をまとめようと思った段階で、ご親戚やお世話になっている寺院、またはお墓に関するアドバイスを行なってくれる専門家の方としっかり話し合うようにしましょう。

複数のお墓をまとめる手続き

お墓

複数のお墓をまとめる時には、そのお墓がある墓地・霊園や役所での手続きが必要となってきます。

お墓をまとめる行程に沿って、複数のお墓をまとめる手続きについてそれぞれご説明させて頂きます。

役所での手続きが必要になるケース

まとめたいと考えているお墓が全て同じ墓地の敷地内にある場合、手続きの必要はありません。

また、役所での手続きが必要となるのは、他の墓地にあるお墓を移動させなければならない時です。

例えば全部で三基のお墓を一つにまとめようとした時、二基がA墓地、一基がB墓地にあるとします。

A墓地にある二基は同じ敷地内にあるため役所での手続きは必要ありませんが、B墓地にある一基はA墓地へお引越しすることになりますので、お墓のお引越しとなる改葬の手続きが必要となるのです。

このように、同じ敷地内にお墓があるかどうかが役所での手続きをするかしないかに関係してきます。

お墓をまとめる手続きの流れ

では、お墓をまとめる時に必要な手続きについて、お墓をまとめる手続きの流れに添いながら一つ一つご説明させて頂きます。

お寺・霊園の許可をとる

お墓をまとめる時には、まずお墓のある墓地・霊園や寺院の許可を取りましょう。

メインとなるお墓を大きく工事することになりますので、霊園や寺院のご協力いただかなければなりません。

また、墓地・霊園によっては規定がある場合もございますので、具体的な工事の話を進める前に必ず許可を取るようにして下さい。

石材店に見積もりをとる

寺院・霊園の許可を取りましたら、実際に工事を行う石材店を探します。

どの位の広さでどのようなお墓を建てるのかと言った具体的なご相談をすると、石材店にお見積もりがしやすくなります。

また、お見積もりの内容は各石材店によって多少異なりますので、複数のお店にご相談してお見積もりを出して貰い、比較検討するようにしましょう。

受け入れ許可証の発行

他の墓地・霊園からお墓を移動される場合は、メインのお墓を建てる墓地・霊園の受け入れ許可証を発行して貰います。

まとめる予定のお墓が全て同じ墓地にある場合には必要ありません。

埋葬証明書の発行

他の墓地・霊園や寺院からご遺骨を移動される時には、その移動するご遺骨がある墓地・霊園から埋葬証明書を発行して貰います。

そして、移動する予定のご遺骨全てのお名前が分かるようにしておきましょう。

改葬許可証の申請

受け入れ許可証と埋葬証明書を持って、移動する予定のご遺骨が埋葬されている市区町村の役所に行き、改葬許可証の申請を行います。

申請の際には改葬許可申請書を提出しますが、これは移動する予定のご遺骨の人数分必要です。

閉眼供養は必要なのか

お墓の工事などでご遺骨を移動する場合は、お坊様による閉眼供養を行わなければなりません。

閉眼供養は、お墓に宿っている故人の魂に一度眠っていただき、墓石をただの石に戻すための大事な
法要となります。

これは、ご遺骨を移動するしないに関わらず、まとめる予定のお墓全てにおいて必要となります。

お墓をまとめるための費用相場

お墓

お墓をまとめるにあたり、お墓の数が多いほど費用について不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

ここで、お墓をまとめるための費用相場についてご説明していきたいと思います。

お寺に支払う費用

お墓をまとめるということは、お世話になっている寺院に様々なご供養をお願いしたり、場合によっては檀家を離れることをご報告しなければならないということです。

お墓をまとめる時にお寺に支払う費用についてみていきましょう。

離檀料

離檀料は、ご遺骨を移動して完全に墓じまいをすることで檀家を離れるにあたり、これまでの感謝の気持ちをお包みするものです。

その寺院にお世話になっている檀家同士で決まった金額があったり、場合によっては離檀料を決めている寺院もあります。

実際に離檀料をお包みした方々の平均をみますと、10万円前後が一番多いようです。

しかし、寺院によっては檀家が離れることにあまり良い顔をなさらず、法外な離檀料を請求してトラブルになったというケースもあります。

このようなことにならないためには、まずはこれまでお世話になったという感謝の気持ちと、檀家を離れなければならないご事情をよくご説明して、寺院とお互いの気持ちを通じ合わせるようにしましょう。

閉眼供養のお布施

閉眼供養はお坊様にお願いして行われる大切な法要です。

ですので普段の法要の時と同じように、閉眼供養のお布施をお包みする方が多いようです。

あえて具体的な金額をあげるならば、3万円〜5万円程度となっております。

中には、これを最後に墓じまいをするため少し多めに包んだという方もいらっしゃいますので、無理のない範囲でお心を乗せるという方法でも良いかもしれません。

石材店に支払う費用

石材店へかかる費用は、墓石の撤去や整地、撤去した墓石の処分費用が主な内容となります。

そして、石材店の殆どは墓石の解体・撤去から処分、整地までを全て含んだお値段で提示しております。

墓じまいの後にお墓をどのようになさるのかによってお値段にも差が出てきますので、墓じまいの内容ごとにかかる費用をご説明いしたいと思います。

墓石の撤去費用

墓石の撤去費用は、お墓のあった区画の広さと使われていた墓石の量の大きく関わってきます。

平均的なお値段でいくと、1㎡あたり10万円前後というのが基準となり、区画の広さによってお値段も上下します。

墓地の立地条件によっては機械による作業が出来なくなるため、その場合はさらにお値段がプラスされていきます。

使わなくなった暮石は廃棄物として処分しなければなりません。

石材廃棄物は重さによって処分費用が決まっており、その相場は1tにつき3000円〜5000円となっています。

ですので、廃棄する墓石の量が多い場合はその分の費用もプラスされていくとお考え下さい。

この解体〜撤去・処分までの費用としての平均な金額としては、15万円〜20万円程度となっております。

整地費用

続いて整地費用についてご説明します。
整地も撤去作業と同様、区画の広さによってお値段は変わってきます。

殆どの石材店では墓石の作業の中に整地まで含んでおりますので、個別にお願いするということはあまりないかも知れません。

それでもあえてお願いした場合ですと、小型の機械整地作業を行なって1㎡あたり5万円前後となっているようです。

しかし、墓石を取り去った後の状態によっては樹木を掘り返したり、さらに土を被せ直すなどの作業が必要となってきますので、一概にこれという平均金額を出すことが出来ません。

もし墓石を撤去したあと、何らかの事情で整地を個別にお願いする場合には、区画の状態を写真に収めて石材店にご相談されるのが良いかと思います。

お墓をまとめた後に発生する費用について

お墓

お墓を一つにまとめた後、ご遺骨は新たに供養されることになります。

どのようなご供養をなさるかによってその費用は変わってきますので、代表的なご供養方法とともにお墓をまとめた後に発生する費用についてもご説明していきたいと思います。

ご遺骨をまとめて改葬する場合

複数のお墓にあるご遺骨を全てまとめて新しい墓地で埋葬する場合、新規でお墓を建てる時と同じとお考え頂ければ分かりやすいかと思います。

ここでは、ご遺骨をまとめて改葬する場合に主にかかる費用について紹介していきます。

新しいお墓の墓石代

新しいお墓の墓石代は平均して100万円から150万円が一番多い価格帯となっています。

ただし、ご遺骨をまとめた後のお墓に供養塔を建てるといった場合ですと、またお値段に違いが出てきます。

お墓をまとめられた方の中には、区画を広くして墓誌を設置したり供養塔を建てるなど、墓石だけではない様々な物を設置している方もいらっしゃいます。
このような場合ですと、普通に新規で墓石を購入する金額よりもさらに価格が上がります

もしお墓に供養塔や墓誌などを建てることをお考えの時には、その旨も石材店にご相談してみましょう。

また、どのような石材を選ぶのか、どの位の広さの区画なのかによっても違いがありますので、これはあくまで一つの目安だとお考え下さい。

新しいお墓の永代使用料・管理料など

新しいお墓を建てるために、墓地・霊園を選んで契約します。
その時にお支払いするのが永代使用料です。

永代使用料は墓地・霊園が民営なのか公営なのか、その墓地・霊園のある場所が都心部なのか都心から離れているのかなど、その条件によってお値段は様々です。

全国的にみた永代供養料の平均としては約80万円なのですが、これはあくまで地方の一番お手頃な価格と都心部の一番人気の場所にある墓地の価格を平均しておりますので、お住いの地域によっては目安となりにくいかも知れません。

ですので、多く見積もって永代供養料はおおよそ100万円を目安としてみるとよろしいかと思います。

また、お墓は墓地の管理者によって管理されます。
従って、墓地を使用する者は毎年管理費を支払わなければなりません。

年間の管理費で見ていきますと、民営の墓地で役5,000円〜15,000円、公営の墓地だと約4,000円〜10,000円、寺院の墓地だと約10,000円がおおよその目安となっています。

管理料はお墓の管理元によって異なるため、ご希望の墓地・霊園について詳しく事前に確認しておきましょう。

まとめたご遺骨を永代供養してもらう場合

まとめたご遺骨を永代供養してもらい、自身ではお墓を持たないという選択をなさる方も最近増えてきています。

最近では、永代供養も色々なご供養方法で行われるようになってきました。

ここでは特に多く親しまれている永代供養についてご紹介しながら、永代供養にかかる費用についてもご説明したいと思います。

納骨堂で永代供養してもらう場合

お墓を持たずに納骨堂で永代供養をする方法です。

現在では都心部に住む方のニーズにお応えするような形で、様々な納骨堂がご利用いただけるようになりました。

その一部をご紹介しますと

  • コインロッカーのように壁一面に収容スペースのあるロッカー式納骨堂
  • ご遺骨は別の場所にあり、カード認証によりお参りする場所までご遺骨が運ばれてくる機械式納骨堂
  • 縦長のロッカーが上下に分かれており、上がお仏壇、下が納骨室となっている仏壇式納骨堂

というようなものがあります。

それぞれの費用は、ロッカー式が約10万円か、機械式が約50万円、仏壇式が約30万円からとなっており、各納骨堂の設備によってお値段に違いが出てきます

納骨堂を利用するのは費用の面でもかなり魅了的なのではないでしょうか。

散骨する場合

ご遺骨をパウダー状の粉にして、それを海や山といった自然に撒いてご供養するのが散骨です。

散骨は違法ではありませんが、撒く時にはモラルを守って自治体の規制がない場所に撒かなければならないため、散骨を行う人の多くは散骨のコーディネーターに申し込んでいます。

散骨の費用の場合、ご自分の手で供養なさるのか専門家・事業主に全てお任せするのかによっても費用に違いが出てきます。

一番抑えられた費用となるのは、業者・事業主にご遺骨を預けて散骨して頂く方法で約5万円、他家のご家族と合同で散骨場所まで向かい、ご自身の手でご供養なさる方法ですと約15万円〜30万円となっております。

最近では宇宙葬、バルーン葬といった新しい散骨供養も行われるようになり、その散骨にかかる費用は様々です。

ですので、散骨供養をお考えの際には、各専門家・事業主によくご相談してみましょう。

樹木葬する場合

樹木葬は、埋葬許可のある墓地に樹木を植え、その根本にご遺骨を埋葬するご供養方法です。
墓石の変わりに樹木を植えているイメージでお考えいただけると良いかと思います。

ご遺骨を埋葬する場合には、許可されている場所でしか埋葬することが出来ません

また、樹木葬を行う場合にはお墓と同様に永代使用料をお支払いすることになります。

ただし、お墓と違い樹木葬の場合は個別埋葬にするか合同埋葬にするかで、お支払いする費用に違いが出てきます。

例えば、お一人で個別埋葬する場合には約70万円ほどの永代使用料が必要となりますが、一つの樹木の根本に他家のご遺骨と一緒に埋葬する場合には約10万円前後です。
永代使用料を皆さんで分担しているような形です。

しかし、合同で埋葬されますと他家のご遺骨と混ざってしまいますので、樹木葬をお考えの際にはその点もよくお考えになられた上で決めるようにしましょう。

お墓をまとめる費用まとめ

お墓

複数のお墓のご遺骨をまとめる方法とその費用について、いかがでしたでしょうか。

今回の記事をまとめると

  • お墓をまとめる際の注意点とその手続きについて
  • お墓をまとめる時にかかる費用とその内容
  • ご遺骨をまとめた後の具体的なご供養方法とそれぞれの費用

ということをご説明させて頂きました。

お墓に眠っているご遺骨を移動させることに対して、どうしても躊躇してしまいますよね。
しかし、ご遺骨をまとめることでご先祖様から続くご縁を身近に感じ、感謝の気持ちがより強くなるのではないかと思います。

終活ねっとでは、今回の記事以外にも沢山の情報をご提供させて頂いております。是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお読み下さりありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

「お墓・まとめる・費用」に関連する記事

「お墓・まとめる・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!のサムネイル画像

お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!

墓じまいでお墓を撤去することは大切な終活の一つですが、ある程度の費用の目安があると安心して取り組

お墓を整理して墓じまいする時にかかる費用についてお教えしますのサムネイル画像

お墓を整理して墓じまいする時にかかる費用についてお教えします

先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません

墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。 墓じまいをし

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

お墓の整理をしたいと思った時、すぐに行動しようにも、具体的な方法や費用が分からないと少し戸惑って

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

新たにお墓を建てる時、費用は最も気になることのひとつです。ここでは、お墓を建てる時の費用の内訳や

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    2
  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

    3
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    4
  • 霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

    5

関連する記事

「お墓・まとめる・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!のサムネイル画像

お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!

お墓を整理して墓じまいする時にかかる費用についてお教えしますのサムネイル画像

お墓を整理して墓じまいする時にかかる費用についてお教えします

墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介しますのサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

4
霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと