お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

目次

  1. お墓を整理する時の費用について
  2. お墓を整理する手続きについて
  3. 今あるお墓を撤去する費用相場
  4. お墓を整理する為の費用相場
  5. お墓を整理する時の費用まとめ

お墓を整理する時の費用について

お墓

先祖代々引き継いできたお墓でも、少子高齢化や核家族化でついに自分の代でお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合には、墓じまいをして今あるお墓を整理しなければならなくなりまます。

もし墓じまいをしなければ、そのお墓は無縁仏となってしまいご先祖様も供養が出来なくなってしまいます。

法律的には墓地や霊園の管理者がそのお墓を無縁仏と判断すると、一定期間の保留期間を過ぎても利用者が見つからない場合、手続きを経て墓石撤去して良いことになっています。
しかし、お墓の管理者が見つからないからお墓を処分するのは、あまりにも無責任でご先祖様に合わせる顔が無いでしょう。

また古い地域では、ご先祖様のお墓が複数各地に分散しているのでまとめたい場合や、少ないケースですが霊園が倒産したり寺院が廃寺なってお墓を移転させなければならない場合もあります。

今回は終活のテーマとして、墓じまいでお墓の整理にかかる費用や、お墓を整理した後の遺骨の供養の仕方やそれに関わる費用について

  • お墓を整理するときに必要な手続きとは
  • お墓を撤去する際に生じる費用はどれくらい。
  • お墓を整理した後に遺骨を供養するにはどんな方法があり、どれくらいの費用がかかるのか。

以上の項目を中心に解説していきます。
最後まで呼んでいただけると幸いです。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の改葬を検討されてる方はお墓の費用を抑えるポイントも書いてありますので、ぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓を整理する手続きについて

人々

墓じまいをしてお墓を整理するにはどのような流れで行うのでしょうか。
ここではお墓を整理する手続きについて解説します。

石材店を探す

今あるお墓を整理するためには、お墓を解体撤去してその区画を更地に戻す必要があります。
墓石の撤去は石材店に依頼します。

墓地や霊園によっては指定の石材店があり、契約でお墓の撤去の際もその指定の石材店を使わなければならない場合があります。

指定の石材店が無い場合は、自分で石材店を手配する必要があります。
もし石材店について分からない場合は、墓地や霊園の管理者であれば出入りしている石材店を知っているので教えてもらっても良いでしょう。

離檀料などについて話し合う(お寺の場合)

もし墓地がお寺の境内にあり菩提寺の住職よって法要や供養を行ってもらっている場合で、新たな移転先が遠く離れ菩提寺との縁を愁傷させなければならない場合は、菩提寺から離壇しなければなりません。

離壇する場合には離檀料を要求される場合があります。
お寺としっかり離檀料について話し合いましょう

また、お墓を整理し墓石を撤去する場合には閉眼供養をしてもらう必要があるため、その日程も話し合う必要があります。

必要な書類を準備する

お墓を整理し墓じまいをするには法的な書類と手続きの準備が必要です。
遺骸の埋葬に関する墓埋法に定められていることなので必ず行ってください。

受入証明書

ご遺骨を散骨する場合を除き、新しい受け入れ墓地や霊園、あるいは納骨堂に埋葬する場合には、ご遺骨の受け入れ先で受入証明書を発行してもらいます。

この後で説明する改葬許可書を発行してもらう際に受入証明書は必要となります。

埋葬証明書

埋葬証明書は、そのご遺骨が間違いなく名義人のご遺骨であることを証明するもので、そのご遺骨を埋葬している墓地や霊園の管理者に発行してもらいます。

改葬許可書

改葬許可書は一度埋葬したご遺骨を別のところに埋葬し直す際に必要な書類で、埋葬したご遺骨のある市町村の役場で発行してもらいます。

「改葬許可書」の発行には、新しい墓地や霊園の「受入許可書」と「埋葬証明書」が必要です。
先にその市町村の役場で「改葬許可申請書」を受け取り必要事項を記入の上、改葬予定のご遺骨が埋葬されている墓地や霊園の管理者の元へ行きその申請書に署名・捺印をもらいます。

この申請書と「受入許可書」・「埋葬証明書」を改めてその市町村の役場に提出することで、改葬許可書が発行されます。

閉眼供養を行う

墓石を撤去する際には、お墓を建てる時に墓石に魂を入れてもらっているので、その魂を抜く閉眼供養を行う必要があります。

閉眼供養はお世話になっている菩提寺の住職に行なってもらいます。
閉眼供養が行われなければ、石材店は慣習上墓石を撤去することが出来ません。

墓石を撤去する

閉眼供養が終わったら石材店の方に納骨室からご遺骨を取り出してもらい、墓石を撤去して墓地の区画を元の更地に戻してもらいます。

改葬許可書を改葬先に提出する

墓じまいをして手元にあるご遺骨は手元供養や散骨する場合を除き、どこかに埋葬しなければなりません。

既に受入先が決まっているのであれば、ご遺骨と改葬許可書を一緒に持って納骨します。
もし改葬許可書が無い場合は、法律で墓地や霊園の管理者は遺骨を受け取ってはいけない決まりになっていますので必ずご遺骨と一緒に改葬許可証を提出して下さい。

今あるお墓を撤去する費用相場

お金

さて、墓じまいをしてお墓を整理した時に生じる費用相場はどれくらいになるのか、それぞれの項目別にご説明します。

離檀料

お墓を引っ越して菩提寺との縁が終了する際には離檀料が必要となる場合があります。

離檀料は今までご先祖様がお世話になった気持ちの表れとして支払うものなので値段は決まっていませんが、お寺の格や地域性によって異なりおよそ法要一回分に当たる3~20万円が相場とされています。

閉眼供養のお布施

墓じまいをして墓石を撤去する際に菩提寺の住職に閉眼供養をしてもらっているので、そのお礼として閉眼供養のお布施が必要となります。

開眼供養のお布施代と同額が基本とされ、菩提寺の宗派や格、また地域性によっても相場は異なりますが3~10万円が相場とされ、これに今までお世話になったお礼として多少上乗せして渡します。

墓石の撤去・整地費用

ここでは、墓石の撤去と整地の費用について解説します。
墓じまいでは墓石を撤去して墓地を更地に整地して借りていた寺院や霊園に返さなければなりません。

墓地の立地によって多少手間賃が加算されますが、墓石の撤去と聖地にかかる費用は1㎡当たり10~15万円が相場となっています。
また、ご遺骨を納骨室から取り出す場合に別途1霊位当たり2~3万円の費用が掛かる場合があります。

お墓を整理する為の費用相場

お墓

さて、墓じまいをした後はそのお墓に納められていたご遺骨を他の場所に埋葬して供養してあげなければなりません。

墓じまいの後の供養の仕方は人により様々ですが、その供養によって費用も異なります。
ここではそれぞれの供養によって生じるお墓の整理をするための費用の相場をお話しします。

お墓を改葬する場合

まず一般的なケースとして、お墓を改葬して他の墓地や霊園にお墓を新たに建てる場合の費用をお話しします。

同じ墓石を使用する場合

移転元の墓石を処分せずに、新たに確保した墓地で同じ墓石を使用する場合はその墓石を運搬しなければなりません。

運搬にはトラックをチャーターしなければなりませんので移動する距離にもよりますが、20~80万円ほどの費用が掛かります。

またその同じ墓石を新しい墓地に設置する工事費として10~15万円ほどの費用が掛かります。

改葬先で新しく墓石を用意する場合

改葬先で新たに墓石を用意する場合には墓石を購入しなければなりません。

墓石の値段はデザインや大きさ、そして墓石の産地によって値段が異なり、一般的な和式の墓石であれば海外産の安い石材のものであれば40万円くらいからあり、国産の銘石と呼ばれるものであれば500万円以上するものまで値段の幅があります。

新たにお墓を建てる半数近くの方が100~200万円のお墓石を購入しています

以下のサイトでは、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
墓じまいをした後に、新しくお墓を購入したい方は、ぜひご覧ください。

開眼供養のお布施

以前の墓石を使うにしても、新たに墓石を購入するとしても、新たにお墓を建てた際には開眼供養をして墓石に魂を入れてもらわなければ納骨できません。
その際に、開眼供養のお布施を供養を行なってくれる寺院や霊園に支払う必要があります。
先にも説明しましたが、閉眼供養と同様に3~10万円ほどの費用が掛かります。

永代供養してもらう場合

永代供養とは従来通りにお墓を建てる葬送とはことなり、寺院などの施設があんたに代わって故人の供養をしてもらうものです。

お墓を建てないので墓石の購入費用も省かれ、以後の維持管理に掛かる費用も必要ないため非常に経済的です。

特に、お墓を継ぐ人がいない方にとっては自分の死後の憂いが無くなりますので、永代供養は重要な選択肢の一つとなります。

納骨堂で永代供養してもらう

まず、納骨堂のある寺院や施設にご遺骨を納め、納骨堂で永代供養をしてもらう方法があります。

納骨堂では、預かったご遺骨を施設が定める一定期間保管し、その間の供養に関しては施設が提携する寺院によってその宗派の法要で執り行われ、期間が過ぎればその施設が備えている合祀墓に他の方の遺骨と共に埋葬されます。

納骨堂では、永代供養料を納骨の際に一括で収めてしまえば、それ以降の供養や管理にな掛かる費用は一切必要ありません。
納骨堂に支払う費用は運営母体や立地、施設の設備、そしてご遺骨の保管期間によって異なり、費用は1霊位当たりで計算されます。

一般的に、追善供養が終了とされる三十三回忌までを保管期間として定めている場合が多く、これを基準とした場合、安いと10万円くらいから、高いと100万円を超える場合もあります。

永代供養墓に埋葬する

永代供養墓とは別名合祀墓と呼ばれるもので、寺院や納骨堂、また自治体によっては独自持っている場合もあり、他の方の遺骨とともに埋葬してもらい、以後はその合祀墓を管理する施設と提携する寺院によって供養が行われます。

一度埋葬されてしまうと再びご遺骨を取り出すことはできませんが、反面お墓はもとよりご遺骨の保管に掛かる管理料も必要ないため費用がとても安くて済みます

費用は、1霊位当たりの金額になり安ければ3万円程度から、高い場合でも10万円が相場で、墓誌などに名前を刻んでもらう場合には別途3万円程度掛かります。

樹木葬をする

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓碑とする葬送で、以後のお墓の管理や継承の責務は無いので最近注目を浴びている埋葬法の一つです。

樹木葬といっても山林などに自由に埋葬して良いというものではなく、法律上で埋葬にあたるため「墓埋法」の定める墓地・霊園を運営する樹木葬を行っている施設内で埋葬することとなります。

費用は1霊位当たりで計算され合祀か単独かによって値段は異なりますが、安いと5万円くらいから、高いと100万円くらいまでありますが、20~40万円が樹木葬の費用の相場となります。

散骨する

永代供養の方法として、散骨があります。
散骨はご遺骨をパウダー状に粉骨し私有地など公共の利益に反しない所で尚且つ他の住民の生活に支障を及ぼさない場所で節度とマナーをもって行えば違法では無いとされています。

散骨自体を私有地で行えばもちろん費用は掛かりませんが、遺骨を粉骨するには大変な労力が必要となり、粉骨を専門業者に依頼した場合は1霊位当たり1~3万円ほどの費用が掛かります。

また粉骨を海などで行いたい場合には散骨専門業者に頼むこととなり、業者に完全に委託する場合は5~10万円、自分も船に乗り込み海洋で散骨を行う場合は20万円くらいからプランがあります。

手元供養する場合

墓じまいをしたご遺骨は自宅の仏壇などに保管して供養する手元供養を選択する方法もあります。
ここではお墓の整理をして後の手元供養にかかる費用の相場についてみていきましょう。

骨壷などで保管する

「墓埋法」の規定ではご遺骨は必ずどこかに埋葬しなければならないことになっています。
しかし、埋葬期限に関しては定められていないので、ご遺骨を骨壺で保管し、自宅の仏壇や棚などに節度をもって保管しているのであれば罪に問われることはありません。

もちろん、手元供養はお墓のように維持管理に必要な費用は一切かかりませんが、「墓埋法」の規定により最終的に何らかの形で埋葬しなければなりません。
自分が亡くなった時にそのご遺骨をどのように処理するのかを検討しておく必要があります。

アクセサリーに加工して保管する

ご遺骨をペンダントや指輪などのアクセサリーに加工して故人を身近に感じる供養の仕方もあります。
必要なご遺骨はごく僅かなので、残ったご遺骨は何らかの形で埋葬するか処分する必要があります。

アクセサリーに加工する費用は形状よりも使われている金属に因るところが大きく、金やプラチナを使ったものであれば20万円前後が中心で、シルバーを使ったものであれば2~5万円くらいが中心となります。

またご遺骨をダイヤモンドに加工することも可能で、その場合は50万円ほどの費用が掛かります。

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の永代供養の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓を整理する時の費用まとめ

お墓

いかかでしたでしょうか。

終活で墓じまいをしてお墓を整理した時の費用や、その後の供養に掛かるさなざなば費用に関してご理解いただけたかと思います。

最後にここまでご説明したことに関してリストでまとめておきます。

  • 墓じまいをする場合には親族の承諾を得てから行います。お墓は更地にして戻さなければならないので石材店と菩提寺の協力が必要で、また法的な手続きもしなければなりません。
  • お墓を整理する時に掛かる費用はお寺側に離檀料と閉眼供養の費用が、石材店には墓石の撤去・処分の費用が掛かります。
  • 墓じまいをした遺骨を新たに供養する方法は様々ですが、お墓を引っ越しした場合はお墓を新たに建てるのと同様に100~200万円ほどの費用が掛かります。
  • お墓を建てずに永代供養をする場合は散骨や手元供養ならば費用はほとんど掛からず、また納骨堂や永代供養墓、樹木葬などを使えば1霊位当たりでお墓を持たずに供養ができ、10万円くらいから埋葬してもらえます。

今回終活ねっとでは、「お墓を整理するときの費用」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までご拝読頂きありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・整理・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・整理・費用」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・整理・費用」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと