墓地・霊園の移転の方法や必要な費用などについて解説します!

お墓のことについて考えた時、お参りのしづらさを感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。最近では、墓地・霊園を移転する方も増えてきました。ここでは、墓地・霊園を移転するための手順や費用などについて説明していきます。ぜひ、最後までお読みください。

目次

  1. 墓地・霊園の移転について
  2. 墓地・霊園の移転の手順
  3. 墓地・霊園の移転にかかる費用
  4. 公共事業による墓地・霊園全体の移転と補償
  5. 墓地・霊園の移転についてまとめ

墓地・霊園の移転について

お墓

最近の少子高齢化や核家族化の影響で、お墓が遠方にありなかなかお参りできないケースや、お墓が山の上にあり、高齢になったことでお参りしにくいケースなどが増えてきました。

このように今のお墓に不自由さを感じている人たちが多くいます。

そのため、今の墓地・霊園にあるお墓を別の墓地・霊園に移転したいと考える方も年々増えてきています。

しかし、実際に移転しようと考えた時、どういった手続きが必要になるのか、お金はどのくらい必要なのかなど、疑問に思うことがあると思います。

そこで今回終活ねっとでは、墓地・霊園の移転について

  • 墓地・霊園を移転するときの手順
  • 墓地・霊園を移転するのに必要な費用
  • 公共事業による墓地・霊園の移転と補償について

などの点を中心に説明していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓地・霊園の移転の手順

困った人々

実際に墓地・霊園を移転するときには、どういった手続きが必要になるのでしょうか。

ここでは、墓地・霊園の移転の手順について説明していきます。

親族とよく話し合う

まず最初に親族とよく話し合いをしましょう。

お墓のことは、自分だけで決めていい問題ではありません。
なぜなら、先祖代々のお墓は自分だけではなく、子ども・孫・伯父・伯母・従兄弟など、家族・親族の方すべてがお参りしているところだからです。

墓地・霊園の移転を検討されるときは、家族の方々だけではなく、親族の方々ともよく話し合って決める必要があります。
事前の話し合いがなければ、移転後に親族の方々とトラブルになりかねません。

墓地・霊園を移転するときには、家族・親族の方々が納得されるまでよく話し合いをすることが大切です。

お寺・霊園に相談する

墓地・霊園を移転するときには、現在お墓のある寺院・霊園に相談をしましょう。

特に、寺院墓地にお墓をお持ちの方は、その寺院の檀家をやめることにもつながります。
寺院側としても、檀家の方が減ることは望ましいことではありません。

その上、何の相談もなしに、突然「お墓を移転したい」「檀家をやめたい」と言われると、態度を硬化させてしまい、トラブルになってしまうこともあると思います。
寺院墓地のお墓を移転するときには、事前に住職の方と相談し、よく話し合うことが必要です。

石材店で見積もりを取る

次に石材店で見積もりを取りましょう。

お墓を移転するとき、墓石を動かす必要があります。
具体的には、

  • 現在あるお墓の墓石を撤去する
  • 石材を処分する
  • 墓石を再利用する場合、墓石を新しい墓地・霊園へ運搬する
  • 新しい墓地・霊園に墓石を設置する
  • 現在のお墓の墓所を更地にする

などを石材店に依頼します。

墓石を移動する場合でも、移動できるのは基本的に石碑の部分だけで、外柵やカロート(納骨室)は新しく作り直さなければなりません。
すべての石材を新しいお墓に移動することはありませんので、少なくとも石材の一部は処分することになります。

また、新しい墓地・霊園に移転するときには、今まで使用していた墓所は更地にして墓地・霊園に返還しなければなりません。

それらの作業を石材店に依頼するとき、事前にどのくらいかかるか見積もりを取りましょう。
石材店によって、金額もかなり変わってきます。
お墓の移転はそれなりに費用もかかりますので、できれば複数の石材店から見積もりを取るとよいと思います。

ただし、墓地・霊園によっては石材店を指定されているところもあります。
事前によく確認してから依頼するようにしましょう。

受入証明書の発行

次に受入証明書の発行を行います。

受入証明書とは、移転先の墓地・霊園の管理者が新たにご遺骨を受け入れることを許可したという証明書です。

移転先の墓地・霊園が決まったら、お墓の移転先の管理者に連絡をして受入証明書を発行してもらいましょう。

埋葬証明書の発行

次は埋葬証明書の発行です。

埋葬証明書(埋蔵証明書)とは、お墓に納骨されているご遺骨が誰のものであるかを証明する書類のことです。

現在のお墓の管理者に依頼をし、埋葬証明書を発行しましょう。

自治体が管理・運営している公営霊園の場合は、各自治体が問い合わせ先になっている場合もあります。
ホームページなどで問い合わせ先を確認しておくとよいと思います。

改葬許可証の準備

受入証明書・埋葬証明書を発行してもらったら、現在のお墓がある市区町村に改葬許可申請をして、改葬許可証を発行してもらいましょう。

改葬許可申請書に必要事項を記入して、受入証明書・埋葬証明書とともに届け出をします。
改葬許可申請書は市区町村ごとに様式が異なりますので、ホームページでダウンロードするなどして用意しておきましょう。

申請したら、市区町村が改葬許可証を発行してくれます。
即日発行してくれる場合もありますが、申請が立て込んでいる場合などは時間がかかることもあります。
ですから、時間の余裕をみて早めに申請をしておきましょう。

また、申請者と現在のお墓の使用者が異なる場合、使用者の改葬承諾書も必要になります。
改葬承諾書が必要な場合は、使用者になるべく早く連絡をとりましょう。

閉眼供養

次に閉眼供養です。

閉眼供養とは、お墓を閉じる際に行われる魂を抜くための儀式のことです。

お墓には亡くなった方の魂が宿るとされています。
その魂を抜いてお墓をただの墓石に戻さなければ、墓石を動かすことはできません。
ですから、ご遺骨は閉眼供養を行ってから取り出しましょう。

ご遺骨を取り出す前に、必ず現在のお墓の管理者に改葬許可証を提示します。

納骨してから年数が経っている場合は、ご遺骨が土に還っていて、取り出せない場合もあります。
その時は、ご遺骨の代わりに納骨していたところの周りの土を少し持ち帰るということが一般的です。

取り出したご遺骨は、移転先の墓地・霊園に新しいお墓が建つまで自宅などで保管しておきます。

墓石の移動

ご遺骨を取り出したら、墓石を移動させます。

墓石を移転先で再利用する場合、竿石(お墓の一番上の縦長の石)などの石碑部分は、小型移動式のクレーン(カニクレーン)で撤去し、移転先の墓地・霊園へ運搬します。

外柵やカロートなど、移転先で再利用できない部分については、クレーンなどで撤去し、石材を処分します。

すべての石材を撤去したら、お墓のあった墓所は土を補充したり、ゴミを取り除いたりして、更地にして墓地・霊園に返還します。

墓石の搬入が認められていない墓地・霊園もありますので、墓石の移動の前に確認を取っておくことをお勧めします。

改葬許可証の提出

次に改葬許可証を提出しましょう。

もともとあったお墓を閉じたら、移転先の墓地・霊園の管理者に改葬許可証を提出して、ご遺骨を新たに納骨できるように手続きをしましょう。

開眼供養を行う

最後に開眼供養を行いましょう。

お墓を閉じる際に閉眼供養を行ったように、お墓を新たに建てる場合は開眼供養を行います。

開眼供養とは、新たに建てた墓石に故人の魂を入れる儀式のことです。
閉眼供養とは逆に、お墓がただの墓石ではなく、礼拝の対象となるための儀式です。
この開眼供養を行ってから、納骨を行いましょう。

墓地・霊園の移転にかかる費用

お金

ここまで墓地・霊園の移転の手順についてご紹介してきましたが、墓地・霊園の移転には実際いくらぐらいの費用がかかるものなのでしょうか。

移転にかかる費用は、大きく分けて

  • 霊園や、墓地を管理している寺院に支払う費用
  • 石材店に支払う費用
  • 行政に支払う費用
  • 移転先の墓地・霊園に支払う費用

となります。

ここでは、墓地・霊園の移転にかかる費用について項目ごとにご紹介していきます。

お寺・霊園に支払う費用

まず、お寺・霊園に支払う費用の相場について項目ごとに説明していきます。

離檀料(寺院墓地の場合)

もともとのお墓が寺院墓地にあった場合、檀家になられているご家庭がほとんどだと思います。
お墓を移転するということは、すなわちそのお墓のあった寺院の檀家をやめるということになります。

檀家をやめる場合には、それまでお世話になったお礼として、離壇料を支払うことが一般的です。
もともと檀家をやめる際にはお礼としてのお布施をお供えするのがマナーとされてきましたが、それを「離壇料」という言葉で表すことが最近では多くなってきました。

離壇料の相場は、だいたい法要1回分の金額とされており、3万円~20万円程度となります。

ただし、離壇料を支払う際には気を付けなければならないこともあります。

よく「離壇料トラブル」として聞かれるのは、寺院に「檀家をやめたい」と伝えたところ、数百万円~1千万円以上の高額な離壇料を請求された、というものです。
もしこのようなトラブルに巻き込まれた場合は、弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。

檀家をやめることは、寺院にとっては収入が減ることにもなります。
トラブルに巻き込まれないためにも、いきなり「檀家をやめる」と伝えるのではなく、住職の方とよく話をしてから檀家をやめるようにするとよいと思います。

閉眼供養・開眼供養のお布施

次に閉眼供養・開眼供養のお布施です。

閉眼供養・開眼供養を僧侶の方におこなってもらう際には、

  • お布施
  • 御車代(交通費)
  • 御膳料(法要後の会食に僧侶の方が欠席される場合に支払うお金)

を支払うことが一般的です。

その相場ですが、

  • お布施:3万円~5万円程度
  • 御車代:1万円程度
  • 御膳料:1万円程度

となります。

戒名料

仏教では、御仏の弟子になった証として名前を付けてもらいます。
それが戒名です。
戒名料とは、戒名を付けてもらう時に発生するお金のことです。

戒名には位があり、付けてもらう戒名の位によって戒名料の金額が変わってきます。

戒名料の相場ですが、

  • 信士・信女:30万円~50万円程度
  • 居士・大姉:50万円~70万円程度
  • 院信士・院信女:70万円~100万円程度
  • 院居士・院大姉:100万円以上

となります。

宗派によっても多少金額に差がありますので、詳しい金額は戒名料をつけてもらう宗派の方に確認されるとよいと思います。

石材店に支払う費用

石材店に支払う費用は大きく分けて

  • 石材の撤去・処分費用
  • 墓石の運搬料(墓石を再利用する場合)
  • 墓石の購入・設置費用

となります。

費用の相場はまとめて100万円~200万円程度です。

ただし、墓石代の費用は

  • 区画の広さ
  • 使用する石材の種類
  • 墓石のデザインや彫刻
  • 墓所の立地

などによって、金額がかなり変わってきます。

区画が広ければ、それだけ墓所に使う石材の量が増えるので、金額が高くなります。
石材の種類も国産・外国産あわせて数百種類あり、金額の差も大きいです。
墓石のデザインも曲線を使うなど、複雑になっていたり、彫刻の文字数が多いと金額が高くなります。

また、道が細かったり、坂の上の方にあったりするなど、墓所の立地によっては重機が入らない場合もあります。
その時には手作業で行われますので、人件費などで余計に費用がかさみます。

これらの理由から、石材店に支払う費用はかなり変わってきますので、事前に予算を決め、石材店の方によく相談されるとよいでしょう。

手続き時の手数料

改葬許可証を発行してもらう際など、自治体によっては手続き時に発行手数料がかかるところもあります。

費用はだいたい数百円程度です。

自治体によって手数料がかからないところもありますので、現在のお墓のある自治体に確認しておきましょう。

移転先の墓地・霊園に支払う費用

墓地・霊園に申し込みをして移転先が決まったら、永代使用料などのお金を支払わなければなりません。
多くの墓地・霊園の場合、永代使用料は最初に一括で支払わなければなりません。
管理費は年会費のように毎年払う場合もあれば、〇〇年分をまとめて支払う、というところもあります。

移転先の墓地・霊園に支払う費用ですが、平均するとだいたい60万円~100万円程度になります。

ただし、永代使用料は立地条件がよければ金額がかなり高くなりますので、場所によっては1000万円以上かかるところもあります。
また、寺院墓地に移転する場合は、檀家にならなければならないことが多く、その際の費用も発生します。

ここで述べた金額はあくまで目安です。
実際に移転を検討されるときには、移転先候補の墓地・霊園の費用を事前によく確認しておきましょう。

お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

公共事業による墓地・霊園全体の移転と補償

お金

これまでは、個々の移転について説明してきました。
しかし、場合によっては公共事業によって、予期していなかった移転をせまられることもあります。

ここでは、公共事業による墓地・霊園全体の移転と補償について説明していきます。

公共事業に伴う墓地・霊園全体の移転

まれに、墓地や霊園全体が道路や堤防などの建設、市街地再開発などの公共事業の区域内にひっかかり、移転をせまられるケースがあります。

寺院墓地で公共事業による移転ということになった場合、多くの寺院墓地はその寺院の境内にあるため、必然的に寺院も移転の対象になっていることが多いです。
寺院によっては、何百年とその土地に根付いてきたところもありますから、簡単には移転に賛成できないこともあると思います。
その場合、開発者(国や自治体)との交渉が長期化することも考えられます。

なかには、開発者と直接交渉するのではなく、開発者と合意した墓地・霊園の管理者(寺院や企業など)と交渉することもあります。
その場合、開発者と墓地・霊園の管理者との間で「〇〇年までに立ち退く」といった取り決めがなされていることもあります。

早急な移転を迫られることもあるかもしれませんが、自分たちが納得するまで、管理者とよく話し合うことが大切です。

補償の金額について

公共事業による移転の補償ですが、大まかに分けると、

  • 墓石代・工事費
  • 遺骨の改葬費用
  • 祭祀費用

が補償内容になります。

墓石代・工事費

墓石代・工事費については、

  • 新たな墓石の購入・設置費用
  • 現在のお墓の解体・撤去費用

が補償されます。

ただし、注意しなければならない点があります。

新たな墓石の購入費用は、オーソドックスな和型の墓石を現在のお墓の区画面積に合わせて設置した場合の金額を提示されることが多いです。
つまり、新たな墓所が現在のお墓のある墓所よりも広ければ、その分石材の費用が高くなりますので、余分にお金がかかることになります。

また、新たに設置する墓石をデザインの凝ったものにしたり、大きなものにしたり、高価な石材を使うなどした時には、やはり費用がかさんでしまうことになります。

このような場合、新たに建てるお墓の代金が補償される金額を上回ることになります。
余分にかかった費用は自己負担になりますので、補償内容や補償金額を聞いてから石材店に見積もりを取るようにするとよいと思います。

ご遺骨の改葬費用

次にご遺骨の改葬費用です。

ご遺骨を取り出し、新たな墓所に遺骨を移すことは、多くは石材店などの専門の会社に委託することになります。
また、改葬許可証の取得など、手続き時に手数料が発生する場合もあります。

それらのお金を算出して、開発者が補償してくれます。

祭祀費用

最後に祭祀費用です。

お墓を移転するときには、閉眼供養や開眼供養など、いくつもの祭祀を行います。
その際、僧侶の方に対するお布施などが発生します。

そのお金も算出して、開発者が補償してくれます。

墓地・霊園の移転についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。

今回は墓地・霊園の移転について、その手順や費用などについて説明してきました。

ご紹介した内容をまとめると以下になります。

  • 墓地・霊園を移転する際には、親族とよく話し合い、事前にお寺や霊園にも相談してから行う。
  • 墓地・霊園を移転するには、石材店に見積もりをとり、自治体から改葬許可証を得た上で、閉眼供養を行い、墓石を移動する。移転したら、開眼供養を行って納骨をする。
  • 墓地・霊園を移転するには、だいたい200万円~400万円ほどの費用がかかる。ただし、墓石の工事費用や新たな墓地・霊園の永代使用料などによって、金額が大きく変わる場合がある。
  • 公共事業によって墓地・霊園全体が移動することになった場合、墓石代や工事費、改葬費用、祭祀費用などを補償してもらえる。ただし、墓石代は現在のお墓の区画面積や標準的な墓石を基準にして支払われることが多く、新たな墓所の面積、墓石の種類などによっては、差額を自己負担しなければならない場合もある。

先祖代々のお墓を移転するということは、かなり悩むことですし、大きな決断だと思います。

しかしこの先、子孫の方々が少しでもお参りしやすいお墓にしていくことは、お参りの機会が増えることにも繋がります。
ですから、自分たちにとっても子孫の方々にとっても、双方喜ばしいことだと思います。

最近では、お参りをされなくなった無縁墓も増えてきています。
そのような悲しいお墓にしないためにも、終活をいい機会ととらえて、一度ご家族・ご親族の方々とお墓について考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・移転」に関連する記事

  • 墓地・霊園の移転に必要な費用について詳しく見ていきますのサムネイル画像

    墓地・霊園の移転に必要な費用について詳しく見ていきます

    墓地・霊園の移転には、さまざまな費用が必要になってきます。 では、具体的にはどのような費用が、どれくらいかかるのでしょうか? この記事では、墓地・霊園の移転の際にかかる費用を、項目別に詳しく見ていきます。

  • 墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

    墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

    何かしらの理由で墓地・霊園からお墓を移す必要がある場合、様々な手続きや手順を踏まなければなりません。 お墓の引っ越しなど普段の生活では馴染みの無いことなので一般人にはなかなか分かりません。 今回は墓地・霊園からお墓を移す際に必要な手続きや費用を詳しく解説します。

  • お墓の移転のあれこれ!手続きは?費用はどれくらい?お祝いは?のサムネイル画像

    お墓の移転のあれこれ!手続きは?費用はどれくらい?お祝いは?

    お墓って簡単に移転できるのかなと思いきや「手続き」もあるし「費用」もかさむし、けっこう大変。また、身内のお墓の移転にはお祝いを包むべきか、表書きは何が正しいのかなどなど。そんなお墓の移転にまつわるマナー&知識をまとめてみました。

  • 一生に一度あるかないか?お墓の移転に必要なことをまとめましたのサムネイル画像

    一生に一度あるかないか?お墓の移転に必要なことをまとめました

    お墓の移転、耳慣れない言葉ですね。少子高齢化の昨今、お墓のお世話をする人が少なくなり、今までのお墓を維持できない。遠方でお詣りができない、などの理由でお墓を移転する人が増えつつあります。お墓の移転はどのようにするのか、について紹介します。

  • お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!のサムネイル画像

    お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!

    お墓の移転は、年々増加傾向にあります。では、いざお墓を移したいとなった場合に費用はいくらかかるのでしょうか。お墓を移す際に必要となる費用と内訳を詳しくご紹介します。また、お墓を移す手順も併せてご確認ください。

  • お墓を移す費用の相場はいくら?費用の納め先ごとにご説明しますのサムネイル画像

    お墓を移す費用の相場はいくら?費用の納め先ごとにご説明します

    何らかの事情でお墓を別のところに移すとしても、当然ながらいろいろと費用が発生してきます。お墓を移転させることを検討しているということであればそのために必要な費用や手続きなどについて知っておくことも重要です。今回は、お墓を移すための費用のことを考えていきます。

  • 墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

    後継者がいない・お墓が遠いなどの理由で、ここ数年墓じまいを考える方がとても増えています。墓じまいはどのような手順で進めたらよいのでしょうか。ここでは墓じまいの手順を徹底解説します。墓じまいを考えている方は是非、お読みください。

  • 墓地の移転とその手続きについて解説しますのサムネイル画像

    墓地の移転とその手続きについて解説します

    引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。

  • 墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

    墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

    やむを得ず今のお墓を移転したり閉じなければならない時は、墓じまいをしてその区画は更地にして墓地や霊園の管理者に返却します。墓じまいは身近な出来事ではないのでこれらの費用は良く分からないもの。今回はお墓を更地にした時の費用に関して説明します。

  • お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!のサムネイル画像

    お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!

    最近、お墓の引っ越しを行う方が増えてきました。現在のお墓ではお参りがしづらいと感じている方も多いと思います。実際、引っ越すときにはどのくらい費用がかかるのでしょうか。ここでは、お墓の引っ越しの流れや費用について説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓地・霊園・移転」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園の移転に必要な費用について詳しく見ていきますのサムネイル画像

墓地・霊園の移転に必要な費用について詳しく見ていきます

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

お墓の移転のあれこれ!手続きは?費用はどれくらい?お祝いは?のサムネイル画像

お墓の移転のあれこれ!手続きは?費用はどれくらい?お祝いは?

一生に一度あるかないか?お墓の移転に必要なことをまとめましたのサムネイル画像

一生に一度あるかないか?お墓の移転に必要なことをまとめました

お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!のサムネイル画像

お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!

お墓を移す費用の相場はいくら?費用の納め先ごとにご説明しますのサムネイル画像

お墓を移す費用の相場はいくら?費用の納め先ごとにご説明します

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓地の移転とその手続きについて解説しますのサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!のサムネイル画像

お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・移転」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園の移転に必要な費用について詳しく見ていきますのサムネイル画像

墓地・霊園の移転に必要な費用について詳しく見ていきます

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

お墓の移転のあれこれ!手続きは?費用はどれくらい?お祝いは?のサムネイル画像

お墓の移転のあれこれ!手続きは?費用はどれくらい?お祝いは?

一生に一度あるかないか?お墓の移転に必要なことをまとめましたのサムネイル画像

一生に一度あるかないか?お墓の移転に必要なことをまとめました

お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!のサムネイル画像

お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと