ロッカー式のお墓や納骨堂にはどのくらいの費用が必要なの?

従来のようなお墓の維持管理がいらないロッカー式のお墓や納骨堂が注目を集めています。ロッカー式の納骨堂にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。費用の内訳を知ることは納骨堂の検討と選定に役立ちます。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. ロッカー式のお墓の費用について
  2. そもそもロッカー式のお墓って何?
  3. ロッカー式の納骨堂にかかる費用
  4. ロッカー式以外の納骨堂にかかる費用
  5. ロッカー式のお墓にかかる費用まとめ

ロッカー式のお墓の費用について

お墓

お墓についての検討と選定は、終活の中でも大切なテーマのひとつです。

亡くなった方とご先祖様のご遺骨を納めるお墓には、肉体の魂が宿ると言われます。
お墓は亡くなった方とご先祖様の御霊を祀る、大きな意味を持っています。

従来のお墓は子や孫に代々引き継いでいくものでした。
しかし、少子高齢化や核家族化の進んだ現在では、今までのようなお墓の維持は難しいと考える方が増えています。

そこで注目を集めているのが、永代供養型の納骨堂です。
今回の記事では、お墓の維持管理の負担を減らすことができるロッカー型のお墓と納骨堂の費用について詳しく解説します。

  • ロッカー式のお墓とはどのようなものか?
  • 納骨堂と一般のお墓の違い
  • ロッカー式のお墓にかかる費用は?
  • ロッカー式以外の納骨堂にかかる費用は?

気になる費用について各ポイントを押さえることで、ロッカー式のお墓についての検討がしやすくなります。

少し長い説明ですが、最後まで目を通し、終活を進める上での参考にしてください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓をどのように作るか迷っている方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

また、実際に霊園・墓地を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

そもそもロッカー式のお墓って何?

お墓

ご遺骨を納めて祀る納骨堂には、一時的にご遺骨を納めるものと半永久的にご遺骨を納めるものがあります。
以前は一時的にお骨を納めるものが主流でしたが、現在では半永久的にご遺骨を祀る永代供養型の納骨堂が多くなりました。

納骨堂の種類には、ロッカー式、仏壇式、棚式、自動搬送式、合祀式などがあります。

その中でも、コンパクトなスペースとその機能性から、ロッカー式のお墓は全国各地で増えています。
ここではロッカー式のお墓について詳しくご説明します。

ロッカー式の納骨堂とは

納骨堂とは、亡くなった方のご遺骨を安置する建物のことです。

ロッカー式の納骨堂では、コンパクトサイズの壇が棚のように設置され、ロッカーの中に一人ずつのご遺骨を納めて祀ります。

個別のロッカーはふだんは施錠されていますが、お参りの際には専用の鍵で蓋を開けて故人の遺骨と対面できます。

ロッカー式のお墓と言うと無機質なコインロッカーを連想してしまいがちです。
しかし現在では、ロッカーの蓋に色や装飾が施されたタイプも増えており、納骨堂全体が明るい雰囲気となっています。

納骨堂と一般的なお墓の違い

ここでは、納骨堂と一般的なお墓との違いについて解説していきます。

一般的なお墓では骨壺に納めたご遺骨を土の中に埋蔵するのに対し、納骨堂では建物の中にある個別の棚に骨壺を安置して保管します。

納骨堂は交通至便の立地にあり、冷暖房完備のため、お墓参りがしやすくなります。
また、従来のお墓に比べて、掃除などの維持管理の負担はだいぶ軽くなります。

お墓は子や孫に引き継ぐ必要がありますが、永代供養型の納骨堂では子や孫に引き継ぐ必要はありません。
承継者がいない場合でも契約できることから、納骨堂は単身の方や子どものいない夫婦の方などに特に向いていると言えるでしょう。

ロッカー式の納骨堂にかかる費用

お墓

墓石を建てる従来のお墓の場合、おおまかな費用の相場は200万円から300万円とも言われます。

では、ロッカー式の納骨堂にかかる費用はいくらくらいでしょうか?
一般に墓地と墓石の代金がかからない分、ロッカー式の納骨堂は利用しやすい値段になっています。

ここでは気になるロッカー式の納骨堂にかかる費用について見ていきましょう。

費用の内訳

ロッカー式の納骨堂の費用のおおまかな相場を知ることは、具体的な納骨堂選びにとても役立ちます。

ロッカー式の納骨堂の費用は、平均すると一人分で20万円から50万円が目安です。

納骨堂の立地や何名分のご遺骨を安置するのかによって納骨堂の費用は異なってきますが、従来のお墓に比べてだいぶ安いことが分かります。

また、納骨堂では、墓石と違って工事代金を個人で負担する必要はありません。

ロッカー式の納骨堂にかかる費用の内訳は次のようになっています。

永代使用料と永代供養料

永代使用料は納骨堂を使用する権利への対価です。

ロッカーの一つを契約したからと言って、そのスペースがそのまま自分のものになるわけではなく、納骨堂を使用する権利を得たということです。

永代使用料は、個別のスペースに何年間ご遺骨を安置するのかによって費用が変わります。

一般的に多いのは、三十三回忌を区切りとしてそれ以降は合同で祀られるという契約です。
その場合は、三十三回忌までの永代使用料を基準にして永代使用料が算定されます。

なお、永代使用料と似た用語に、永代供養料があります。
永代供養料とは、個人のご家族の方に代わって寺院や霊園が永代に渡ってご遺骨を供養する料金です。
個別の安置期間を終えて合同の安置となった後も、寺院や施設の側で責任を持って供養を続けることへの対価が、永代供養料です。

ロッカー式の納骨堂の費用には永代使用料と永代供養料が含まれています

管理料

管理料は納骨堂の施設の維持管理のための料金です。

管理料は一年分をまとめて支払う場合がほとんどです。
ロッカー式に限らず、納骨堂の管理料の相場は年間で約5千円から2万円が目安です。

ロッカー式の納骨堂の費用には、管理料が含まれています。

また、三十三回忌まで個別にご遺骨を安置してそれ以降は合同でご遺骨を安置する場合、33年分の管理料を一括で支払うこともできます。
残された家族に管理料の負担をかけたくないという方が、管理料の一括払いを選択しています。

お布施代

ロッカー式の納骨堂の管理責任者は、公営、民営、寺院の3種類に分けられます。
お布施代は寺院が管理責任者となっている納骨堂の場合のみにかかります。

お布施とは読経などの謝礼として僧侶の方にお渡しする謝礼を指します。
また、ご本尊様にお供えをする意味も込められています。

寺院が管理するロッカー式の納骨堂の費用にはこのお布施代が含まれています

費用が異なる要因

平均すると20万円から50万円がロッカー式納骨堂の費用の相場ですが、なかには100万円といった納骨堂もあります。

このような費用が異なる要因は、何が要因で発生するのでしょうか?

費用の算定について知ることで、納骨堂の契約内容と費用を検討しやすくなります。
ここではロッカー式納骨堂の費用に幅がある理由を詳しく解説します。

納骨堂の運営

ロッカー式の納骨堂はその運営主体によって3つに分類できます。

  • 民営(公益性のある法人に限る)
  • 公営(都道府県や市町村)
  • 寺院

公営が運営する納骨堂は、民営と寺院が運営する納骨堂に比べて、費用が安いと言えます。
このように、ロッカー式の納骨堂の費用は、納骨堂の運営主体によって異なります。

合祀までの期間

ロッカー式の納骨堂では、ほとんどの場合、ご遺骨を安置する個別のスペースを永久的に使用できるわけではありません。

例えば三十三回忌までといった区切りを設けて、それ以降はほかの方々と合同で遺骨を祀る形となります。
この合同でご遺骨を祀る方法を合祀と呼びます。

一般的に、合祀までの期間が短いとロッカー式の納骨堂の費用は安く抑えられます。
反対に合祀までの期間が長い場合は、ロッカーの納骨堂の費用はやや高めに設定されます。

ご遺骨の個別安置から合祀に移るタイミングは、法要の機会に合わせる場合が多いようです。
短いもので三回忌や七回忌、長いものでは五十回忌という納骨堂もあります。

このように、ロッカー式の納骨堂の費用は、合祀までの期間によっても異なります。

立地

ロッカー式の納骨堂の立地は、費用を定める大きな条件となります。

主要ターミナル駅から歩いてすぐなど、交通至便な場所に建つ納骨堂では、その地価を反映させる形で立地が良い納骨堂は費用が高く設定されています。

納骨堂が便利な立地にあれば、高齢の方も一人でお参りに出かけることができます。
また、建物内にあるため、雨の日でもお参りがしやすく、掃除などの管理がしやすくなります。

土地が限られた都市部を中心に、全国的にロッカー式の納骨堂は増えています。

その他の要因

ロッカー式の納骨堂の費用は、納骨堂の設備の充実と比例して高くなります。

バリアフリー設計や冷暖房完備といった基本はもちろんですが、納骨堂の内部やロッカーの蓋の装飾などデザインの面でこだわりがあるとその分費用も高くなると言えるでしょう。

また、ロッカー式の納骨堂には、各個別のロッカーの蓋を開けてお参りする場合と、室内に置かれたご本尊にお参りする場合があります。

これらの条件から総合的に納骨堂の費用が決まるため、ロッカー式の納骨堂は費用に幅が生じています。

ご遺骨の納骨先をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

ロッカー式以外の納骨堂にかかる費用

お墓

納骨堂はご遺骨を祀る方法によって、次の5つの形式に分類できます。

ロッカー式以外の納骨堂にかかる費用について見ていきましょう。

仏壇式

仏壇式の納骨堂では、個別スペースの下部に遺骨を安置し、上部を通常の仏壇として使用できます。
仏壇には、遺影を飾ったりお花を備えることができます。

一人あたりのスペースがロッカー式に比べてだいぶ広いため、仏壇式の費用はロッカー式より高くなります。

費用の相場は一人40万円から50万円です。

仏壇式の特徴として、何名かの遺骨を一緒に納めることができます。
費用はその場合、二人分80万円、四人分100万円というように定められています。

仏壇式の納骨堂は霊廟型と呼ばれることもあります。

位牌式

位牌式は位牌を並べて供養する方式で、寺院が運営する納骨堂で多く見られます。

位牌式では、ご本尊の周りにお一人ずつの位牌を安置する場合と、専用の位牌堂のなかに並べて安置する場合があります。
遺骨は専用の遺骨室に、ほかの方々と合同で安置される場合がほとんどです。

位牌式の費用の相場は、一人約10万円です。

位牌を安置するだけなので個別のスペースを広く取る必要はありません。
そのため費用は比較的安く済むのが特徴です。

棚式

棚式の納骨堂は個別の棚に一人ずつのご遺骨を納める方式で、ロッカー式と似ています。
棚式は華美な装飾ではなく、シンプルな造りが特徴です。

棚式の納骨堂を利用する際の費用の相場は、一人15万円から20万円です。
狭いスペースに多くの遺骨を安置できるため、棚式の費用は安く抑えられています。

納骨の方法がシンプルな造りであるため、棚式の費用は納骨堂の立地に大きく左右されます。
都心の一等地では一人30万円以上かかる納骨堂もあります。

自動搬送式

コンピュータ制御の自動搬送式では、お参りをする参拝スペースで専用のカードをかざすと、ご遺骨がエレベーター型の搬送機で自動的に送られてきます。

いわばお墓のマンションといった形で、限られた土地でもご遺骨の安置室を効率的に設置できます。
東京の中心部の墓地不足を反映して、都心で急速に増えている方式です。
自動搬送式の納骨堂はビルの中にあります。
最新型の設備を備えていて、なかには二十四時間参拝可能な納骨堂もあります。

自動搬送式の納骨堂の費用は、一人約100万円が目安です。

自動搬送式では、参拝スペースに個別の墓石を用意できる納骨堂もあります。
その場合は墓石代も含まれるため、費用が高額になります。

合祀式

ロッカー式の納骨堂では三十三回忌などのタイミングで遺骨を個別の安置から合祀に移しますが、合祀式では当初からご遺骨を合同の形で祀ります。

個別スペースが必要ないため、合祀式は限られた土地でより多くの方々のご遺骨を安置することができます。

合祀式の費用の相場は[/emp2]約3万円から[/emp2]、高いもので約10万円ほどです。

ロッカー式のお墓にかかる費用まとめ

お金

今回の記事では、ロッカー式の納骨堂にかかる費用について解説してきました。
いかがでしたか?

今回の記事を通して

  • ロッカー式の納骨堂では個別の棚がコインロッカーのように配置され、鍵で蓋を開けてお参りができる。ロッカーに装飾がされたものもあり、納骨堂は明るい雰囲気になっている。
  • ロッカー式の納骨堂は交通至便な立地にあり、冷暖房完備でお参りがしやすい。
  • 費用の内訳は、永代使用料と管理料である。寺院が運営する場合はお布施代が加わる。
  • 費用は納骨堂の運営主体や合祀までの期間、立地によって決定される。
  • 納骨堂にはロッカー式以外に、仏壇式、位牌式、棚式、自動搬送式、合祀式がある。棚式と合祀式の費用は比較的安い。

というような点がお分かりいただけたと思います。

お墓や納骨堂の選定は、終活のなかで大きな位置を占めています。
高額な費用をかけたからと言って、ご自身にとって最善なお墓選びができるとは限りません。
ご家族や親族方としっかり話し合って、費用の内訳を詳しく確かめる必要があります。

そして、ロッカー式の納骨堂について時間をかけて検討することが大切です。

お墓や納骨堂は、一生に一度あるかないかの大きな買い物です。
費用の内訳まで詳しく知ることで、より納得のいくお墓選びが可能となるでしょう。

今回終活ねっとでは、「ロッカー式のお墓にかかる費用」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にして見てはいかがでしょうか。

今回の記事が皆さまの終活のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・ロッカー式・費用」に関連する記事

  • ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

    ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

    納骨堂には色々な種類があるけどどのタイプが良いの? この記事では納骨堂の中でも、ロッカー式の納骨堂についてピックアップ! ロッカー式納骨堂のメリット、デメリット、費用について解説してきます! ロッカー式納骨堂以外のタイプについても簡単にご紹介いたします!

  • 納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

    納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

    費用が掛からず、永代供養をしてくれる納骨堂の人気が高まっています。しかし納骨堂を使用したいと考えていても、具体的な特徴についてご存じない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は納骨堂を使用し、永代供養をしてもらう際の費用や注意点などを中心に解説をいたします。

  • 納骨堂で永代供養してもらうための費用はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂で永代供養してもらうための費用はいくらくらい?

    納骨堂で永代供養をする場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、納骨堂のタイプ、人数、合祀までの期間とあらゆる観点から納骨堂での永代供養にかかる費用を解説していきます。終活中の人はぜひ参考にしてくださいね。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

    納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

    最近では、お墓を持つことが負担になってしまい、納骨堂を利用する方が増えてきています。納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、選び方が難しいですよね。そこで、自分に合った納骨堂の選び方を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

  • ロッカー式の納骨堂で永代供養!利用者の声も併せて紹介しますのサムネイル画像

    ロッカー式の納骨堂で永代供養!利用者の声も併せて紹介します

    永代供養墓には屋内、屋外のものがあります。そして、屋内でも更に種類があります。その中には永代供養で最近人気の「ロッカー式」の納骨堂があります。ロッカー式の納骨堂を選ぶ際の利点と欠点はどうなのでしょうか。詳しく説明していきましょう。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介のサムネイル画像

    曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介

    近年、様々な理由から納骨堂はとても人気があります。曹洞宗の方で、納骨堂を探している人もいらっしゃると思います。納骨堂に入るには、宗派は関係あるのか疑問に思う方も多いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、曹洞宗の納骨堂について解説いたします。ぜひご覧ください。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・ロッカー式・費用」についてさらに知りたい方へ

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

納骨堂で永代供養してもらうための費用はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうための費用はいくらくらい?

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

ロッカー式の納骨堂で永代供養!利用者の声も併せて紹介しますのサムネイル画像

ロッカー式の納骨堂で永代供養!利用者の声も併せて紹介します

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介のサムネイル画像

曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・ロッカー式・費用」についてさらに知りたい方へ

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

納骨堂で永代供養してもらうための費用はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうための費用はいくらくらい?

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと