墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説します

高齢化が進む現在では、今までのようなお墓の維持管理は難しくなったという話を耳にします。墓地・霊園では契約した本人からお墓の承継者に名義変更をすることが可能です。今回は墓地・霊園の名義変更について、手続きの流れと費用を詳しく見ていきます。

目次

  1. 墓地・霊園の名義変更について
  2. 墓地・霊園の名義変更の方法
  3. 墓地・霊園の名義変更に必要な費用
  4. 墓地・霊園の継承者はどう決めるべきか
  5. 墓地・霊園の名義変更についてまとめ

墓地・霊園の名義変更について

お墓

お墓は、私たちの肉体の魂を鎮魂してくれる終の住みかにあたります。

まずは理想のお墓について考えた後に、お墓について検討し選定することは、終活で欠かせない大切なテーマの一つです。

すでに理想に叶う墓地や霊園を見つけて、契約まで済ませた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、墓地・霊園を選定し契約した後に行なう、墓地・霊園の名義変更について解説します。

今回の記事では次のポイントに注目して詳しく説明します。

  • 墓地・霊園の名義変更の方法について
  • 墓地・霊園の名義変更に必要な費用について
  • 墓地・霊園の継承者はどう決めるべきか?

これらのポイントは、一見したところあまり馴染みのないテーマかもしれませんが、もし墓地の名義人ご本人に万一のことがあった場合や、名義人ご本人が高齢となりお墓の維持管理が難しくなった場合に、必ず役立つ知識です。

少し長いですが、ぜひ最後まで目を通してください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容についてご紹介しています。
お墓の費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓を建てるにあたって、全国の霊園を比較したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

墓地・霊園の名義変更の方法

お墓

墓所名義人の名義変更は、墓所名義人が亡くなった時や高齢などの理由で墓所名義人を生前に承継したい時に行なうものです。
また、名義人の引き継ぎがない場合でも、住所地や本籍地を変更した場合や結婚などで氏を変更した場合などにも名義変更の手続きを行なう必要があります。

お墓をすでに持っている場合、墓所名義人に変更があった際は、速やかに名義変更の手続きを行なう必要があります。

一見難しい用語が並んでいますが、名義変更の手続きについては、墓地・霊園を契約した時の規約にも記載がされているとても重要な事項です。

ここでは、墓地または霊園での一般的な名義変更の方法について、順を追って見ていきましょう。

墓地管理者に名義変更の申請をする

墓所名義人の名義変更の申請先は墓地管理者です。

墓地は大きく分けて、公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3つがあります。
墓地の種類によって、墓地管理者は次のように異なります。

公営墓地の場合は都道府県や市町村といった自治体が、民営墓地の場合は墓地の管理主体が、寺院墓地の場合は寺院が墓地管理者にあたります。

公営墓地の場合は、市区町村の役所に死亡届を提出するので墓地の名義変更はいらないと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、死亡の届出と墓地の名義変更は全く別個の手続きです。

公営墓地の場合でも、各市区町村に出す死亡届とは別に、墓地管理者に墓地の名義変更の申請を行なう必要があります。

お墓の運営の種類については以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!

現代ではお墓の種類は多岐にわたります。実際にお墓選びを始めると、検討するべき項目の多さに驚くほどです。そこで今回はお墓の種類について解説します。霊園の運営主体や供養の形態、お墓の形など、お墓について種類別に整理することで、あなたのお墓選びに役立ちます。

名義変更の申請に必要な書類

名義変更の手続きは、墓地・霊園によって若干の違いがあるものの、これらの4種類の書類を提出して申請します。
不備がないように、墓地管理者から指定された書類をきちんと用意することは、スピーディな手続きにつながります。

ここでは申請者本人が新たな墓所名義人になる場合を想定して説明していきます。

名義変更届け

名義変更の概要を名義変更届けの用紙に書いて提出します。

この用紙は、それぞれの墓地・霊園によって指定の書式があります。
また、届出書の名称も、「名義変更届け」「墓所承継使用申請書」「変更届出書」など各霊園によって多少異なるようです。

墓地または霊園の管理事務所で墓所名義人の変更申請を行ないたい旨を伝えると、所定の用紙をもらえます。

また、もし墓地・霊園が遠方だったり出かける時間が取れない場合はどうしたらよいでしょうか?
その場合は、名義変更届けの用紙は、霊園によっては公式サイトからPDF形式でダウンロードが可能です。

いずれかの方法で届け出用紙を手元に準備しましたら、必要事項をすべて記入します。

永代使用許可書

永代使用とは、そのお墓の土地を永代にわたって使用しますという意味です。

永代使用許可書はその墓地を永代使用するための許可書にあたります。

永代使用許可書を提供することで、墓所名義人に変更があっても引き続き墓地を永代使用することが可能となります。

戸籍謄本

墓地・霊園の管理者側では、名義変更前の墓所名義人と申請者の続柄を確認する必要があります。
そのために、戸籍謄本1通の提出が必要です。

また、戸籍謄本には旧名義人の死亡を確かめる目的もあります。
この戸籍謄本には、旧名義人の死亡が記載されているか?を確かめて提出しましょう。

この時に注意することは、発行日が古い戸籍謄本は受け付けてもらえないことです。
戸籍謄本は発行後3か月以内のものが目安となります。
手元にあったからといって、古い日付の戸籍謄本を提出することはできません。

印鑑証明書

申請者の実印と一緒に、印鑑証明書1通も提出します。

印鑑証明書は正式名を印鑑登録証明書といい、各市区町村で登録、交付できます。

墓地・霊園の名義変更で添付する際には、戸籍謄本と同様に、発行日が古いと受け付けてもらえません。
発行後3か月以内を目安にして、印鑑証明書を提出しましょう。

遺言書(必要な場合)

遺言書は、お墓を承継したことを表す証明となります。
もし遺言書にお墓の承継者が明示されている場合には、遺言書の提出が必要です。
遺言書に記載された承継者が、お墓の新たな名義人にあたります。

墓地によっては、遺言書の原本の添付が必要となるケースもあります。
遺言書のコピーでよいのか?原本を添付するのか?については、管理事務所に確かめると間違いありません。

名義変更の際の遺言書は、必ず提出するわけではありません。
お墓の承継者について遺言書に特別の記載がない場合や遺言書自体がない場合は、遺言書は提出する必要がありません。

墓地・霊園の名義変更に必要な費用

お金

墓地・霊園の名義変更をする際に、費用はかかるのでしょうか?

基本的に手続きの費用は、実費程度にかかる場合がほとんどです。
金額は墓地や霊園によっても異なりますが、相場としては3,000円から10,000円が平均です。

ここで気をつけたいのは、寺院墓地の名義変更をした場合です。

寺院墓地では檀家における世帯主としての立場も継承することになります。
公営墓地や民営墓地と異なり、名義変更の手数料のほかにお布施が必要になるケースがあります。

墓地・霊園の継承者はどう決めるべきか

人々

墓所名義人がお墓の維持管理を続けることが難しくなった場合には、墓地・霊園の継承者を新たに選ぶ必要があります。

ここでは、通常の場合、墓地・霊園の継承者をどう決めるのか?について見ていきましょう。

誰が墓地・霊園を承継するべきか

お墓を維持管理していた方が亡くなった場合や、高齢などの理由によりお墓の維持管理の継続が難しくなった場合には、新たにお墓を管理する人を選び、墓地・霊園の名義変更をする必要があります。

最も多いのは、墓所名義人の配偶者または子どもが、お墓を継承するケースです。
これは墓所名義人の指名によって決まる場合と墓所名義人を含めた親族間の話し合いで決まる場合があります。

将来的にお墓を管理する人がいなくなると、墓じまいをすることになってしまいます。
先のことを見据えたうえで、家族や親族で十分話し合って、墓地・霊園の継承者を決めるようにしましょう。

また、墓地または霊園によっては、承継できる者が規約で定められている場合があります。

例えば、「お墓の名義を承継する者は三親等以内の親族とする」といった規約の条件です。
この場合は、条件に該当する承継者を選びます。

規約のなかに承継者に関する規定はないか?墓地・霊園の規約をもう一度見返してみるとよいでしょう。

墓じまいをされる方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

承継した人は管理料を支払う必要がある

お墓を承継し新たな墓所名義人になった人は、墓地・霊園に管理料を支払います。

管理料は、墓地・霊園の共用部分についてかかる費用のことです。
詳しく挙げると、共用部分の設備、清掃や修繕の費用、上下水道代などが管理料に含まれます。

おおまかな年間管理料の相場は次のとおりです。

  • 民間の霊園の場合で5,000円から15,000円
  • 自治体が運営する公営の霊園の場合で4,000円から10,000円
  • お寺の檀家となる寺院墓地の場合で10,000円

ほとんどの墓地や霊園では、これらの年間管理料の形で支払う必要があります。

寺院墓地の場合は檀家も引き継ぐ

墓地・霊園の運営主体が寺院の場合には、お墓の承継者は檀家の世帯主としての地位も引き継ぐ必要があります。

寺院墓地では、管理料に加えてお布施も必要になる場合が多いです。

お布施は、宗派や地域によってしきたりが異なります。
気になる場合は、お寺の住職の方に確認するのがおすすめです。

墓地・霊園の名義変更についてまとめ

お墓

墓地・霊園の名義変更について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

墓地・霊園の名義変更については、ほとんどの場合、墓所の契約時に交付された規約に記載があります。
お手元にある規約をもう一度確認してみるのがおすすめです。

今回の記事では

  • 墓地・霊園の名義変更をする場合は、墓地管理者に申請を行なう。
  • 申請の際には、名義変更届、永代使用許可書、戸籍謄本、印鑑証明書が必要。遺言書に名義変更に関する記載がある場合には遺言書も添付する。
  • 墓地・霊園の名義変更の費用は3,000円から10,000円が相場である。
  • 墓地・霊園の承継者は、墓所名義人の配偶者または子どもがなる場合が多い。承継者は墓地・霊園の管理料を支払う必要がある。寺院墓地の場合は檀家としての地位も引き継ぐ。

以上のポイントがおわかりいただけたと思います。

超高齢化が進む現在、墓地の名義人ご本人に万一のことがあった場合に限らず、名義人ご本人が高齢のためお墓の維持管理が難しくなった場合にも、お墓を承継することで対応が可能です。

お墓の承継においては、墓地・霊園の名義変更は欠かせない手続きです。
墓地・霊園の名義変更を行なっておくことで、将来にわたってお墓の維持管理がしやすくなります。

今回の記事をぜひ皆様の終活にお役立てください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「墓地・霊園・名義変更」に関連する記事

「墓地・霊園・名義変更」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

    お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

    お墓も代替わりがあります。お墓を承継するときに、本当は誰が承継すると良いのでしょうか。そのときの名義変更はいくらかかるのでしょうか。名義変更するときに慌てないように費用相場や手続きについて知っておきましょう。今回はお墓の名義変更費用や手続きについて説明します。

  • お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?のサムネイル画像

    お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?

    お墓の名義について考えたことはありますか?先祖代々受け継がれてきたお墓や自分の代で建てるお墓。お墓にもいろいろありますが、その名義はいったいどうなっているのでしょうか?そしてその名義はどのような手続きを経て引き継がれていくのでしょうか?

  • 都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!のサムネイル画像

    都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!

    都立霊園を使用している名義人が亡くなったり、祭祀の主宰を続けられなくなったとき、お墓の名義変更を行うことができます。複雑で提出書類が多い都立霊園の名義変更を、承継者のパターンでわけて各々の手順や注意点を解説します。

  • 墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

    財産相続の話はよく耳にしますが、墓地・霊園の相続に関しては、あまり聞きませんよね? 財産相続とお墓の相続は、全く別のものなのです。 では、お墓を相続する場合、どうすれば良いのでしょうか? 今回は、墓地・霊園の相続について疑問点を解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • 墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

    墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

    墓地の管理人は誰がしているのかご存知でしょうか?また、終活でお墓の継承者や管理についてどうしようかと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、今回終活ねっとでは墓地の管理人や、墓守の仕事について説明したいと思います。どうぞ最後までご覧ください。

  • お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

    お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

    都市部への人口集中などで古いお墓の管理が難しくなっている近年、お墓を相続する際の注意点や相続の方法、さらにお墓を相続しないという選択について解説します。

  • 霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

    霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

    霊園・墓地の管理と聞いて何を想像しますか? 私たちの代わりに管理してくれていることを思いつくのではないでしょうか。 しかし、霊園・墓地の管理とはそれだけではありません。 誰が、どのように管理しているのか? 今回の終活ねっとでは、霊園・墓地の管理についてまとめてみました。

  • 墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!のサムネイル画像

    墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!

    墓地と墓所を区別することなく、普段よく使っている方もいるでしょう。 同じ意味として使っても大きな問題ではありませんが、この言葉には明確な違いがあります。 墓地と墓所の違いが気になっていた方、そうでない人も違いを知っておきましょう。

  • 墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

    墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

    墓地や霊園と一口に言っても、墓地・霊園には様々な種類があります。では、墓地・霊園の種類を知りたい時はいったいどのように墓地・霊園を見分ければ良いのでしょうか?今回は墓地・霊園の種類ごとの特徴について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・名義変更」についてさらに知りたい方へ

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?のサムネイル画像

お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?

都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!のサムネイル画像

都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!

墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!のサムネイル画像

墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと