墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

墓地・霊園を使用する立場としては、定期的に払っている管理費がどうなっていて、また墓地・霊園の管理もどのように行われているか気になるところではないでしょうか?今回は、墓地・霊園の管理費がどのようなもので、かつ墓地・霊園の管理がどう行われるかをみていきます。

目次

  1. 墓地・霊園の管理について
  2. 墓地・霊園の管理は誰がするの?
  3. 墓地・霊園の管理費について
  4. 墓地管理の仕事とは
  5. 墓地・霊園の管理についてまとめ

墓地・霊園の管理について

お墓

墓地・霊園にお墓を建てて使用している方たちは毎年のようにそこの管理者に管理費を支払っています。

管理費と聞くと、読んで字のごとく管理するための費用ということになっていますが、みなさんが支払った管理費がはたして墓地・霊園の中で具体的にどのような用途で使われているのか、またはどのような人が管理しているのかが気になる方も少なくないのではないでしょうか?

あるいは、現在終活を行っている方などでお墓を建てるための墓地・霊園を探している方の中にも、どのくらいの管理費を払っていく必要があるかについて並々ならぬ関心を寄せているかとも多いのではないでしょうか?

そこで、今回は墓地・霊園の使用者が支払う管理費がどのような用途で使われるかや、どのような人が墓地・霊園を管理するのかといった、墓地・霊園における管理についてみていきたいと思います。

なお、この記事では、

  • 墓地・霊園の管理は誰が行っているのか?
  • 墓地・霊園の管理費はどのような用途で使われ、年間どのくらい払う必要があるのか?
  • 墓地・霊園の管理の仕事とは具体的にどういうものか?

という3つのポイントを軸に話を進めていきます。
墓地・霊園の管理についての終活を考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

墓地・霊園の管理は誰がするの?

お墓

実際に墓地・霊園にお墓を建てて使用している方も、あるいはこれからお墓を建てようという方にとっても、墓地・霊園を管理している人たちのことを具体的に知る機会というのはなかなかないのではないでしょうか?

また、お墓参りに来ても管理している人の姿を見かけることはあまり多くないのではないでしょうか?
このように、墓地・霊園の管理って誰がしてるのかという疑問を抱いたことがある方は多いかと思います。

実際に管理にあたっている人たちについて知っておくのも、墓地・霊園について判断する材料の1つにもなりえるでしょう。

そこでここでは、墓地・霊園の管理に携わっているのがどのような人たちであるかについてみていきましょう。

寺院墓地の場合

寺院墓地とは、寺院に付属する墓地のことで、そこの管理者は土地を持っている寺院です。
そして、実際に管理しているのはその寺院の住職を務める僧侶です。

そのため、寺院墓地にお墓を建てるのであれば、その寺院の檀家(寺院を財政面で支える家のこと)になることが前提になりますし、住職とも長期かつ深い付き合いをしていくことになります。

実際に、住職もしくはその寺院に属する僧侶が修行の一環として墓地の掃除などにあたっているため、墓地の中の管理は住職や僧侶の方によって隅々までいきわたっていることが多いです。

民営墓地の場合

民営墓地とは、石材店などの民間企業や公益団体(公益財団法人など)が運営・管理している墓地・霊園のことを指します。

民営墓地で実際に敷地の管理にあたっているのは、経営主である石材店などの民間企業や公益団体が雇った職員アルバイトです。
特にアルバイトは時給制で雇用されているため、その時給に応じて墓地・霊園の管理費も変わってくるという点は注目すべきといえます。

公営墓地の場合

公営墓地は、都道府県や市区町村などの地方公共団体が管理・運営している墓地・霊園を指します。

このため、敷地の管理を担当するのは、市区町村の職員嘱託職員などです。
ただし、自治体の中には人件費の節減のために管理人の数をなるべく少なくしているため、1人で複数の公営墓地の管理を担当する場合もあります。

そのため、公営墓地によっては管理人が常駐していないところもあるので、注意が必要です。

みなし墓地の場合

みなし墓地は地域の住民が自主的に管理している墓地で、利用者もその地域の住民に限られるケースがほとんどです。

このため、みなし墓地の管理人も地域住民の中から選ばれた人物が担当することになります。

墓地・霊園の管理費について

お金

墓地・霊園を使う側としては、年々支払う墓地・霊園の管理費の金額や、その用途はやはり気になるところです。

ここでは、墓地・霊園の管理者に払うべき管理費の金額や、管理費がどのように使われるかなどについてみていきます。

管理費の範囲でやってもらえることは?

まず、支払った管理費がどのような用途で使われるのかについてみていきましょう。
あわせてお墓の承継者がやっておくべき管理の方法についてもふれていきます。

墓地管理者がやってくれること

墓地管理者の主な業務は、墓地・霊園の敷地内の清掃や、水汲み場や休憩所などの共用スペース・設備の維持管理です。

このため、すべての利用者が共通で使いそうな場所やそこに置かれている道具に関してはメンテナンスをしてくれますが、個々のお墓の掃除などの管理まではしません。

だからこそ、「管理費」と聞いて、自分たちのお墓のメンテナンスをしないで放置するという勘違いはしない方がいいでしょう。

承継者がやらなくてはいけない管理

以上のことから、個々のお墓の管理はお墓の承継者、つまり家族の中でお墓を守るべき人がやっていくことになります。

具体的には、定期的にお墓参りをした際にお墓をきれいに水拭き掃除することや、お墓の敷地周りの掃き掃除、さらに雑草の始末などのお墓の管理が挙げられます。

さらには、お墓参りするたびにお墓にお花をお供えすることも承継者のやるべきお墓の管理のうちに入ります。

もちろんのこと、お墓の管理費を墓地・霊園の管理者に支払うことも、重要なことです。
管理費を払わなかった場合のリスクについてはあとで触れますが、お墓の維持ができなくなるため、年々の管理費の支払いは滞らせないようにしましょう。

管理費は年間どのくらい?

管理費を支払うことによって、墓地・霊園ではどういうことをしてもらえるかについては理解していただけましたか?

それでは、具体的に年間の管理費はどのくらい支払う必要があるのかを、墓地・霊園のタイプ別にみていきましょう。

寺院墓地

寺院墓地の場合は、年間1万円前後が相場となっており、高くてもたいがいは2万円くらいまでです。
寺院墓地にお墓を建てる時は、その墓地を管理する寺院の檀家になって、経済面から寺院を支えることになります。

ちなみに、寺院墓地の場合、管理費は護寺会費や維持費という名称になっていることが多いです。
いわば、檀家になっているすべての家が力を合わせて寺院を盛り立てていくという建前になっています。

なお、寺院の格式などにより管理費が大幅に高くなる場合はありますが、多くの場合は寺院ごとの管理費はそれほど変わることはありません。

民営霊園

民営霊園の場合、管理費の相場は4000円から1万5000円が平均的な金額です。

これほど金額にばらつきがあるのは、各霊園によって設備やサービスの充実度、敷地内の管理の度合い、さらに管理事務所で業務にあたる職員の給与が大きく異なるためです。

設備やサービスが充実しているところであれば、送迎バスの運行や埋葬・法要の手配、そして敷地の管理などが非常に行き届いています。

公営霊園

公営霊園の管理費の相場は、4000円から1万円が平均で、寺院墓地や民営霊園に比べれば比較的安く設定されています。
これはやはり、運営・管理の元手に住民が納めた税金が投入されているという点が大きいです。

このため、管理費の支払いについては比較的楽になりやすいのですが、管理のほうは必要最低限度の分だけ行われます。
清掃用具も備え付けられてないことも多く、利用者が自身で用意する必要があります。

管理費が払えなくなった場合

墓地・霊園にお墓を持っている限り払っていく必要がある管理費ですが、万が一管理費が払えなくなった場合、いったいどうなるのでしょうか?

残念ながら管理費の滞納が続くと、最悪の場合お墓を撤去される羽目になってしまいます。

では、どのくらいの管理費の滞納がみられた場合、お墓の撤去に至るのでしょうか?
結論から先に書けば、おおよそ3年ほど滞納が続いた場合、撤去に至ります。

ただし、3年たった時点ですぐに撤去というわけではなく、1年間は墓地・霊園の管理者が官報や立札を用いてお墓の承継者や縁故者に告知して、管理費の督促を行います。
それでも何も進展のない場合に撤去となります。

なお、管理費の催促は民法の規定で最大10年まで適用されます。

無縁墓になる条件

近年では少子高齢化などの社会状況の変化によって、将来的にお墓の跡継ぎに恵まれないという家庭も少なくありません。
このため、墓地・霊園にあるお墓の中には誰も管理しないで放置されるお墓も急増しています。

そうなると、管理費収入が減ってしまうため、墓地・霊園の管理者側としても大きな問題となります。

このような場合、管理者側はそのお墓に眠る故人の縁故者を探すことになります。
その方法として、管理費の督促の場合と同様に、官報や立札を用いて縁故者に申し出るように告知します。

それで1年間経過しても何も進展がなければ、無縁墓という扱いとなります。
なお、無縁墓とみなされた場合は、中に納めてある遺骨も無縁仏として合祀され、お墓のほうも撤去されます。

突然過去の管理費を請求された場合

管理費については、いきなり過去の分を請求されることもあります。
こういうトラブルは意外と多く、その原因として、お墓の所有者としてなすべきことが理解できていないという場合に起こることが少なくありません。

また、お墓の以前の所有者が亡くなり、そのあとの所有者がわかったころにはある程度の年月が経過していて、その年月の分を管理者側が請求することになったということも考えられます。

このような場合は、もうまとめて支払うしかなくなるのですが、そうならないためにも親族の間でお墓の管理を誰がどのようにやっていくかを事前によく話し合っておくことが大切といえます。

墓地管理の仕事とは

人々

ここまで墓地・霊園の管理費にまつわることをみてきました。

ところで、実際の墓地・霊園の管理の仕事とはどのようなものなのでしょうか?
ここでは、墓地・霊園管理の実際の仕事ぶりや、墓地管理にかかわる資格についてみていきましょう。

墓地管理はどのような仕事をするのか

墓地・霊園の管理の仕事の内容で主なものといえば、先ほどもふれた墓地・霊園の敷地の共用スペースメンテナンス清掃作業です。
利用者がいつ来ても使い心地の良いように、水汲み場や休憩所、さらに個々のお墓の清掃がしやすいように用具の手入れなどを行います。

特に民営霊園の場合は、設備の充実度に応じて業務量も変わってきます。
設備が充実している墓地・霊園であれば、休憩所や法要施設などの各種設備のメンテナンスも業務に加わってきます。

さらに、個々のお墓のお供え物(花や食べ物など)についてもしっかり管理したり、一方で枯れた花や腐ったお供え物の処理も墓地管理の仕事のうちに含まれます。

このほか、お墓の中で破損がみられた場合の遺族への連絡や修復のための専門家の手配も行います。

墓地管理に関する資格

近年、さまざまな墓地管理に関する資格が設けられるようになりました。

ここでは、お墓ディレクター墓地管理士についてみていきます。

お墓ディレクター

お墓ディレクターとは、一般社団法人日本石材産業協会が認定する資格で、1級と2級とがあります。
その取得の方法は、毎年1回(1月開催)行われる検定試験に合格することで取得できます。

お墓ディレクターに求められるのは、お墓の種類や形状から、お墓にまつわる歴史や文化、石材の加工法、墓埋法関連や供養関連に至る、いわばお墓関係の幅広い知識です。

2016年試験の合格率は1級で31.6%、2級で85.3%で、特に1級の合格者であれば石材店においてもお墓のプロとしてお客さんに対しても非常に専門的かつ有益なアドバイザーとして活躍できます。

墓地管理士

墓地管理士は全日本墓園協会が認定する資格で、お墓ディレクターがお墓関係のすべての業界人向けであるのに対し、こちらは墓地管理に携わる事業主や宗教法人、自治体職員向けのものです。

難易度は高いですが、その難易度の高さの分、認定されれば墓地管理のスペシャリストとして大きな信頼を寄せられます。

墓地・霊園の管理についてまとめ

お墓

お墓の管理費や墓地・霊園の管理についていろいろとみてきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 墓地・霊園の管理は寺院墓地であれば管理している寺院の住職が、民営墓地であれば経営主体の企業や団体が雇用した職員やアルバイトが、公営墓地であれば自治体の職員が携わる。共同墓地の場合は、地域住民から選ばれた人物が管理にあたる。
  • 墓地・霊園の管理費の用途は、基本的に墓地・霊園全体の共用スペースや道具のメンテナンスに充てられるため、個々のお墓についてはそれぞれの承継者の責任のもとで管理することになる。管理費の相場は寺院墓地で1万円前後、民営霊園で4000円から1万5000円、公営霊園で4000円から1万円の範囲が相場である。管理費が払えなくなれば、3年をめどにお墓の撤去の対象となる。
  • 墓地管理の仕事は、基本的に墓地の敷地全体のメンテナンスとなるが、このほかにもお墓のお供え物の管理や処分、破損したお墓の修復の段取りも業務に含まれてくる。墓地管理関連の資格にはお墓ディレクターと墓地管理士とがある。

お墓の管理費や墓地・霊園の管理がどのようになされているかについては、終活の一環でお墓を建てる墓地・霊園選びでも重要な判断材料にもなります。
また、すでにお墓を利用している方にとっても、今後の墓地・霊園との付き合いについて考えるうえでの参考にもできます。

お墓の管理費や墓地・霊園の管理にまつわる情報を有効に活用することで、上手にお墓を管理し、墓地・霊園とつきあっていくようにするのが大切といえるでしょう。

今回終活ねっとでは、「墓地・霊園の管理」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・管理」に関連する記事

  • 霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

    霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

    霊園・墓地の管理と聞いて何を想像しますか? 私たちの代わりに管理してくれていることを思いつくのではないでしょうか。 しかし、霊園・墓地の管理とはそれだけではありません。 誰が、どのように管理しているのか? 今回の終活ねっとでは、霊園・墓地の管理についてまとめてみました。

  • 墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

    墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

    墓地・霊園の管理費についてご存知でしょうか。近年では、お墓の管理費について詳しく知らず、突然請求がきて慌てる方も増えています。この記事では、墓地・霊園の管理費の相場やその使い方について詳しく解説していきたいと思います。ぜひ最後までお読みください。

  • お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

    お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

    お墓の管理費用はなぜ納めないといけないのでしょうか? 管理費用は長期に渡って支払う為、きちんとした理由が気になりますよね。 それでは、納めた管理費用は何に使用されて、その相場はどのくらいなのでしょうか? ここでは、一般的なお墓の管理費用の相場と使い道を解説します。

  • お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

    お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

    お墓にはいろいろと費用がかかってきます。その中でも長期的に発生するのがお墓の管理費で、長期的であるだけにその相場や支払いについては誰もが気になる話題ではないでしょうか。今回は、お墓の管理費について、その相場や支払い方、そして滞納した場合の対処法を見ていきます。

  • お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

    お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

    お墓を建てる費用として、永代使用料や墓石代などの大きな費用に注目しがちですが、お墓が継続する間は永久に管理費を支払わなければなりません。この管理費とはどのようなものなのか解説します。

  • 墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

    墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

    墓地の管理人は誰がしているのかご存知でしょうか?また、終活でお墓の継承者や管理についてどうしようかと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、今回終活ねっとでは墓地の管理人や、墓守の仕事について説明したいと思います。どうぞ最後までご覧ください。

  • お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説のサムネイル画像

    お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説

    お墓の管理料はどのくらいかかるのでしょうか。 お墓を引き継ぐことになったり、お墓を購入しようと思っても、先々の負担がどのくらいなのか、わからず心配だという方も多いと思います。 お墓の管理料はどのくらいかかるのか、滞納したらどうなるか、などについて解説します。

  • 墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

    墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

    お墓を建てる際には様々な費用がかかりますが、その中に必ず支払うこととなる墓地管理料というものがあります。この墓地管理料とはどういった料金で相場はどのくらいのものなのでしょうか。また、もし管理料を滞納してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

  • 墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

    墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

    全国各地に存在するたくさんの墓地。墓地にもさまざまな種類があり、管理者も管理方法も異なります。その管理はどのように行われているのでしょうか?

  • 墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

    墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

    墓地の管理を行なっている墓地管理者という人をご存知でしょうか?お墓を利用する人から提出される届出は、この墓地管理者によって処理されます。墓地管理者は、お墓を利用している人にとって、とても重要な役割があるのです。この墓地管理者について詳しく解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・管理」についてさらに知りたい方へ

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説のサムネイル画像

お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・管理」についてさらに知りたい方へ

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと