永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の納骨式ではどのような服装や持ち物が必要でしょうか。お布施の金額など、マナーには分からないことが多いです。そこで今回は永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いについて解説します。永代供養の疑問が解消しますので、是非最後までお読みください。

目次

  1. 永代供養の納骨について
  2. 永代供養の納骨方法
  3. 永代供養の納骨式でのマナー
  4. 永代供養で納骨した後の供養
  5. 永代供養と納骨堂に違いはある?
  6. 本山に納骨して永代供養してもらう場合
  7. 永代供養はどういった人におすすめか
  8. 永代供養の納骨まとめ

永代供養の納骨について

お墓

一昔前はお墓供養が一般的でしたが、近年はライフスタイルの変化に合わせ、様々な供養方法が登場しています。
その中でも永代供養は、寺院・霊園の責任で一定期間に渡って、遺族に代わり故人の供養と遺骨の管理をおこなってくれる供養方法です。

しかし、故人を供養しやすくなり便利になった一方で、納骨やマナーに関する疑問も増えています。
お墓供養に慣れている人は、特に戸惑うことがあるのではないでしょうか。
いざという時のために、疑問を解決しておけば安心です。

そこで今回は、永代供養の納骨式における納骨の流れとマナーや、永代供養と納骨堂の違いについて、以下の項目に沿って分かりやすく解説します。

  • 永代供養の納骨方法とは?
  • 永代供養の納骨式でのマナーとは?
  • 永代供養で納骨した後の供養とは?
  • 永代供養と納骨堂に違いはある?
  • 永代供養はどういった人におすすめか?

永代供養の疑問を解消し、終活を進める上での知識となるので、是非最後までお付き合いください。

永代供養ができる霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

永代供養の納骨方法

お墓

永代供養はお墓を持たない供養方法として、近年注目されています。
お墓参りに行きたくても仕事の都合で遠方まで足を運べない人や、お墓の継承者が不在になってしまう心配がある人に、特に需要があるでしょう。

しかし、永代供養はお墓での供養と比べて納骨方法にいくつか種類があるのをご存じでしょうか。
知らなかったことで、遺骨を巡って親族間のトラブルが発生することもあります。
後にトラブルとならないよう、事前に内容を知り希望の寺院や霊園に確認しておくことが必要です。

ここでは、永代供養の納骨方法について

  • 遺骨をすぐに合祀する場合とは?
  • 遺骨を一定期間の安置後に合祀する場合とは?
  • 遺骨を永代安置する場合とは?

以上の三点について解説します。

すぐに合祀する

合祀とは、他人の遺骨と故人の遺骨を同じ場所へ一緒に埋葬し供養する方法です。

すぐに合祀する納骨は、遺骨を一定期間個別安置する納骨に比べて費用を安く収めることができるほか、何らかのやむを得ない状況や、お墓の継承者不在の場合などでも遺骨を供養できることがメリットです。

しかし、合祀の際は骨壺から遺骨を取り出して他人の遺骨と一緒に埋葬するので、すぐに合祀する納骨を実施後は、故人の遺骨と個別に対面することができません
「しっかり故人と向き合って供養した」という感覚が薄まる他、後日遺骨を分骨したいと望んでも取り出せないことがデメリットです。

親族間での合意を得ていないとトラブルに発展することもありますので、注意が必要でしょう。

一定期間の安置後に合祀する

一定期間(一周忌・三回忌・七回忌などの年忌法要のタイミング)遺骨を個別安置して、期間が終わると合祀されるプランもあります。

多くの遺族は故人が亡くなったことで精神的に落ち込んでしまうので、後の生活にすぐ慣れることはなかなか難しいでしょう。
年忌法要などを経て徐々に精神的ダメージを癒し、故人のいない生活に慣れていくことが一般的です。

一定期間個別安置する納骨は、すぐに合祀する納骨と違い、年忌法要などの供養で故人としっかり対面することができるため、徐々に精神的ダメージを癒せることがメリットでしょう。

しかし費用はすぐに合祀する納骨よりも高い傾向です。
寺院や霊園の違いで、個別安置期間や費用が異なりますので、事前の確認や親族間の合意が必要でしょう。

永代安置する

永代安置とは、文字から考えると永遠に個別安置してくれることと思われがちです。
しかし実際には、弔い上げ(三十三回忌、または五十回忌)を目安として一定期間個別安置し、後は合祀にされることが一般的でしょう。

遺骨を永代安置する納骨は、長期間に渡って個別に遺骨を安置してくれます。
長く供養してもらいたい人や、心置きなく故人を供養したい人の希望に沿っていることがメリットです。
しかし、費用はこれまで解説した納骨の中では最も高額なので、経済的負担が比較的大きいことがデメリットです。

永代供養の納骨式でのマナー

葬儀

納骨の時期に明確な決まりはありませんが、仏式の納骨式は四十九日法要と同じ日に行われるのが一般的です。

人生において関わる回数が少ないので、服装・持参物・お金などに関するマナーを知らないことが多いでしょう。
また命日から二か月弱の期間では、誰かに聞いたり調べたりする時間や精神的余裕が無いことも多いので混乱しがちです。

ここでは、永代供養の納骨式でのマナーについて

  • 永代供養の納骨式での服装とは?
  • 永代供養の納骨式に準備するものは何か?
  • 永代供養の納骨式でお布施や追加費用が必要か?

以上の三点について解説します。

永代供養の納骨式での服装

永代供養といっても、四十九日の忌明けまでは、喪主・親族・参列者は喪服で参列することが一般的なマナーです。

男性であれば、黒のスーツ・白のYシャツ・黒のネクタイに派手な装飾品は外して参列しましょう。
女性であれば、黒ののスーツかワンピース、パールなどの装飾品で整えましょう。
子供は制服、もしくは黒の服装で整えましょう。

喪服であれば失礼なことはありませんが、迷った場合は寺院や霊園に確認しておくと安心です。
その場に不釣り合いな服装で参列してしまい、目立ってしまうことが無いように心がけましょう。

納骨式に持っていくものは何か

永代供養でお墓が無いからと言って、何も準備する必要が無いわけではなく、通常のお墓の納骨式と大きな違いは無いと言えるでしょう。
お供え物であれば、故人の好きなお花やお菓子などが最低限必要です。

もちろん施設の形態や管理方法、寺院のしきたりなどによって、必要なものや逆に禁止されているものがある場合も多いので、事前の確認が必要でしょう。

納骨式でお布施や追加費用は必要か

お布施とは管理や供養をしてくれるお坊さんにお渡しするお金や品物のことです。
永代供養料とお布施は本来別のものですが、初期費用全般を永代供養料と表現している場合、お布施は永代供養料に含まれていることが一般的です。

確認は必要ですが、既に一括で支払っているのであれば、お布施を含め追加費用は必要ない場合が多いでしょう。

永代供養料の内訳は「長年に渡って供養してもらう費用」「永代使用料」「納骨法要のお布施」「墓誌に納骨者名などを入れる刻字料」の四つで主に構成されています。
この四つの他に入会費・年会費・入檀料などがかかる場合もあるので、見積もりを取る際、寺院や霊園に確認を取れば一番安心でしょう。

永代供養で納骨した後の供養

仏壇

永代供養を寺院や霊園に依頼した場合、管理を任せることができるので、年忌法要等の供養は行わなくていい、と思っている人も少なくありません。

もちろん、お墓参りや法要を行わなくても無縁墓になることはありませんが、故人を偲び遺族の精神的ダメージを軽減する意味で供養は必要でしょう。

以下で永代供養で納骨した時の供養方法について見ていきましょう。

彼岸やお盆に合同供養を行う

合祀墓に納骨された故人の供養として、寺院や霊園が大々的に執り行う合同供養があります。
場所によって呼び方は異なりますが、合同供養祭・合同彼岸会などと呼ばれることが一般的です。

通常の合同供養は、春と秋の彼岸の中日やお盆期間に開催されます。
合同供養は、一般的な供養と同じように、永代供養墓に納骨されている故人の親族だけでなく友人も参列することができます。

毎月供養

毎月供養とは、月忌命日(がっきめいにち)や毎月の決められた日時に、寺院や霊園が執り行ってくれる供養です。

寺院や霊園によって毎月設定した日にちに、ご本尊に向かって供養する場合や、故人や親族の希望に合わせて支払われた金額によって位牌を分け、合同供養するところが一般的でしょう。

祥月命日に供養

祥月(しょうつき)とは、故人が亡くなって一周忌以降の、亡くなった月と同じ月のことです。
つまり祥月命日は、年に一回の故人が亡くなった日を指します。

祥月命日には、故人の戒名を唱えて供養してくれるところもありますので、確認が必要でしょう。

回忌供養の際に供養

回忌とは、故人の祥月命日に行われる法要のことで、年忌とも呼ばれます。
百か日法要までの間は、亡くなった日を一日目として数えることが一般的です。

一周忌のみ満一年目に営まれますが、以降は数え年で行われます。
故人が亡くなった年も数えるので、例えば三回忌は満二年目、七回忌は満六年目の祥月命日に法要が営まれます。
以降は三と七が付く年に行われ、三十三回忌を弔い上げとしている寺院や霊園が一般的です。

また、法事が平日に当たる場合は、直前の週末に行われることが一般的でしょう。

契約前に確認しておくことが大切

このように、永代供養で納骨した後の供養は、納骨方法や個別の事情により色々な種類があります。

しかし細かい部分では、親族間の都合や経済的事情、近隣の寺院や霊園の考え方によって、内容や実施期間が異なる場合も多いです。

契約前に親族や寺院・霊園に詳細を相談・確認して、後日のトラブルを回避することが大切でしょう。

永代供養と納骨堂に違いはある?

お墓

ここまでの解説で、永代供養納骨堂には大きな違いがないのでは、あるとすればそれは何かと疑問に思った人も多いでしょう。

納骨堂は昔から存在し、お墓を建てる前までの一時的な遺骨安置場所でした。
現在の納骨堂は役割が変化しつつあり、長い期間に渡って遺骨を納める供養方法として、永代供養と広義には同様の供養方法として捉えられることが多く、これまで解説した永代供養の特徴と共通することもあります。

逆に永代供養と納骨堂の一般的な違いは、安置方法継承方法維持管理費の三点にあります。
永代供養は「合同安置を前提としている」「一代限りの供養方法である」「維持管理費が基本的にかからない」ことが特徴です。

対して納骨堂は「個別安置を前提としている」「スペースを代々受け継ぐことができることがある」「維持管理費が基本的にかかる場合もある」ことが特徴です。

本山に納骨して永代供養してもらう場合

お墓

本山納骨とは各宗派の檀信徒が遺骨を分骨して、各宗派の本山に合祀納骨することです。
分骨が一般的ですが、最近は全ての遺骨を納骨する場合もあります。
信仰の厚い故人や親族にとっては、一番の供養方法と言えるでしょう。

しかし、本山納骨は合祀なので、全ての遺骨を納骨すると、万が一遺骨を取り出したいと思っても取り出すことができません。
納骨以降のトラブルを避けるため、親族間の同意を得ることや、将来遺骨を個別に供養する可能性がある場合は、分骨しておくことが望ましいでしょう。

永代供養はどういった人におすすめか

困った人々

このように永代供養は、時代の変遷によるライフスタイルの変化に合わせた供養方法と言えます。
具体的にはどのような人におすすめなのでしょうか。

お墓を承継する人がいない人

少子高齢化と東京一極集中が進み、地方にあるお墓を継承する人が自身を最後にいなくなってしまう人には、お墓供養から永代供養に改葬することがおすすめです。

今あるお墓の管理が重荷になっている人

都市在住で仕事が忙しいなどの理由があり、お墓参りに行く都合がつけられない人には、将来的な供養の負担を軽減するために、お墓供養から永代供養に改葬することがおすすめです。

子どもに負担をかけたくない人

子どもの経済的事情やライフスタイルを考慮した時に、子どもに自身と同じお墓参りの苦労をかけたくないと考えた人には、お墓供養から永代供養に改葬することがおすすめです。

永代供養の納骨まとめ

人々

いかがでしたか?

今回は、永代供養納骨式のマナーに関することや、永代供養と納骨堂の違いについて解説しました。
その結果、

  • 永代供養は合祀が前提で、すぐに合祀する場合と一定期間個別安置する場合があること
  • 永代供養の納骨式の基本的なマナーは、お墓供養とほぼ同様であること
  • 永代供養で納骨した後の供養には、合同供養やお墓供養と似た供養方法があること
  • 永代供養と納骨堂の違いは、安置方法・継承の可否・維持管理費の有無だということ
  • 永代供養がおすすめの人は、お墓の承継が決まっていない人などだということ

が分かりました。

経済的事情や継承者の問題で、徐々にお墓供養から永代供養に、供養方法のニーズが変わってきています。

ニーズの変化に合わせて、これまでの寺院や霊園は徐々に合祀墓や永代供養墓を作り、既に永代供養は一般的になっています。
永代供養は従来のお墓供養と違い、現代のライフスタイルに即した供養方法と言えるでしょう。

終活を進める上で供養方法を選ぶことは、最も大切なことの一つです。
後日のトラブルを回避するために、親族間の合意や個別の事情を汲み取って、最適な供養方法を選択しましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・納骨」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養・納骨」についてさらに知りたい方へ

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

大切なご遺骨を永代供養するメリットとは?話題の送骨納骨も解説のサムネイル画像

大切なご遺骨を永代供養するメリットとは?話題の送骨納骨も解説

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!のサムネイル画像

東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・納骨」についてさらに知りたい方へ

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと