公営納骨堂について特徴や費用相場、オススメの納骨堂も紹介します!

最近公営納骨堂の利用希望者が増えていますが、民営とどんな違いがあるのか、費用は安いか、管理は大丈夫か、すぐ利用できるのか、どうやって探せばよいか、など疑問点が多く困っている方もいると思います。 ここでは公営納骨堂の特徴や費用の相場、探し方などについて解説します。

目次

  1. 公営の納骨堂について
  2. 運営主体別納骨堂の3種類
  3. 公営納骨堂の特徴
  4. 公営納骨堂の費用相場
  5. 公営納骨堂の探し方
  6. 各地の主な公営納骨堂
  7. 公営の納骨堂についてまとめ

公営の納骨堂について

お墓

近年お墓が一段と高額になっている一方で、墓の承継者がいないなど後々の管理の問題などから、遺骨を納める場所は代々のお墓ではなく、納骨堂を利用したいと考える方が多くなっていると言われています。

しかし納骨堂といっても、公営の納骨堂もあれば、民営や寺社の納骨堂などいろいろあり、どのような違いがあるのかよく分からないという方も多いと思います。

特に公営の納骨堂についてはメリットが大きいようなので、できれば利用したいと思う一方で、「公営は安いと聞くけど本当か」、「管理はどうなっているのか」、「申し込めばすぐに利用できるのか」、そもそも「どこでどうやって探せばよいのか」など、よく分からないことも多いと思います。

お墓や納骨堂のことは急に慌てないように、余裕をもってあらかじめよく調べておきたいものです。

今回終活ねっとでは、

  • 納骨堂には、公営のほか民営や寺社の納骨堂があるが、どのような違いがあるのか。
  • 公営の納骨堂は、どのような特徴があるのか、メリットやデメリットは何か。
  • 公営納骨堂は、費用がどのくらいかかるのか。
  • 公営納骨堂を探すにはどうしたらよいのか。
  • 東京など大都市にある公営の納骨堂はどんなところがあるのか。

など、公営の納骨堂の特徴や費用の相場、公営納骨堂の探し方などについて解説しています。
ぜひ最後までご覧いただき、公営の納骨堂を上手に利用できるように参考にしていただければと思います。

運営主体別納骨堂の3種類

お墓

納骨堂の運営主体は、

  • 県や市町村など公的主体が運営する公営納骨堂
  • 民間事業者が運営する民営納骨堂
  • 寺院が運営する寺院納骨堂

の3つがあります。
それぞれどんなものなのか見ておきましょう。

公営納骨堂

都道府県や市町村などの公的な主体が管理運営する納骨堂です。
自治体によって設置している自治体とまったく設置していないところがあり、また費用や管理方法なども自治体によって違いがあります。

一般に費用は安く抑えることができますが、希望者が多くなかなか入れないことが多くなっています。

民営納骨堂

宗教法人や公益法人などが運営する納骨堂です。
利用条件は特に厳しいものではなく、宗教宗派不問とするところが多く、普通は誰でも利用できます。
数も公営よりは多く、一般に駅に近い比較的アクセスの良いところに立地しています。
また、納骨堂の仕組みや広さも比較的多様で、その意味では選択の幅が広く自分たちの希望に沿って選びやすいかもしれません。

納骨堂にどの程度の期間預けておくかについても、相談に乗ってもらえることが多いでしょう。
普通は一定期間は納骨堂で個別に安置してもらえますが、例えば三十三回忌までなど定められた期間後には合祀墓に移されるのが通例です。
納骨堂の使用料は、その期間分をあらかじめ一括払いする場合が多いのですが、1年ごとに更新する納骨堂もあります。

通常は、使用料の他に納骨堂の施設の管理費が別途毎年必要になります。

寺社納骨堂

寺院が運営する納骨堂です。
寺院内の敷地に納骨堂がある場合の他、別の場所に設けることもあります。
かつては、檀家や自派の宗教宗派以外はお断りという寺院が多かったのですが、最近は寺院の経営的な面からも、宗教宗派は問わないとしている寺院が増えています。

納骨後はお寺で供養をしていただけるので、お墓に納骨したのと同様の安心感が得られるかもしれません。
お墓の場合は檀家に限るなどの制限があるところも多いのですが、寺院の納骨堂なら檀家になる必要もなく、後々の管理の問題からも離れられますので、場合によってはお墓よりも良いと好まれる方もいるようです。

使用料の払い方や管理費は、民営の場合と同様です。

公営納骨堂の特徴

お墓

それでは本題の公営納骨堂の特徴について、説明しましょう。

費用が安い

公営の納骨堂でも形式や広さ納骨できる期間がいろいろ異なっており一概には言えませんが、やはり自治体の管理ということで一般に民営の納骨堂や寺社の納骨堂より安い費用のところが多くなっています。

墓地の値段が極めて高い東京都内の都立の納骨堂でも、使用料も管理料も民営の納骨堂に比べて半分以下、あるいはそれよりも安いものがあり、かなり安いといえるでしょう。

管理が行き届いている

公営の納骨堂は費用が安いだけでなく、管理もしっかりしており、納骨堂や周辺の清掃も行き届いています。
施設・設備の点検も計画的に行われているところが多く、安心して管理を任せられます。

民営の納骨堂や寺社の納骨堂ももちろんしっかり管理しているところが多いのですが、中にはどうしてもが管理コストが強く意識されるためか、管理が必ずしも十分でないと思われるところもあります。

大切な故人の遺骨を納める場所ですから、やはり気持ちよくお参りできる環境になっていることは、大事なポイントですね。

申し込み条件に制限がある

公営納骨堂は費用や管理面で優れていますが、公営納骨堂にも問題点がないわけではありません。
それは、民営の納骨堂に比べると申込み条件・使用条件に制限があるということです。

ほとんどの自治体は、申込み条件として地元の住民であることを条件としています。
例えば東京都の平成29年度の都立霊園の募集要領によると、多磨霊園の長期収蔵施設
である「みたま堂」の場合は申込資格として次のような条件になっています。

【都立多磨霊園みたま堂の申込み条件】(平成29年度都立霊園使用者募集要項より)

  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。
  • 申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。

この「長期収蔵施設」とは、 使用期間30年間の納骨堂のことで、期間満了時に更新が可能とされています。
また「祭祀の主宰者」とは、 喪主を務めた方などで、将来にわたり遺骨やお墓・納骨堂などの墓所を守っていく方のことです。
申込み条件は自治体によって多少違いがありますが、地元居住などの条件については大きな違いはないでしょう。
本人が希望していれば、納骨堂の生前申込みを受け付ける自治体もあります。

申込みの前段となる募集時期については、民営や寺社納骨堂のように随時受付けているところもありますが、そのような場合はあまり多くはなく、毎年一定の申込み期間が決められているところの方が多いと思われます。
大都市の公営の納骨堂の数はそれほど多くはないため、空き具合等により毎年募集があるとは限りません。

募集時期や申込み条件などの募集要項は、ほとんどの公共団体がホームページや広報資料に掲載しています。
東京都の例では、当選しても資格が足りずに失格になる方が毎年いるとのことですので、募集要領などを見て、特に申込み条件は事前によく確認しておきましょう。

デザインなどに制限がある場合が多い

民営や寺社の納骨堂は費用は高めですが、その分納骨堂の形式やデザインなどを比較的自由に選べるという利点があります。
これに対して公営の納骨堂では、納骨堂の形式や納骨期間などがあらかじめ決められており、申込者の希望でデザインなどを選んだり、自由に変えたりすることはまずできません。

ですから納骨堂を希望通りのデザインのものにしたいと思われる方は、費用は多少高くても公営よりも民営や寺社の納骨堂を選んだ方がふさわしい場合もあるでしょう。

遺骨の安置期間は、公営の場合は申込条件で決められている場合が多く、通常は最高30年になっている納骨堂が多いようです。

人気が高く、抽選になる

公営の納骨堂は、申込み条件に制約があったり、デザインの選択が自由にできないなどの制約はありますが、何といっても費用が安く管理も行き届いていますので、人気は極めて高くなっています。

民営や寺社と違っていつも募集があるわけではありませんので、納骨堂を使いたいと思ってもうまく申込みできるわけではありませんが、大都市の公営の納骨堂は、ほとんどの場合募集定員より使用希望者が多く、抽選になります。

例えば、東京都立多磨霊園の納骨堂がある「みたま堂」の平成29年度募集の例を見ると、平成29年7月3日から7月18日までの申込期間に、長期収蔵施設(納骨堂)募集40に対して1119の申込みがあり、実に28倍の倍率になって、8月29日に公開抽選が行われました。
申込み条件を満たして申し込んでも倍率が高いので、なかなか入るのは困難です。

それでもメリットは多いので、県や市町村の情報は注意して見ておくとよいでしょう。

公営納骨堂の費用相場

お墓

公営の納骨堂の費用は安いと言われますが、相場はどの位なのでしょうか。
納骨堂の費用は、形式や大きさ、納骨堂がある自治体が地方か大都市かなどによってかなり異なりますが、例を見てみましょう。

東京都の平成29年度の募集要領によると、都立の納骨堂である「都立多磨霊園みたま堂」の使用料と管理料は次のようになっています。

【都立多磨霊園みたま堂の費用例】(平成29年度都立霊園使用者募集要項より)

収納人数使用料/30年管理料/年
6体用405,000円5,030円
4体用324,000円4,020円
2体用243,000円3,010円

収納できる遺骨の数により違いはありますが、収蔵期間30年で、使用料が24万3000円(2体用)~40万5000円(6体用)、管理料が別に毎年3010円~5030円となっています。

民営の納骨堂ですと、収蔵期間は13回忌や33回忌までと選択の幅があるところが多いのです。
例えば33年間の例なら、東京都内なら安くても1体40万円~50万円程度で、100万円前後の所も多く、別途管理費も年間で1万円~2万円程度必要な場合があります。
家族や親族などと一緒に納骨する場合は100万円~200万円とさらに高くなりますので、都立霊園の安さはやはり格別といえるでしょう。

東京以外の地方の公営の納骨堂は、短期間の使用を目的に1年ごとの更新となっている例が多いようです。
例えば、静岡市営納骨堂(愛宕霊堂)の場合は、骨壺のまま収蔵する場合は期限付で1体・1年につき5230円の使用料で、永年収蔵を希望する場合は合祀墓となり1体10万4850円になっています。

また、札幌市営の納骨堂の場合、家族納骨堂は1基1年につき3100円(6段式)~1万1800円となっています。

公営納骨堂は費用は安いので、利用できる期間なども考えて検討するとよいでしょう。

公営納骨堂の探し方

お墓

公営納骨堂を探す方法

公営の納骨堂の特徴、メリットや費用などは分かりましたが、それでは、公営の納骨堂はどうやって探せばよいのか、考えてみましょう。

最近は何でもインターネットで調べられますので、まずはネットで検索してみるのがよいでしょう。
まず手始めにネットの墓地・霊園サイトを見ることが多いと思います。
それらのサイトはたくさんあり公営の納骨堂も掲載されていますが、サイトによっては公営の納骨堂は掲載されていなかったり、掲載されていても公営の納骨堂の情報がすべて掲載されているとは限らないです。

ですから、納骨堂を求めたい自治体が決まっているのであれば、その自治体のホームページを見ることも欠かせません。
納骨堂を設置運営している自治体であれば、その納骨堂がある霊園や墓地の情報が詳しく載っているでしょう。
また現在は未設置でも、近々設置を計画している自治体も少なくありませんので、そのような最新情報も得られるかもしれません。

ネットである程度のことが分かったら、直接自治体の担当者に電話で問い合わせてみるのもよいでしょう。
ネット検索や自治体のホームページには載っていない、新しい情報や詳しい情報が得られる可能性もあります。

公営納骨堂を探す際のポイント

公営納骨堂の候補地は具体的にどのような点に注意して探したらよいのか、そのポイントも見ておきましょう。

まず納骨堂の立地と形式、収蔵できる期間と期間満了後の遺骨の扱いの確認が重要です。
管理は施設の管理者にお願いしますが、お彼岸や命日などにはお参りに行くものですから、交通の利便性は大切です。
自分は多少不便でも構わないと思っても、先々お参りに行く家族や親族のことも考えておいた方がよいでしょう。

また公営の納骨堂も種類・形式が自治体によっていろいろ違いがあり、個別のお参りができなかったり時間の制限があるものなどもありますので、注意が必要です。
公営も通常契約期間満了後は合祀墓に移されることが多いと思いますが、収蔵先や収蔵の仕方について確認しておくことが大事です。

他人の遺骨と混ざるのは嫌で区別して安置したいと思われる場合もあるでしょうから、家族や親族の意見も聞いた上で慎重に判断したほうが良いでしょう。

公営の納骨堂は安いのですが、費用についても何が含まれているのか、維持管理料がどうなっているのか、払い方などをよく確認しておかなければなりません。

各地の主な公営納骨堂

お墓

東京など大都市にある公営の納骨堂はどんなところがあるのか、公営納骨堂の例を挙げておきますので、立地や費用の検討の参考にして下さい。

東京都の公営納骨堂

東京都立の霊園・墓地は数か所あるのですが、今年度(平成29年度)に納骨堂の募集が行われたのは多磨霊園だけです。

都立多磨霊園
都立多磨霊園

所在地府中市多磨町4-628

営業時間午前8時30分~午後5時15分
(みたま堂;夏季9時~午後5時、冬季9時~午後4時半)

利用料金使用料;24万3000円(2体用)~40万5000円(6体用)
管理料;3010円~5030円/年

府中市多磨町4-628
・西武多摩川線「多磨駅」から徒歩5分
・JR「武蔵小金井駅南口」から京王バス「多磨霊園」行き乗車、
「多磨霊園表門」下車徒歩2分
・京王線「多磨霊園駅北口」から京王バス「武蔵小金井駅北口」行きか「多磨町」行きに乗車、「多磨霊園表門」下車徒歩2分

神奈川県の公営納骨堂

神奈川県では、横浜市に短期間の預かりを主眼とする納骨堂がありますが、新たに来年度から供用開始が予定されている大規模な機械式(自動搬送式)の納骨堂(横浜市営日野こもれび納骨堂)もあります。

横浜市久保山霊堂
横浜市久保山霊堂

所在地横浜市西区元久保町1-1

営業時間 9時~ 午後5時(彼岸を除く祝日・年末年始休館)

利用料金 家族納骨壇1基 10年間 12万円 、5年間 6万円
 短期保管庫1体 3000円/年
横浜市西区元久保町1-1

・京浜急行「黄金町駅」前から市営バス32系統「保土ヶ谷車庫」行き乗車、「久保山霊堂前」下車
・JR横須賀線「保土ヶ谷駅」東口から市営バス32系統「日本大通り県庁前」か「関内駅北口」行き乗車、「久保山霊堂前」下車

横浜市営 日野こもれび納骨堂
横浜市営 日野こもれび納骨堂

所在地横浜市港南区日野中央1-13-2

営業時間(平成30年供用開始予定)

利用料金・自動搬送式;使用料47万5200円、管理料5720円/年
・合葬式;1体分使用料7万3440円/60年、管理料4万5360円/60年

千葉県の公営納骨堂

千葉県の公営納骨堂は多くはありません。

千葉市桜木霊園桜木霊堂
千葉市桜木霊園桜木霊堂

所在地千葉市若葉区桜木1-38-1

営業時間午前9時から午後4時まで(1月1日を除く)

利用料金使用料;納骨棚1080円/年、納骨壇2160円/年

千葉市若葉区桜木1-38-1
・JR「千葉駅」バスターミナル9番乗り場から京成バス「市営霊園経由・御成台車庫」行き乗車約20分、「市営霊園」下車徒歩1分

大阪府の公営納骨堂

大阪府は大都市圏のわりに公営納骨堂はあまり多くはないようです。

八尾市立納骨堂
八尾市立納骨堂

所在地八尾市南植松町3-50-3

営業時間9時~17時15分(元日のみ休堂)

利用料金使用料;1万5600円/2年

八尾市南植松町3-50-3(八尾市立斎場内)
・国道25号「南植松町3丁目」交差点から南へ300m
・近鉄バス停「南太子堂」下車、東へ徒歩10分
・JR八尾駅から南へ徒歩20分

福岡県の公営納骨堂

福岡県北九州市では公営霊園に併設されている納骨堂が6か所あります。

北九州市立城山霊園
北九州市立城山霊園

所在地北九州市門司区大字大里5933-2

営業時間通常期8時30分~17時

利用料金永代使用料 20万円

北九州市門司区大字大里5933-2
・「門司駅前」バス停から西鉄バス「47番系統」に乗車
「城山霊園前」バス停下車すぐ

公営の納骨堂についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
公営の納骨堂について、下記のことが分かりましたね。

  • 納骨堂には、公営のほか民営・寺社などがあるが、民営は利用条件は厳しくなく誰でも利用でき、寺社納骨堂も宗教不問が増えている。
  • 公営の納骨堂は、費用が安く管理が行き届いておりメリットが大きいが、地元居住要件など申込み条件が厳しく、デザインや形も決まっており希望通りには変えられないなどの制約があり、また倍率が高く抽選になることが多いため入るのが難しいという難点もある。
  • 公営納骨堂は形や大きさ、納骨堂がある自治体によって費用の相場はかなり異なるが、一般に民営や寺社の納骨堂より格段に安い。
  • 公営納骨堂を探すには、ネットでの検索や自治体のホームページ閲覧に加え、直接自治体に電話で問い合わせてみるのがよい。
  • 東京など大都市の公営納骨堂の例を見ると、使用料は地域によってかなり違いがあり、遺骨を収蔵できる期間も違いがあるが、費用が格段に安いことがよく分かる。

公営納骨堂について特徴や費用の相場、どんなところがあるのか、実例も含めてお判りいただけたと思います。

終活の問題は避けて通れない問題ですので、今のうちから家族や親族の方の意見も聞きながら下調べをしておくとよいですね。

終活ねっとでは公営の納骨堂以外にも、納骨堂に関する記事などを多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「公営・納骨堂」に関連する記事

「公営・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

    終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

    終活では、お墓のことも多くの方が関心を持つテーマです。お墓にも色々な形態があり、納骨堂はそのうちのひとつ。終活でお墓のことを調べている方、実際にお墓を探している方など、納骨堂を選ぶ時には、いくつかの大切なポイントがありますのでぜひ知っておいてください!

  • 室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

    室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

    室内納骨堂をご存知ですか?納骨堂は本来ご遺骨の一時保管場所でしたが、現在新しいお墓の形として注目を集めています。この記事では、室内納骨堂について、メリットや利用費なども踏まえて詳しく解説していきます。

  • 納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!のサムネイル画像

    納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!

    価格面などでメリットがある納骨堂が気になり、調べると「宗派問わず」という言葉をよく目にします。この宗派問わずとはどういう意味なのでしょうか?東京都内に宗派問わずという条件に当てはまる納骨堂はあるのでしょうか?今回は宗派問わずの納骨堂について詳しくご説明します。

  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「公営・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!のサムネイル画像

納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと